「ブロック機能」のリニューアルについて

終わったのはどの時点と考えるのが妥当でしょうか。

「日本の戦国時代」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    理由を

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/01/17 13:58
  • うーん・・・

    興味深い解釈ですが、家光が将軍在職時代に島原で大乱が起きています。あれは一揆のれべるではなく、公儀の軍にも多数の死傷者が出ました。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/01/17 14:47
  • うーん・・・

    家光の時代はまだ武断政治を敷いていました。彼の死後、未遂に終わりましたけれど「慶安の変」がありましたね。国内が完全に落ち着いたのは、五代将軍綱吉の頃のような気がします。
    しかし前にもお話した通り、徳川政権は戊辰戦争で敢無く潰れ、その後作られた新政府も戦争を繰り返しました。日本の戦国はまだまだ続いているように思われますが、いかがでしょうか。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/01/17 15:18
  • うーん・・・

    「安土・桃山時代」なんて言葉は現代では死語かと思っていた。「安土時代」という時代は戦乱の真っ最中だったと思うが、いかがか。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/01/17 18:18
  • つらい・・・

    補足が多くてすみません。
    質問文の添付画像は、昭和20年5月25日の米軍による空襲で焼失した宮殿(旧江戸城西の丸)です。

      補足日時:2022/01/18 03:27
教えて!goo グレード

A 回答 (9件)

秀吉の天下統一かな。



織田信長は明智に討たれて再開。

家康の大阪城攻めは豊臣の負け戦

秀頼の薩摩逃亡説有、

本物か意見を聞きたい。

80歳を超えて島原の乱に参戦説あるが、伝説の域を出ない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。
取敢えず小田原の役で天下が平定されたのは事実だな。それを以って戦国の終了と看做さない人々は、その後直ぐに秀吉が唐入りを命じたことを根拠にしているようだな。難しいのう。

お礼日時:2022/01/18 22:28

戦国時代は秀吉の天下統一によって終わったと考えるのが妥当。


それ以後の闘いは、それ以前の大名対大名の闘いでは、もはやない。
政争であり謀反である。
関ヶ原は政争の挙句の軍事衝突だし、
大坂の陣はいったん統一された天下が再び分裂するのを防ぐ闘いだから、戦国とは性質が違う。

島原の乱は豊臣大名の小西氏再興の闘いという説が有力だが、徳川体制下ではこれは謀反である。

以前は日本の太平は三回あったと言われる。
平安時代、江戸時代、戦後日本
ところが平安時代は争乱が度々あり太平どころではなかったことが近年分かってきている。

残るは江戸時代と戦後日本である。
江戸時代の平和は島原後戊辰戦争まで200年弱続いた。
戦後日本はやっと80年である。
しかも周辺がきな臭くなってきており、100年続くか分からない。
「平和」というものがどれほど稀有な現象か、これを見ても分かるというものである。
稀有であることを以て「未だ戦国」というなら、日本の歴史に戦国でない時期は全くなくなる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うむ、二・二六事件も宮城事件も日本を揺るがす内乱だったな。

お礼日時:2022/01/17 18:23

戦国時代が終わったことと、戦乱が終わったこととは別だと思います。


先ず戦国時代というものを定義しなければ、こうした議論は水かけ論になります。戦国時代を「群雄割拠」や「下剋上」と言った視点でとらえれば、秀吉の時代、特に「刀狩」や「検地」によって身分や経済活動、「惣村の自治権」が固定されたことで、社会が一変した1590年前後を戦国時代の終焉だと思います。また「戦国の争乱意識」の最後は、大坂夏の陣であると思います。なぜなら、日本中に「徳川の権力」が最高だと示したからです。島原の乱は「徳川権力」を倒そうとしたのではなく、領民の領主への一揆に幕府の老中が対応を誤ったとみるべきですし「慶安事件」は非現実的な学者の計画倒れに過ぎません。まして、それ以降の争乱を、戦国時代と結びつけるのは、明治政府は発足当初「平安時代の政治組織」を利用したのだから、平安時代が続いていると主張しているのと同じだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
明治政府は平安京当時の制度を復活させたわけではなく、大名領国制(地方分権)を廃して天皇を頂点とする中央集権国家を築いただけです。初期には不平士族の反乱が相次ぎ、大国相手の対外戦争も2度ありましたが、取り敢えず我が国に安定期をもたらしたのは事実です。

お礼日時:2022/01/18 02:32

戦国時代というのは、下克上が前提にあると考えるのが妥当だろう。


この下克上が完全に治まると言うことになると、江戸時代と言うことになるのだろうが、完全で無くともほぼ治まったのは、安土桃山時代だと思う。
もちろん、明智光秀が信長を討ったり、家康が豊臣を滅ぼすと言うことはあったが、戦国時代のような全国の大名たちが戦乱に明け暮れるというようなことは安土桃山時代にはなくなっている。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。
NHKのドキュメント番組では、二・二六を繰り返し「下剋上」とか「昭和維新」と言ってたな。

お礼日時:2022/01/18 02:37

興味深い解釈ですが、家光が将軍在職時代に島原で大乱が起きています。

あれは一揆のれべるではなく、公儀の軍にも多数の死傷者が出ました。
>>>でも、2つ以上の大名が組んで将軍家に歯向かうというレベルではなかったですよね
この時代になると、やはり将軍という地位が確立されて
誰が将軍になろうと 将軍というその地位に他の者は従う 
という状態に移行したものだと思われます。
つまりは、江戸幕府将軍が絶対的にTOPで
それが覆されない状態に確実に入ったのが家光の時代だと思うのです
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その公儀(あの当時幕府という言葉は存在しなかったと聞きます)の絶対的優位性を獲得したのは5代将軍綱吉が君臨した元禄期だと思います。

お礼日時:2022/01/18 02:43

そう考える人は多いようですね。

しかし、秀吉が全国を平定した時、徳川は豊臣政権最大の臣下に過ぎませんでした。その辺はどう思われますか。

>>>そのあたりも候補ですよね
織豊政権なんていう言葉もあるくらいですから
織田家が天下(当時は畿内のことを天下と呼んでいたようですが)に近づいた時点で戦国から安土桃山 という別の時代に移り変わったという考えかたもできそうです

ただ、秀吉の死後 実際に大きな戦が3つ起こったわけで
秀吉政権は(後継ぎがいない、弱いから)当代限り
秀吉の没後は再び混乱が予測される
秀吉のころはまだ一時的に戦いが収まっただけであって、
戦いの時代は完全には終わっていない
ということで、文知政治が始まったあたりから確実に戦国ではなくなった
豊臣家がなくなったころも、戦国ではない と考えたわけです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
趣旨は概ね理解しました。要はどれだけ続いたかが重要なんですね。しかし、徳川公儀の260余年など、我が国の長い歴史の中では豊臣政権と大差ありません。
ちなみに「織豊政権」なんてものはありません。右府(信長)は最強の武家の当主でしたが、全国を平定していませんでしたからね。

お礼日時:2022/01/17 15:03

もしくは、家康が亡くなって


家光が3代将軍職に就いた時なのかも
家康、その存在なしでも全国の大名が将軍に従うという状態が初めて確立したのが家光の将軍就任の時で
以降、将軍という地位に逆らう者がないことがはっきりした瞬間
長い平和の始まりが確定した瞬間といえるのかもしれません
家光本人も、
「はたして東照大権現様がこの世にはおらず 自分が将軍になっても
みんな認めてくれるのか」
不安に思っていたようですし
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

状態だけなら羽柴宗家以外徳川家に面と向かって敵対する者ががいなくなった時点でしょう。

お礼日時:2022/01/18 02:48

武家のTOPらしきものが2家あった状態から、


確実に徳川家が棟梁だと確定した大坂の陣ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう考える人は多いようですね。しかし、秀吉が全国を平定した時、徳川は豊臣政権最大の臣下に過ぎませんでした。その辺はどう思われますか。

お礼日時:2022/01/17 14:36

令和

この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元和の誤記ですね。

お礼日時:2022/01/18 02:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング