社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

給湯器が壊れて困っています、
半導体の工場がコロナの影響で生産が止まっている様です、手に入らないし 目処がつかないと言われました、タイで作って居る様です、日本で代替え出来ないのかな。

質問者からの補足コメント

  • 海外に生産拠点を移すのは安く作る為、
    日本での代替えは高くなるので 採算が合わないですね 半導体不足はさまざまな製品の生産に影響が出て居る様ですね、困るー。

      補足日時:2022/01/05 23:01
教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

#4さんご指摘のとおり、樹脂不足ですね。


旭化成、デュポン、BASFからの供給が滞っています。原因はコロナだけでなく火災とか色々です。

給湯機は浴室内リモコンのような水回り部品で、防滴のために封止樹脂(ポッティング樹脂)を多用するので、大変です。
これらの樹脂は、配線基板と線膨張係数を合わせる為にタルクやシリカを混ぜ特殊仕様で作っているので、代替が効きません。

コネクタ向けのナイロンも不足して、奪い合いのような状況です。

こういうときは、日本式のピラミッド構造のようなサプライチェーンを持っているトヨタのような企業は強いですよね。「ケイレツ」は強みです。

部品や材料調達が円滑な時は、海外の安い工場に丸投げしても良いんですけどね。
    • good
    • 2

日本での生産ラインがないなら、新たに作る必用がある。


このラインって、数ヶ月以上かかる場合もありますし、投資もかなりの費用がかかりますから、わずか一時的なことだけで簡単にラインを設置できませんからね。

そして、採算がとれるようにするとしたなら、数倍以上の割高は当たり前ですからね・・・
コスト削減で海外移転をしてしまったツケと言うべきかもしれません。
まぁ、Made in Japanでも、最終組立が日本ってだけで、部品としては海外って当たり前だから、どこかで何かが起これば周りにまわって影響を受けることがありますからね。
    • good
    • 0

給湯器、温水洗浄便座などが入手困難なんですよね。


給湯器は特に長引くとか。
パナソニックがエコキュートを供給してると噂で聞きましたがエコキュートはあまり評判良くないようで‥。
ホントに困りましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホント困ってます。

お礼日時:2022/01/06 08:22

>半導体の工場がコロナの影響で生産が止まっている様です



この手の古典的な半導体は日米独で作っていますが、日本は工場火災以降、本来の生産量に戻っておらず、米国はトラック流通の停滞で出荷が滞っている様子。それでもベトナムにある、リモコンや電子制御回りの下請工場は3ヶ月のロックダウン以降、半導体の供給はそれなりになっています。
今は樹脂部品の不足で、簡単に言えば電源コネクタが足りないとのこと。半完成品が出来上がっているものの、完成品にならないので出荷できない、という図式のようです。

何でベトナムなんかで、とお思いでしょうが、それなりに国がバックアップしてくれて、人件費も安く、手先が器用だったので、ノーリツもリンナイもそこに集約させてしまったのです。樹脂部品は中国、米国のシェアが大きいのですが、中国はオリンピックを控え、ほんの少しでもコロナ患者が出ると都市単位でロックダウンをしてしまいます。米国も流通が停滞しています。インドネシアやタイから調達するように足掻いているようですが、軌道に乗るまでは時間がかかります。コスト高になってもリスクヘッジ、とリンナイもノーリツも言っていますが、なかなか難しいようです。

ノーリツは中国国内組み立て、リンナイは日本国内組み立てです。2社で8割のシェアで、残りをパロマ、パーパス、長府で分け合っていますが、ここいらがノーリツ、リンナイの牙城を崩すほどの生産性を持っているわけではないので、よほどのことがない限り、ノーリツ、リンナイの動きが鍵を握ります。

ベトナムのロックダウン明け後、中国の動きが鈍かったので、リンナイに注文が殺到しました。蝗害と一緒です。その後、ノーリツの組み立て状況がよくなってきたので、今度はノーリツに注文が殺到中です。

ベトナムの3ヶ月のロックダウンで国内在庫は底を尽きました。今はノーリツ、リンナイともに生産量は8割まで回復した、と言っています。国内在庫が尽きた2ヶ月分の出荷量を、後追いで毎月8掛けで作っているので、納期は最低2ヶ月遅れ+毎月2掛け分のバックオーダが溜まっていくという図式です。これの起点は大筋昨年の8月ですから、9月中旬に発注した顧客の交換工事が完了したかな、という感覚です。

樹脂不足が解決しても、サプライチェインはあちこちで寸断していますから、運が悪ければどんどん延びます。

うちは11月中旬に発注しましたが、順調にいけば多分2月末、間が悪ければ3月末、本当に運が悪ければGW明けと覚悟しています。年明けに発注したのであれば、それに+2ヶ月とか+3ヶ月は覚悟しておいた方が良いでしょう。メーカの営業も12月初頭で「絶対確実って言える時期ですか? GWぐらいかなw いや、俺らも全然見えないんですよ。でも年明けとか言って恨まれてもこまるじゃないですか。上の方は口では早いこと言ってますけどねぇ」です。

もちろん、戸建て用の外壁掛けの前方排気が一番数が出るので、読みとしては一番早いのではないかと思います。マンションPS内設置の上方排気とか、アールコープとかだと、不利かもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これは長い事お湯に悩まされそうだ(涙)

お礼日時:2022/01/06 08:20

目先の銭こだけに海外に生産移転した場合は、常にこのような困ることも発生していきます。

    • good
    • 0

製造ラインを準備するなどが必要ですから


輸入がストップしたからと直ぐに代替できるような単純な話ではありません

停滞が長期化するのが確実なら国内での対応も検討するでしょうけど
ライン整備したら輸入再開しました~となれば、丸損ですからねぇ

そう気軽には踏み込めません

メーカーやシリーズを変えて対応するモノを探すとかですかね・・・・当面は
    • good
    • 0

元はと言えば日本で開発したものですので技術的には可能ですが、今から生産ラインを整えるのは費用的に合わないので様子を見ているのが現状です。

コロナ禍突入当初マスク不足に見舞われた状況とよく似ています。

海外の部品工場は日本のメーカーが投資して作っていますので、切り捨てることもできないのですが、更にこの状況が長期に渡れば、メーカー側も対策を考えるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング