どうもよくわかりません。

わかりやすく説明していただける方、あるいはわかりやすい説明サイトなどありましたら、ご教授お願いいたします。

A 回答 (5件)

オプション取引には、基本的には、4つの方法の組み合わせで成り立ちます。

まず、対象物(株式、株式指数、商品など)が値上がりを見込める場合はコールオプションの買い(ロング)や、プットオプションの売り(ショート)を行います。
コールロングのほうは、オプション料(プレミアム)を支払えば、期限までに権利行使や反対売買によって無限に利益を得ることができます。また、逆に思惑と外れて、値下がりして場合は、損失は最初に払ったプレミアムに限定されます。
プットショートの場合は、最初にオプション料(プレミアム)が受け取ることができますが、損失は無限大になります。
同じように、値下がりを見込んだ場合は、プットロングや、コールショートを行います。

この4つの方法を同時に組み合わせることによって、こう着状態の相場で最大の利益を出したり、変動率の大きな相場で利益を出す方法が、ストラドルやバタフライです。この場合は、相場がどちらに動くかではなく、幅を予想する手法です。

このように、オプション取引は、組み合わせ方でいろいろなものに変化しますので、基本は押さえてやってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よく勉強したいと思います。

お礼日時:2001/09/06 14:12

#3の回答ですが、最後の方がちょっと違います。

#3の例はコールオプション(ある株をある期日に100円で買う権利)の売買についてのケースであり、A君、C君が買い手、B君が売り手になります。
これに対してプットオプションは「ある株をある期日に指定金額で売る権利」の売買になります。

金融商品としてみた時のオプションの特徴は、買方に限定した場合、損失が最初に支払った比較的小額のオプション料の範囲でありながら、利益がオプション料よりも高額になる可能性があるという点です。

とにかく東証のサイトをよく読んで、なぜ(買方に限った場合)このように「一見」ローリスクハイリターンな金融商品が成り立つのかを「自分の力で」理解してから取り引きする事をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言肝に銘じまして、理解しようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 17:54

 まず、市場における取引の原則は、現物です。

 商品と対価が直接交換される形式です。

 次に、信用が生まれました。 いわゆる「空売り」です。 商品が手元にないのに先に売る約束をしてしまい、決済までに急いで商品を調達する形式です。

 そして最後に、オプションが生まれました。 上2つの契約を行いその決済が完了するまでの期間に、その契約を履行する権利そのものを売買します。

 ちょっと難しい言い回しなので例で言うと、

 A君は、ある株をB君から100円で買う約束をした。代金は3日後に決済することになっている。買った翌日株は急騰し150円になった。C君が株を売ってくれと言ってきたが、株はあと2日待たないと手元に来ない。 そこで彼はC君に対し「B君から株を100円で買う権利」を売ることにした。 150円の物が100円で買えるのだから、価値は50円とみなされたので、C君はA君に50円を支払った。

 これが、オプションです。 広義ではいろんな形があり、ワラントやEBもオプションといえなくもないのですが、狭義では上記にあるような先物オプションのことを指すことが多いです。 代表格としては日経225の月毎オプションがあります。

 空売りとの違いは、商品本体の売買を伴わない点です。
 空売りは、いつかは決済期限がやってきて商品本体を調達しないといけませんが、オプションは権利だけで本体がありません。
 さらに、空売り決済の履行は義務ですが、オプションはあくまで「権利」なので、損が確定したら決済の履行を放棄して逃げても構いません。

 また、プットとコールの違いは、このオプションの売り手と買い手の違いです。A君とC君の立場の違いを指します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中々わかりやすくご丁寧な説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 13:54

 ちょっと、簡単すぎかもしれませんが、(権利の対象物が)値上りしたら儲かる権利(というか権利の価格が高くなる) コールと、値下りしたら儲かる権利(同じく) プット の2種類があって、その権利を買ったり売ったりする訳です。


 売りから入れば、まあ空売りみたいなもんですかね。

 株ですと、1つの銘柄で売るか買うかしかありませんが、オプションですと、1つの銘柄(?)に対してコールとプットがあり、それぞれに複数の権利行使価格と権利行使期限があります。
 それらを組み合わせたりすると、対象物が上がると儲けたり、下がると儲けたりばかりでなく、対象物に値動きがなくても儲ける事も可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>売りから入れば、まあ空売りみたいなもんですかね。

コールと空売りは厳密にはどうちがうのでしょうか?

>それらを組み合わせたりすると、対象物が上がると儲けたり、下がると儲けたりばかりでなく、対象物に値動きがなくても儲ける事も可能です。

そんな方法があるんですか?!
よろしければ詳しくお教えいただけませんでしょうか?

お礼日時:2001/09/01 03:30

とりあえずは東証の運営するサイトの入門のページが分かりやすくて良いと思います。



参考URL:http://www.tse.or.jp/beginner/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速いってみます。

ちなみにオプション取引と空売りってどう違うんでしょうか?

お礼日時:2001/09/01 02:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ