息子が運転していて車を当てられ人身事故として警察にも届けております、保険会社とまったく話し合いがつかず,本人訴訟する為訴状も作成しております,いざ書類を出す段階になってもわからない事ばかりです,まず地方裁判所の民事では弁護士以外の代理人は駄目だとわかったのですが,本人以外補佐人として出ることは可能なのでしょうか,できる場合どういう手続きをとればよいのでしょうか、そして原告二人(車の所有者と)は二人とも出廷しなくてはいけないのでしょうか?その二点よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

本人訴訟をしたいのはsoshousuruさんで怪我をした母親なのですネ そして車の所有者が父親で損害賠償請求したく治療費・修理費・慰謝料等々の合計が90万円を超えるから地裁、地裁だからsoshousuruさんが法廷に立てず困っている。

こう云うことでいいですか?
そうだとすれば、息子さんは車の修理費を請求することはできませんよネ そして父親は治療費を請求できません。つまり、治療費、慰謝料と修理費の請求は別個の裁判になります。(もっともこれを1つの訴状で共同訴訟もできますが)ですから2つの訴状に分けてはいかがでしよう。つまり、息子さんは治療費、慰謝料請求事件を、父親は車の修理代金の請求を。そうしますと1つの金額は90万円以下になりませんか? そうだとすれば2つとも簡易裁判所に提出し、soshousuruさんは、両方の代理人になれます。(簡易裁判所の代理人基準は親族であったり会社の社員であれば許可されます。)そうすればsoshousuruさんだけが出廷すればよく息子さんも父親も出廷する必要がありません。更に、治療費、慰謝料を分けて2つにしてもかまいません。つまり全部で3つの訴状となりそれぞれ別件として受理します。それでも1つが90万円以上なら地裁になりますが1つが90万円以下なら合計で90万円を超えても簡裁です。

この回答への補足

自賠責の被害者請求と別に2件の請求が出来るかどうか知りたいのですが,自賠責と任意保険の保険会社が同じなのですが,それで人身の部分も過失割合を適用して請求してきています。

補足日時:2001/09/02 10:56
    • good
    • 0

>保険会社から、自賠責の被害者請求をするように言われましたが・・・



soshousuruさんは訴訟を考えておられるのですから相手の言い分を聞く方がおかしいと考えます。保険会社が何と云おうと無視して、加害者を相手とすればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん有難うございました,金額的にやっぱり訴訟しか考えれませんので頑張ってみます。

お礼日時:2001/09/05 15:42

>自賠責の被害者請求と別に2件の請求が出来るかどうか知りたいのです



治療費や慰謝料を請求できる者は息子さんですよネ その相手は保険会社ではなく、運転していた相手です。その者が保険会社から貰って支払おうと自腹を切って支払おうとその相手の自由なわけです。保険会社は現在息子さんにも落ち度があり、そのため○○しか支払えない、と、そのようなことと思いますが、裁判するには被害者が加害者を相手としますから保険会社に請求する性質のものではありません。

この回答への補足

保険会社から、自賠責の被害者請求をするように言われましたが・・・

補足日時:2001/09/02 21:56
    • good
    • 0

 ごめんなさい、訂正です。


 補佐人制度の趣旨をご説明した際に、聴覚障害や言語障害をお持ちの方を例に挙げましたが、あれは不正確です。このような障害をお持ちの方は、一般には、通訳者(民訴法154条)の適用対象になります。私が念頭に置いていたのは、障害の程度が比較的軽くて、日常会話程度なら可能だが、込み入った議論を円滑に進めるのは困難である、というような方です。
 補佐人制度が活用されている典型例は、特許権に関する「侵害訴訟」という分野で、弁理士が訴訟当事者本人や訴訟代理人(弁護士)の補佐人として出頭する場合です。
 なお、民訴法42条には、「補助参加人」の制度も規定されていますが、たとえば、息子さんの補助参加人として、soshousuruさんが訴訟に参加することも無理だと思います。補助参加人は「訴訟の結果について利害関係を有する」者でなければならないのですが、この「利害関係」とは、法律上の利害関係でなければならず、経済的な利害関係では足りない、と解釈されています。そこで、「息子が治療費等をもらえないと、母親の私が治療費を出さなければいけないから、利害関係人です。」などと言って補助参加を申し立てても、相手方から異議が出れば(民訴法44条)、「母親に治療費を立て替える法的義務はないから、法律上の利害関係はない。」などとして、補助参加が認められない公算が大きいと考えます。
    • good
    • 0

 tk-kubotaさんの、No.1の回答でほぼ尽きているかとは思いますが、補足をふまえて、若干の付け足しを。


1 補佐人としての出廷の可否
 おそらくできないのではないかと思います。
 「補佐人」という制度は、民訴法60条にありますが、これは、裁判所で自ら弁論することが困難な人(聴覚障害を持つ人にとっての手話通訳者、言語障害を持つ人にとっての家族、など)を想定した制度です。そして、「補佐人とともに」と規定されていることからもわかるように、本人が出頭(あまり語感がよくないですが、法律用語なのでご容赦を。)せずに補佐人だけが出廷して訴訟行為を行うことはできません。そこで、たとえば、「息子は議論が下手なので、母親の自分が来ました。」といって出廷しても、
(1) 息子さんご本人が出頭していなければ、何ら訴訟行為はできませんし、
(2) 息子さんご自身が出頭しており、かつ日常会話に不自由がない以上(運転免許をお持ちなくらいですから、前述のような身体的障害をお持ちでない限りは、裁判所も、息子さんのコミュニケーションの能力に不自由はないと判断する可能性が高い。)、お母さんに補佐人としての出頭許可が与えられることも、おそらくないでしょう。
 なお、事件が弁論準備手続(民訴法168条以下)に付された場合、傍聴人として手続に同席できる制度があります(民訴法169条2項)が、あくまで「傍聴人」ですので、裁判官が特に発言を許さない限りは、いっさい発言できません(許可なく発言すると、準備手続室からの退席を命じられることがあります。)。
 そこで、どうしても息子さんをサポートしたいというのであれば、準備書面の作成に協力してあげるのが、穏当な線ではないでしょうか。また、費用の面で弁護士への依頼を躊躇しておられるようですが、もし、貧困のため依頼したくてもできないというのであれば、法律扶助協会にご相談になってはいかがですか(ただし、自家用車を所有するほどの生活レベルでいらっしゃるので、法律扶助も難しいかとは思います。)?
 その他、「教えて!goo」でも度々ご紹介があるようですが、新日本法規出版のサイトを参照URLでご紹介します。
2 お父さんと息子さんの両方の出頭が必要か
 お父さんは必ず出頭しなければなりませんし、息子さんが未成年者でない限り、息子さんの出頭も必要です。
 tk-kubotaさんのご回答のとおり、地方裁判所では弁護士以外の人は訴訟代理人になれませんので、たとえば、息子さんが、「今日は父親の代理も兼ねて来ました。」と言っても、お父さんは不出頭扱いになります。そして、不出頭の場合には、一定の不利益(民訴法159条3項、1項、同法263条)があります。
 もっとも、お父さんと息子さんのお二人とも裁判所から指示された準備書面等をきちんと提出し、かつ、期日にはお二人のうちのどちらかが必ず出頭を続けておられる場合には、もうお一方が不出頭でも、裁判所はあまりうるさく言わないようです。ただし、あくまでも事実上の扱いですから、裁判所からご本人の出頭を指示されているのに、「一人は出頭しているのだからいいじゃない。」などと、その指示に従わないのは、裁判所の心証を悪くするので、やめた方がいいです。

参考URL:http://www.e-hoki.com/

この回答への補足

 よいアドバイス有難うございます,もう一点お聞きしたいのですが,簡易裁判所で2件訴えた場合、自賠責(傷害の分のみ)を別に請求することは可能なのでしょうか,もしそれが出来れば可能性としては考えることができそうです。

補足日時:2001/09/02 08:24
    • good
    • 0

訴状を作成していると云いますが、その事件名はなんでしよう。

また請求の趣旨はどのようなものですか?例えば修理代請求事件とか慰謝料請求事件又は運転していなかったことの確認訴訟とかいろいろあります。金銭の請求なら請求額はいくらでしようか。仮に、90万円以内なら簡易裁判所で父親であるsoshousuruさんか息子さんの代理になることができます(裁判所の許可が必要)が、90万円以上なら弁護士か本人でないとなりません。
また原告2人とはsoshousuruさんと息子さんを指すわけですか? そうであるなら原告は2人でなく息子さんが1人です。息子さんが1人で出廷することになります。
事件名、請求の趣旨、請求の原因、当事者名等々によってさまざま変わってきます。 

この回答への補足

損害賠償請求で治療費・修理費・慰謝料で90万円以上なので、簡易裁判所ではなく地方裁判所です、そして事故に遭ったのが息子で車の所有者が父親です,ですから私(母)は第三者になります、保険会社からは過失割合を6:4なのでこれに同意できなければ訴えるといわれ,既に弁護士から連絡がありましたが,3ヶ月ぐらい前に連絡を入れてきただけで、こちらから連絡を入れても何も連絡を入れてきません,こちらとしても諦める訳にはいきません,検察の書類等も持っております。保険会社の脅しにはのれないってところです・・・難しいのはわかっています,だからこそ相談なのです。

補足日時:2001/09/01 18:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません回答の補足の方に入れてしまいました,そちらで確認はできるのでしょうか。

お礼日時:2001/09/01 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判ってお盆期間中もやってますか?

裁判ってお盆期間中もやってますか?

お盆期間中 8月9日~8月13日に名古屋市中区の裁判所に傍聴にいこうと考えているのですが、
お盆期間中は裁判やっているのでしょうか?

ネットで調べたら裁判は先の日程を決められないので、
スケジュールなどは公開していないそうなのですが(裁判員裁判を除く)お盆期間中に裁判があるのかどうか
知りたいです。

やってても数少ない上に人多そうですが。。。

Aベストアンサー

裁判官や事務官さんは、交代で、お盆休み取りますが、
裁判は、土日祝以外は、順次
行います。

実際は、休みとっても、大半は
家出証拠書類読み込んだり、判決下書き
してるとか。

※緊急な逮捕状や捜査令状発令のため
24時間、書記官が裁判所に待機し、
当番裁判官は、職印と令状書式を常に
携行してます\(^^;)

Q原告が出廷できなくなったら?

お世話になります。
原告が脳梗塞などで倒れた場合、以後の訴訟はどうなるか教えてください?
現在、証拠調べ中の段階だとし、生命は助かったが意思表示は出来ないとします。

Aベストアンサー

 原告に意思能力がない場合、原告は有効な訴訟行為をすることができませんので、そのままでは審理を進めることはできません。仮に裁判所がそれを見過ごして審理を進め、判決をしたとしても、上訴理由や再審事由に該当することになります。
 もし、原告に成年後見人が選任されていれば、その者が原告の法定代理人になりますから、その者を訴訟手続きに関与させれば良いです。しかしながら、成年後見開始の審判の申立ができる人は、本人、配偶者、4親等内の親族等に限られていますから、それらの者による申立がない限り、成年後見人が選任されず、訴訟がいっこうに前に進まないという事態も十分に生じます。
 そこで、被告は受訴裁判所の裁判長に対して、原告の法定代理人となる特別代理人の選任の申し立てをすることになるでしょう。(民事訴訟法第35条の類推適用)

民法
(後見開始の審判)
第七条  精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

民事訴訟法
(特別代理人)
第三十五条  法定代理人がない場合又は法定代理人が代理権を行うことができない場合において、未成年者又は成年被後見人に対し訴訟行為をしようとする者は、遅滞のため損害を受けるおそれがあることを疎明して、受訴裁判所の裁判長に特別代理人の選任を申し立てることができる。
2  裁判所は、いつでも特別代理人を改任することができる。
3  特別代理人が訴訟行為をするには、後見人と同一の授権がなければならない。

 原告に意思能力がない場合、原告は有効な訴訟行為をすることができませんので、そのままでは審理を進めることはできません。仮に裁判所がそれを見過ごして審理を進め、判決をしたとしても、上訴理由や再審事由に該当することになります。
 もし、原告に成年後見人が選任されていれば、その者が原告の法定代理人になりますから、その者を訴訟手続きに関与させれば良いです。しかしながら、成年後見開始の審判の申立ができる人は、本人、配偶者、4親等内の親族等に限られていますから、それらの者による申立がな...続きを読む

Q離婚裁判の期間

両親が離婚裁判をしそうなので、その間は可能で
あれば実家に帰ろうと思っていますが、裁判にど
れくらいの期間が掛かるかまったくわかりません。

状況によって期間は変わると思うのですが
控訴しない1回きりの離婚裁判の期間は一般的に
どれくらいかかるか教えてください。

Aベストアンサー

◎#1です。補足拝読しました。

◎「審判」については、調停不調で「審判」を望まなければ、ご質問の様に「裁判」に訴える事になると思います。

◎お解りと思いますが「離婚裁判」も他の民事裁判同様、訴えを起こした側が「法定離婚事由等々の離婚原因の事実の立証」をしなくては為りません。

◎ここに至った経緯(調停不調)から推測しても、互いの主張が交錯してより「感情的」に為っておられるのでしょうか・・・。何度かこのWebでも何度かお話したのですが、私は『結婚は仲が悪くても出来るが、離婚は仲が良くなくては出来ない』と、常々思っています。

◎先ほど、前回のご質問も読ませて頂いて「法定離婚事由の立証」は困難では無いと思慮致しますが、「判決」でも離婚後の拘束力は(慰謝料・財産分与の分割支払い等々以外は)あえ得ませんので、現状互いの状況と心境がどの程度落ち着いて「自己主張の度合い」や「妥協・譲り合い」が可能かに因って「公判回数」も相違が出てくると考えます。

◎ですから、ただ単に「お母様側」が「お父様の不貞等」を立証して「判決」を受けるのであれば「既成事実等」の証拠もお有りの様ですから、後の問題は「慰謝料・財産分与」等の問題で、それも争わなければ【あくまでも、現在の極小の情報に基づく私的推量】では、月一度の公判として、公判3~4回の短くて2ヶ月から長くて半年でしょうか?(これは当該裁判所の混雑度にも係わります)

◎お父様は本当に争わないのでしょうか、とすると「調停不調」や「裁判」への移行に、どうしても疑問が生じてしまいます。もし「争えば」互いの「主張とその立証を繰り返し」それだけ「公判回数」が増し当然期間も長引くと思います。

◎弁護士には、当然「相談・委任(本人では困難と思慮)」しているのでしょうから、弁護士の意見をお聞きになって、あなたの今後の行動の目安をお立てになる事もご一考下さい。

◎再度、舌足らずのアドバイスご容赦下さい。

◎#1です。補足拝読しました。

◎「審判」については、調停不調で「審判」を望まなければ、ご質問の様に「裁判」に訴える事になると思います。

◎お解りと思いますが「離婚裁判」も他の民事裁判同様、訴えを起こした側が「法定離婚事由等々の離婚原因の事実の立証」をしなくては為りません。

◎ここに至った経緯(調停不調)から推測しても、互いの主張が交錯してより「感情的」に為っておられるのでしょうか・・・。何度かこのWebでも何度かお話したのですが、私は『結婚は仲が悪くても出来るが、離婚は仲が...続きを読む

Q原告が口頭弁論期日に出廷しないで訴訟を進められますか

管轄裁判所が遠隔地になってしまい出廷が非常に困難になりました。不利は承知で、一度も出廷せずに文書のみで訴訟を進めることは可能でしょうか。可能な場合、どのような形式の文書をやり取りすることになるのでしょうか。まずは相手の答弁書を崩す準備文書を用意しようと思いますが、表題はなんと書いたらいいですか。

Aベストアンサー

回答からしますと文書のみで訴訟を行うことは可能ですが自分で決定はできません。
やり取りとしては、
<原告>訴状による訴え(裁判所チェック)
     ↓
<原告・被告>口頭弁論書を提出(証拠提出含む)
     ↓
<裁判所>争点・証拠のチェック
   パターンは下記の3つを裁判所が決める
    1 準備的口頭弁論 (公開で弁論)
    2 弁論準備手続き (非公開・電話などを使用)
    3 書面による準備手続き(書面で争点整理)
  ※基本的に当事者間が遠隔地の場合で、尚且つ争点や証拠などが著しく不完全・不合理でない場合は3になりますが、決めるのは裁判所です。

<証拠調べ>
  証人や当事者への質問があるので、複雑なケースはここで出廷を求められます。

<口頭弁論調書>
  確定です。

基本的に訴えた人間が、裁判所の求めに応じて出廷しないという事態はあまり想定していません。どこかで1回は呼び出しがあると覚悟をしたほうが良いですよ。

Q裁判期間中だけ会社都合で休業してもらう

前置きとして、
 
 1.現在、会社 対 取締役 で裁判中です。
 2.その取締役の奥さんが総務として会社で働いています。

裁判期間中、その取締役は出社してはいないのですが、社内の情報がその取締役に洩れるのを防ぐと言う名目で、現在働いてもらっている奥さんに対して、裁判期間中に限り出社を拒否するというのは、法的に問題ないのでしょうか?
会社都合の強制的な休業という事なので、休んでもらってる期間中は、通常の半分の給料は支払う予定だそうです。

Aベストアンサー

駄目ですね。
全額給与支払いなら可能ですけど。(自宅待機命令といいます)

ちなみに役員本人に対する自宅待機命令の場合には、不正行為の証拠隠滅の恐れなど緊急・かつ合理的な理由があれば賃金を支払わない根拠になりうるとされています。

Q大阪地方裁判所に訴状を提出すると受理されました。大阪地方裁判所で原告と

大阪地方裁判所に訴状を提出すると受理されました。大阪地方裁判所で原告として法廷に立つのはまったくのはじめてです。
 9月の終わりに「第1回弁論」がありますが、始まると原告のわたしは何をしなければならないのでしょうか。
 訴状にもとづいて訴えをわかりやすく説明するということから始まるのでしょうか。

Aベストアンサー

この時点では、書面での説明ですから、説明もなにもアドバイスはありません。
告訴趣意書ですから、何を理由に告訴したのかを書面での説明になります。

正直、訴訟を「個人」でしていますか?
書面には「書式」がありますし、証人召喚もしないとなりません。
余程の「知識」がないと、弁護士相手には難しいといえます。
相談者には「原告立証責任」がありますから、証拠収集したりの調査ができませんから、専門家に頼るのがいいでしょう。
簡易裁判とは違い、地裁では書面の間違いは「敗訴原因」になります。
状況次第では「裁判官勧告」で弁護士選任がされるまでは、法廷がとまる場合もあります。

Q裁判所の提訴手続き期間

給料未払いの事件で簡易裁判所へ提訴しました。訴訟物の価格は90万以下ですが、労働問題なので地方裁判所へ移送されるそうです。今日で20日間がすぎました.いまだに公判期日の連絡がありません。何度も裁判所に電話で問い合わせをしたのですが、もうすこし時間がかかるとのことです。あまりにも時間がかかりすぎる気がします。提訴から期日の決定までの期間は法律的に何か定めはないのでしょうか?どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 20日間というのは、訴状を提出してからの日数をおっしゃっておられることと拝察しますが、もしそのようなご趣旨であれば、遅いとはいえません。

 移送決定の日の翌日から数えて、即時抗告期間(民事訴訟法21条)である1週間(同法332条)が経過しないと、移送決定は確定しません。
 移送決定が確定してから、書記官は記録を整理しますが、この作業に1日かかります(書記官の仕事は移送記録の整理だけではありませんから。)。次に、簡易裁判所が地方裁判所に記録を送付し、地方裁判所が受領するまでに1日かかります。
 それから、書記官が期日を調整し、裁判官が期日指定をします。
 裁判官が、被告も出頭可能な期日を調整するよう指示すれば、書記官は、相手方(またはその代理人)の日程の都合を問い合わせますが、その返答待ちでさらに時間がかかります。賃金支払請求事件ですから、第1回口頭弁論期日から被告の出頭を確保し、充実した答弁をしてもらって、審理を促進しようと裁判官が考えることは十分にありえます。

 そうすると、移送決定から期日指定までだけでも最低で約9日間(+被告の都合の返答待ち期間)を要します。この約9日間+αに、訴状提出の日から移送決定の日までの期間を加えると、20日間は超えてしまうことになりませんか。

 なお、訴え提起の日から第1回口頭弁論期日までの期間は、特別の事情のない限り、30日以内でなければならないとされています(民事訴訟規則60条2項)が、これは「訓示規定」(≒努力目標)であり、違反しても訴訟手続や判決が違法とはならないと解釈されています。

 お急ぎになるお気持ちはわかります。が、裁判所には裁判所なりの事情もありそうです。お気に障るような回答で、申し訳ありません。

 20日間というのは、訴状を提出してからの日数をおっしゃっておられることと拝察しますが、もしそのようなご趣旨であれば、遅いとはいえません。

 移送決定の日の翌日から数えて、即時抗告期間(民事訴訟法21条)である1週間(同法332条)が経過しないと、移送決定は確定しません。
 移送決定が確定してから、書記官は記録を整理しますが、この作業に1日かかります(書記官の仕事は移送記録の整理だけではありませんから。)。次に、簡易裁判所が地方裁判所に記録を送付し、地方裁判所が受領する...続きを読む

Q訴状の「原告の住所」はどこになる?

税理士や社会保険労務士との付き合いもない零細会社をやっています。
不法行為をめぐる裁判でこちらが原告になる場合、その住所は実際に会社のある所でよいのでしょうか。
というのは、弊社は登記の住所と実際に会社のある住所とが別なのです。

Aベストアンサー

当事者目録の記載は

(登記簿上の住所)
  ○○県○○市○○一丁目○○番○○号
(送達場所)
  ○○県○○市△△二丁目△△番△△号
と表記すればよいと思いますが。

Q離婚調停や地検での裁判を控えている場合、しっかり準備するにはどれくらい準備期間をもうけますか? 毎日

離婚調停や地検での裁判を控えている場合、しっかり準備するにはどれくらい準備期間をもうけますか?
毎日のように準備に追われるものですか?

Aベストアンサー

確認です。
離婚調停と地検で取り調べを受けた後、裁判を控えていらっしゃる。つまり、2つの問題を抱えていらっしゃるのですか。離婚問題と、刑事事件の2つですか。

それぞれの争点がどこにあるかによって準備期間は異なります。離婚事案は、夫婦が対立する項目はどこかです。そして、あなたの主張の正当性を認めてもらうための証拠はあるのか無いのかです。離婚調停の期間は、平均4~5ヶ月です。子の期間は攻防の期間ですので、準備期間とも言えます。

地検の件ですが、これは刑事事件ですので、どういう罪を犯したのかをお書きになっていません。警察の取り調べを受けて検察庁に送られたのですから、裁判に持ち込まれる確率は高いでしょうが、こちらは弁護士と話し合う以外無いでしょう。準備期間は第一回の公判が始まるまでになるでしょう。

Q弁護士に依頼しても、本人だけ出廷で裁判進行するか

軽微な裁判で、判決はほぼ見えている交通事故の物損訴訟(相手側の反訴)で弁護士に訴訟依頼しても、弁護士出廷しなくても、被告本人のみ出廷でも裁判は進行しますか?
弁護士は代理人であり、本人のみの出廷でも、裁判は進行すると思いますが、どうでしょうか?
ちなみに、弁護士費用は、訴えられる方なので当方の保険会社が支払うようですが、保険会社が指定した弁護士に限られるとしたら、小額でまともにするかどうか疑問です。

Aベストアンサー

「この回答への補足」欄拝読しました。
そうだったのですか、それでわかりました。
前回の裁判を、今回の裁判に照らせ、それほど難しくないだろうと言う前提があったわけですネ。
そうだとしても、被告になったのであれば、弁護士費用は保険で賄われるのではないでしようか。
もし、そうならば、弁護士に依頼した方が得策と思います。前回の訴訟記録を提示して。
今回のように依頼しておいて、その弁護士が出廷しなく本人だけ出廷すると言う案件は、実務ではそれほどありませんので。
ありませんが、禁止されているわけではないです。
なお「保険会社が指定した弁護士に限られる」と言うことは、相手側の保険会社の指定弁護士ですか ?
そうではないと思います。
ですから「小額でまともにするかどうか疑問です。」と言うことはないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報