教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

大和のファンドラップについて教えてください。知り合いがこの2年半で段階的にファンドラップを購入して今4000万あるらしく、この2年半で500万円くらい配当をもらったと言っています。今のところ元本も維持しているようです。本当かどうかわからないのですが、ファンドラップとはこんなに儲かる投資信託なのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

普通の投資信託はあらかじめ運用対象が決まっています。

世界株式とか米国株式とか日本株式とか国債とかREIT(不動産)、あるいはそれらを組み合わせたバランスファンドというようなものもあります。

ファンドラップはまず顧客と証券会社が相談して顧客の意向に沿った選択を証券会社の方で行い提案します。そのため、あらかじめ運用対象が定まった投資信託とは違いが出ます。

が、証券会社の方ですることは顧客の方針に沿った投資信託を組み合わせることと、その売買(相場環境によってバランスを調整するなどのことで、ただ買って保有するだけでなく、売買もおまかせでされる場合がある)なので、結果的には自分で同じような投資信託の選択をする場合とさして変わらず、そのわりには手数料が高い商品とも言えます。

どこまでの手数料、コストが適正かはよくわかりませんが、一定のリスクをとっての運用はしたいけれど、どのような選択をしたらよいかわからない場合の「おまかせ」的商品かと思います。

個人的にはこうした高コストのおまかせ商品を選択することはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。退職金のDCみたいなイメージですかね?DCも自分の好みで運用商品の割合を都度変更でいますので。DCはそこまで手数料はかかりませんが。

お礼日時:2022/01/23 12:16

No.5です。


お礼有難うございました。
損失に関して言えば、以下の様に要約できると思います。
ファンドラップの場合、損失リスクの大小もポートフォリオのご希望にもよります(ファンドラップのポートフォリオはお客の希望により組みますので)。あなた様が多少リスクを取っても高いリターンを期待するということであればその様になりますし、高いリターンはいらないからリスクも低くしたいということであればその様にも出来ます。
それでも損失が出ることはあります。ただ何をもって損失と見なすかということもあります。株式市場にはよい時も悪い時もあり、ときにより元本割れの状態となることもあります。その時点で諦めて資金を引き揚げてしまえばそれは「損」となるということです。投信やファンドラップは途中の損は気にせずに5年10年の長期を見据えての投資ですので、程度問題ではありますが途中の損はあまり気にしないのが基本です。とは言えここは個人の判断で、カットラインを決めておいてもよいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2022/01/26 23:19

自分は、余裕資金があったので私も最近ファンドラップを申し込みました(半分銀行さんとのおつきあいネタな部分もあるのですが 苦笑)。

要はお客の希望を証券会社が聞き取り、それによりお客毎のポートフォリオを提案してくれるので、それでお客が合意すれば、後は担当ファンドマネージャーにお任せ・・という商品です。定期的に報告書が出てきますので、その内容によりお客の方でポートフォリオを変更したければそれも可能。その場合には変更されたポートフォリオで運用を継続します。
私の場合は面談結果で、リスク許容度は中(大体当たってます 笑)と判定され、およそ6%のリターン(1年)を目ざして運用中です。上手くいくと手数料引き後で大体あなた様のお知り合いの方と同じような感じになってくれる(はず)です 笑。
なのでご質問中の額は決してすごくいい配当という訳ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。逆に大損するというリスクは少ないのでしょうか?

お礼日時:2022/01/25 23:30

確定拠出年金の方が低コストでしょう。

が、こちらは商品の選択は自分でするということになりますね。
あと、ファンドラップは多少の縛りの期間はあっても、解約はわりと自由ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変助かりました。

お礼日時:2022/01/23 13:21

・ファンドラップというのは投資信託の組み合わせです・


・顧客の方針に基づいて、証券会社の方で投資信託の組み合わせを設定し運用します。

・ですから、個々の投資家によりその内容は異なることになり、運用成績もそれぞれで違うということになります。例えば国債の運用と新興国の株式の運用ではリスクもリターンも違うことになりますよね。

・そのため、ファンドラップ全般が「儲かる」とか「儲からない」とかいうことではありません。
また、株式で運用する投資信託を含んでいる場合、株式市場の動向等によって損益はその年とか一定の期間によって大きく異なります。

・知識のある人はファンドラップの形ではなく、運用商品の組み合わせは自分で考えて自分で設定し売買する場合が多いです。なぜかというと、その方がコストが低いからです。
例えば、4000万の運用で当初のコストが2.5%かかればいきなり-100万からはじまることになり、その分が証券会社等金融機関の利益となるわけです。

>今4000万あるらしく、この2年半で500万円くらい配当をもらった
この程度のパフォーマンスは他の投資信託でも十分にありうるもので、特別に傑出したパフォーマンスだったりするわけではないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。他の投資信託とどう違うのでしょうか?

お礼日時:2022/01/23 11:01

ファンドラップは組み合わせが出来ます。


積極投資を選択してると恐らく2年で利益2400~2500万位のハズです。
毎月報告があり100万単位利益が動きます。
わたしはりそな銀行ですが
今まで暴落率よりうまく逃げられるようです。
4000万かぁ~ 昨年1200万位利益でてますよ 恐らく
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。損するというリスクは低いのでしょうか?

お礼日時:2022/01/25 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング