色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

昨年7月に退職しました。確定申告で申告したいのですが
7月までの受診した際の領収書は保管していません。
7月までの 医療費のお知らせは届かないのでしょうか?
もし届かないのであれば どの様な対応をしたらよいのでしょうか?
知識がないため わからないので 教えてください。
よろしくお願いします

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

医療費のお知らせは、健保組合によって


送付の時期や頻度が変わりますから、一概に言えません。
当時加入していた健保組合に問い合わせて下さい。

因みに、協会けんぽならば、1月下旬~2月上旬
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/r3-11/20211111/
退職者には、当時の現住所に送ることになるでしょうが
引っ越していたら届かない、あるいは転送されて届くのが
遅れるでしょうね。

いずれにしろ、問い合わせるしかありませんし、
届かないのであれば、問い合わせて再発行依頼すればよいです。
協会けんぽなら、下記の依頼書で申請します。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat250/r254/

『医療費のお知らせ』を提出することで、確定申告はできますよ。
それによって、税務署は医療費のウラはとれますから。
領収書の添付を省略したわけでなく、
『医療費のお知らせ』は添付するりっぱな証拠書類ですから、
問題ありません。

ということで、まずは加入していた健保に問い合わせてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

返答ありがとうございました

お礼日時:2022/02/05 15:03

根本的に領収書がないのなら、無理。


だって、いつ
どこで
いくらかかったか
分からないからです。
    • good
    • 0

こんにちは。



>7月までの受診した際の領収書は保管していません。

 領収書がない場合は、医療費控除の対象にできません。
 確定申告では「領収書の提出が不要」になりましたが、「領収書そのものが不要」になったわけではないです。領収書は、自分で5年間保管しておく必要があります。

〇医療費控除が変わります
https://www.nta.go.jp/about/organization/hiroshi …

>7月までの 医療費のお知らせは届かないのでしょうか?
もし届かないのであれば どの様な対応をしたらよいのでしょうか?

 医療費控除には「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付しなければならないこととされています。
 「医療費のお知らせ」は、「医療費控除の明細書」の作成の際に添付することによって記載を簡略化することができるだけです。
 いずれにしても、「医療費のお知らせ」は領収書の代わりにはなりません。

〇医療費控除~健康保険組合から送られてきた医療費のお知らせ
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

返答ありがとうございました

お礼日時:2022/02/05 15:04

確定申告は2月16日~3月15日


の間です。
自治体により異なりますが、私の市役所では現時点で10月までの分は届いています。
確定申告の作成はとりあえず領収書のある8月から12月分を作成して、申請期日ギリギリまで待って、間に合わなければ、その分で申請するしかないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

返答ありがとうございました

お礼日時:2022/02/05 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング