「~に行く」と「~へ行く」の違いはアルクのQ&Aやここの過去ログで解説されているものは読み、勉強になりました。
ですが、ある本でこの質問のタイトルのような記述があったので、気になって質問してみました。私自身は基本的には関西人で、関東にも数年間住んだことはあるのですが、関西では確かに「に行く」よりも「へ行く」のほうが自然な気がします。実際のところ、どうなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

分解 品詞」に関するQ&A: 品詞分解 接続 意味

A 回答 (2件)

 元来はその移動主体が現在地よりかなたの目標地「へ(辺)」行く意味の格助詞だったものが、やがてこなたや帰着点を示す「に」の代わりにも用いられるようになってきた流れがあるようです。


 「新羅へか家にか帰る」(万葉集3696 770-780年頃)
 「こなたへ来(く)らんと待ほどに」(宇治拾遺 1200年代前半)

 そういう意味では、その地域差もあるようですが、それすらものの本に寄りけりで、「京に、筑紫へ」と「筑紫に、京へ」と入れ替わっている記述がうかがえます。関東の「さ」は今やかなり廃ったものでしょう。
 「京に、つくしへ、坂東さ」(実隆公記 1496年)
 「日本でも、筑紫に、京へ、坂東さと云類(いうたぐい)ぞ」(四海入海 1534年)
 「京へ筑紫に坂東さ」(ロドリゲス日本大文典 1609年)

 用法上から見れば、幾つかの差異がでてきます。
1.質問者側では帰着点として動詞を省けば「どこへ?」であって、「どこに?」「どこさ?」はかなり少なくなる。
2.文章上では「4月に学校に行く」など「に」の重出を嫌って「4月に銀行へ行く」と書く。
3.連体修飾用法では、「海外への出張」「銀行への振込み」であって、この「への」を「にの」とは使えない。
以上から、「へ」がオールラウンドに使用可能な融通性があることから多用されているのでしょうが、それだけにそれぞれを上手く使い分けた表現が、受け手には分かりやすく新鮮に伝わるのかも知れません。使い分けを愉しめたら幸いですね。
    • good
    • 0

この答えは、助詞だとか、品詞分解だとかの問題ではなく、この言葉を慣例的に、どの様に使うか、使っているかということだと思います。



私、個人としては、「~に」を使う時は、「~へ」を使う時より、より具体的な場所として示したい時に使います。

一方「~へ」をつかうときは、大まかな場所として表す時で、ことばを濁すような、歯切れの悪さを感じます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q~が、~ですが、~けど、~ですけど

私が日本語を教えている学生がよく使う言葉について質問します。

1.日本語は難しいが、がんばります
2.日本語は難しいですが、がんばります
3.日本語は難しいけど、がんばります
4.日本語は難しいですけど、がんばります

2~4は問題ないと思いますが、
1だけは、目上の人に使うと失礼な感じがします。

2と4は「ですます」形なので、どちらも丁寧な表現だと説明できますが、
1と3の違いについては、どのように説明すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず結論から。
 どれも間違いではありません。
〈1だけは、目上の人に使うと失礼な感じ〉というのはわからなくはありません。でも、説明するのはむずかしいと思います。
「1」「3」は同様、と説明するのが無難でしょう。

 詳しくは下記をご参照ください。
【重文&複文 と 接続助詞 と デス・マス体の関係】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12151950961.html

 以下は一部の抜粋(重言)。

 昔けっこう悩んだテーマを思い出してしまった。
 まず、質問に対する回答から。

 どれも間違いではない。
「が、」「けど、」の前後に文があり、「2」「4」は両方をデス・マス体にしている。「1」「3」は後半だけデス・マス体にしている。当然、「2」「4」のほうが敬度が高い。後ろだけデス・マス体にした「1」「3」は敬度が低く、ちょっとラフな感じになる。
 質問者が、「1」だけが「目上の人に使うと失礼な感じ」としている。
 これは、「1」と「3」は同じようなものなので、「1」がXなら「3」もXになる。
 ……というのが模範解答だろうか。

 もう少し付け加えるなら……「が、」と「けど、」だと、前者が書き言葉的(文語体とは別物)で後者が話し言葉的(口語体とは別物)。「が、」は 書き言葉的なので、前半のデス・マス体を省略したラフな感じとはちょっと相性が悪い。どういうときに使うのか想起しにくい。「3」は割に親しい先輩なんか に使うなら何も問題がないだろう。

 ここから先は主観に走る。
 個人的には、「1」は↑のような理由で不自然に感じる。一般には許容されている「2」「4」は相当気持ちが悪いので自分では使わない。でも日本 語学習者に「形容詞+です」の形をXにするのはムチャだろう。「の」を入れればOKなんだが、「4」に「の」を入れると別の問題が出てくるような。
【「形容詞終止形」+「です」 うれしいです うれしかったです】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2417.html

 ということで、厳密に考えるなら、下記になる(あくまでも個人的な主観)。
1.日本語は難しいが、がんばります     →△
2.日本語は難しいですが、がんばります   →△
  日本語は難しい(の)ですが、がんばります  →◯
3.日本語は難しいけど、がんばります    →◯(ケース・バイ・ケース)
4.日本語は難しいですけど、がんばります  →△
  日本語は難しい(の)ですけど、がんばります →△

 さてここからが、昔考えたこと。
 重文(&複文)とデス・マス体の関係。
 重文(&複文)とは何か、と考えると話が長くなるので、2つの文をつなげた文くらいにしておく。
 下記が簡潔かなぁ。
【単文とは・重文とは・複文とは】
http://www006.upp.so-net.ne.jp/inamoto/writing/yohgo/tanbun.html

 で、2つの文をつなげるのは、たいてい接続助詞だろう。
 多くの接続助詞は、2つの文を両方ともデス・マス体にするとクドい印象になる。
 なんでもよいのだが、かの有名な「から/ので/ため」で見てみる。ちなみに、〈「から」が主観、「ので」が客観〉と主張する人が多いが、デス・マス体(当方のマシンでは「でま」で単語登録されている)ではなくデマだと思う。
【「だから」「なので」の違い【1】~【7】  「~から」「~ので」「~で」「で」「から」「ので」】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1680.html
1)電車が遅れたから、遅刻しました
2)電車が遅れたので、遅刻しました
3)電車が遅れたため、遅刻しました

 このあたりは、前の文をデス・マス体にしないほうが自然だろう。もちろん下記のようにしても間違いではないが、個人的には何か事情がない限りこんな書き方はしない。
1)-2 電車が遅れましたから、遅刻しました
2)-2 電車が遅れましたので、遅刻しました
3)-2 電車が遅れましたため、遅刻しました

 これは、前の文がまだマシなのは「遅れる」という動詞だったから。形容詞だともっと悲惨なことになる。
4)おいしかったから、食べすぎました
5)おいしかったので、食べすぎました
6)おいしかったため、食べすぎました
4)-2 おいしかったですから、食べすぎました△
5)-2 おいしかったですので、食べすぎましたX
6)-2 おいしかったですため、食べすぎましたX

 4)-2は「です」がついてもかろうじて△(理由は不明)だけど、ほかはXって気がする。
 これが、逆接の接続助詞だと、前の文をデス・マス体にしてもさほどおかしくない。
 ただ、「おいしいです」はイヤなので「の」を入れる。「ん」のほうが自然かな。
7)電車が遅れたけど、ギリギリ間に合いました
7)電車が遅れましたけど、ギリギリ間に合いました
8)電車が遅れたが、ギリギリ間に合いました
8)電車が遅れましたが、ギリギリ間に合いました
9)おいしいけど、もう食べられません
9)おいしい(の/ん)ですけど、もう食べられません
10)おいしいが、もう食べられません
10)おいしい(の/ん)ですが、もう食べられません

 昔、理由を考えたけど、結局わからなかった。
〈逆接だと文の独立性が高いのかも〉と考えてサジを投げた。
 ただ、理由がハッキリしなくても、こういう傾向はあると思う。
 もっとも逆接の接続助詞は多数あるので、前の文をデス・マス体にしにくいものもある。気になる方はお調べください。
【接続詞(っぽい言葉)の役割──順接/逆接/並列・追加/対比・選択/説明・補足/転換】 【20130314改定版】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2727.html

まず結論から。
 どれも間違いではありません。
〈1だけは、目上の人に使うと失礼な感じ〉というのはわからなくはありません。でも、説明するのはむずかしいと思います。
「1」「3」は同様、と説明するのが無難でしょう。

 詳しくは下記をご参照ください。
【重文&複文 と 接続助詞 と デス・マス体の関係】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12151950961.html

 以下は一部の抜粋(重言)。

 昔けっこう悩んだテーマを思い出してしまった。
 まず、質問に対する回答から。

 どれも間違いではない...続きを読む

Q「~ですが」「~が」の使い方がおかしい?

きっとほとんどの日本人がこの使い回しをしていると思います。これを使わない文章なんて書けたものじゃありませんし・・・。

例えば正しいと思う例は、
「本日は晴れですが、夜に雨が降るかもしれませんので傘をお持ちください。」

誤っていると思う例は、
「本日は晴れですが、あなたはどのように過ごされていますか。」


「~ですが」「~が」って、次に否定の文章が来るはずなのに、ANDの意味で使われている気がします。本当の使い方を教えてください。

Aベストアンサー

「が」や「けれど」は大別して、逆接、順接、婉曲という三種類の接続をします。というか、現在ではそういう使い方をされています。

元は逆接だったのでしょう。(もっと前は「主語を指す」だけだったのではないかと想像します。)それがだんだん使い方が広がっていった。言葉とはそういうもので、現在の使い方は、変化前の用法から言えば「正しい」と言えないにしても、「多くの人に通用する」と言えます。通用するかどうかが言語の値打ちなので、しかたありません。


いや、私も「婉曲」と言われても、嫌いですよ。
「ちょっと、そこ通りたいんでけどォ」なんて言われても、「けど、なんだ? けど(逆接)だから、通りたいけどがまんする、だな?」と言いたくなります。

でも「順接」までは、私としては許容範囲ですね。
「本日は晴れですが、あなたはどのように過ごされていますか。」という例文は、
ごく自然な日本語に聞こえます。

Q「~ものとみる」と「~ものとみえる」について

 日本語を勉強中の中国人です。

 判断(推測?)をする時に使う「~ものとみる」と「~ものとみえる」とこの二つの形についてお伺いしたいと思います。

1.両者の違いは何でしょうか。形が似ているのでわからなくなりました。どちらが話し手の主観的の意志を強く表明できるのでしょうか。

2.天気予報に関するニュースでよく聞くのはいったいどちらなのでしょうか。どうも私の頭の中で混乱中です。もしかして覚え間違えているかもしれません。具体的な用例を教えていただければ助かります。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、ご指摘いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1、最初に、良く使われる形の
【ものとみている】という表現について述べておきましょう。
「警察では、犯人は明け方に忍び込んだものとみている」
「政府では、ミサイルは3発発射されたものとみている」
「私は、お母さんが私の饅頭を食べたものとみている」
などで、ほぼ『断定(確信)に近い推定』と言えるでしょう。

【ものとみる】は、「ものとみること(ができる)」「ものとみるべき」という形で良く使われます。
この場合も「断定に近い推定」と言うことができます。

【ものとみえる】
「ものとみえる」も「断定に近い推定」に違いはありませんが、
『~のように感じられる』という意味が濃くなるので、断定のニュアンスは弱くなります。

2、急には思い浮かびませんが、
「気象庁では、明日の午後には台風が上陸するものと見ています」
「大型の寒気が上空に一気に流入したものと見られます」
などといった表現が天気予報で使われることはあるかもしれません。
今度注意して聞いておきます。^^
 

Q~を楽しみ ~が楽しみ の違いを教えてください。明日文法発表があるので。。 外国人として [助詞 の

~を楽しみ ~が楽しみ の違いを教えてください。明日文法発表があるので。。 外国人として [助詞 のを・が 楽しみに ]同じだと思います。ありがとうございます。I appreciate your comments.
I really need your help.

Aベストアンサー

久しぶりに友達と会えるのを楽しみにしています。(「を」は対象ー目的語)
久しぶりに友達と会えるのが楽しみです。(「が」は主格)

Q気という意味は何ですか? 気がない と 気が進まないとの違いは何ですか または 気が済む 気が強い

気という意味は何ですか?
気がない と 気が進まないとの違いは何ですか
または 気が済む 気が強い 気が弱い 気が短い 気が長い、なかなか分けることができない

Aベストアンサー

日本語は難しいよね。
彼女に対して気がない。好意
仕事に気がない。やる気
同じ「気がない」でも、前後の文章で意味が違うよね。
言い方や、シチュエーションでも変わるよね。
私も、わけらんないよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報