色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

こんな相手の遊び半分のフラフラ飛行に対して、スクランブルをやるために高価な戦闘機とパイロットを配備ているわけではありません。本物の戦闘のためです。
領空に入ってきそうな航空機には高速のドローン対応で良いのでは?
もっと簡単に言ってしまえば、防空識別圏に入ってきた航空機には警告の無線連絡。それでも領空に侵入して来たら陸上の基地や会場の艦艇から地対空ミサイルを発射すれば済むことでは?多分中国はロシアはこの方法だと思うんですけど。スクランブルなんてやっているのは自由主義陣営の方だけですよね?どう思われますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

いつでも対処できることを侵入を図った国に対して示しているのです。



これが某国のように10回に3回ほどしか対応できないようでは、有事の際に抵抗することもなく占拠されてしまうでしょう。

・・・

大韓航空機撃墜事件(事件ですね)では、領空侵犯したボーイング747が当時のソ連からスクランブル発信したMig-23に撃墜されています。
    • good
    • 1

>自衛隊のスクランブル発進って意味あります?



大いに意味があります。

>こんな相手の遊び半分のフラフラ飛行に対して、スクランブルをやるために高価な戦闘機とパイロットを配備ているわけではありません。

フラフラだろうが何だろうが、国籍不明機が領空侵犯した場合スクランブル発進するのです。

>地対空ミサイルを発射すれば済むことでは?

それをやったら、警告射撃ではなくて攻撃になってしまいますよ。
その瞬間、戦闘おきますよ。
    • good
    • 1

統治・支配の口実・理由なんてのは「危機や脅威からの保護」なのです。


「危機・脅威がある」という宣言することが権力にとって「支配・税金徴収」の口実になるのです。だから防衛のフリ、パフォーマンスとして
わざわざ「緊急発進」と称して「危機」を演出するのです。
「危機」がなくなったら「支配や徴税の口実がなくなって困る」と考える
のが権力の本質です。
裏を返せば
「危機がなくならない様に、危機を探して、危機を維持したい」
とさえ思ってるでしょう。それが権力ってものの実態です。
更にはその構造の維持の中で税金が流れ込む「軍事産業」とも権力の癒着構造は確立してるはず。軍事産業の利権・収益を護る為にも危機や脅威を
維持したい意図はあるはずです。
    • good
    • 1

訓練ですよ。

機体もパイロットも遊ばせておいたら錆びついてしまいます。中国もロシアもそんなもんです。
    • good
    • 2

此処にも居る・



此処で言っても 何も変わらないのに どうやればムキに ななれるのだろー?

俺が そういった考えを持ったとしたら 現実世界で街頭演説でもするが 生憎 そういう考えが浮かばない・・

19歳の頃 俺は陸上自衛隊に所属していたが その時は「何の為に こんな事をするのか?」と 疑問に思ったものも確かにありました・・

けれど 自衛官を辞めて 他の道に進み・・する事全てに意味があると 感じてる
    • good
    • 1

>スクランブルなんてやっているのは自由主義陣営の方だけですよね?



違いますが・・・・・
    • good
    • 1

訓練の一環だと思えば意味はありますよ

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング