プロが教えるわが家の防犯対策術!

昨年3月37年間勤めた会社を定年退職しフリーランスのRPAエンジニアになりました。確定申告する際に昨年もらった退職金は所得になりますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

ご質問は、


「令和3年分の所得税の確定申告をするとき、令和3年3月に定年退職した会社から受け取った退職金も、申告書に記入しなくてはならないのか」
ですね?

回答は次の通りです。

①退職した会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったこと。
②退職金から天引きされた所得税額が、正規の計算による所得税額よりも少なかったこと。

これら2つの条件をいずれも満たす場合は、確定申告書を作成する際に、退職金も記入しなくてはなりません。

そのほかの場合は、確定申告書を作成する際に、退職金の記入を省略することができます。
    • good
    • 0

所得にはなります。


しかし、退職所得は通常、税務処理は
退職金支払時に完結しているため、
確定申告で申告する必要はありません。

また、退職所得には『退職所得控除』
という勤続年数に応じた控除制度があり、
大きな控除額があります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

勤続年数20年以下なら、
40万×勤続年数
勤続年数20年超なら、
800万+70万×(勤続年数-20年)
の控除があります。

勤続年数37年なら、
800万+70万×(37年-20年)
=800万+70万×17年
=1,990万円
が控除されます。

つまり、退職金が1990万以下なら、
退職所得は、0になるので、
課税対象にはなりません。
ですから、確定申告で申告しないでよいです。

逆に、申告した方がよい場合もあります。

退職金が1990万を超えて、課税されており、
退職後の事業所得等や3月までの給与所得が
少ないため、社会保険料やその他所得控除が
所得より多い場合、退職所得からも控除が
できる場合がありえます。
その場合、確定申告で申告すると、
源泉徴収された所得税が還付されたり、
住民税が軽減されたりします。

そのあたりは、退職金の源泉徴収票で
引かれた税金があるかないかで申告の
要不要が判断できます。

いかがですか?
    • good
    • 0

所得にはなるけど、


税に関しては、どういう所得か?で
変わってくる。

定年退職する年なのに、
そんなことも知らないの?www
    • good
    • 0

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/12743612.html
より再掲

>退職金は所得になりますか…

って、所得には違いありませんが、給与所得や事業所得とは別物です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/

退職金は申告分離課税
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/
なので、退職前に会社へ「退職所得の受給に関する申告書」を提出してあれば、新たな税額は発生しません。
退職後も別の職に就いたからには、還付もありません。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/

プラスもマイナスもないとはいえ、他の事由で確定申告の必要があるなら、給与所得や事業所得とは別様式の「確定申告書・分離課税用第三表」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/y
に記載して、給与所得や事業所得の「第一表」、「第二表」
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/y
と一緒に税務署へ提出することになります。

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をどうぞ。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/
    • good
    • 1

貰った時の明細を見たら?


税引きになっていると思いますから申告不要ですね
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング