特養の介護職として勤務しています、夜勤帯看護師が不在の為、痰の吸引が必要な利用者の吸引をするように要請がありました。
今までも吸引行為自体は違法と分かっていて行っていたのが現状ですが、今回のケースは2時間毎に行わないと、窒息の危険性があり万が一のことが起きたとき責任を問われるのは介護職だと思います。
実情として痰の吸引が日常的に医療職以外の人によって行われていることも分かってるんですが、余りにも利用者の適切な医療を受ける権利が無視されているようでどう対応していいのか悩んでいます。
同様な問題に対応されているかたアドバイスをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は老健で介護職で働いています。

私も普段から吸引のことについては、疑問を感じています。昨晩は夜勤で私の場合は2人の方の吸引業務があります。一人は口から行うので私たち介護の立場でも可能なのですが、もう一人の方は歯がそろっているため鼻からの為、夜勤看護師に連絡を取り痰をとってもらっています。ただ前者の方は約6時間毎、後者の方は明らかに痰がからんで苦しい状態のみです。で昨晩は二方ともよく寝てらっしゃてたので、止めました。で私たちの老健で問題になっているのはこの私の行為を認めてくれる看護師と認めない看護師が居るって事なのです。
私の場合は吸引することはためらいはないですが、あくまでもそれは本当に苦しんで自己喀痰できない利用者を助けるという前提の基においての事です。
kyochan32さんの場合の利用者は特養に居ていいのでしょうかと疑問を感じます。2時間毎の吸引を要している人はすぐにでも療養型医療施設に移ってもらうのがその利用者の為ではないのでしょうか!
以前私の父が気管支炎で救急車で運んだ時、痰絡みで苦しい時は吸引を適宜行ってましたが、入院当初の夜(私は付き添いで泊まった)の事ですが、貯留音を響かせ寝ている父に対し、一度も吸引を行わなかったのです。その事を疑問に感じ、仲のいい看護師に質問したのですが、痰を引いてもまた新たに痰が出てくるそうです。痰の引き過ぎ、間違った吸引は肺炎を招く危険性があるそうです。
父もあんな苦しいもんは無いぞって、いまだに吸引の辛さについて語ってくれます。
    • good
    • 0

こんばんは。

医療従事者としてコメントさせて頂きます。

「法律」と「特養の方針」と「目の前の利用者さん」の狭間で苦しんでおられるお気持、お察し致します。現場では、痰を喀出できずに苦しんでおられる方を見かけて、無視することの方が難しいです。命に関わる問題が目の前で起こったら、手を尽くすことは法外ではありません。

要は万が一でも、何か起こってしまった時が問題です。違法なことを違法と分かっていて要請する施設側は主犯ですが、介護職員が違法を認識しながらコトを起こしたとしたら、共犯ちとしての過失を問われるかもしれません。

そこでご提案ですが、自己防衛策をとっておくのはいかがでしょう?

(1)施設側から「痰の吸引要請」があった文書などを証拠として保存。
(2)介護職員内で「吸引マニュアル」を作成しておく。
(3)吸引は基本的には「口腔内」に止め、極力「咽頭内」までの吸引は行わない。など

吸引とは「医療行為」、つまり医師・看護師にのみ(ALS患者さんに対するヘルパーさんの吸引は例外ですが)に認められています。歯科診療の際の歯科衛生士さんが行う「(口腔内)吸引」は、「医療行為」という解釈外で行われていると思います。

以上ご提案ですが、お役に立つかどうか分かりませんが、kyochan32さんのような利用者さん思いで仕事熱心な方が辛い思いをしないように、陰ながら応援しております。
    • good
    • 0

私も以前、病院の介護保険病棟で介護職をしておりました。


私の勤めていた病院は急性期・介護保険・療養型の複合病院で夜勤は必ず、看護師がいました。ただ、おたがいの患者様のケアがあるため転落やレベル低下など急変が無い限り、ナースは呼びません。
私も経験しましたよ、1時間おきに痰を吸引しなくてはいけない患者様。確かに介護職が医療行為をしてはいけないのですが、やらざるを得ない現実です。
現在、特別養護老人施設、老人保健施設では夜勤体では看護師が不在のところが殆どです。どうして、不在かというと、それだけ、利用者の方が安定している・・となっているからです。急変すれば医師の判断で病院へいきます。
医療を重視したいと思う利用者の方は特養や老健より、病院の介護保険病棟の方が良いと思います。
ただ、年々、特養や老健でも、経管栄養管理者やの利用をしてますので、今後、痰の吸引は介護の上でも必要となってきてます。

「利用者の適切な医療を受ける権利が無視されているようで」適切な医療を受ける権利が無視・・・これはちがうと思いますよ。どの施設でも精一杯がんばってるんです。スタッフの人数がぎりぎりでやっているところもあります。どの施設でも精一杯のケアをしています。
先に言っておきますが、施設関係は医療を必要とされる方の入所は難しいのです。それを受け入れている施設はがんばってると誇りに思ってください。
痰の吸引が必要なので吸引をしてください・・。という指示が出てるのですから。本来、医療職区域の人の吸引が正しいのですが、施設ではやぬを得ないのです。こういうことが嫌な利用者や損お家族は初めから病院を選びます。
介護の領域を越えていると知っていて、吸引指示をしているのですから、吸引中、注意して行ったにもかかわらず、何らかの事故がおきた場合吸引を指示したものが責任をとります。私の勤めていた病院では、看護師が責任を取るという体制でやっていました。ただ、故意に事故を起こした場合以外ですが。
事故を起こしそうな介護職には吸引が必要な夜勤をやらせませんでした。

窒息の危険性があり万が一のことが起きたとき・・・ということはどういうときでしょうか?
例えば、他の利用者の方オムツ交換使用としたとき、どうしても吸引が必要となれば、申し訳ないが吸引を行います。オムツがぬれているのを放置するのは心苦しいですが、待ってもらって、吸引にいきますよね?痰が気管に詰まって窒息死させるより、利用者のかたには申し訳ありませんが、おむつ交換等の方は待ってもらう。吸引を必要とされる利用者の方の権利を無視されていると思っても、あなたがいる職場は精一杯ケアしていると思われます。


あなたの悩みを解決する方法は色々あります。
その1.「夜勤体制の業務見直し」ですね。看護師が待機している施設もあります。

その2.難しいのですが、治療をする疾病がある為と理由をつけて、病院へ転院していただく・・・。でも、これはあなたの職域を越えてます。

その3.施設側に利用者の受け入れ体制を見直してもらうこと。かなりむつかしいと思います。経営者にはむかう事になりますので、気おつけて相談しないと職を無くす場合があります。

私は現在、老健で介護職をしてます。薬をみても安い薬を使っています。効き目も弱いです。病院なら点滴など医療をし、短い日数で治しますが、施設では薬で長い日数で治します。
憤りを感じます。点滴をすればすぐよくなり、利用者の体も楽になります。でも、くすりではじりじり・・・・体は辛いですよ。でも、施設はそう言うところと言い聞かせ、自分にできる範囲内の精一杯ケアしてます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痰の吸引の留意点・・(現在、介護職員実務者研修を勉強しております)

現在、介護の世界で従事しており、実務者研修というものを受講しており、問題集に取り組んでいます。そこで、テキストを読み直してもどうしても分からない所がありこちらで質問させて頂く事になりました。
問題>痰の吸引の実施手順における留意点について謝っているものを一つ選びなさい。
  ①セッシは上向きに持つ
  ②吸引ツチューブはどこにも触れないように注意する
  ③浸漬け法の場合、吸引チューブは清潔であるため、清浄綿で拭く必要はない
  ④吸引チューブ挿入は静かに行う
  ⑤吸引は厚が1ヶ所にかからないように回しながら行う
私としては、 
①テキストでは下向きに  と書いてあるので 誤り
②正しい
③テキストでは「チューブの外側についている消毒剤を手前から先端に向かって清浄綿で拭く」と書いてあ るので 誤り 
④正しい
⑤正しい

なので①か③のどちらかで悩んでいます。

もし、お分かりでしたら教えて頂けないでしょうか。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.tokuteikyo.jp/images/register/news0707_3.pdf

「吸引の際にセッシを使用する場合には、セッシの先端が不潔にならないように十分注
意して取り扱う必要があります。具体的には、セッシ立てを埃などがかからない清潔な場
所に設置して、セッシ立ての内部には触れないようにし、セッシ立てから出ている部分の
みをつかむようにして先端が下向きになるように持ちます。セッシを取り出したり戻す際
には先端がどこにも触れないように留意しましょう。」

「(浸漬法の場合)チューブの外側についている消毒剤を清浄綿等で拭く。」

となっていますので、1・3共に間違いですね。

Q介護職を離職しました。1ヶ月で、離職しました。 もう一度介護職にもどりたいんです。でも、1ヶ月で辞め

介護職を離職しました。1ヶ月で、離職しました。
もう一度介護職にもどりたいんです。でも、1ヶ月で辞めた人は信用がないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は半年で辞めました(笑)。
仕事内容で、との事ですが、それがトイレのケアなのか、はたまたレクレーションの担当が嫌だったのかわかりませんが・・・
もう一度やりたい、という、その熱意を次の介護事業所の面接で素直にお話しになれば良いのでは?
ご存知かと思いますが、どこの事業所でも人手は足りていません。
離職率も高いですし、「やりたい」という方がいらっしゃるのは貴重だと思いますよ。
とにかく、辞めた理由を正直に話し、それを克服するよう伝えてはいかがでしょうか。
私は腰を痛めて復帰はできませんが、是非、頑張ってください。

Q【介護人材】介護人材不足は介護職を公務員にすれば良いという案はどう思いますか?サービス残業が問題

【介護人材】介護人材不足は介護職を公務員にすれば良いという案はどう思いますか?

サービス残業が問題なので、公務員になれば基本給が介護職平均月収が22万円でも、ちゃんと残業代が出るようになるので全産業平均月収の33万円に近いくらいは貰えるようになりますよ。

早く帰りたい人も残業なしで、9:00-17:00の8時間労働でちゃんと帰れるのも公務員こその魅力です。

介護人材不足は介護職を公務員にすれば解決する。

この案の問題点を指摘してください。

Aベストアンサー

それで問題解決するなら
公立病院の看護師不足は起きるはずがないが、実際には不足しているね

と言うことは、公務員化では問題は解決出来ると言うモノではない

Q施設に勤務する介護職に必要な医療知識

看護職との連携の為にも介護職に最低限の医療知識は必要だと思われますが、どの程度まで必要だと思われますか??

夜間に看護師が常駐しない施設の場合など、急変時に医療処置は出来なくとも、ある程度の知識や応急処置法を見につけている場合といない場合で、医療職とのスムーズな連携に支障が出ると思います。

施設に勤務する介護職にとって、どこまでの知識、というか、どのような分野の知識が必要だと思いますか?重視するのはどこですかね。
病気についての知識、薬の知識、応急処置の知識、などなど。
もちろん全て繋がって一つのものだと思いますが、皆様の考えをお聞かせくださいm(__)m

Aベストアンサー

一番重要なのは急変時の対応かと思いますので
救急時のマニュアル等は把握されておくことが必要かと思います

意識レベルや呼吸・循環など
原因はわからなくても、それを異常と認識・判断して
対応できる事が大切かと思います

まずは救急隊がチェックする内容を一通り把握しておけば
その後の連携もスムーズに行えると思いますし
救命処置が出来れば、次へつなぐ事が出来ます

Q介護職の医療行為についての法的根拠

長年介護施設で働いています。医療行為を行う時は、看護師の指導、指示のもと行うという認識で、バイタル測定から服薬介助・爪切り・看護師不在時の摘便等を行ってきました。
最近、ヘルパー資格を持つ後輩職員に、これらは看護師の仕事で、自分たちが行うのは法律に触れるのではないか、と改めて問われました。
看護師の指導のもと、行ってもよいとされる医療行為についての公的文書を以前に読んだ記憶があったのですが、明確に答えたいのでネットや文書を探している最中です。
根拠となる、最新の法律や参考になる書物があったら教えてください。
(一応自分でも探しましたが、最新で平成17年度あたりのものが少しみつかった程度で、しかも、医療行為の線引きが曖昧であるような印象を受けました)

Aベストアンサー

変だと思われるのは当然ですね。
現在の通知解釈も変わる可能性があるので、常に最新の情報を身につけるようにしましょう。

日本の、日本人の悪い癖なのか習性なのか
問題になって初めて考えます。
今日まで違反が明日から適切だったり、逆に良いものが急に駄目もあります。

看護師の点滴を含む静脈注射も同時期まで違法でした。
看護師協会の全国調査で95%看護師が実施している実態を見て解釈通知を出した経緯もあります。
*以前は、医師の管轄化で指示を受けて実施していたとの独自判断だったそうです。それが訪問看護が始まり必要性から論議が起きたんだと言われています。

「 医療行為 」

正確に言うと「医療行為」は報酬を伴うので、医師以外にできません。
介護職員が可能になった行為を「医療行為」と表現するのは間違いだし、現実には就業時間外に行うボランティア行為と考えられています。
「医的行為」?変な表現だけど、難しく考えるとそうなります。

*医療行為で報酬を得られるのは医師です。だから給与を受けている時間に医的行為を行うと報酬を受けた事になるという『屁理屈』です。

変だと思われるのは当然ですね。
現在の通知解釈も変わる可能性があるので、常に最新の情報を身につけるようにしましょう。

日本の、日本人の悪い癖なのか習性なのか
問題になって初めて考えます。
今日まで違反が明日から適切だったり、逆に良いものが急に駄目もあります。

看護師の点滴を含む静脈注射も同時期まで違法でした。
看護師協会の全国調査で95%看護師が実施している実態を見て解釈通知を出した経緯もあります。
*以前は、医師の管轄化で指示を受けて実施していたとの独自判断だったそう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報