こんど、東京から電車で旅行に行こうと思っているのですが、行き先が東京から100キロ以上離れているので、学割を使いたいと思ってるんですが、学割って特急とかにのらないと使えないんですか?
私たちが乗る予定の電車は東海道本線や伊豆急行などです。この二つの電車に乗るに当たって学割は適用できるのでしょうか?
また、もし、学割が使えるなら、どうやって切符を買ったらいいのでしょうか?当日みどりの窓口とかで買えるんでしょうか?それとも前もって買っておくものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

東京から伊豆へ行くようですが、路線の管轄は以下のようになってます。


東京~熱海(JR東海道本線)
熱海~伊東(JR伊東線)
伊東~伊豆急下田(伊豆急行)

ですから東京~伊東間は確実に2割引になります。
伊豆急行で学割が使えるかわかりませんが、もし使えるとしたら、学割をもう一枚用意しておいて伊東駅で学割切符を買う必要があるかもしれません。

学割は1回の切符購入で一枚使ってしまうので、予め往復切符を買うか、帰りの分の切符は帰りにかうなら学割をもう一枚持っていってください。

学割は年間使用数が学校によって決められていると思いますので、計画的に利用してくださいね。(年間10枚程度の場合は多い)

あと、JRの場合は片道100kmを超える切符を買った場合は途中下車が認められます。ですから、途中の駅で降りて楽しむのもOKです!
100km以下の場合は途中下車するとその切符は使えなくなります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
100キロを超えると途中下車ができるなんて知りませんでした!

お礼日時:2001/08/31 23:33

 東京からとりあえず伊東までは学割で1760円ですね(通常は2210円)。


 伊東から伊豆高原まで640円、伊豆熱川まで970円、伊豆稲取まで1150円、河津まで1330円、蓮台寺・伊豆急下田まで1570円です(学割はありません)。
 伊豆方面のお出かけでしたら、特急と組み合わせたトクトクきっぷや、普通・快速列車のグリーン車を安く使えるグリーン回数券などもあります。これらは学割で安くなりませんが、詳しくは参考URLをどうぞ。
 なお、学割は人数分必要ですので念のため。

 補足としてちょっと述べておきたいのですが
*学割はJRだけでなく私鉄でも使えます。ただ100km以上乗れるような私鉄は東武・名鉄・近鉄くらいですので目立たないだけです。
*片道100km以上で途中下車できるのが原則ですが、東京近郊区間内だけで完結する場合には途中下車できません。ですから単純に東京~熱海(近郊区間内)で購入すると途中下車不可です(東海道新幹線利用の場合を除く)。熱海より先まで購入する必要があります。ですので伊東・伊豆急下田方面まで購入した場合には横浜や小田原・熱海などで途中下車を楽しめます。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/yokohama/resya/index.html

この回答への補足

ありがとうございました。
参考URLもとても参考になりました。

ところで、こんなところではなんなんですが、
往復切符を買うと安いと言う話を聞いたのですが、往復切符にもJRなら学割が使えるのでしょうか?

補足日時:2001/09/01 11:29
    • good
    • 0

学割は、乗車券が2割引になりますので、特急などを使わなくても、もちろん使えます。


ただし、乗車券だけが割引なので、特急を使っても、特急料金などは割引になりません。
学割は、JRの区間について割引になります。伊豆急行に直行する場合に、伊豆急の分も割引になる規則があれば、伊豆急の分も割引となるでしょうが、そういう特例は多分ないと思うので、きっと、JRの分のみが2割引です。
(ちなみに、近鉄など一部私鉄には、一定の距離以上の利用に、学割が適用される場合もあります)
学割のきっぷは、駅の窓口ならどこでも買うことができます。学割証を提出して、「どこどこ駅まで学割」といって買って下さい。そんなに時間もかかりませんのが、窓口が混んでいたりすることも考えられますので、時間に余裕を持って駅に行ってください。もちろん、あらかじめ買っておいてもOKです。
それから、学割を使う場合は、前もって学校で学割証を発行してもらうことが必要です。駅で学生証や生徒手帳を見せるだけでは買うことができませんので、学校での手続きを忘れずに。
それでは、気を付けて。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
学割証はあらかじめとっておいたのであとは、それを窓口に見せて買うだけですね。

お礼日時:2001/08/31 17:49

 学割は特急に乗らなくても使えますよ。


 電車に乗るときは「乗車券」といういわゆる「キップ」がまず必要ですよね。
 学割は、この乗車券に効き目があるのです。ですから特急に乗るときに買う「特急券」などは学割の対象にはなりません。

 それから、学割が効くのはJR(伊豆方面なら熱海という駅まで)だけですから、伊豆急行は学割になりません。

 キップや特急券は当日にみどりの窓口で買えますよ。
 乗る日の1か月前から、買うことができます。

 気を付けて楽しい旅行をしてきて下さいね。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
学割きくのはJRだけなんですね。勉強になりました!

お礼日時:2001/08/31 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJR東海道本線・早川~根府川間の撮影ポイントについて語ろう

 JR東海道本線早川~根府川間に住んでいます。鉄道マニアの方により、ごみの散乱や無断駐車に困っておりました。これら迷惑マニアを撃退する方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
世間で認知されにくい所に加えてモラルが低いという、鉄道マニアは困ったものです。(自分もそういう所にひとくくりにされるのが悔しい)
こういった問題はたびたび鉄道雑誌にも取り上げられて議論されているけれど、「ひとりひとりの良識に任せる」といったような何の解決にもならない結論で締めくくられているのが現状です。その記事を読む人のほとんどが「良識あるマニア」だから何もならないのです。もし低モラルのマニアが読んでいるとしたら、「けっ、マナーなんかくそくらえだ」程度の考えで読み流しているでしょう。情けないことに。
こういうのはどうでしょうか?
早川駅・根府川駅に「マナーを守れないカメラマンはここで降りないで下さい」ぐらい強い語調の立て看板を立てておくのをお願いするというのは。それならお金もかからないでしょうし。
撮影スポットにも同じ様に立て看板があれば少しは暴走も食い止められるのでは・・・。しかし、そんなやつらの為に、自腹を切るのは甚だ不愉快ですよね。
自分も昨日撮影スポットについて質問しましたが、周りに迷惑をかけぬよう心掛けたいと思います。周りへの迷惑行為=自分の行動範囲が狭くなる・自分の肩身が狭くなる、ですから。鉄道趣味に限らず低モラルな連中には早くそれに気がついて欲しいものです。

こんばんは。
世間で認知されにくい所に加えてモラルが低いという、鉄道マニアは困ったものです。(自分もそういう所にひとくくりにされるのが悔しい)
こういった問題はたびたび鉄道雑誌にも取り上げられて議論されているけれど、「ひとりひとりの良識に任せる」といったような何の解決にもならない結論で締めくくられているのが現状です。その記事を読む人のほとんどが「良識あるマニア」だから何もならないのです。もし低モラルのマニアが読んでいるとしたら、「けっ、マナーなんかくそくらえだ」程度の考え...続きを読む

Q電車の行き先プレート

300円で売ってました
ランダムで何が出るかわからない、電車の前方にある鉄の行き先プレートのミニチュアです。

商品名教えて下さい
分かりにくい文ですみません

Aベストアンサー

トミーテックから発売されている、ジオラマコレクションシリーズのサボコレ(サイドボードコレクション)ですね。

参考URL:http://www.tomytec.co.jp/diocolle/

Q電車に乗っていて感じること

 最近の電車はとても乗りごこちが良くなったと思います。
 車両自体が改善された面もあろうかと思いますが、どうも線路にも秘密がありそうですね。「ガッタン、ゴットン」という音がしなくなり、滑るように走ってくれるのでとても快適です。レールにつなぎ目がなくなったのでしょうか。昔のように、気温の変化によりレールが延びたり、縮んだりしなくなったのでしょうか。

 もう1点、こちらは不満足な面ですが、冬の時期にシートの下のヒーターが時々とても熱くて、座ってられないくらいの時があります。一体どんな仕組みになっているのでしょうか。なんとかなりませんでしょうか。

Aベストアンサー

まずレ-ルの継目の改善です。以前は「--」の継目でしたが,今はロングレ-ルや継目を溶接していますし,一方のレ―ルの先の左をを削り、他方はレ―ルの先の右を削り,組合わせて1本のレ―ルの幅と同じになるような継目にしてしています,新幹線もそのようにしていますね。前者はボルトで強制的に伸縮を防いでいるし,後者は伸縮はしますが,うまく伸縮を逃しています。車輪も改善されているのでしょうし,空気ばねも改良されていると思います。ヒ―タ―は人によって冷房と同じで感じ方が人によって違うのでしょうね。 

Q私が昔乗った電車は何というタイプでしょうか?

私が幼稚園に入園する前の記憶なので、昭和48~49年頃になります。
当時新潟県新井市に住んでいた私は、ある日母親に連れられて上越(高田)の方へ買い物に行きました。
信越線で電車に乗ったのですが、電車前面の窓が大きなガラス二枚張りでちょっと先端が尖ったような形でした(その後私が上京した際、井の頭線で見た電車が似ているなと思いました)。外側の色は赤色っぽい感じがしました(自信なし)。そして内装が木目だった記憶があります。この「内装が木目」というのが印象的で覚えていました。どういうタイプの電車だったのでしょうか?またこの型の電車は今でもどこかで走っているのでしょうか?

Aベストアンサー

これでしょうか?
「信越線 新潟 2枚 電車」にて、Google検索してみました。

(鉄道自分史)
http://www1.ocn.ne.jp/~tetsuai/jibunsi-9.htm

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~tetsuai/jibunsi-9.htm

Qすれ違う電車と電車の間隔はなぜギリギリに?

電車のいちばん前の窓から景色を見てるときに、向こうから電車がやって来て、すれ違いざまに「おーぶつかりそう!」と思うことがよくあります。もちろん固定されているレールの上を走っているので、ぶつかることはないのですが、どうして並行しているレールの間隔はあんなにもギリギリに設置されているのでしょうか。以前、たしか東急だったか営団地下鉄だったかの電車がすれ違うときに接触して大きな事故になったこともあったし、素人考えでは万が一を想定してせめてもう少し(あと1mとか)離した方がいいように思うのですが。
ささやかな疑問で恐縮ですが、詳しい方がいましたら教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

中目黒で発生した営団日比谷線脱線事故ですね。
これはレール・車輪の研磨に問題があったようです。

ご存知のように、鉄道車両は車輪の内側にあるふくらみ、
「フランジ」でレールから外れるのを防いでいます。
しかし線路や車輪に何らかの障害や不具合があって、
特別な力が加わると、フランジでは支えきれなくなり、
脱線してしまうのです。

急カーブには大抵、脱線防止レールというものが、
通常のレールの内側(1本ないしは2本)に設置されていて、
フランジを両側から押さえ込むようにして脱線を防いでいます。
日比谷線の脱線事故はこのレールの未設置が原因のひとつでもあります。

本題からは多少それてしまったかもわかりませんが、
安全性とコストの関係を考えたとき、
最低限の間隔を取ればOKという結論に至るのではないでしょうか。

ちなみに東急は日本の私鉄において、トップレベルの安全性を誇ります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報