みなさんこんにちは。
私は絶対音感のある者です。
ちょっと聞きたいのですが、絶対音感を活かせる仕事ってあるのでしょうか。
ピアノは昔習っていたのですが、今はうろ覚えですし、その他のエレクトーン、ヴァイオリンも中途半端で職に出来そうもありません。でも絶対音感ならずっと衰える事なく健在です。
後、私は人によく声を誉めて頂くのですが、そう言う声を活かした仕事もあるのでしょうか。
そう言う分野の事をお詳しい方、アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も、3歳からピアノを習っていたので、絶対音感を持っています。

(今は全然ちがう職種だけど)
みなさんがおっしゃる通り、調律師がいいかと思うのですが、今は以前に比べて、調律をしてまでピアノを習わせるという親が少ないそうです。
そういう面ではこれからどんどん少なくなるでしょうね。

調律師の専門学校のHPをのせていますので、ご参考までに。

声をいかした仕事というと、ラジオとかのパーソナリティーもいいでしょうね。

参考URL:http://www.tokyo-musicac.co.jp/senmon.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速拝見致しました!大変参考になりました!

お礼日時:2001/08/31 15:28

以前テレビで絶対音感を持っている人の職業といった番組をやっていて、なんとカラオケ配信会社を紹介していました。


新曲をいち早くカラオケとして配信するため、絶対音感をもった社員が、新曲を耳コピして楽譜におこすんだそうです。
これも、絶対音感を持った人じゃないとできない仕事なんですね。知らないところで役たっているようで..
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり機械の前に人間の耳なんですねー。
そんなところで役に立っているのが分って、ちょっと誇りに思えます。
頑張って理想の仕事探します。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/31 15:34

カラオケのデータ作成の仕事に、絶対音感のある人は歓迎されているらしいです。


最新の曲を即、カラオケにするのに出版されるかどうか判らない楽譜を待つわけにもいかないので、録音が出たら直ちに耳コピーでデータを作るらしいです。
着メロの作成にも使えそうですね。

まぁ、音がとれるだけでなくて、それを鍵盤で弾けるくらいでないとダメかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

着メロは常に自分で入れてますよ。とっても時間が掛りますが・・・
音階が分っていても音符が分らないと時間が掛ります。
和音でなければ鍵盤で一度聞いたら弾けるので、一度カラオケ店の求人を探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/31 15:32

よくわかりませんが、やはりピアノの調律士っていうのがいちばん良いのではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。調律士か・・・ 
やはりピアノ関係ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/31 15:30

ピアノ調律のお仕事なんてどうでしょう。


今は機械を使ってやることが多いようですが、やはり人間の感性というのは機械には勝るものと思います。

お仕事場としては色々あると思います。
○コンサート・ホール/文化会館
○楽器販売会社
○ピアノ運送会社
○器楽教室
○音楽大学/芸術大学
などなど。

この回答への補足

そういう仕事に就きたい時って何か資格とか持っておかないといけないのでしょうか。絶対音感測定の試験なんてあるのでしょうか・・・

補足日時:2001/08/31 14:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターで幼児に絶対音感

娘が2~3才になったら、エレキギターを教えたいなと思っています。
で、ギターを普通に練習していて自然に絶対音感は身に付きますか?

あと、ギターと絶対音感を身に付けさせるいい方法を教えてください。
例えば、ギターで絶対音感が身に付かないなら、絶対音感が身に付くまでピアノとギターの両方を教えて、ピアノで絶対音感が身に付いたらギターだけにするとか。

ちなみに、自分はギターが弾けて、妻はピアノが弾けますが、2人共相対音感はありますが、絶対音感はありません。

詳しい方の回答をお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとチューニングすればどんな楽器でも身につきます。

が、そんなものを身につけてどうするのですか?絶対音感が音楽家にとってむしろ害悪であることは、こちら
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4999975.html
でも論じられているとおりです。ここでも紹介されている
http://bungei.net/takuki/on
もお読みになって、それが必要なのかどうか判断された方が良いのではないでしょうか。

TAKAHIKO-2さんはギターを弾かれるのでしょうか?もしそうなら、絶対音感を持っている人は、カポタストが使用できない、といえば、お分かりになると思います。カポタストは相対音感だからこそ使える道具です。同様に、移調楽器であるトランペットやクラリネット等(大半の吹奏楽器)も演奏できません。また、絶対音感があると「今日は高めのピッチでやろう」ということも不可能になりますよ。絶対音感があっても支障が出ないのは、生涯ピアノ以外は絶対に弾かない、という人と、生涯ピアノ伴奏だけでしか共演しない、という人くらいじゃないでしょうか。

私に身の回りでも、絶対音感を持ってしまった人は、それを無くすのに大変苦労しておられます。

ちゃんとチューニングすればどんな楽器でも身につきます。

が、そんなものを身につけてどうするのですか?絶対音感が音楽家にとってむしろ害悪であることは、こちら
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4999975.html
でも論じられているとおりです。ここでも紹介されている
http://bungei.net/takuki/on
もお読みになって、それが必要なのかどうか判断された方が良いのではないでしょうか。

TAKAHIKO-2さんはギターを弾かれるのでしょうか?もしそうなら、絶対音感を持っている人は、カポタストが使用できない...続きを読む

Q自分は今、介護職をしています。 入社した時から何も教わる事なく手探り状態で今まで勤務してきましたが失

自分は今、介護職をしています。
入社した時から何も教わる事なく手探り状態で今まで勤務してきましたが失敗だらけな為に上司や先輩から怒られる為、先日『大変申し訳ないですが、ご指導いただいていなくて失敗してしまいました、今後は失敗しないように仕事したいのでご指導いただけませんか?』と先輩、上司に聞いたところ意味がわからない、いい加減にしなさいなどと言われました。
責任者や管理者にも相談しましたがうちの職場の職員はそんな事を言うはずがない、君が嘘をついているんじゃないか?などと言われて現在精神不安定になってしまいました。
給料も下がり仕事も安定していなくて生活が苦しくなってきた為、転職を考えていますが以前管理者に転職したい事を話しをしたら大丈夫、なるようになるから辞めるとか言うな、人手不足で困るからと言われました。
社長が友人の父親とゆう事もあり当たり障りの無い辞め方がしたいのですがどうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

あなたの心身健康がいまは一番大切でわないでしょいか。

このストレスふるな状態において、なお頑張られるのは。

少しばかりお休みなされてわいかがですか?

ご友人のお父上であれば、あなたが気にやむのも解りますが、あなた様のご家庭が今のあなたをみたとしたら、さぞ心配なされることでしょう。

ですが辞め方に当たり障りのない方法は難しいでしょうね。
なぜなら、退職される相手が あなた様でも他の誰でも人数は減ることに変わりはないからですよ。

私も過去に長く勤めた会社を自主都合退社しましたが、辞めるな、給与泥棒、迷惑人間、など様々言われましたよ。いくら大病が原因で退職しても。私は会社企業はシビアなものだとその時に思いましたね。

正直辞め方に穏便は難しいとわ思います。
一般的に常識的な退職方法でよいのではないでしょうか。

Q幼児の絶対音感教育について。

こんにちは。
現在幼児教育学科の2回生をしています。
最近幼児の絶対音感教育が流行っているように思います。
書店に行っても、絶対音感のCD付きの本が売られていたり、ピアノ教室でも絶対音感つけます!みたいなコースがあります。
私は絶対音感を持っています。
利点もあれば、欠点もあります。
そこで考えました。
幼児に絶対音感教育は必要なのでしょうか?
また絶対音感教育を幼稚園や保育園でやって欲しいですか?
いろいろなご意見お待ちしていますo(_ _*)o
過去に絶対音感の利点についても質問させていただきました↓
http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2090179

Aベストアンサー

 こんにちは、前回の「絶対音感の利点は?」の質問に答えたNo.#8の妻の方です。

 夫が書いていたとおり、今息子に(4歳)ピアノを習わせているのですが、私は自分が知らない間に絶対音感を身につけていたので息子にも身につけさせてあげたいと思っていたのですが、あるホームページで絶対音感を持っている方がブラスバンドで移調楽器を引く時に苦労したと書いてあるのを見て、迷ってしまいました。私はピアノしか弾いたことがなかったので、移調楽器の事など考えた事もありませんでしたから・・・。

 そこでとくに訓練をせず身につくかどうかは本人次第でいいかとほっておきました。

 今日主人が電子ピアノのトランスポーズをふざけて半音上げて息子に「ピアノ弾いてみて」と言いました。息子はピアノに触れた途端「あれ?あれ?」と言ってしまいには泣き出してしまいました。そして「ピアノが壊れた」と言ったのです。おそらく絶対音感が身についてきたのでしょう。

 私は息子が絶対音感を身につけつつある事が正直嬉しかったです。

 確かに困ることもあるけれど、だからって身につけられるチャンスがあるならば身につけさせてあげた方がいいと思います。(親の押し付けではなく訓練を本人が楽しめれば・・・)。

 絶対音感はなくても音楽を楽しむ事に支障はないけれど、絶対音感を持っている人に「絶対音感があってよかったですか?」と質問したらほとんどの人が「イエス」と答えると思います。絶対音感を持っていない音楽家に「絶対音感がほしいですか?」と聞けばほとんどの人が「イエス」と答えるのではないでしょうか?

 幼児に絶対音感が必要かどうかはわからないけれど、幼児期にしか身につかないものだから、恐らく親なら身につけられるのならば身につけさせたいと思うのが本音ではないでしょうか?

 ただ、もしも、幼稚園や保育園の園児全員を対象に絶対音感教育をするという事でしたら話は違います。なぜなら選択が出来ないからです。少数派だとは思いますが中には絶対音感を身につけさせたくない親もいるはずです。私も迷いました。100パーセント利点ばかりではないので、中には身についてしまった子供を悲しむ人もいるかもしれません。

 身につけさせたい人にだけ絶対音感教育をしてあげるのがベストなのではないでしょうか?

 こんにちは、前回の「絶対音感の利点は?」の質問に答えたNo.#8の妻の方です。

 夫が書いていたとおり、今息子に(4歳)ピアノを習わせているのですが、私は自分が知らない間に絶対音感を身につけていたので息子にも身につけさせてあげたいと思っていたのですが、あるホームページで絶対音感を持っている方がブラスバンドで移調楽器を引く時に苦労したと書いてあるのを見て、迷ってしまいました。私はピアノしか弾いたことがなかったので、移調楽器の事など考えた事もありませんでしたから・・・。

 そ...続きを読む

Q声を生かした仕事、声を出すことが役立つ仕事

こちらのカテゴリでいいのか悩みましたが・・・失礼します。

子どもの頃から一貫した変わらない興味があります。とてもマニアック(?)なのですが、「人間の声」や「発声」「発音」なのです。幼い頃から今に至るまで、一貫して変わらない趣味は、歌や朗読などを録音し、少しでもより良い声、発音で歌ったり朗読したりできるように、研鑽(?)を重ねていくという作業です。

今まで、演劇の勉強や歌の勉強をしてきましたが、演劇や音楽そのものに興味があるのではなく、あくまで核となるものは「声」、もう少し言えば、「声を出すこと」なので、演劇や音楽の分野とは何か相容れない感じがするのです。

こういういささか変わった関心を持つ者に向いている職業分野というのは、何かありますでしょうか? アナウンサーなどのメジャーなものではなく、何かあればヒントでもお教えいただければ幸いです。

自分では気付かなかったのですが、声は人から褒められることが多いです。また、演劇での経験が役に立っているのか、私の発音は非常にクリアで正確、単なる日本語のネイティブスピーカーという域を超えていると言われました。

こちらのカテゴリでいいのか悩みましたが・・・失礼します。

子どもの頃から一貫した変わらない興味があります。とてもマニアック(?)なのですが、「人間の声」や「発声」「発音」なのです。幼い頃から今に至るまで、一貫して変わらない趣味は、歌や朗読などを録音し、少しでもより良い声、発音で歌ったり朗読したりできるように、研鑽(?)を重ねていくという作業です。

今まで、演劇の勉強や歌の勉強をしてきましたが、演劇や音楽そのものに興味があるのではなく、あくまで核となるものは「声」、もう...続きを読む

Aベストアンサー

紙芝居なんていかがですか?

これなら時間も短く済むし、海外にお住まいだということですので、珍しいということで楽しんでもらえるんじゃないでしょうか。
日本の物でなくても、その国のおとぎ話やオリジナルの話で作ったりすれば喜んでもらえると思いますよ。

Q絶対音感って?

私はピアノをやめて4年ぐらい経ちます。
しかしまだ絶対音感が残っています。
ということは私の耳が正常な限り、絶対音感は一生続くのでしょうか?

ピアノの腕は落ちたのに、なぜ絶対音感だけ消えないのでしょうか?

Aベストアンサー

moyamamiさんはピアノ演奏を契機に絶対音感を得たのでしょうね。
だからピアノ演奏と絶対音感が切り離せなくなっているのだと思います。

でも他の回答にありますように演奏の腕と音感は別物です。
どちらも音楽とつながってはいますが、演奏能力はごくごく単純化して言えば
運動能力のようなもので、聴く能力とは関係がないと思います。
ですから演奏能力の衰えとは無関係に多分一生その能力は続くでしょうね。

私は学生時代に大変好きで良く演奏した曲の主音だけに絶対音感があります。
それに気付いたのはそれから20年も経たあとですし、それはそもそも40年前の事です。
おまけにその楽器はもう全く弾けませんが、それらとは無関係のようです。

ですからきっとあなたも・・・。

Q退職時は絶対に有給休暇を消費しなければならないのか?

法律的にどうなのでしょうか?会社によりけりなのでしょうか?

Aベストアンサー

そのような事は、ありません。
ただ、次の会社に持ち越し出来ないので、取る方は、多いです。

Q絶対音感保持者の気質について

このOKweb(教えてgoo)でもたびたび投稿のある絶対音感のテーマですが、投稿にご回答される(見ず知らずの)方でも、また、直接私が面会しておつきあいのある方でも、絶対音感保持者のかたには非常に攻撃的なところが特徴的な気質の方が割合として多くいらっしゃるように見受けられます。

自ら絶対音感保持者と名乗るご解答者の方の中には、何げない素朴な質問者の問いに対して、攻撃するような論調でのご回答が目立ち、質問者の方の問いに応えるというよりも、自らの美学に合致しない(絶対音感の理解できない)ものは徹底的に許すことができない、という論調が多数見受けられます。


絶対音感を神秘の世界から科学的に捕える研究は、教育界と心理学界と精神医学界で並行してなされていると伺っています。
絶対音感を持つ方々の中に、非常に攻撃的な気質のかたが多くいらっしゃるのは、やはり絶対音感に伴う雑音から来る日ごろのストレスが原因なのでしょうか。。。
それとも、幼児より厳しい特殊な音感教育を受けて、手厳しい教育によって育まれていった攻撃性も要因として大きいのでしょうか。。。

通常の学校教育での音楽授業以外に何の訓練を受けずとも、自然と絶対音感を持っている人もいます。そういう人は(私の面会した絶対音感者の範囲内においては)柔和な方ばかりです。

このOKweb(教えてgoo)でもたびたび投稿のある絶対音感のテーマですが、投稿にご回答される(見ず知らずの)方でも、また、直接私が面会しておつきあいのある方でも、絶対音感保持者のかたには非常に攻撃的なところが特徴的な気質の方が割合として多くいらっしゃるように見受けられます。

自ら絶対音感保持者と名乗るご解答者の方の中には、何げない素朴な質問者の問いに対して、攻撃するような論調でのご回答が目立ち、質問者の方の問いに応えるというよりも、自らの美学に合致しない(絶対音感の理...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。再び答えさせていただきます。

altosaxさんが例に出している、最相葉月さんの著書「絶対音感」ですが、発売当時一度読みました。
そして、もう一度読んでみようと先ほど探してみましたが、どっかいっちゃって見当たりません(笑)
なので、間違って覚えている知識があるかもしれません、ということと、そもそも私は余り専門知識はありません、と最初にお断り申し上げます。

私の場合、(1)3歳~7歳、(2)8歳~12歳、(3)13歳~18歳と、3人の別の先生にピアノを習いました。
ソルフェージュをやったのは、(2)の8歳~12歳での音楽教室のみです。
(1)と(3)はソルフェージュに力を入れていない、個人でピアノ教師をしている人の下で習いました。

最相葉月さんによると、確か4,5歳ころまでに特別な訓練を受けた場合、絶対音感を得る人もいる、ということだったと思います。
また、その年齢の頃に、訓練を受けなくても楽器に触れることにより、自然に習得する人もまれにいる、とあったと思います。

私の場合は後者にあたると思います。
なぜなら、幼少の頃に特別な訓練を受けてないからです。
8歳からの音楽教室での、ソルフェージュも、「なんでこんなことしなアカンの~?」と半ばイヤイヤやってましたし、それで音感がついたとは全く思いません。

それで、なぜ自分に絶対音感があるか、と自覚したかと申しますと、私には同じく幼少の頃からピアノを習う兄弟がいたからです。
楽譜とは違った音(不協和音だとは限らない)を出しているにもかかわらず、鍵盤を見るまではそのことに気が付かない兄弟を見て疑問に思ったのです。

たとえば、ド・ミ・ソという和音(ド+2音階高い音のミ+2音階高い音のソ)を、指の感覚で間違ってソ・ド・ミ(ソ+3音階高い音のド・・etc)と記憶していたとします。(この場合、不協和音:変な音には聞こえません)
すると、指摘されるまで、ずっとそれで弾き続けるです。

私でしたら、鍵盤を見なくても間違ったらすぐ分かるので、兄弟が間違って弾く姿が謎に思えたのです。

そのときは、自分がおかしい(優れている?)ではなく、兄弟が変わっていると思っていました。
中学・高校と進むにつれ、音楽の授業で聞き取りテストがあった時に、初めて自分が少数派であることに気が付きました。


今まで、音感に関して、「許す」「許さない」という風にカテゴライズして生きて来たわけではないので、この質問は新鮮に感じました。
altosaxさんは、絶対音感保持者が絶対音感を持たない「物」や「者」に対して、「許せない」という感情を持つか、否か、という疑問をお持ちだと解釈すれば宜しいでしょうか?

私に限りましては、「物」にはYES。
「者」に対してはNOです。

「物」というのは、これも私の解釈ですが、言い換えれば「音」です。
電子音(楽)に多いのですが、メロディーとしては成り立っているのですが、「ド」でも「レ」でも「ミ」でもない音で作られている(と私が感じるだけですが)場合がある為です。

最相葉月さんの本に、ピアノはピアノでも、ピアノの仕様?や調律の仕方で、音の波長(でしたっけ・・?ごめんなさい)が違う場合があり、どれが絶対的であるかは時代によっても、また絶対音感を習得している人によっても違う、という記述があった記憶があります。

そのため、私がある特定の電子音(楽)を聴いた時に、車酔いにも似た感覚を覚えることがあるのです。
説明すると、普段は音楽を聞けば「ドレミ」で頭の中に入って来る音が、まるで外国語のように何を言ってるか分からないような感覚に陥ってしまうのです。

私の中での「絶対音感」がすべての音楽に通じるものとは思っておりませんので、それを作曲した人に憤慨したりはしません。
あえてそういった音楽を聴こうとしないだけのことです。

そのため、altosaxさんがおっしゃるよう、「物(ある特定の音)」に関しては許しがたいとまではいきませんが、不快感を覚えることはあります。


次に「者」に関する感情についてお答えします。

>私のソルフェージュ体験のようにこうしてこう聞き取る努力をしてみたらいいかもしれないですよ*」というような接し方をするのは非常なストレスを感じますでしょうか???

端的に答えるとすれば、特にストレスは感じません。
というのも、先ほども申し上げましたが、私には絶対音感を持たない兄弟が「謎の存在」だったので、家でピアノの練習しながら、兄弟に「訓練」をしてたのです。もちろん楽しい遊びみたいなものです。
何年も続けましたが、結局兄弟が絶対音感を習得することはありませんでした。

最相葉月さんの本の内容がすべて正しいかどうかは知りませんが、大人になってからの習得は無理、もしくはかなり困難なのですよね?

だから、たとえば、成人をすぎた今、また「音感を得るために訓練してほしい!」って兄弟に言われても、正直なところ「・・・無理ちゃうか?」と思うでしょう(笑)。

>音感のことになると「あなたに言ってもわからない無駄なこと、」とにべもなく終わりにしてしまったり、ソルフェージュで鍛練された経歴があっても神秘的な魔法のように努力の過程は省略してしまうことがありませんか??

そういう人が実際いるのは同感いたしますし、私の上記の「無理ちゃうか?」って思うことも、おっしゃるような横柄な態度ととられるかもしれませんね。

>努力の過程は省略

とありますが、申し上げている通り私は努力して習得した能力ではありませんので、「省略」している訳ではありませんし(他にもそういう方はいると思います)、「神秘性」もあまり意識したことありません。

>「あなたに言ってもわからない無駄なこと、」

ですが、最相葉月さんの本によると、努力したら誰でも100%身に付けることが出来る技術ではないため、そのような突っ放した態度をとる人がいるのも分かります。(攻撃的な人に同意している訳ではありません。)

結論です。
altosaxさんの指摘されていることは、理解できますし、ある程度そういう風潮があるのも頷けます。
実際、攻撃的ではないにしろ、私も一種の偏った人間なのかもしれません。

なぜそのような人がいるのかということですが、上記のような(努力しても習得できるとは限らない能力)理由がある為です。
また、そのような特殊能力を持っていることを、意識的(専門的)に認識した場合、優越感を持つであろうことは、容易に想像できるためです。

長くなってしまい申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。

#3です。再び答えさせていただきます。

altosaxさんが例に出している、最相葉月さんの著書「絶対音感」ですが、発売当時一度読みました。
そして、もう一度読んでみようと先ほど探してみましたが、どっかいっちゃって見当たりません(笑)
なので、間違って覚えている知識があるかもしれません、ということと、そもそも私は余り専門知識はありません、と最初にお断り申し上げます。

私の場合、(1)3歳~7歳、(2)8歳~12歳、(3)13歳~18歳と、3人の別の先生にピアノを習いました。
ソルフェージュをや...続きを読む

Q明後日会社面接だけど・・・絶対合格したい!(人事採用者、転職成功者様へ 大至急!!)

明後日いよいよ会社の面接日です。
とても楽しみというより失敗しないか不安いっぱいです。
私は今まで食品会社で流通センターで勤務しておりました。(現在やってますが)
それで志望先の会社はコンビニストアの本部で事務職として希望しております。
それで今のキャリア不足しております。
これでは不合格になりそうです。(経験ないから)
志望先の会社は経験、学歴、障害者有り無し関係ないと書いてあります。
でも不合格になるのではないか不安で不安でたまりません。
私はどうしてもその会社に入りたいし、私が死ぬまで働きたいと心からそう思っています。
どうしたら採用者に伝わるのでしょうか?
こうしたほうが採用されるよ、これはやるなよ!とかありましたら教えてください。(障害者中途採用です。)
それとどのようにいえば良いのかアドバイスください。

Aベストアンサー

以前も質問されてましたが、
あなたが書いていることを一生懸命言えばいい。言って、最悪、不合格なら出直しましょう。全力尽くすことです。小手先のアドバイスはありません。

Q絶対音感とは簡単に、具体的にいうと、何ができたら、絶対音感があると言えますか? ピアノでゆうとドレ

絶対音感とは簡単に、具体的にいうと、何ができたら、絶対音感があると言えますか?

ピアノでゆうとドレミとかが、判断できたら、絶対音感がありますか?



練習で身につくと聞きました。是非見につけたいです。元から音感あった人ではなく、練習で身についたというかた、是非練習法を教えてください!

Aベストアンサー

絶対音感といっても、できることに、いろんな種類があるんだと思いますが、
普通の(最も保持者が多い)絶対音感は、音の周波数がわかる能力ではなくて、音名がわかる能力だと思います。(この2つは全く違う能力です)
この意味での絶対音感は、
ピアノで(最低2オクターブ以上、場合によってはもっと広い跳躍をいれながら)ランダムに音(単音)を弾いているのを聴いて、
どの音か(音名だけではなくて、どのオクターブかも)を、高い確率で正解できるなら、絶対音感があるといってよいと思います。
このテストをすると、絶対音感保持者と、優秀な相対音感保持者とは、たまにする間違いのパタンが全然違うので、完全に区別できます。
絶対音感保持者は、オクターブエラーといわれる、音名はあっているけど、オクターブが違うという間違いをしがちです。
つまり、1オクターブ(半音12個分)もずれた音を答えるわけです。
それに対して、優秀な相対音感保持者は、となりの音と間違えることはあっても、オクターブ(半音12個)もずれているという間違いをすることはほとんどありません。

一般的に、上の意味での絶対音感保持者は、優秀な相対音感保持者よりも、オクターブを捉える感覚は弱いことが多いです。
(音の高低に注目して聞くという習慣があんまりないため)
ある意味、音の絶対的な周波数をとらえる能力は低いという事もできると思います。

ちなみに、絶対音感は、基本的には7才くらいより小さな子供でないと身ににつけることはできないとされています。
大人になってからでも身につく?みたいな話(都市伝説?)もあるみたいですが、
少なくとも私の周りにそれなりの数いる絶対音感保持者は、全員、子供のときに身につけた人で、
大人になってから身につけたという人は一人もいません。

絶対音感といっても、できることに、いろんな種類があるんだと思いますが、
普通の(最も保持者が多い)絶対音感は、音の周波数がわかる能力ではなくて、音名がわかる能力だと思います。(この2つは全く違う能力です)
この意味での絶対音感は、
ピアノで(最低2オクターブ以上、場合によってはもっと広い跳躍をいれながら)ランダムに音(単音)を弾いているのを聴いて、
どの音か(音名だけではなくて、どのオクターブかも)を、高い確率で正解できるなら、絶対音感があるといってよいと思います。
このテスト...続きを読む

Q職場の怒鳴り声

工場のアルバイトに行ってます。
採用後に会社の方から
「毎日同じ事の繰り返しで、精神的にイライラして
怒鳴る人もいるけど、そこの所はわかってくださいね」
「怒鳴られて辞める人も多いです、もし上手く出来なくて
怒鳴られて耐えられない時は、我慢せず相談してください」と
言われました。

実際、周りの人達は良い人ばかりなんですが、1名だけ
怒鳴る人がいます。出来ない時に怒鳴るのはわかりますが
普段からイライラしてるような感じで、にこやかな顔を
見た事がありません、何に対しても怒鳴り散らす感じで、
自分が怒鳴られるのも嫌ですが、他の人が怒鳴られてるのを
聞いてるのも精神的にストレスになってます。
会社に相談したところで、その人の怒鳴り声が治るわけでもないし・・・

相談してと言われましたが、怒鳴り声が精神的に苦痛だから
辞めるというのは卑怯でしょうか?
毎日仕事に行くのが苦痛です

Aベストアンサー

> 相談してと言われましたが、怒鳴り声が精神的に苦痛だから
> 辞めるというのは卑怯でしょうか?

こちらの退職理由は、質問者さんが次に転職する際、採用側の会社に告げる「前職の退職理由」になります。

A.
前職でトラブルがあったから退職した、次回も同様の事があったら退職する。

よりは、

B.
前職でトラブルがあり、
・怒鳴るのを止めるように指導してもらう。
・作業の日時や場所を変えてもらうよう、相談する。
・眠れない、イライラする、仕事が手に付かないなどの症状があるのなら、産業医や心療内科で診てもらい、診断書を出してもらい、会社には休職などの措置を検討してもらう。
・怒鳴り声が届かないよう、パーティションを設けてもらう。
・怒鳴らないよう、電話対応する部署などの近くに移動してもらう。
などの問題解決のための努力を会社に依頼したが、質問者の責でなく問題が解決しなかったため、やむを得ず退職した。

の方が良いです。


まずは、相談してみるのが良いかと思います。
その際、相談した日時と内容はガッツリ記録しといて下さい。

> 相談してと言われましたが、怒鳴り声が精神的に苦痛だから
> 辞めるというのは卑怯でしょうか?

こちらの退職理由は、質問者さんが次に転職する際、採用側の会社に告げる「前職の退職理由」になります。

A.
前職でトラブルがあったから退職した、次回も同様の事があったら退職する。

よりは、

B.
前職でトラブルがあり、
・怒鳴るのを止めるように指導してもらう。
・作業の日時や場所を変えてもらうよう、相談する。
・眠れない、イライラする、仕事が手に付かないなどの症状があるのな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報