続けてt_yossanです。
質問内容が異なると思ったので分割しました。
今度は太陽のことについて教えて下さい。

太陽は中心核で核融合反応によって発熱してますよね?
でもそれは中心核の部分であって、衛星(「ようこう」でしたっけ?)で見る太陽の表面部分は燃えていないってことになるのですが、表面部分は何の成分で構成されているのでしょうか?(プラズマかなんかですか?)
それと太陽の晩年期には赤色巨星になるとあるのですが、何故膨らんでゆくのかが分かりません。
太陽の表面の重力が小さくなるのでしょうか?どんどん核融合反応して重い物質が作られるのなら、引っ張られて小さくなっても良さそうなもんですが・・・

何故膨らむかのメカニズムを教えて下さい。
宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

補足ですが…


鉄より重い元素は恒星での核融合では作られず(鉄までは、質量の十分大きな星で有りさえすれば、融合できる)、『超新星爆発』の際にその莫大なエネルギーで生成されます(今、我われの身の回りや我われ自身にすらそういう元素が存在する、って事は、少なくとも1回は超新星爆発を経験してきた、ということです)。また、表面積が1/10になれば半径も1/2.51になりますので、単純に重力10倍、ではありませんね(遠心力だって替ってきます、その上に)。


あと、先ほど誤変換がありましたね(市→し)、失礼しました。
    • good
    • 0

太陽の観測に良く使われているHα線は「水素原子から」の光ですよ。

それから考えて下さい。

さて、太陽の光は、全て、まさに中心での核融合から発したものが見えているのです。(太陽全体で核融合が起き、重くなった生成物が沈んでいくのではありません) 因みに、太陽の内部はガスがぎゅうぎゅうに詰まっているので、光すらなかなか通り抜けられず、発生から表面に出てくるまで100万年~1000万年かかります(それ位古い光を見ているんですよ。『表面の状態』としては8分20秒前、の姿ですが)。

なお、ようこう等衛星や、地上から望遠鏡で観測している太陽は、表面部分(白色光で見た場合)から上空のコロナまで、波長によって色いろな高度を観測しています。何れも、「(所謂)燃えている、のではなく」太陽からの光で励起された原子からの発光ですが…(実験室で発光スペクトルをとるのと同じ原理で、なんら特別な事が起きているのではない)。

あと、超新星爆発は全ての恒星が起こすのではなく、極重い一部の星(1%以下ぐらい(0.1だったかも))市か起こしませんのでご注意を。


膨張するのは、元もと膨張しようとしているのを抑えていた力がなくなるから。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7% …
    • good
    • 0

太陽は表面と言えど、地球上と比べて高温・高圧です。


核融合自体は太陽の核付近で起きていても、高温・高圧の環境では水素原子も活発に運動しています。
簡単に言えば原子の運動が活発になれば光や熱が発せられると言う事です。

>どんどん核融合反応して重い物質が作られるのなら
太陽での核融合については圧力・温度の限界でヘリウムまでしか起きません。
恒星の大きさに比例し重い元素が作られると考えて良いです。
余談ですが大きな元素は中性子星(↓のリンク参照)の衝突で出来ると考えられています。

>太陽の表面の重力が小さくなるのでしょうか?
大きくなる前に収縮しますので一時的には表面の重力は大きくなります。
地球の表面積が小さくなって同じ重力が働いた場合、一定の面積あたりの重力は単純に考えて表面積が1/10なら重力は10倍になると考えてください。
で、収縮する事で恒星(太陽)内部はさらに高圧・高温になります。
その結果、超新星爆発を起こします。
その後、恒星の大きさにより白色わい星・中性子星・ブラックホールなどになります。

太陽の活動については
http://spaceboy.nasda.go.jp/teacher/7/con3.html

星の最期については
http://www.t3.rim.or.jp/~star/star/pulser.html
    • good
    • 0

こんばんは。



確か表面は、水素とかヘリウムとかの軽い成分(もちろんプラズマ状態ですよ)が主じゃなかったかと思います。それらが核融合で重くなったのが内側に沈んでいく・・・じゃなかったかな?

赤色巨星になる前は仰るように縮みます。縮み過ぎて、中の温度、圧力が高くなりすぎると、また重い物質同士の新たな核融合が起きてそのエネルギーに耐えきれなくなって膨らみますね。そして爆発して一生を終える・・・?わけですね。
    • good
    • 0

またまた登場の一般人です。

迷惑ならごめんなさい。
太陽の表面についてはわかりません。膨張のハナシです。
今の太陽は、水素からヘリウムへの核融合が行なっていますよね。燃料が少なくなってくると、重力が勝って、太陽は縮み始めます。そうすると、圧力が上がって、今度はヘリウムから次の物質へ核融合します。この時、発生するエネルギー(変換される質量)が水素→ヘリウム核融合よりはるかに大きいから、膨張するんだったと思います。
でわ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「表面的なこと」は英語にどう訳すか?

以下の例文のような意味合いで「表面的なこと」という場合は、英語ではなんと言えばよいでしょうか?

以下の訳は同でしょうか?
Surface facts
Surficial facts
Facts on surface

例文)
表面的なこと(事実)ばかりにとらわれないで、根本的な原因を解決しようとしなさい

Aベストアンサー

facts on the surface
superficial facts
the surface
the superficial
いろんな言い方があり得ると思います。

例文を翻訳すると、
Try to solve the basic cause of the problem
instead of paying your attention to the facts
on the surface.
このようになると思います。

Q【米国アメリカは核融合反応によって「人口太陽」を人口的に作り出そうとしている】その実験場はカルフォル

【米国アメリカは核融合反応によって「人口太陽」を人口的に作り出そうとしている】その実験場はカルフォルニア州にある。

カルフォルニア州のどこに人口太陽研究所はありますか?

さらにアメリカは人口ブラックホールを作り出そうと研究所を所有しているという。

人口ブラックホールの研究所はどこにありますか?

アメリカは人口太陽をエネルギー源に、人口ブラックホールを推進力にするスペースシップを作るという。

さらに50億年後に地球が太陽に飲み込まれた後に第2の地球として移住した火星に巨大人口太陽を作り光を得ようとしているという。

人口ブラックホールはパラレルワールドという新しい宇宙に行くシステムに応用される。

Aベストアンサー

人口太陽の定義が分かりませんが、核融合炉を人口太陽と呼ぶことがありますので、それなら研究されていますね。

マイクロブラックホールでしたら、欧州原子核研究機構(CERN)が、世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で生成しようと研究しています。ブラックホールの生成に成功しましたら、パラレルワールドの謎が解けるかも知れないと期待されています。

http://tocana.jp/2015/10/post_7680_entry.html

ブラックホールが多量の質量を吸い込むときに宇宙ジェットというものが噴射されますので、これを推進力に利用できるかも知れません。どうやってブラックホールを保持するのかとか、宇宙ジェットは両側に出るのに如何にして一方だけを推進力にするのかとか、課題は山積みですが。

太陽が赤色巨星となって地球を飲み込んだ状態ですと、火星は人口太陽を必要とするどころか、太陽からの電磁波を遮断する必要がありますね。

他は分かりません。申し訳ない。

Q「地球温暖化とは、温室効果ガスの濃度が上昇することで地球の表面温度が上昇することです。」 を英語に訳

「地球温暖化とは、温室効果ガスの濃度が上昇することで地球の表面温度が上昇することです。」
を英語に訳してください。

Aベストアンサー

Global warming means the rise of the surface temperature of the earth accompanied with the increase of density of greenhouse gas.


この一つ上の回答を、
I've heard that we might pick up some coins at Ohmicho market in the weekend.
と訂正させて頂きます。大変失礼致しました。

Q太陽の核融合を増進させる方法

DUDDLAY と申します。

3月で派遣を切られ(><)、ヒマになったので、知人から「宇宙戦艦ヤマトIII」を
借りて見ていました。

その冒頭、宇宙間戦争の流れ弾が太陽に命中し、太陽の核融合が異常増進し始め、
太陽が赤色巨星化し、地球が滅亡するまであと1年と計算されました。

昔、見ていた当時は、なにも思わなかった(地球がヤバイぐらいの発想)でしたが、よくよく考えると
不思議でたまりません。

そこで賢人の皆様に質問があります。

1、残り寿命46億年?と言われる太陽の核融合を異常増進させ、1年余りで赤色巨星
   (褐色矮星?)にするには、どうすればよいのか?

2、太陽に打ち込まれたのは「惑星破壊ミサイル:プロトン爆弾(陽子爆弾)」ですが、
   太陽の超高熱(100万度以上)超高圧を突き破って、太陽核中心付近まで到達させる
   には、どうすればよいのか?
   ※劇中で、核融合抑制のミサイルを撃ち込む描写があったのですが、その際は、最初に
     岩石を打ち込んで穴を開け、そのあとにプロトン爆弾と同型の反作用ミサイルを打ち
     込んでいました。

3、核融合の異常増進を止め、赤色巨星化するのを止める方法はあるのか?
   ※劇中では、正体不明の兵器「ハイドロコスモジェン砲」で抑制(制御)を行っていました。


あくまで「SF」中でのお話なので、私のアホな質問にお付き合い頂ける程度でご回答宜しくお願いします。

DUDDLAY と申します。

3月で派遣を切られ(><)、ヒマになったので、知人から「宇宙戦艦ヤマトIII」を
借りて見ていました。

その冒頭、宇宙間戦争の流れ弾が太陽に命中し、太陽の核融合が異常増進し始め、
太陽が赤色巨星化し、地球が滅亡するまであと1年と計算されました。

昔、見ていた当時は、なにも思わなかった(地球がヤバイぐらいの発想)でしたが、よくよく考えると
不思議でたまりません。

そこで賢人の皆様に質問があります。

1、残り寿命46億年?と言われる太陽の核融合を異...続きを読む

Aベストアンサー

核融合を促進させると温度が上がるので青色になります
赤色巨星にするには中心核の水素をヘリウムに置き換えます
すると核融合反応は中心核のヘリウムの周りで起こるようになります
核融合で発生したエネルギーを押さえ込む質量が小さくなるので太陽は膨張して表面温度が下がり赤くなります
赤色巨星の出来上がり

核融合が進めば進むほど燃えカスであるヘリウムが中心にたまり太陽はますます膨張します

太陽に人間ごときが何を投げ込んでも何の変化も起こりません
太陽では毎秒600万トンの水素が反応して400万トンのヘリウムと200万万トンの水素が出来ているのです
その過程で6740トンの質量がエネルギーに変わっているのです
それが毎秒ですよ!!
1グラムの質量が石炭2000トンのエネルギーになるのですから人間の力でどうにか出来る代物ではないことがお分かりかと思います

Q紙の表面

1枚の紙の裏表に情報があるとします。紙の裏面は"... on the opposite page/side"と言えるかと思います。
反対に、「表面」は英語ではどういうのでしょうか?

on the facing pageなどでしょうか?

Aベストアンサー

1枚の紙で裏表に情報があるもので、一番最初に頭に浮かぶのは、チラシ=flyer でした。
その場合は、a front sideが「表面」、a back sideが「裏面」となります。
https://www.google.co.jp/?gfe_rd=cr&ei=BYzuVPr9IYaT8QfhsYC4Ag&gws_rd=ssl#q=front+and+back+side+of+flyer

Q地球の中心も核融合してるんですか

最近NHKスペシャルで宇宙の事やってるんで、急に興味がわいてきました。そこで質問ですが、地球の中心というか地面の中はマグマでどろどろですよね。やっぱり中心は太陽と同じに核融合してるんですか。
それとも太陽のような恒星と地球のような惑星は、根本的に別物なんでしょうか、もし別物だとすると燃え尽きる心配がないので、爆発したりしないんですよね。
素人なんでうまく質問できてないかもしれません。

Aベストアンサー

地熱は地球ができたときに微惑星どうしがぶつかった衝撃の余熱や、地球の核が形成されたときの重力による圧力(断熱圧縮は熱を生み出すので)、それにウランなどの放射性元素が核分裂を起こす崩壊熱などに由来しています。
だから「核反応をしていない」というのは厳密には違って、「核分裂はしているが、太陽のような核融合はしていない」というのが正確でしょう。

なお、マグマというのは地殻の浅いところにできる、岩石が摩擦熱で熔けたもののことで、その下のマントルは対流しているとはいえ、固体です。

Q英語に詳しい方、翻訳なのかどうかはわからないけどご教授おねがいします。

英語に詳しい方、翻訳なのかどうかはわからないけどご教授おねがいします。私は「モノグラムの表面にいくつかの汚れ、いくつかの汚れ、いくつかの色あせ、いくつかのかき傷、いくつかのしわ」のように英語圏の方に伝えたいのですが下記の英文で通じますか?

また、下記の英文ではsomeを1つしか使っていないのですが大丈夫でしょうか?

The monogram of surface has some dirt, fading, scratch and wrinkle.

ご教授お願いします

Aベストアンサー

「The surface of the monogram has some stains, faded spots, scratches and wrinkles.」です。ただし、モノグラムの「表面」以外にそういう汚れやシワがあるということはあり得るのでしょうか? 「表面(the surface of)」は要らないような気もしますが? ちなみに#2さんの例文だと、「there are」以降がモノグラムを指しているのかどうかが曖昧になってしまうと思います。それから#2さんが気をきかせて付けてくださった後半は、事実とは一致しませんよね。
 
わざわざ新しく投稿せずに、前回の補足欄に書いてくれればよかったのに。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5919935.html

Q【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホールに吸い寄せられている? 太陽系を中心にクルクル回

【天文学・宇宙】地球というか太陽系はブラックホールに吸い寄せられている?

太陽系を中心にクルクル回っているのに太陽風が一方方向だったり、太陽系を中心に、地球側にあるブラックホールに太陽系ごと吸い寄せられているからクルクル回っているのでは?

ということは最終的には地球に近い側にブラックホールがあるので太陽と地球は接近していくので太陽風はますます強くなるので氷河期になるより地球の最後は温暖化で蒸し風呂になって人間は住めなくなって、それでも科学の進歩で住めたとしても火星に移住したところで太陽系がブラックホールに吸い込まれる過程に人類は産まれたのでどこに行こうが最後は太陽系ごとブラックホールに吸い込まれて終わりになると思う。

宇宙は無限に広がっているんじゃなくて太陽側ではなく地球側のブラックホールによってクルクル回っているので、人類は太陽側ばかり観察せずに太陽の反対側水星、金星方向を観察した方が良いのでは?

Aベストアンサー

済みません、ケプラー以来太陽系の運動の計算では、そんなデカイ質量の天体は見つかっていません。そんなのがあれば現在の様な単純なモデルでは説明出来ず、天王星も海王星もましてや冥王星のようなちっぽけな天体は他の天体のわずかなずれから発見される事は無かったでしょう。

Q無機化学の仏語→英語→日本語の翻訳

今、仏語から英語にした技術文献(無機化学)の翻訳をしていますが、以下の文章のところで困っています。

英語
It is also stated that the fluorosulphides ... are products fluorinated in the mass, that is to say, the fluorine is present in the entirety or all the mass of the products and not solely or essentially on the surface thereof.

仏語(原語)
On precise aussi que les fluorosulfures ... sont des produits fluores massiques, c'est a dire que le fluor est present dans l'integralite ou toute la masse des produits et non pas uniquement ou essentiellement a la surface de ceux-ci.
(アクサン・テギュなどは表記できませんので省かせて頂きました。)

なお、fluorosulphideとはこの文章より前に出てきたrare earth fluorosulphideを省略したもので、希土類フッ化硫化物、例えばLaSFなどです。類似物質として硫化塩化ビスマス(?)(BiSCl)などがあったようです。(欧州ではsulfideはsulphideと書くことが多いようです。)希土類フッ化物と希土類硫化物との組合せ物のようです(化学反応したのか単純な混合物なのかはよくわかりません)。

"the entirety" と "all the mass" は(英語的には変だと思うのですが)前後関係からたぶん「全体」と「大部分」を言いたいのではないかと思います(仏語のtoute la masseがよくわかりませんので推測です)。でも、最後の"and not solely or essentially on the surface thereof"が何を意味するのかよくわかりません。
推測としては、「フッ素が物質の表面のみに存在していなくてもよく、また必ずしも表面に存在していなくてもよい。」ということではないかと思うのですが、自信がありません。なぜ表面云々の話になるのか?というのが疑問です。(これは純粋に無機化学の話です。)

今、仏語から英語にした技術文献(無機化学)の翻訳をしていますが、以下の文章のところで困っています。

英語
It is also stated that the fluorosulphides ... are products fluorinated in the mass, that is to say, the fluorine is present in the entirety or all the mass of the products and not solely or essentially on the surface thereof.

仏語(原語)
On precise aussi que les fluorosulfures ... sont des produits fluores massiques, c'est a dire que le fluor est present dans l'i...続きを読む

Aベストアンサー

 フランス語は全く知らないので、完全に憶測です。

 LaSFといえば、光学ガラスとかの原材料ですから、おそらく、光学素子用の物質か、光学素子そのものを製造することに関しての文献ではないかと思います。

 こういうものでは、光を導波させるため、均質さが結構重要になったりします。このことから察するに、ご質問の文は、できたLaSFがどの程度うまくフッ化されているかを言いたいが為のものではないか、と。

 つまり、「フッ化は、表面のみならず、内部まで進行している」=「表面のみがLaSFであるということではなく、内部までフッ化されており、生成物はほぼ全体にわたって均質にLaSFである」ということではないでしょうか?

 前後の文脈が分かりませんので、あくまでLaSFの用途からの推測です。もしかしたら私の勘違いかもしれませんので、そのときはご容赦下さい。一応、参考URLを載せておきます。

参考URL:http://www.kogakugiken.co.jp/seihin/shisaku/hikari/doharo.html

Q【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回

【天文学・地球】地球は太陽を中心に回っていますが、木星は毎秒15mの上下運動をしながら太陽の周りを回っているそうです。

地球は太陽を中心に回りながら木星と同じように上下運動をしながら回っているのでしょうか?

地球は毎秒何mの上下運動をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

地球が上下運動してたら

我々は飛んだり跳ねたりしませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報