「ブロック機能」のリニューアルについて

これから郵便局でも小銭貯金するとお金がかかることにたいして、寺の人が賽銭は一円とかはやめてと言ったとありました。それに対して、何様だよというコメント多数。たしかにそういう意見わかるし、そういわれると思
いました。しかし、お寺の立場で考えるとそう言いたくなる気持ちはわかります。この誰も幸せになれない気持ちは何なのでしょうか?どうすればみんな幸せに落ち着くでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (9件)

ダイエーが安売りを始めたごろ、つり銭用の小銭確保のため、大阪から名古屋の銀行にまで、行ってたとか。

なぜか、名古屋はパチンコ店が多いため、銀行に硬貨がごっそりと持ち込まれていたからとか。
 
郵便貯金がダメなら、どこかの銀行が、うちは小銭入金OKですよーで、集客するかも。
    • good
    • 0

いまや、銀行等の金融機関は、収益環境が厳しくなってきております。



このため、紙の通帳の発行手数料の徴収や両替手数料の徴収など、各種サービスに対しても手数料を徴求することとなってきております。

こうした中、一方で、メガバンクを中心として、各金融機関は富裕層を重視し、これらの顧客を「収益獲得に向けた重要な顧客(上客)」として位置づけるすることで、現状、様々な優遇策を講じています。

例えば、一定の条件をクリアしている顧客に対し、具体的には、時間外のATM利用手数料の無料化、インターネットバンキング利用時の送金・振込手数料の無料化を行っていることなどがあげられます。

なお、いまのところ「両替手数料の無料化」というような施策については聞いたことがありませんが、今後、将来的には、いわゆる「上客」、「お得意さま」に対しては、「両替手数料の無料化へ向けた取り組み」が創設されるのではないのかなと個人的には思っています。

すなわち、神社等は、小銭が多いとはいえ、正月には膨大な金額の金銭(お賽銭)を扱っているわけですので、金融機関からみれば、ある意味「重要な顧客」ということができると思いますから。
    • good
    • 3

神仏に仕える身とは言え、職業でもありますよね?


従い、ビジネス的に考えれば、「賽銭は一円とかはやめて」は、寺社側の経営方針と言えます。

では参拝客は、つべこべ言わず、その経営方針に従うべきだし。
それに従わないのであれば、別の寺社に参拝すれば良いだけでしょ?
「この店は高いから、別の店で買う」と、似た様な話です。

一方、個人的には、正しい経営方針,経営判断とは、全く思いません。
実際、私は会社経営者で、小銭を大量入金する機会など、ほぼ有りませんけど。
でも、もしそんな機会があれば、ドライなビジネス感覚でも、顧客に対し、安易に「小銭お断り」などとは言えませんので、神仏に仕える立場の人が、どんな感覚で言ってるのか、ちょっと理解に苦しみます。

とは言え金融機関に対しても、たとえば1円玉50枚の入金で、手数料500円も払う経営者など居ませんよ。
そんな手数料を素直に払ったら、アホな経営者と思われて、むしろ銀行から信用を失いそうだし。
手数料支払いを回避する術など、たちまちいくつか思い浮かびます。

簡単なところでは、手間は要しますけど、都度は手数料の掛からない枚数の入金に留めるとか。
銀行と交渉し、手数料を月額一定額にしたり、それに応じない場合は、応じる金融機関を探したりもするでしょう。
あるいは、社員にも協力して貰い、社内の経費精算などで小銭を使うとか。

いわゆる企業努力とか知恵で、どうにでもなります。
そう言う努力や知恵を使わず、安易に参拝客に「小銭はやめろ!」ってのは、ビジネス的にも職業柄も、ちょっとあり得ないと思います。

ただ、金融機関側も、安直な気がします。
小銭に取り扱いが面倒なのは判るけど、上て触れた通り、客側は手数料がかからない様に、手間を惜しまず、入金回数を増やす人も多いと思います。
これまで1回の入金手続きで済んでいたものが、複数回になった場合、果たしてコストダウンになるのでしょうか?
あるいは、手数料が高い金融機関からは、小銭の入金が多い客は離れるとか。

私なりの結論は、客側に小銭の制限など掛けませんし、素直に手数料を支払う気もありませんが、それは充分に可能だし、誰にも迷惑や損害は与えないと思いますので。
率直なところ、「金融機関側の安直な対策に、寺社側が安易な反応をした」と言う印象しか受けません。
    • good
    • 1

電子マネー支払えるようになればいいのだけど風情がねぇ・・・


宗教法人は電子マネー化すると財務状況がばれるからいやがるか
    • good
    • 0

自動洗浄・自動選別・自動集計が無料で可能になれば良いけどそうはならないだろうな。

ガムがへばりついた硬貨など、ややこいい硬貨が持ち込まれるのは火を見るより明らか。誰だって、そんなもの受け入れたくない。郵便局の立場も、お寺の立場も理解できる。されどキャッシュレス決済も普及は頭打ちだろう。なかなかうまく落ち着かない。パン屋や八百屋など街の零細店の立場も理解できるのだ。困ったもんやね。
    • good
    • 0

まあ経済的につぶれそうなところならわかないでもないけど、寺はお金より気持ちを大切にするところであってほしいというのはある。

住職がベンツ乗っているようなところなら論外だけどね。

いらないなら、欲しい人にあげればいいのに。
貰うのになれちゃって、そういう気持ちがないのかな?
    • good
    • 1

「賽銭は要りません。

心だけで通じます」といえば良かった。
それが坊主の法力というものでしょう。
賽銭箱なんか置くのがそもそもの間違い。
    • good
    • 2

お賽銭は他の小銭と違って、お賽銭箱が屋外に置かれていることもあって埃やゴミがくっ付いています。


で、実際に銀行や郵便局に持っていくと選別機でふるい分けられますが、そのままだと機械が目詰まり・故障の原因となるので、お賽銭は選別にかける前に1枚1枚チェックしてゴミを除く作業が発生します。
これが大変なのです。
言うなれば今回の手数料徴収は、家の小銭貯金よりもお賽銭を意識した措置だろうと推測されます。
今後は、お賽銭はネットで振り込めるようになっていくかも知れませんが、市中の小さい神社やお寺はそうもいかず、手数料を覚悟で持っていくしかないのでしょうね。
    • good
    • 1

金融機関が賽銭に対しての手数料を免除するなどの特例を儲ければ良いかと。

    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング