社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

ツーバイフォーとモノコックは何が違いますか?どちはが地震に強いでしょうか

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

住宅建築に「モノコック」という決まった工法はないと思います。

面構造で加重を支えるという意味では、ツーバイフォーは「モノコック」の一種だと思います。
ツーバイフォーはその名の通りツーバイフォー材と構造用合板・石膏ボードなどで壁面を構成するものです。外壁面や床面についてはツーバイシックス・ツーバイテンなども使いますが、広くツーバイフォー工法とされています。
 近年では、間伐材の利用や断熱性能・耐火性能アップなどの為、MDF材など多様な面材が開発されていますから、それらを総合して、「モノコック」を使用するケースがありますが、使用する資材は多種多様で、地震に強いかどうかは、一概に言えません。在来工法(軸組工法)であっても、斜交いや継金具・免振補強材などを併用することによる耐震強度アップはできますから、軸組工法との比較もまた、一概に言えません。
 また、耐震強度は間取り・窓位置・階段位置などの影響も大きく、総合的に検討することがよいと思われます(もちろん、経費も)。
    • good
    • 0

ちなみに、飛行機も車も、モノコック構造と言いますが完全なモノコックではありません。


家では2X4をモノコックと言っているところもあるようですね
https://www.cosmokensetsu.co.jp/_sys/hint/monoco …
だから同じ
これらの家は増改築が難しいらしいですよ。
    • good
    • 0

2x4は単なる木材の規格。

地震とは関係ない。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング