何を今さら訊いているの?そんなことも知らないのか?と思われる方々もおられるでしょうが、ふと冷静に考えてみると、解らないのです。知らないのです。
在日朝鮮人、在日韓国人、日本で生まれて日本に育ち、日本の学校で学び、日本で生活し、自国に行ったこともなく、母国語も話せない、といった人々もいる…。
そんな人々の国籍は北鮮であったり、韓国であったり、決して日本国籍ではない。
そんな人々の中には、あの北鮮の議員すらいるという。
その北鮮国籍の在日朝鮮人の議員さんは、日本と北鮮を自在に行き来でき、また実際そうしている。そうできてしまっている。
多数の日本人がこの国に拉致されているというのに…。
これではスパイ犯罪者を野放しにし、さらにそれを助長しているに等しいのではないのかという気がして…。
単純な気持ちで、何かおかしいと思い、どうしても違和感を感じてしまうのです。
この実態は何故に実現しているのですか。このようなことが実際に起こってしまっている根拠となる法律があるのでしょうか。あればその法律とは何法なのですか。
ところで、他の国、例えば在日米国人、在日英国人、在日中国人、在日仏国人、在日独国人…、人数は別として存在するのですか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

#2、#6さんが書いている「強制連行」というのは、事実ではありません。

「強制連行」という単語で検索すれば、「強制連行」は、朝日新聞やいわゆる左翼文化人たちが、捏造した問題であることが、わかります。
 在日のコレアン達が、日本の国籍を取らないのは、その方が経済的あるいは何らかの事情で有利だからです。ある東大教授は「在日」を売り物にして評論活動をしています。
 韓国や北朝鮮に帰ろうとしても、コトバもできないし今さら日本国籍を取得すると、在日の仲間から白眼視される、日本人にもなれないし韓国人にもなれないというかわいそうな存在なのです。
 しかし#10さんが書いているように毎年1万人が日本国籍を取っていますから、あと20年もたてば在日韓国人という存在は自然消滅します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
得だから、有利だから、都合がいいから、只それだけの理由で、現実の生活国である日本という国の国籍も取得せず、かといって母国とされている北鮮なり韓国の国民であることに何らの誇りもなく、これが本当だとすると、可哀想等という次元ではなくて、余りにも情けない人間ということにならないですか。
これが本当なら、心底からは誰からも尊敬されませんし、相手にもされないと思うのですが。

お礼日時:2005/03/22 21:19

日本で生まれ日本語を話し日本に生活の基盤があるので帰国をしない、


そう在日コリアンの方が言うのは心情的に理解できます。
しかしながらそこまで日本に依存し帰国する意志もないのになぜ
韓国、あるいは北朝鮮の憲法・法律を遵守する在日コリアンで居続けるのか?
日本人の心情としてはついそう思ってしまいますよね……。

在日コリアンの方々は「特別永住者」です。
特別永住者は戦前から日本に居住せざるを得なかった朝鮮半島や台湾の出身者とその子孫で、歴史的経緯により特別に永住を認められている方々を指します。
でも最初から特別永住権が存在したわけでなく1965年の日韓基本条約からできた制度です。
この日韓基本条約は最初の会談が持たれてから締結するまでの期間はなんと14年!
この間に韓国は何をしたか?
竹島を不法占拠し勝手に李承晩ラインを設定。
海域内の日本漁船を一方的に銃撃、拿捕するばかりか、海域外の日本漁船をも拿捕連行するに及んでいます。
1965年李承晩ライン廃止までに「抑留者数:3929人、拿捕された船の数:328隻 死傷者数:44人」
日本政府は、彼らを帰してもらうために、在日朝鮮人の犯罪者を仮釈放し在留特別許可を与えます。その犯罪在日朝鮮人の数は472人。
韓国は国際法上認められていない、自称”平和線”によって拿捕された漁民を人質として利用。
こんなことをやって日韓条約と日韓漁業協定を韓国に圧倒的有利な内容で締結させています。

また、冷戦当時は社会党や大手新聞社は社会主義国に傾倒してたように見受けられます。
彼らの後押しでいろいろな優遇措置が認められました。
1976年に朝鮮総聯と国税局はこんな協定を結んでいます。
「五項目合意」 俗に、「五箇条の御誓文」
(1)同胞商工人の税金問題は朝鮮商工会との協議によって解決する。
(2)定期定額の商工団体の会費は損金として認める。
(3)学校運営の負担金については前向きに検討する。
(4)経済活動のための第三国への旅行の費用は損金として認める。
(5)法廷で係争中の諸案件は話し合いで解決する。
在日コリアンは日本の正規の税金を払わなくてもいいし学校運営の負担金も日本の税金で見てあげましょう、北朝鮮へも好きにいってもかまいませんよ、拉致にかかわっても話し合いで解決しましょうねって内容に私は見えるんですけどね。

日本は事なかれ主義だと言われます、実際そうだと私も思います。
聖徳太子の時代から「和をもって尊しとなす」国ですから。
その日本人の特性が悪い方向に走った結果が今ではないでしょうか?
目の前の混乱を避けるために韓国に媚びを売り、(当時は理想的に見えた)北朝鮮に秋波を送ってその場しのぎをしてきた結果がhikokurowさんがおかしいと感じる今になったのではないでしょうか?
過去の事は取り返しがつきません、後悔は先に立たないものです。

最後にひとつだけ、
当時の日本政府が日本国籍を剥奪したのではありません。
韓国政府は日本がGHQの支配下にあるころから
「在日韓国人の国籍は韓国だ」と主張しています。
当時の在日コリアンの方の意志とは別のところで
韓国政府や北朝鮮政府が在日コリアンの国籍は我が国!と主張しています。
結局、日本は敗戦国ですし、政府はこれを受け入れただけではないでしょうか。
詳しくは下記のサイトをご覧ください。
「前後在日朝鮮人の日本国籍離脱問題」http://mirror.jijisama.org/sonota.htm#kokuseki

参考URL:http://mirror.jijisama.org/sonota.htm#kokuseki
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。勉強になりました。
特別永住者ですか。日韓条約が法的根拠ですか。
でも、日本って何か随分バカにされ、コケにされているような気がしてしまうのですが。

お礼日時:2005/03/21 16:49

戦争が終わるまで日本人であった在日コリアンは、貧しく生活補助を受ける人々が多くて日本政府としてあまり歓迎できる人達じゃなかったようです。

(現在は日本人と生活レベルは変わらないですが、当時は。)
その為、出来ることならば本国である朝鮮半島に送り返したかった日本政府が国籍を朝鮮半島の国家に移行したのです。これに対して「国籍の剥奪」と言う意見もありますが、当時の在日コリアンは新国家への希望からか殆ど反発がなかったそうです。
しかし、日本と朝鮮半島の国家との経済格差、朝鮮戦争による混乱や北朝鮮の現状、また日韓国交正常化後の韓国政府が積極的に帰還事業をしなかったことなどにより、引き続き日本国内に留まることを選択する人が多いのです。
この事に対して、日本に帰化すれば良いと言うのはあまりにも身勝手だと思いませんか?それでも、毎年1万人近くは日本に帰化をしています。
在日コリアンにしてみれば、手続きが問題がめんどくさいのと日本と言う国が強い同化を求める国だと言うこと(朝鮮・韓国の方が激しいと言われますが)が障壁となっていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

当時の日本政府が国籍を戻したのですか。知りませんでした。ありがとうございました。
日本国籍の取得手続きというのはそんなに複雑で面倒なのですか。簡便化すればよいのにと思います。

お礼日時:2005/03/20 11:12


大韓帝国の日本への併合は合法です。

http://www.h7.dion.ne.jp/~speed/heigou_korea.htm
---------------------------------------------
 会議参加者によると、合法論は国際法専門のJ・クロフォード英ケンブリッジ大教授らから出され「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、日韓併合条約は国際法上は不法なものではなかった」と述べた。また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の間題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦(一九一四~一八年)以降のもので当時としては問題になるものではない」と主張した。
----------------------------------------------
非合法だったと主張したい韓国主導の会議でしたが、自爆してくれています。

ちなみに、あの当時(1910年ごろ)は植民地すら合法なんですよね。よく「アジアの国々の気持ちを」と言いますが、あの当時はマレーシアもフィリピンもカンボジアもベトナムもミャンマーもインドネシアも独立国ではありませんでした。米英仏蘭等の植民地。
 なお、タイは独立国です。フランス領とイギリス領の間にあったので、緩衝国としての立場を利用して、2代の国王が神業の外交手腕で独立を維持しています。ちなみにこのタイは、日本が国際連盟を脱退したときに一緒に脱退し、第2次世界大戦のとき日本にお金を貸してくれています。

また、たくさんまとめられていて便利なので私がよく使っているサイトから引用しましょう。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_ …
----------------------------------------------
参考資料 : ヘレン・ミアーズ 「アメリカの鏡・日本」より
 こうした公式記録を見る限り、なぜ、日本が韓国国民を「奴隷にした」として非難されるのか理解できない。もし、奴隷にしたのなら、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。日本の韓国での行動はすべて、イギリスの同盟国として「合法的」に行われたことだ。国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。しかも、その原則は日本がつくったものではない。欧米列強、主にイギリスがつくった原則なのだ。
----------------------------------------------

さらに当時の朝鮮人の意見(いずれも上記サイトから)
----------------------------------------------
参考資料 : 「李完用侯の心事と日韓和合」 朝鮮全権大使 李成玉
 「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」

参考資料: 日韓併合時の韓国首相 李完用
 私がもう一言いいたいのは、独立説が空しいものであることを私たちがしっかり悟り、朝鮮民族の将来の幸福を祈ることにある。現在のように国際競争が熾烈な時代にこの3000里にすぎない領土と、あらゆるものが不足している1100余万の人口をもつ私たちが独立を唱えることがいかに空しいことか、日韓併合からこの10年間、総督政治の実績をみれば、人民が享受した福祉が多大なものであることは内外が公認するところだ。地方自治、参政権、集会と言論については、朝鮮人の生活と知識に応じて、正当な方法で要求するなら同情を受けることができる。今私たちに迫られているのは独立ではなく実力を養うことだ。

参考資料: 1909年 12月4日  一進会(公称百万の朝鮮人会員)
日本は日清戦争を通じて韓国を独立させ、日露戦争でロシアに食われかけていた韓国を救ってくれた。それでも韓国はこれをありがたく思うどころか、あの国にくっつき、この国にくっつきし、結局は外交権を奪われることになったが、これは我々が自ら招いたことである。丁未条約を締結することになったのも、やはりハーグ事件をおこした我々に責任がある。伊藤博文公が韓国国民を見守ってくれ、太子を導いて我々韓国のためにご苦労されたことは忘れられない。にもかかわらずハルピンの事件がおきてしまった以上、こんごいかなる危険が到来するのかわからない。これもまた韓国人自らそうしてしまったのである。

(中略)

それゆえ劣等国民として保護されるよりは、いっそ日本と合邦し大帝国をつくって世界の1等国民として日本人とまったくおなじ待遇をうけながら暮らしてみよう。
----------------------------------------------
朝鮮人が合併を希望してきているのがよくわかりますね。

あと、強制連行そのものについては#4の方があげている先の7で僕が書いていますのでそこも参考にしてください。
 在日云々についてはhttp://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1271009の7に書きましたので読んでください。チョゴリ切り裂きが総連の自作自演であることも指摘していますし、それを指摘した記事を書いていた在日3世の金武義氏が不審死を遂げたことも指摘してあります。

それから、どうしても強制連行があった! 併合は違法だ! と言いたい方々へ一言。
 あなた方はなぜ当時の大韓帝国が、大韓帝国国民がそんなにむざむざと他者の「暴挙」を許していたというのでしょう? 彼らはそこまで貧弱で臆病でしょうか?
 例えば現在売国奴と言われている李完用は
------------------------------------------------
李完用はこの高宗退位を受けて、無知蒙昧な庶民の反感を買い、暴徒に自宅に火を付けられるなど命がけの政治を行っている。
なお、日韓保護条約締結の際にも暴漢に刃物でめった刺しにされるなど重傷を負っている。(後にこのときの傷が元で李完用は他界している)
世界の歴史を振り返れば、数多くの悪の為政者たちが存在した。
自己保身・出世栄達だけを考え私腹を肥やし非道の限りを尽くしてきた為政者達も多くいる。
だが、そのような悪の為政者であったと言われる李完用は命を晒して朝鮮の未来のために尽力してきたのではないか。
悪し様に罵られるだけの為政者がここまで政治に命を懸けることが出来るであろうか?
また、李完用は公式の場において日本語を使うことは一度もなかった。
もちろん李完用は日本語を話せたのだが、朝鮮民族としての矜持を日本語を話さない事で示していたのである。
高宗に刃物を突きつけ退位を迫っただの、根も葉もない作り話で彼を罪人扱いする輩は李完用の本当の姿を全く知らないのであろう。
------------------------------------------------
http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/rekisi33 …
と言うような人です。白人至上主義で帝国主義だったあの時代、貧しい大韓帝国は、帝国として生き残る力がありませんでした。そこで、白人国家に植民地として支配され民族そのものが消滅するよりはマシであると、日本への併合を考えただけでしょう。
 彼以外にも、洪思翊や朴春琴という人だっています。洪思翊には有名なエピソードがあります。
----------------------------------------------
参考資料:産経新聞 主張(社説) 1996年6月25日
朝鮮半島出身者で陸軍中将まで累進した洪思翊(こう・しよく)将軍に創氏改名の形跡はない。
敗戦前数年の旧陸軍士官学校の半島出身卒業生の名簿には、なるほど日本名を
併記したものもあるが、半数近くは朝鮮名のままなのである。


※ まだ大尉であったころ、息子の洪国善が近所の悪童から「チョーセン、チョーセン」とからかわれたとき、大英帝国に虐げられても誇りを失わないアイルランド人の例をひき、「どんなときでも必ず『私は朝鮮人の洪国善です』とはっきり言いなさい。決して『朝鮮人の』を略してはいけない」と諭したという。そんな信念の人だったから、日本風の姓に改名などもちろんせずに一生を終えた。指揮官になると常に日本兵の前で、「自分は朝鮮人の洪思翊である。唯今より天皇陛下の御命令により、指揮をとる。異義のあるものは申し出よ」と初訓示したそうである。
立派な武人であるが、現在の韓国人からすれば「なかったことにしたい」人なのである。
----------------------------------------------
これは上記サイトからですが、非常に有名なのでちょっと検索するといくらでもみつかります。この人は陸軍中将であったため、マニラでA級戦犯として処刑されています。
 また、彼ら以外にも志願兵として出陣していった朝鮮人もいます。こういった人々の中には、志願して特攻隊として日本(当然朝鮮を含む)を、彼らの家族や愛する人を護るために散っていった人もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に教えてくださいましてどうもありがとうございました。知らなかった事柄や人物のことが書かれてあり、大変勉強になりました。
「お礼は長くするな」という事務局からのメッセージが出ましたのでこの辺にしておきます。

お礼日時:2005/03/20 11:07

日本が好んで併合し彼らを日本人にしたので、


たくさん移住してきたわけです。
合法ならばなおさら「戦争に負けちゃったのでごめん帰ってくれないか」といいにくいわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

帰るか残るか、帰る場合は幾らかの援助保証を付けて、残る場合は日本国籍、これを戦後まもなくにすればよかったのかも。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 10:56

こんにちは。


たくさんの人が様々な意見を述べているので私も意見させて下さい。
私は質問者さんのお考えに共感します。

戦後生まれの我々には朝鮮人に対する強制連行って、いったいどこまでが本当のことなのかよく解らないですね。
実際に在日の韓国人・朝鮮人の人達の内、ある程度は強制的な形で日本に連れて来られたのかもしれないですが、全体の数としてはそういう人の割合は少ないようです。
(過去の「教えて!goo」を参考しました)

多くの人達は当時の母国では食べていけない為に、大陸を渡って日本に来たみたいですね。
日本に来た経緯はともかくとしても、終戦時に日本から母国に帰ることは可能だった筈です。
何せ日本は戦争に負けて焼け野原になったような国ですから、終戦以降も日本に強制的に居住させられた筈もないですし、戦後彼らの帰国事業も行なわれていたようです。
現に北朝鮮への帰国事業によってたくさんの日本人妻が北へ渡っています。

それなのに何故、多くの韓国・朝鮮人の人達が日本に残っているのかを考えると彼らは自分の意志で日本に永住することを選んだといわざるを得ないと思います。

今となっては「韓国・北朝鮮に帰れ」などという暴言は論外ですが、日本生まれ、日本育ちの二世、三世といった人達は自分の本当の韓国名すら自分でよく解っていない人もあるようですので今後も日本で永住するのならば日本国籍に帰化する方が望ましいのではないでしょうか。

いつまでも「在日」という特殊な立場にいることが問題を解決できない原因ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別に意見や考えを述べたわけではなくて、どうして朝鮮や韓国の人々にだけこのような何か歪な状況が起こっているのか、その原因は何か、そうなっている法的な裏づけはあるのかないのか、この状況は決していいことではないような気がして、質問したわけです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 10:48

在日朝鮮人、韓国人が日本に多く存在理由は、やはり強制連行や、そうでなくても、日本による土地の強制収容などで生活できなくなって結果として、朝鮮半島に住めなくなり、日本に来ざるを得ない状況に追い込まれてやってきた人たちによるものであることは事実です。

これを否定するサイトなどもあるようですが客観的に事実を検証すれば、間違いであることは容易に証明できます。日本が朝鮮併合などという、国際法を無視した暴挙を行わなければ、在日朝鮮人などという特殊な人々は存在しなかったのですから。
 だからまず私たちが考えなければならないのは、こういう人々をうんだ歴史を、日本がつくってきたということだと思いますよ。スパイ天国云々いう前にもう一度しっかり歴史を勉強しなおしてください。
 また、こういう意見を書くと、では朝鮮人は朝鮮に帰れなどという暴論を書いてくる輩がいますが、彼ら(在日の人々)はすでに日本で生活基盤を築き、韓国や朝鮮で生活しようにも、生活基盤が全くなく、帰りたくても帰れない状況におかれています。本来彼らをきちんと本国に返してあげる責任を持つ日本政府は、戦後もずっとほっかむりをしたままです。そういう状況で日本に住まざるおえない状況におかれ、様々な差別や偏見を受けて(朝鮮学校にかよう、女生徒のチマチョゴリをやぶったり、つばをかけたりする人がいるのも事実です。)いる人々に対して、差別意識や偏見を持つのはどうかと思います。歴史をしっかり勉強してその上で意見を書くべきだと思います。自分の意見にはしっかり責任を持てるようにしてください。
 北朝鮮の議員が日本と北朝鮮の間を自由に移動できるということは、在日の問題とは関係ないことだと思います。アメリカや、韓国の議員が自由に日本に出入りできるように、日本政府が認めているからできることであって、在日朝鮮人であったからということではないと思います。この辺もしっかり区別しておく必要があるでしょう。
 もしそのことが問題なら、政府が責任を持って取り締まらなくてはならないと思います。
 事実誤認や、偏見がこれ以上在日朝鮮人、韓国人に対する差別を広げたり、彼らを傷つけたりしないことを心から望みます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そもそも在日の朝鮮人や韓国人の方々に対する差別や偏見など毛頭ありません。知人もいますので。
こういうのはどうでしょうか。
本国で生活するか日本で生活するかの希望を自由に選んでいただき、本国を選択した方々については生活の基盤ができるまでの責任を日本政府がもち、そのまま日本での生活を希望する方々には日本国籍を交付する。
生活の基盤とは、があいまいすぎてだめですかね、やっぱり。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 10:38

日本はスパイ天国。


この件で関西ローカルの番組で元議員の方がスパイ防止法について言及されていましたが、朝日新聞と弁護士会とそれに通ずる議員の猛反発にあって頓挫したそうです。
つまり法律がないから今の現状と言えると思います。
それから朝鮮総連は日本でも課税などで優遇されていて強力な力を持っていますし、国会には北朝鮮族議員も存在するわけで、複雑な事情も絡み合って強行出来ないということもあると思われます。
hikokurowさんの質問や対中韓の弱気外交は最近メディアでもよく議論の対象になってますね。
戦後補償やら人権やらと何かと耳にしますが、実際は裏に何らかの事情なり強力な圧力があると考えてしまいますね。
回答の自信がないので聞き流す程度でお願いします(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在の日本にはスパイ活動防止法がないのは知っていますが、在日と言われる朝鮮人や韓国人の方々が日本国籍にすることもなく他国の国籍のまま日本に永住でき、また日本で生まれて自国語もよく使えないという方々が他国の国籍のままで済まされていることを立っした法律があるのかないのかが分からなかったのです。
言われるように裏の裏側には泥泥した利権のような何かがあるかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 10:14

本気で信じているのか、ワザと虚偽の情報をばら撒いているのか


在日韓国朝鮮人が「強制連行」で日本に来たというのはまったくの
デタラメで、彼等が被害者として自らを利するための方便です。

在日韓国・朝鮮の方々へお訊ねします
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=973587

ぶっちゃけ、日本軍による朝鮮人の強制連行って・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1267866

これらの先行質問の回答を読めば、在日の実態がよくわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の回答になっていないような気が…。
でもありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 09:57

日本生まれの在日朝鮮人、在日韓国人が帰化しないのは、日本に帰化しても在日朝鮮人、在日韓国人だったということがつきまとい、いわれなき差別がついてまわるからでしょう。


日本人のわたしですら日本は誇るべき国であるとは思えません。彼らならなおさら日本という国を愛せないのでは?
在日朝鮮人、在日韓国人がスパイ犯罪者であるというのはあなたの偏見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに差別などされないような気がするのですが。
和式の名前にされている方もおられますし、こちらは日本人と思っているわけですし、一見して判別できないわけですから、差別しようにもできないように思いますのですが。
在日の方々全てがスパイ犯罪を行なっているというのでは決してなくて、そういう人物がなかにはいて、容易に活動できてしまっているということが言いたかったのです。
すみません、ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/20 09:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報