デンドロビューム(蘭)を育てていますが、茎の途中から根が出てしまいます。
花芽がつくはずの場所とのことですが、どう手入れをすれば、良いのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

デンドロビュームの花を咲かせる秘訣を紹介します。


1 日光によく当てる。5月から10月は屋外に出し、風通しをよくし、直射日光に当てます。ただし、梅雨明けころから8月までは葉焼けの心配があるので20%の遮光をするとよいでしょう。(私は、昼過ぎからは直射日光のあたらない風通しのよいところに置いています。遮光は必要有りません。毎年咲きます。)
2 肥料は早めに打ち切ります。窒素成分を含む肥料は7月までで止めます。窒素過多で茎葉の色が濃すぎる場合は8月から9月ころ、第一リン酸カリの2000倍駅を施すとよいでしょう。10月下旬には茎が飴色になるとよいです。(肥料は5月から7月まで洋ラン専用のハイポネックスを1000倍を月2回与えます。)
3 茎が成熟したら一定期間低温に当てることです。夜間の最低気温が14℃以下の低温に当たらなければ花芽が出来ません。すぐに室内に入れないことです。(天気予報をよく見ています。大体11月下旬から12月に室内に入れます。またそのころから3月は乾燥気味に育て、10日に1回くらい少量の水遣りで十分です。)
以上の3点の条件がそろわないと高芽がついたりします。ただ根が出たということですがそんなに気にせずに今から以上の点を注意されると来年の春、花が咲くと思いますよ。がんばって咲かせてください!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験者の方のご意見ありがとうございます。
根が出たのは、植え付けをする・・ときいていますが、それでよろしいのですか?
茎を切ったりしなくても良いのでしょうか?切るとしたらどんな時でしょうか??
ご存知でしたら教えてください。

宜しくお願いします。

お礼日時:2001/09/03 09:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
このHPは私も見て参考にしていました。

お礼日時:2001/09/03 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデンドロビューム?の育て方

デンドロビューム(蘭)を育てていますが、茎の途中から根が出てしまいます。
花芽がつくはずの場所とのことですが、どう手入れをすれば、良いのでしょうか

Aベストアンサー

デンドロビュームの花を咲かせる秘訣を紹介します。
1 日光によく当てる。5月から10月は屋外に出し、風通しをよくし、直射日光に当てます。ただし、梅雨明けころから8月までは葉焼けの心配があるので20%の遮光をするとよいでしょう。(私は、昼過ぎからは直射日光のあたらない風通しのよいところに置いています。遮光は必要有りません。毎年咲きます。)
2 肥料は早めに打ち切ります。窒素成分を含む肥料は7月までで止めます。窒素過多で茎葉の色が濃すぎる場合は8月から9月ころ、第一リン酸カリの2000倍駅を施すとよいでしょう。10月下旬には茎が飴色になるとよいです。(肥料は5月から7月まで洋ラン専用のハイポネックスを1000倍を月2回与えます。)
3 茎が成熟したら一定期間低温に当てることです。夜間の最低気温が14℃以下の低温に当たらなければ花芽が出来ません。すぐに室内に入れないことです。(天気予報をよく見ています。大体11月下旬から12月に室内に入れます。またそのころから3月は乾燥気味に育て、10日に1回くらい少量の水遣りで十分です。)
以上の3点の条件がそろわないと高芽がついたりします。ただ根が出たということですがそんなに気にせずに今から以上の点を注意されると来年の春、花が咲くと思いますよ。がんばって咲かせてください!!

デンドロビュームの花を咲かせる秘訣を紹介します。
1 日光によく当てる。5月から10月は屋外に出し、風通しをよくし、直射日光に当てます。ただし、梅雨明けころから8月までは葉焼けの心配があるので20%の遮光をするとよいでしょう。(私は、昼過ぎからは直射日光のあたらない風通しのよいところに置いています。遮光は必要有りません。毎年咲きます。)
2 肥料は早めに打ち切ります。窒素成分を含む肥料は7月までで止めます。窒素過多で茎葉の色が濃すぎる場合は8月から9月ころ、第一リン酸カリの2...続きを読む

Q20年以上昔から育てている鉢花です。夏は太陽がちらちら当たる場所で、冬は蘭を育てている温室です。さし

20年以上昔から育てている鉢花です。夏は太陽がちらちら当たる場所で、冬は蘭を育てている温室です。さし芽で増やすます。名前と育て方を教えてください。

Aベストアンサー

エスキナンサスのように見えます。

Qデンドロビュームの育て方で

 今日、久しぶりに鉢花に液肥をやったとき、ふと、となりにあったデンドロビュームにも液肥を与えました。
 ところが、そろそろ花も終わるし、これからどうすればいいんだろう、とネット検索したところ、花の咲いている間は施肥はしない、って書いてありました!まずい!?
 3月のはじめに満開の状態でもらった鉢で、もう花はかなり終わりかけていますが、まだ結構咲いています。(枝?株?によって花のつき具合が違います。)どうすればいいでしょうか。
 (水をいっぱいやって薄める?外において乾燥させる?)

 ちなみに、うちは神奈川県です。今デンドロビュームは、お天気のいい日の昼間はベランダに出していますが、まだ朝晩は部屋に入れています。そろそろ出しっぱなしでもいいかな、と思っているのですが、今日は寒いので、やっぱり中にいれようと思います。
 どなたかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。長くなってしまいますけど、ご参考になれば。

普段、私達が花屋で見る鉢植えのデンドロは大きく分けてノビル系と言われるものと、デンファレと呼ばれる系統があります。最近はそれ以外の系統もぼちぼち見かけるようになりました。何しろ、デンドロは系統が多く「え?これが?」って思うような草姿のものも多くあります。ラッキョウを重ねたような茎のものや茎をローラーで平べったくしたようなものなど多彩です。それは余談ですが。節毎に咲いていたらノビル系、茎の頂上から枝を出してその枝に咲いていたらデンファレと考えてください。

まず、肥料の件ですが、最低気温が何度ぐらいになるかによります。神奈川県とのことですから、まだ10度前後でしょう。それならば、遣らないほうが賢明です。

もうひとつミスがあります。鉢花の続きであげたとのこと。ということは、鉢花と同じ濃度であげたのではないでしょうか?ランは全般に肥料に弱く、普通の鉢花と同じ濃度であげれば根を傷めます。善後策としては、今の時期余り感心しませんが、おっしゃるようにジャブジャブと水をあげ、肥料を洗い流すしかありません。しかし、いつまでも根が濡れていると、根腐れしますので、暖かいところにおき、なるべく早く乾くようにしてください。

以下、通年の育て方を書いておきます。(ノビル系と想定して)

《植え方》
まず、植えてある状態なんですが、栽培農家は通常見栄えが良いように、塗り鉢にバーク(木の皮)か、ベラポン(ヤシの実の皮)で、寄せ植えにしてることが多いです。この寄せ植えがくせものです。これでは、全く乾かないのです。(ランは水やりしたらなるべく早く乾く必要があります)そのため、これをばらして、1株ずつ鉢植えします。1株だけ植えてあるのでしたら問題ありません。植え替えの季節ですが、株の根もとの新芽が10cmぐらいになった時が適期です。

植え方ですが、本物の素焼き鉢はほとんど手に入りませんので、通気性の特に良さそうなプラ鉢を使います。鉢底が網になってるか、穴がなるべく多いものを使ってください。アンバランスなくらい小さい鉢がいいです。植えこみ材料は、今植えられているものと同質が望ましいです。木の皮であれば木の皮、ベラポンであればベラポンがいいですが、手に入らなければどちらかを使えばいいです。木の皮は「ネオソフロン」ベラポンは「ベラポン」の商品名でホームセンターに売ってます。

今の鉢から抜き、新しい鉢の大きさに合わせて植えこみ材料を落とします。いくらか古い植えこみ材料を残しておくのがポイントです。鉢に入れ、新しい植えこみ材料を補充します。たくさん入る場合は、乾きやすいように、発泡スチロールのかけらをいくらか混ぜてあげます。上から、割り箸などでつつき、堅く詰め込んであげて下さい。これで完成です。なるべく植え替えはしないほうがいいのですが、、3~4年で植えこみ材が腐ってくるのでそのくらいを目安に同じように植え替えてやります。

《水遣り》

根元の新芽が伸びてきたら、徐々に水遣りの頻度を多くしてあげます。ポイントは、朝やった水が夕方には乾いている状態であればいいです。

夏は夕方にじゃんじゃんあげ、昼前頃にはうっすら乾くぐらいにします。夕方にあげるのは、昼間に蒸れないようにするためです。涼しくなるにつれ、潅水量を徐々に減らしていきます。10月頃になると、伸びた新芽の成長が止まり、太ってきます。この頃にはかなり水を切ってしまってください。茎に皺がよらない程度にしてください。ノビル系統は霜が降りる直前まで寒さと、乾燥に遭わせて下さい。それが花芽を分化させます。霜が降る前に、日当たりの良い暖かい室内に取り込んでください。冬は極端に皺がよらない程度に少しだけ水遣りをします。その場合、晴れた日の朝にやり、夕方には必ず乾いているように。霧吹きぐらいでもいいです。

《日当たり》
デンドロノビル系は直射日光がいいです。ただ、ずっと屋内に置いていたものを屋外に出すときは、徐々に慣らしたほうが日焼けの心配がありません。慣れてしまえばもう日焼けの心配はありません。降雨時にも、土の跳ね返りのない風通しのいいところに置いてあげて下さい。

《肥料》
無肥料でも充分育つのですが、あげる場合は、植え替えしたらその1ヵ月後から、しない場合は、新芽が10cm位になったときからあげてください。団子状の有機肥料だったら、1鉢に小さいのを一つ置きます。1ヶ月に1回、6月まで置いてください。同時に週1回液肥をあげてもいいです。説明書に洋蘭への希釈率が書いてありますので、それよりさらに2倍の薄さにしてあげます。薄ければ薄いほど安全です。液肥の種類は何でもかまいません。特に洋蘭用のものでなくともいいです。

《花》
品種により開花時期がありますが、おしなべて言うと、加温すれば年末ぐらいから、無加温ですと3~4月に花芽が伸びだし、開花します。


デンドロノビル系は丈夫なものが多いですから、安心して栽培なさってください。来年もまたきれいな花が咲くといいですね。長くなりすいませんでした。

こんにちは。長くなってしまいますけど、ご参考になれば。

普段、私達が花屋で見る鉢植えのデンドロは大きく分けてノビル系と言われるものと、デンファレと呼ばれる系統があります。最近はそれ以外の系統もぼちぼち見かけるようになりました。何しろ、デンドロは系統が多く「え?これが?」って思うような草姿のものも多くあります。ラッキョウを重ねたような茎のものや茎をローラーで平べったくしたようなものなど多彩です。それは余談ですが。節毎に咲いていたらノビル系、茎の頂上から枝を出してその枝に咲...続きを読む

Q胡蝶蘭の花芽

17年の3月に貰って以来初めて、昨年の11月始めに葉の間から花芽が出て来たのですが、それから葉が下から二枚枯れてしまいました。そして、現在花芽も伸びが悪く、1cm位しか有りません。白い根は沢山伸びています。バルコニーに簡単な温室の様な物(四方と天板をアクリル板で囲い下は水捌けの為がら空きです。150×75×45の大きさで他にデンドロビウム、デンファレ、沈丁花、子メダカの小さい水槽が入っていました。)に入れていましたが、最近寒くなって来てから、室内の窓際に移しました。どうしたら、無事花を咲かせてあげられるでしょうか?教えて下さい。また、温室内のデンドロビウムは元気なのですが、デンファレが葉が落ちて行き元気が無くなって来ています。昨年小さな花芽が出たのですが、咲かずに枯れてしまいました。こちらも教えて下さい。

Aベストアンサー

胡蝶蘭の下葉が落ちるのは、自然現象なのでそれほど気にされなくて平気だと思います。

花芽は、触ったりすると成長がとまるし、肥料などもダメです。
室内に入れたとのことなので、最低12~13度以上の場所で管理し、霧吹きなどで空中や葉に軽くかかるように霧を吹き湿度を保つと良いです。

成長はもともとのんびりなので、過保護にせず、暖かく見守ってあげてください。

デンファレも暑さ寒さに弱く、デンドロに比べ管理が難しいので、室内にいれて管理してください

Qデンドロビウム ヒミコ の育て方

デンドロビウムというのでしょうか、ヒミコという種類の花を手に入れました。
手入れの仕方がわかりません。
水遣りの間隔や、置き場所、また注意することなど教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>デンドロビウム ヒミコ
デンドロビュームはいくつかの系統に分かれます。
参考URLはウィキペディアのデンドロビューム(デンドロビウム)です。

専門ではありませんので、品種ヒミコについては何系か不明ですが、
おそらくノビル系だと思います。

ノビル系なら、山本デンドロビューム:http://www.dendrobium.net/HomePage.html
その中の一般向け栽培ポイントです。
http://www.dendrobium.net/SaibainoPoint.html

同じくノビル系の栽培ポイント
http://www.hibiyakadan.com/oteire/06.jhtml
http://yasashi.info/te_00002g.htm

キーワード:ノビル系 で検索すると他にもいろいろ情報が出ます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%A6%E3%83%A0

>デンドロビウム ヒミコ
デンドロビュームはいくつかの系統に分かれます。
参考URLはウィキペディアのデンドロビューム(デンドロビウム)です。

専門ではありませんので、品種ヒミコについては何系か不明ですが、
おそらくノビル系だと思います。

ノビル系なら、山本デンドロビューム:http://www.dendrobium.net/HomePage.html
その中の一般向け栽培ポイントです。
http://www.dendrobium.net/SaibainoPoint.html

同じくノビル系の栽培ポイント
http://www.hibiyakadan.com/oteire/06.jhtml...続きを読む

Q蘭・花芽のつかせ方の極意

洋蘭、おもにカトレアを育てて6年になります
育て方や環境が悪いのか花芽のつかない株はぜんぜんつかないし、かとおもうと毎年咲いてくれる株もあります。
リンカリ肥料をやったり、HB-101を試したりといろいろやったのですが余り変化がありません。

場所は関東平野部、夏場は南南西向きのところに寒冷紗50%、冬場は日の当たる窓際の室内温室です。

蘭を育てている方からのアドバイスをいただきたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらが参考になりますか・・・

参考URL:http://www4.synapse.ne.jp/e-ran/howto/cattleya/saibai-karen.htm

Qデンドロビウムの育て方

3年前に購入したデンドロビウム ノビル系ですが、昨年(今年の冬)は全く咲きませんでした。
育て方を調べると、植え替えは4月までにするように書かれていたのですが
幾つか質問させて下さい。

(1)現在、5月中旬ですが植え替えしても良いでしょうか?来年まで待った方が良い?
(2)鉢から6本の茎が出てますがそのうち、3本は芽も葉もありません。茎ごと切っても良いですか?

ミズゴケで植え替える予定です
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

デンドロビウムは咲かせるのが難しいように思えますが、コツがあります。
1.春~秋は出来るだけ日向に置く。冬に室内に入れてからも極力、日当りの良い場所に置く。ただし、環境が変わるとつぼみが落ちることがあるので、つぼみが出来てからはあまり場所を変えない。
2.水は控えめ。植え込み材料の表面が乾いてから2、3日経ってからやる(元々着生ランといって、木の枝などに寄生しているため、水やりをしすぎると弱る。長雨には当てない。)
3.肥料は4月~8月まで、月1回洋蘭用の固形肥料や液肥等を与え、9月以降は固形肥料は取り除き、肥料分を抜く(秋以降の肥料により花芽が葉芽になることが多い)。
4.凍らない程度の低温にあてる(関東南部なら、12月初め頃までは戸外に置く)。
5.植え替えは2~3年毎(4月頃が良いが、5月中旬なら可。)。葉のない茎も養分や水を蓄えており、役に立つので切らないで、葉のある茎と一緒に植える(合計3本程度)。黄色くなって干からびたようになったら切る。

特に、1.の日当たり、3.の肥料、4.の温度管理が大切です。

きれいな花が咲くといいですね。

デンドロビウムは咲かせるのが難しいように思えますが、コツがあります。
1.春~秋は出来るだけ日向に置く。冬に室内に入れてからも極力、日当りの良い場所に置く。ただし、環境が変わるとつぼみが落ちることがあるので、つぼみが出来てからはあまり場所を変えない。
2.水は控えめ。植え込み材料の表面が乾いてから2、3日経ってからやる(元々着生ランといって、木の枝などに寄生しているため、水やりをしすぎると弱る。長雨には当てない。)
3.肥料は4月~8月まで、月1回洋蘭用の固形肥料や液肥等を与...続きを読む

Qみょうがの育て方 みょうがの苗(みょうがの根少し芽が出てる)を3日前にプランターに敷石、元肥入り野菜

みょうがの育て方
みょうがの苗(みょうがの根少し芽が出てる)を3日前にプランターに敷石、元肥入り野菜の土を入れて植えました。
水は毎日あげました。半日陰の雨が降ったら雨がかかる場所に置いてあります、どのくらいしたら芽が伸びてきて苗のようになりますか?後今年は収穫できますか?一度何年か前にポットに入った苗を買って来て植えて育てたんですけど、うまく収穫出来なくて失敗してしまいました。今度は失敗しないで育てたいので、これから何をしたらいいですか?
初心者でも失敗しないでうまく育てて収穫出来るコツを教えて下さい。
根を植えてから水のやり方後何をしたらいいか、分かりやすく詳しく教えて下さいお願いします。
今度は絶対失敗したくありません。

Aベストアンサー

No.2です。
見たところ普通の花用のプランターですね?
しかも土も深さが足りないように思います。
半日陰ということなので、カラカラにさえしなければ枯れないと思いますが
芽がもう少し伸びたらプランターのふちから2cm位下まで増し土をしてください。
根を伸ばすスペースが少しは増えますので。
一日で表面が乾くくらいだったら腐葉土などで保護してやるのですが
この見た目では大丈夫そうなので逆に水のやりすぎに気をつけてくださいね。

Q胡蝶蘭の成長とデンドロビウムの育て方について

昨年4月初旬に二株寄せの鉢植えを貰い数日後植替えました。1鉢は昨年中に枯れてしまいました。もう1鉢は新葉が1枚出ました。その後根が伸びるだけで花茎どころか、新芽も出て来ません。<胡蝶蘭の育て方>通りに大体育てているのですが・・・現在葉3枚、4号鉢、水苔、白緑の根が鉢上から少々はみ出して来ました。古い根も有ります。
今年2月に貰ったデンドロビウムに新芽が3つ出て来ました。現在葉付き(花が咲いていたもの)の茎は48cmのものが3本、葉無し10cmのものが3本です。植替えをした方が良いのでせうか?
此の二つ記念に戴いたものなので永く育てて行きたいので良い方法を教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

胡蝶蘭の花茎が伸びるのは普通なら年末ぐらい。ハウスなどで上手く育てればもっと早く伸びてお正月に花を楽しむことができる。

>現在葉3枚
葉の数が少ないようです。今年せめてもう2~3枚葉が出ると安心です。古い葉もなるべく落ちないようにします。夏場に夏ばてすると古い葉が落ちてしまいます。
>4号鉢
少し小さいようですが、葉の枚数も少ないですし、葉がよほど大きくなければこのままで充分でしょう。根元が浮き上がるほどになっているか、根が鉢の周りに10cmも出ている状態ならば植え替えをお勧めします。
>水苔
ミズゴケ植えは標準です、ミズゴケが古くなっているなら表面だけ交換する方法もあり。
>白緑の根が鉢上から少々はみ出して来ました。
順調な証拠です。痛めやすいので取扱いは慎重に。

Qみょうがの育て方 みょうがの苗(みょうがの根少し芽が出てる)を4月22日にプランターに敷石、元肥入

みょうがの育て方

みょうがの苗(みょうがの根少し芽が出てる)を4月22日にプランターに敷石、元肥入り野菜の土を入れて植えました。
半日陰の雨が降ったら雨がかかる場所に置いてあります。
9月25日に30個位初収穫でき30日に10個位収穫出来ました。適度に水やりもしています。まだ収穫出来ますか?
収穫が出来なくなって終わったら何をすればいいですか?
浅くて幅の狭いプランターに植えてしまって収穫の時に、ひしゃげたのとかあるので深さがあって幅の広いプランターに移し変えることは出来ますか?来年以降収穫出来なくなったりしたらこまるのであまり動かさない方がいいですか?

Aベストアンサー

本体の方が枯れてきたら、植え替えてもいいです。
今年4月に植えたなら4月初めでもいいでしょう。


人気Q&Aランキング