教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

当時たまたま、自分の土地で耕作していた自作農にまで、戦後、なぜ耕作を義務にしたんですか?
相続税も、戦前当時から自作農は支払っていたし、今でも農地への相続税で自由を拘束されている。
農業だけではありません。戦後、誰が自営業に圧力をかけ、自由を奪い始めたんですか?誰が相続税に賛成し、中心になっているんですか?

質問者からの補足コメント

  • 特に農業分野では、個人への力の集中をさせないよう、富の再分配のみ力を費やし、生かさず殺さずで、大きくする気が全くなかった政府(今でも)ですが、工業が衰退したらどうなるんですか?
    リスク分散出来てますか?

      補足日時:2022/01/17 22:26
教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

戦後は農業や漁業など第一次産業が主流でした



農地は評価額が低いため相続税などほとんどありません

農業とは農作物を作るだけではなく
山や川を管理、保管しています
    • good
    • 0

戦前の日本には、自作農家なんて居なかったのです。


一件の農家が、その村の全ての土地の所有者であったことが当然だったのです。
それをGHQが農地改革で小作人に土地を与えたことが理由です。
土地所有者の農家は、自らが農業に携わることはありませんでした。
もっぱら政治的なことばかりやっていたのです。
私の祖先がそれでしたから、よく知っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング