プロが教えるわが家の防犯対策術!

執行裁判所はある不動産の強制競売の開始決定をした際に、債務者(被告)は、貸金債務は既に弁済したことを理由にその執行を阻止したい場合、どのような救済方法が考えられますか?(金銭消費貸借契約を想定)

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

強制競売で,弁済を理由にして執行を阻止する方法は,請求異議の訴えを提起することです。


 執行異議の申し立てでは,弁済を理由に執行を止めることはできません。執行異議は,強制執行の手続に違反があることを理由として,強制医執行を止める手続です。

 弁済を称する文書があれば,これを執行裁判所に提出することで,4週間に限って,執行手続が先に進むことを止めることができます。この強制執行の停止は,文書を提出すれば足り,異議の申し立てなどをする必要はありません。

 ただ,この執行の停止は短期間で終わりますので,その間に,請求異議の訴訟を提起し,それに伴って執行停止の裁判をしてもらう必要があります。この執行停止の裁判をしてもらうには,ある程度の証拠を提出し,保証金を積む必要があります。この保証金は,強制執行での請求金額を基準として,その何割相当という決め方がされますので,通常は少なからぬ金額を供託する必要があります。

 受領証1通で競売開始決定が簡単に取消になるなどということはありません。
    • good
    • 4

それは、競売開始決定に対して異議の申し立てをします。


その異議と同時に執行停止の申立をします。
弁済したのであれば、弁済したことを証する書面(受領書等)を提出すれば簡単に執行は停止されます。
あとは、本案の異議になりますが、これも受領書等があれば簡単に競売開始決定は取り消しとなります。
なお、売却期日がまだならば停止決定の申立はしなくてもいいです。
    • good
    • 1

同意書があれば理由はなんでもいいです

    • good
    • 0

理由がどうでも良いが


取り下げ同意書があれば代理人でも裁判所で取り下げ出来ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング