支払手数料という勘定科目の考え方として、手数料がかかるモノ、例えば郵便局から振り込む際の手数料、銀行に振り込む際の手数料、外国送金する際に係る送金手数料などは全て支払手数料として、解釈していいモノなのでしょうか?
どうかよろしくご協力の程お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

支払い手数料の内訳は会社(業種)によって変ってきます。

A社にとって常時発生する支払い手数料の主なものは代理店への支払い手数料(口銭など)、B社にとっては金融関連の費用かもしれません。各社の事情に合わせて勘定科目を細かく決めて実行すればよいことかと思います。
会社によっては販売(営業)に関わるものは「販売費」の中の「支払い手数料」で処理し、銀行への手数料等は「営業外費用」の中の「支払い手数料」で処理しているようです。要は当社ではこの科目で処理するという一貫した方針が大事だと思います。
    • good
    • 0

kyaezawaさんもおっしゃっておられますが、考え方としてはそのとおりです。

そのほかにも行政に関する各種証紙等もそのようですね。
ただ、証紙などは、実務上では租税公課で処理する場合もありますから、やりやすい方法を確立するとよいですね。
    • good
    • 0

金融機関の送金・振り込みの手数料は、全て、「支払手数料」で処理します。



他には、税理士・弁護士などに支払う手数料や不動産仲介手数料や、ゴミなどの処分に頼んだ清掃業者への支払いなどもそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡易簿記で、代金引換郵便で郵便局に支払う「送金手数料」の科目は、「荷造運賃」でしょうか、「支払手数料」でしょうか?


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


この場合の簡易簿記への入力は、
「ゆうちょ銀行振替預金勘定帳」という帳簿に、

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 荷造運賃  代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?
それとも

日付  科目    摘要      収入金額 支出金額
振込日 現金売上  商品の売上   990円
振込日 支払手数料 代引送金手数料      120円

と入力すべきでしょうか?


つまり、代金引換郵便の郵便局に支払う「送金手数料」が、
「荷造運賃」になるのか、「支払手数料」になるのかが、よくわかりません。

(ちなみに、発送時は、

・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円

の合計270円を、郵便局に支払っており、
こちらは「荷造運賃」で問題ないと思います。)

おわかりになる方いらっしゃいましたら、お教えいただけませんか?
どうぞよろしくお願いします。


お世話になります。

ネットショップを運営しており、簡易簿記をつけています。
ソフトは「かるがるできる青色申告2009」を使用しています。

商品を500円で販売し、代金引換郵便で発送する場合、

・商品代金500円
・定型外郵便の送料120円
・代金引換料250円
・郵便局に支払う、送金手数料120円

の合計990円を、商品と引き換えにお支払いただき、
後日、当方の口座に990円が振り込まれ、
同時に、郵便局に支払う、送金手数料120円が引き落とされます。


こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は経験がないのでもうちょっと調べてみました。
送金手数料とは回収件数・金額は関係なく、一度の振込にかかる振込手数料のようです。
(みずほ銀行だと手数料がかからないようですが……???)
代引手数料は1件にかかるサービス料(仲介手数料)ですね。

ということで、勘定科目の支払手数料とは振込手数料、顧問料などに使用するので、郵便局の送金手数料120円は「支払手数料」とし、
販売手数料とは代理店手数料、仲介料などに使用するので、代引手数料の250円は「販売手数料」と訂正させていただきます。
荷造運送費は定型外郵便の送料120円だけとなります。

>販売手数料という科目がないようなので、この中で選ぶとすれば、経費の性質から判断して、科目を荷造運賃にすることも、可能なのでしょうか?

かかった費用を全部ひっくるめて荷造運賃で計上したいとあれば、特に問題はないとは思うのですが……。
だた、私としては荷物を送るためにかかった費用ではないと判断してますので、「支払手数料」として処理します。

法人会社だとうるさく言われることの方が多いので、気をつけていますが、個人なのであればそこまで神経質にならなくてもいいように感じます。
※勤め先が振込手数料を雑費とするのは、なぜなのか分かりません(^^; 規定にそう定められているので……。

参考URL:http://i.happy-advice.com/

No.1です。前回の回答に対する訂正があります。申し訳ございません。

>かかった費用などの科目をどれにするかというのは、固定的ではなく、ある程度、自由に決められるんでしょうか?

税法も絡んでくるので、費用計上の科目は自由に使い分けていいというわけではないです。
きちんと、会計規則・税法に則って費用がどの科目になるのかを選別しないといけません。

私も、この費用はどの科目だろう?と迷うことは度々です。
わからなくなったら都度、調べています。

それで、今回の郵便局代金引換は...続きを読む

Q保険代理店手数料の勘定科目

保険代理店手数料の勘定科目は売上ですか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

質問者さんは保険代理店なのですね。
(損保等と保険代理店契約を結んでいる)

保険のコミッションとしての手数料でしたら、収入となります。
勘定科目としては、”保険代理店収入”が一般的かと思います。
(別に勘定の名前だけの問題ですから、売上としても問題ありません)

Q現金でキャッシュバックした時の勘定科目は支払手数料になりますか?

現金でキャッシュバックした時の勘定科目は支払手数料になりますか?

あるいは別の科目でも可能ですか?

また、支払いの際、相手が法人でない場合は、源泉をする必要がありますか?

Aベストアンサー

>購入者を紹介していただいた際、紹介者の購入金額の○%を考えています。

この場合でしたら、”支払手数料”が、一般的な勘定となります。
 ※これに類する勘定(例:業務委託費等))を使用されている場合には
  その勘定を使用してください。

>あるいは別の科目でも可能ですか?

この場合で、別の勘定を使用するのでしたら、
  ”雑費”が可能です。
     キャッシュパックが数件であり、支払手数料を使用する程の
     金額で無い場合。
    (雑費に入れても良いほど少額だと質問者さんが考えるのであれ
     ば、厳格に考える必要はありません)

<ご参考>
 当該”支払手数料”は、
   ◯契約に基づく
     覚書、契約書等にて、明確な基準の手数料である事
   ◯御社の明確な基準書
     覚書、契約書があるの方がベストですが、無いのであれば御社の基準
     (紹介額の◯%)等の基準書(等)を用意しておく
   ◯キャッシュバックの計算書
     具体的な計算根拠(紹介額×キャッシュバック率)を残しておく事

 キャッシュバックの明確な基準が無いと、”支払手数料”でなく”交際費”
 とみなされる場合もあり得ますのでご注意下さい。

>購入者を紹介していただいた際、紹介者の購入金額の○%を考えています。

この場合でしたら、”支払手数料”が、一般的な勘定となります。
 ※これに類する勘定(例:業務委託費等))を使用されている場合には
  その勘定を使用してください。

>あるいは別の科目でも可能ですか?

この場合で、別の勘定を使用するのでしたら、
  ”雑費”が可能です。
     キャッシュパックが数件であり、支払手数料を使用する程の
     金額で無い場合。
    (雑費に入れても良いほど少額だと質問者さんが考...続きを読む

Q実際の手数料と違う手数料を差し引いて買掛金を振り込む仕訳

買掛金を振り込みますが、実際は756円なのに864円を差し引いて振り込んでいます。

実際にかかった756円は翌月に口座から引き落とされます。経理処理をおしえてください。

Aベストアンサー

買掛金10万円を支払うときの仕訳の一例です。

・買掛金を支払った日

買掛金 100,000 普通預金 99,136
         未払金    756
         雑収入    108

(相手負担の振込手数料は貴方側では費用として認識する必要はなく、銀行への未払金に振り替えておきましょう。差額の108円のみ収益とします)

・手数料が引き落とされた日

未払金 756 普通預金 756

Q広告料の支払時の振込手数料

当社の広告を新聞へ載せたのですが、その請求書が先日届きました。
工事にかかる材料などの支払の時は振込手数料を差し引いた金額を
毎回支払っているのですが、広告料の場合はこちらが負担する予定でした。
しかし、こちらの手違いで差し引いて支払ってしまったのです。
新聞社からの請求書には振込手数料の負担については明記されていなかったですし、
こちらが負担しますとも新聞社には言っていません。
しかし、新聞社に問い合わせて差し引いてしまった分の金額を別に支払うべきでしょうか?

Aベストアンサー

この場合、新聞社の広告担当者と電話で相談するしかありません。
事情を説明し相手が了解するかどうかです。
普通は代理店を通じ広告を発注するので、直接のやりとりはありませんが、手数料を引いて支払うのはあくまで双方が納得していなければトラブルになります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報