新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

武士はインフラ事業を自らの手で手掛けていたのでしょうか?
武士の仕事の一つに「インフラの整備」と書いてあります。
本当に支配階級たる武士が土木の様な汚れ仕事を自ら行ったのでしょうか?
儒教的には、土木や建築というのは最も身分の低い人たちがやる仕事だった筈ですが…

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

武士の定義が難しいですが、簡単に言って、平安末期から戦国時代までの武士は「地域の支配者」いわば農民親分のようなものですから、インフラ整備は重要な仕事でした。

「信玄堤」などが有名でしょう。秀吉・家康によって明確に行われた兵農分離以降の武士は、村落の自治に口を出さず、年貢を取ることを中心に考えました。その結果、村落からの要望があり年貢増が望まれる政策を行いました。中には、江戸幕府の命令で「普請」と言う名の土木工事を行う事もありました。実際の労働は、最下級の武士(郷士などの身分)や農民が労働したようです。ただ大きな土木計画は、その計画や作業の実施に際して技術職(普請奉行)などが、陣頭指揮をしていました。
    • good
    • 0

> 武士の仕事の一つに「インフラの整備」と書いてあります。



出典、読んだ書籍と記載箇所を示すこと、ポピュラーに入手可能なものでない場合は、その記載の前後の関連部分を示すことは必要です。

> ① 武士の仕事の一つに
> ② 本当に支配階級たる武士

上記の①②の「武士」という言葉の使用法、意味が異なっていると、話にならないです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB …
武士の身分を「士分」といい、士分は、大きく「侍」と「徒士(かち)」に分けられる。これは南北朝時代以降、戦場への動員人数が激増して徒歩での集団戦が主体となり、騎馬戦闘を行う戦闘局面が比較的限定されるようになっても、本来の武士であるか否かは騎馬戦闘を家業とする層か否かという基準での線引きが後世まで保持されていったためである。
「侍」は狭義の、つまり本来の武士であり、所領(知行)を持ち、戦のときは馬に乗る者で「御目見え」の資格を持つ。江戸時代の記録には騎士と表記され、これは徒士との比較語である。また、上士とも呼ばれる。「徒士」は扶持米をもらい、徒歩で戦うもので、「御目見え」の資格を持たない。下士、軽輩、無足などとも呼ばれる。
「侍」の内、1000石程度以上の者は大身(たいしん)、人持ちと呼ばれることがあり、戦のときは備の侍大将となり、平時は奉行職等を歴任し、抜擢されて側用人や仕置き家老となることもある。それ以下の「侍」は平侍(ひらざむらい)、平士、馬乗りなどと呼ばれる。
以下、特定の呼び名のものを挙げる。
幕府の旗本は「侍」、御家人は「徒士」である。
幕府の役所の下役で一代限り雇用名目の者達のうち、与力は本来は寄騎、つまり戦のたびに臨時の主従関係を結ぶ武士に由来する騎馬戦士身分で「侍」、同心は「徒士」である。
代官所の下役である手付は「侍」、手代は「徒士」である。
郷士は郷に住む武士で、多くは「徒士」身分であるが、「侍」身分の者もいる。
足軽は士分(武士)には入らない。「卒」と呼ぶ。発生期の武士の戦闘補助を行った従卒と同一の階層とみなされたわけである。但し、時代が下ると共に徒士と同じ下級武士として待遇されていった。
武家奉公人の内、若党は士分で「徒士」身分である。
お抱えは、一代限りの雇用の者だが、実際は世襲することも多く、軽輩の者が多いなかで、専門職で侍身分の者もいた。足軽、武家奉公人の他、江戸町奉行所の与力、同心、代官所の手代など。学者、医者等もお抱え雇用されることが多かった。
江戸幕府においては文官及び行政担当に相当する武士を「役方」(役人)、武官に相当する武士を「番方」(番頭)と呼んだ。

武家奉公人 wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%AE%B6 …
江戸時代以前では主家に仕える(奉公する)武士も含めて単に奉公人と呼んだ。江戸時代以降はもっぱら非武士身分の中間や小者を指した。
若党(わかとう)
『貞丈雑記』に「若党と云はわかき侍どもと云事也」とあるように本来は文字通り若き郎党を指したもの[1]であるが、江戸時代には武家に仕える軽輩を指すようになった。その身分は徒士侍と足軽の中間とも足軽以下とも言われた。「若党侍」とも呼ばれるが士分ではなく大小を差し羽織袴を着用して主人の身辺に付き添って雑務や警護を務めた[2]。一季か半季の出替り奉公が多く年俸は3両1人扶持程度であったため俗に「サンピン侍」と呼ばれた。
中間(ちゅうげん)
脇差1つを挿し、時には戦いにも参加し、平時は雑用を行った。
https://rekishi-memo.net/edojidai/edo_bushi/bush …

https://plaza.rakuten.co.jp/yamazato1966/diary/2 …
武士には禄高に応じて一定の数の家来を召抱えるという軍役が課せられていました。泰平の江戸時代において武士の家来たちは“武家奉公人”と呼ばれておりました。武家奉公人には足軽・中間・小者などがおり、足軽までが武士とされました。

http://kenkaku.la.coocan.jp/zidai/tyugen.htm
時代劇などでは武家奉公人と呼ばれる中間が屋敷で博打をし、主家の威光を傘に狼藉を起こす場面が多い。武士ではないが、武家に仕えるという不思議な身分である中間について考えてみる。
○中間の位置づけと役割
 中間は武家奉公人である。武家の家来の位置づけとしては中間の上に武士の中で最下級の足軽が、下には飯炊き、水汲み、薪割など単純作業に従事する下男がいる。下男と足軽の間という位置づけから中間と呼ばれた。
幕府の武家奉公人
 幕府にも中間と小者がいた。幕府の職制に含まれそれぞれの職務と俸禄が定められていた。職務内容は将軍出立の御供、城内の清掃、使い走りや荷物の運搬など雑用から城内の土木工事、炊事など様々な役職がある。
    • good
    • 0

「薩摩義士」や「宝暦治水事件」などのキーワードで検索するとご質問に該当する出来事がヒットしますよ。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9D%E6%9A%A6 …

もし興味がわいたら、次の漫画がお勧め
「薩摩義士伝」
宝暦治水事件の顛末が迫力ある筆致で描かれています。分厚い紙の書籍で前3巻、電子書籍では全5巻で完結してます
https://www.amazon.co.jp/%E8%96%A9%E6%91%A9%E7%B …
    • good
    • 0

経費を浮かせるために、下級武士は


狩り出された、という話が
あります。



儒教的には、土木や建築というのは最も身分の
低い人たちがやる仕事だった筈ですが…
 ↑
儒教の影響が強い、中国や韓国はそうした傾向が
あります。
それは現代でも連綿と続いています。
北京オリンピックで、水泳の北島選手のことを
中韓人は、肉屋のせがれ、とバカにして
いました。

しかし、日本の武士は違います。
武士、てのは戦闘のプロです。
戦場では、血まみれの汚れ仕事
なんか当然にやるでしょう。

ちなみに、士農工商は御存知でしょう。

これは中国の思想であって、日本の
制度ではありません。
国家に対する貢献度の順に並べたものです。
だから2000年度以降の教科書には
出て来ません。

士農工商の士というのは武士のことでは
ありません。
科挙試験に合格した、キャリア官僚の
ことです。

中韓のキャリア官僚は、汚れ仕事など
一切やりません。
    • good
    • 0

計画を立てるのは武士。


実際に働くのは人足。

現代でいえば藩は官公庁。
立案し決定し参加企業を募り指揮監督するのが官公庁の役目。
実務は企業が行った。

武士でも浪人ならそういう縛りはない。
やろうと思えば人足に加わることもできた。
しかし二本差しの手前「そんなものに身を落とせるか!」と拒否する者が多かった。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング