プロが教えるわが家の防犯対策術!

例文は、木から降りる時に最後のほうで油断して落ちて怪我するみたいな例文だったと思います。

猿も木から落ちるではないです。

江戸時代くらいの古いことわざです。

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

徒然草の「高名の木登」ですね

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます!

お礼日時:2022/01/17 08:55

子猫の木登り 上がったはいいけど降りられなくなって助けを求める。

ことわざじゃないけど。そのうちに学習して、上るときの逆の手順で降りられるようになる。
    • good
    • 0

画竜点睛を欠く



ですかね。
    • good
    • 0

家に帰るまでが遠足

    • good
    • 0

百里の道を行くに九十九里(九十里)をもって半ばとす



例文の意味からすればこれかな、と。
でも、木から降りる時の話ではないし...。
    • good
    • 0

「磯際で船を破る」かな。


船が 上陸寸前で 壊れる → 達成直前に失敗する。
似た言葉で「草履はき際で仕損じる」。
    • good
    • 0

高名の木登り?

    • good
    • 1

諺?・・四文字熟語なら「油断大敵」だが?



これでイイのでは?
「昔のことわざで例文はわかるけどタイトルが」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

四文字熟女ではないです

お礼日時:2022/01/12 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング