私は海外で家の一室を借りています。
オーナーの個人的に契約したのですが、契約書を作るといつも言っておきながら半年も作ってくれません。
今までの所は頼まなくても作ってくれたのですが...。
デポジットには高いお金を払っているので何かあった時のことを考えると不安なのですが。
出て行く時にデポジットを払ったという証拠がなければ返してもらえないような気がして..。
契約書というのは必要なものでしょうか?
契約書がないと困る事というのはありますか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

 はじめまして、さっそく本題に入らせて頂きますが、確かに、本来契約書というものは作らなければならない義務的なものではありません。


 しかし、では何のために契約書を作るのか、作らなければどうなるのか、契約書を作らなかったばかりに困る状況というのはどういうときなのでしょうか。
 それはまさしく今MandMsさんがご心配なさっている事が実際に起こったときなのです。契約書というのは、何も当事者同士のためにあるのではなく、契約したのに後になって意見が食い違ったり、どちらかが嘘をついたりした場合に、裁判所などの当事者以外の中立・公正な第三者が判断をし易くするためのアイテムとお考え下されば良いと思います。
 つまり、領収書にしても契約書にしても何らかのトラブルが無い限り何の役にも立ちませんが、万が一、例えば車を買って代金を支払ったのに受け取ってないと言い出し兼ねない売主に「ほらちゃんと領収書がありますよ」といって自分の主張の正当性を他人に分かってもらう場合に重要な意味を持つものなのです。
 ですから、本当に信頼できる相手か騙されても構わないと思える相手以外との契約には、面倒でも必ず契約書は作成しておくべきです。そうすれば相手だってそのような書類が存在していれば滅多なことはできないし、仮に問題が発生してもその契約書が重要な証拠となって裁判で保護する根拠となるのです。
 結論として、この場合は是非契約書を作成しておくことをお勧めします。
 ではでは。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頼んだ事は何回かあるのですが、単にめんどくさがりなのかもしれません。
変わった人なので、何かたくらんでいないといいのですが...。
明日にでも早速連絡して強く頼んでみる事にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 12:02

契約書は必要です。


今までの契約書コピーが手元にあれば見て下さい。重要な項目が全て網羅されているはずです。
例えば
*契約期限。一年ごとの更新、二年ごとの更新
*賃貸料  改定はどうするのか。年率10%づつアップか
*デポジット金額  どのような条件で返還するのか。(厳しいところがある)
*修理   誰が負担するのか(修理場所による)

通常は定型フォームを若干手直す程度で問題はないわけですが、契約書がない場合は家主の都合でどうにでもなります。ミニマムの権利は法的に争うことも可能でしょうが費用と時間がかかり、有利な判決は期待できません。

今からでも遅くないので文書で、いついつ約束した契約書の提示がない旨申し入れるべきです。そのレターの中に、デポジットとしてxx年月日の小切手No,xxx
でxxxドル、及びxx月から○○月までの家賃を遅滞無く支払っているにもかかわらず契約書提示が無いのは無責任だとやんわり責めてもいいでしょう。(文書の目的はケンカを売るためではなく、証拠書類を残すためです。手渡しで相手の受領サインをコピーに残せたら最高ですが・・)

デポジット支払いの証拠書類(小切手控え、領収書など)、家賃の領収書があれば
とりあえずは住み続けられるでしょうが、リスクが大きすぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まで契約書というのを真剣に読んだ事がなかったのですが、やはり重要なものなんですね。
契約しているからにはそれを証明するものは必要ですよね。
早速のお返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 11:58

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ