プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

公訴時効について質問です。
例えば、公訴時効が3年の刑罰にAが問われたとして、
1年後にAが逮捕されて起訴されたとします。この時点で公訴時効が、停止します。
しかし事件から4年後に、真犯人であるBが自首したとします。
その場合、Bは公訴時効が3年なので、刑罰に問われないのでしょうか?
それともAが起訴された事によって公訴時効が停止されてるので、その効果がBにも及ぶのでしょうか?
お手数ですが、ご意見ご回答お願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

これは学者の間でも、争われている


問題です。

☆wik

真犯人ではない者が起訴された場合、
真犯人について公訴時効が停止するか否かという問題がある。

真犯人について共犯者と扱い刑事訴訟法第254条2項を
根拠に公訴時効は犯罪事実の範囲で及ぶとする肯定説がある。

これに対して、公訴の効力は人的に可分であるのが原則として
(刑事訴訟法第249条参照)、
公訴時効の停止も起訴状記載の被告人にのみ及ぶため、
真犯人については公訴時効が停止しないとする
否定説が有力説として存在する。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング