プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本列島で二万年にもわたる様々な戦争や弾圧や虐殺などでたまりにたまった怨念が
ひとつの超人となって生まれてくる
その名は魔人佐藤
佐藤は日本を征服しようとする
一方、ヴァチカンでは佐藤の誕生を感知し、ひとりの少年を選び出し霊的戦闘術を叩き込み鍛え上げる
20年後、佐藤は自衛隊の大佐になり暗躍し始める
ヴァチカンの戦士は日本に到着する
佐藤は様々な霊力を使い、日本でクーデターを起こし、皇族と天皇を抹殺し
自分が日本の皇帝になる

そしてヴァチカンの戦士との最後の戦いがはじまる
苦戦する正義の戦士
最終的にまったくはがたたない

その時ひとりの少女がとおりかかる
佐藤の使う剣がとばされてくる

少女はなんのきなしに剣を手に取ると投げる

それがたまたま佐藤の心臓につきささり
佐藤は死ぬ

感想下さい

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

なんか、魔人加藤に影響受けてるのだけは感じるんだけど、あとはまるで小説のプロットの体をなしてない。



というか、あなた、ひたすら小説のプロット的な妄想を垂れ流してるけど、ひとつでも最後まで書き上げてみなさいよ。
    • good
    • 0

これだけだと正しく判断できないが、それまでの展開が全く意味をなさないオチ。

『それまでの展開は何の意味があったんだ』と感じてしまい、一気につまらなくなった。

とは言え、「超人等が意外な人やちょっとした事で殺される(弱体化する)」というのは、昔からよくある話。
 ・旧約聖書の士師記に登場する「サムソン」は、髪の毛を切ると弱体化する。
 ・ギリシャ神話のアキレスは不死身の肉体を得たが、「アキレス腱」だけは不死身ではなかった。
 ・同じくギリシャ神話のメデューサは、盾に映った己の姿を見たために席化し、倒された。
 ・藤子不二雄の短編集に「超人となった小池さんを人類はだれも殺せなかったが、超人となった小池さんの細胞も超人化しており、その超人細胞がガン化して、小池さんは死んだ」という内容のものがある。

あと、現在の日本の自衛隊には大佐という階級はなく、『一佐』が該当する。大体、「超人」だとか「2千年にわたる」というのが荒唐無稽な話なので、リアリティを無視して、最初から最後まで荒唐無稽な世界を貫くというのであれば構わないが、どこかで過去の出来事を変更するか、現在よりも少し先にそういう階級ができる出来事を入れておいた方がよい。

という事で、内容次第なので、今後の「肉付け」を期待します。

あと、1番様も書かれていますが、小説投稿サイトを活用した方がいいです。
    • good
    • 0

要約し過ぎで何とも言えません。


オチがぞんざいだな、とは思います。


もう少し加筆して、冒頭部分だけでも小説投稿サイトに出した方が正直な感想を得られると思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング