色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

お酒強い人の条件って

なんですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

遺伝による体質の違いです。



アルコールが体内に入ると、肝臓でまず「アセトアルデヒド」という物質に分解されます。この物質は極めて毒性が強く、顔面や体の紅潮、頭痛、吐き気、頻脈などの不快な症状を引き起こします。

そして、このアセトアルデヒドを分解してくれるのが「ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)」です。
ところが、日本人は約40%の人がこのALDH2の活性が弱い「低活性型」のため、お酒に弱い体質といわれています。さらに約4%の人は「不活性型」と呼ばれ、ALDH2の働きが全くなく、お酒を飲めない体質なのです。
この両タイプの人たちは、ごく少量のお酒でも、気分が悪くなってしまうため、無理な飲酒はやめましょう。また、一緒に飲んでいる人もこのタイプの人たちにお酒を無理強いすることは絶対に慎んでください。

このALDH2の活性のタイプは、親から遺伝によって受け継ぐので、生まれた時から決まっており、後天的に変わることはありません。自分の体質を知り、自分のペースでお酒を飲むことがなによりも大切です。
    • good
    • 4

体質ですね


いくら酒を飲もうが強くなれる訳ではありません(体はアルコールに慣れてくるけど)
詳しくは以下
    • good
    • 0

No3さんのおっしゃるとおりです。



お酒の強い弱いは遺伝子により決定されています。
アルコールが肝臓で分解される過程でアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が重要な働きをしていることがわかっています。
このALDHをつくることができるかどうかは、遺伝子型によって決定されています。遺伝子型はNN型、MN型、MM型の3種類となっています。

NN型はいわゆる酒に強い人ですね。
MN型は酒に弱い人(1~2杯)です。
MM型は全くお酒が飲めない人です。
日本人の場合、NN型は55%、MN型は40%、MM型は5%といわれていますね。

最初弱かったけれど、強くなったという人がいますが、肝臓にかなり無理をさせていることになります。ですから、無理をして強くなる必要はありませんよ。

私ですか? 「飲み放題」で値段が同じならビール中ジョッキ7杯というNN型です。
    • good
    • 2

体質ですけど、弱い人でも少しずつ慣らして耐性をつければ人並みに飲めるようにはなります。



毒と同じです、弱い人が急に大量に入れれば最悪死にます(急性アルコール中毒)
    • good
    • 0

僕から言わせれば、、、



コップ一杯のお酒を飲んでも、平気な人。
吐いたり気持ち悪くならない人。
    • good
    • 0

パッチテストをして皮膚が赤くならない人

    • good
    • 0

身体的に言えば、肝臓が立派に働いている方、です。

    • good
    • 0

酒に強い事ですがッ!

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング