出版社の幻冬舎について、「幻冬舎」という言葉の意味(由来)を知りたいです。メールで送って聞いてみたところ、作家の五木寛之さんがつけたので、くわしくは、わからないと返ってきました。誰か、詳しく知ってる方、教えてください。

A 回答 (1件)

幻冬舎が自社の社名の由来を知らないとは驚きですが、本人が知らないことを他人へ聞いても答えは出てこないでしょう。

五木寛之氏に手紙を書いて直接送るか幻冬舎気付けで送り、ダメ元で半年ぐらい気長に待てば回答があるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五木寛之氏 ペンネームの由来その他

五木寛之氏 ペンネームの由来その他
同氏の生まれは福岡県の八女で、戦後引き上げてきた時も、八女に暫らく居たそうです。
熊本県の五木からペンネームをとったようですが、八女と五木は随分離れています。
どこで五木と繋がったのでしょう?

歌手の五木ひろしは、同氏が名付け親だそうですが、彼は福井県の出身で、これまた熊本県の五木とは無関係なようです。
五木とどういう繋がりがあるのでしょうか?
(五木寛之氏の「五木」への強い思い入れがある?)

わたしの調べた範囲では、これらのことに触れた資料は見当たりませんでした。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Wikipediaの記事がどこまで信用できるのか、そもそも出典が書かれていないので分からないのですが。Wikipediaによれば、「奥様の親戚筋の名前である五木姓を名乗っている」というような記述があります。

また五木ひろしの名付け親についても、「五木寛之氏の名前からプロデューサーが付けた」とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%9C%A8%E5%AF%9B%E4%B9%8B

Qドイツの出版社から影響を受けた日本の文庫/叢書/出版社

ドイツの出版社から影響を受けた日本の文庫/叢書/出版社はありますか?

Aベストアンサー

昭和2年7月付けの「読書子に寄す─岩波文庫発刊に際して─」の中で、岩波茂雄は「吾人は範をかのレクラム文庫にとり」云々としています。

Q自費出版の時の出版社の版権について

出版社に手伝っていただき本を自費出版しました。非売品です。特に契約時に条件などの提示はありませんでした。全部自費で買い取りました。この本を点字訳したいという人がいます。著作者として私は無条件で許可しますが、この点字訳を点字訳の訳者が出版する時に、私の本の印刷製本をしてくれた出版社の許可が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

装丁とか、そういうのは出版社の隣接著作権あるから、
そういうのまで出すと問題生じるが、
点訳だと、原稿のテクストデータの範囲で全部表現できるだろうから
質問者様のみの承諾で、いいですよ\(^^;)...マァマァ

Q枕草子のおすすめの出版社、また訳者は?

枕草子の古典のままの文章と、簡潔でわかりやすい現代語訳付きの本を探しています。
古典のままの文章もそのままついていてほしいです。
絵はあまりいりません。(画家の描いた有名な絵が少しあるくらいで)
または絵はなくてもいいです。

おすすめのあるかたはお答え下さい。

Aベストアンサー

あなたがどのような理由で『枕草子』を必要としているかによって回答が変わりますね。もし趣味で読んでみたいというのであれば、すでに回答されているような角川文庫の「ビギナーズクラッシクス」版や、清川妙氏『美しきもの 枕草子』(小学館)といった抄録本がいいです。しかし、何らかの学習に使うのであれば原文を読まなくては始まりません。この場合、現代語訳がついているからといって安易に小学館の古典文学全集本を使ってしまうと・・・これは底本が「能因本」というあまり現在ではメジャーでないものなので、本文が「みんなが知っている」三巻本系統とは異なっていますから注意。
新編古典文学全集は三巻本系統本文ですから、こちらのほうがいいでしょう。また、全訳はありませんが、かなりの部分に現代語の注がついている新潮日本古典集成の『枕草子』上下は、萩谷朴氏の自信作ですし、橋本治氏や酒井順子氏(『枕草子 REMIX』の底本となっています。
なお、田辺聖子氏の『春はあけぼの 枕草子』は小説ですので、原文そのままではありませんし、田辺氏の想像をかなり含んでいますので、あくまで小説として楽しむべきものでしょう。

あなたがどのような理由で『枕草子』を必要としているかによって回答が変わりますね。もし趣味で読んでみたいというのであれば、すでに回答されているような角川文庫の「ビギナーズクラッシクス」版や、清川妙氏『美しきもの 枕草子』(小学館)といった抄録本がいいです。しかし、何らかの学習に使うのであれば原文を読まなくては始まりません。この場合、現代語訳がついているからといって安易に小学館の古典文学全集本を使ってしまうと・・・これは底本が「能因本」というあまり現在ではメジャーでないものな...続きを読む

Q文学作品の出版社の違いについて

夏目漱石のこころでも、岩波書店、新潮社、集英社の3社から出ていて、
武者小路実篤の友情も新潮社と岩波書店から出ています。

新潮社が一番古いと思うのですが、字体などが違うのでしょうか?
違いを教えてください。

Aベストアンサー

夏目漱石など、一般の人が読まれるものは、オリジナルとはずいぶんと違う印象を受けるかもしれません。
オリジナルは、もちろん旧仮名遣いですし、漢字も旧漢字。現在普通に読まれているものは、オリジナルなものに手を加えて仮名遣いや漢字の使用を現代風に書き直しています。
各出版社がそれぞれの作品の出版に際して、それぞれの基準に応じて書き直して、現代の人でも読みやすいようにしているわけで、違いがあるとすれば、その書き直しの部分で、あえて漢字表記を残して振り仮名で読み方を示しているか、今は用いられない漢字表記であるので仮名にしてしまっているか、そういう部分で、それぞれの編集方針の違いが出るかもしれないと思います。
字体は印刷所の違いがあれば、あるかもしれません。
ためしに図書館でいくつかの文学全集などから、同じ作品の入っているのを選んで、それぞれの表記の違いを比較してみると面白いかもしれません。
「友情」はなつかしいです。小学生の頃だったかに読みましたが、それは少年少女文学全集というか、そういうものでしたから、漢字にはほとんどすべて振り仮名が振ってありました。

夏目漱石など、一般の人が読まれるものは、オリジナルとはずいぶんと違う印象を受けるかもしれません。
オリジナルは、もちろん旧仮名遣いですし、漢字も旧漢字。現在普通に読まれているものは、オリジナルなものに手を加えて仮名遣いや漢字の使用を現代風に書き直しています。
各出版社がそれぞれの作品の出版に際して、それぞれの基準に応じて書き直して、現代の人でも読みやすいようにしているわけで、違いがあるとすれば、その書き直しの部分で、あえて漢字表記を残して振り仮名で読み方を示しているか、今...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報