色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

Remember to hold hands and cherish the moment for someday that person will not be there again.
忘れないでほしい、相手の手を握り、一緒にいる時間を慈しむことをその人はいずれあなたの前から、いなくなってしまうかもしれないから

上記は、定期購読しているメールに掲載されていた、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し友人に送ったメールの一部です。

ここで、"for"について、"someday"は、"that"以降の「未来」の出来事を指し、"moment"は、「現在」の瞬間のことを指しており、現在と未来の時制が違っているので、"for someday"は、"moment"を修飾する形容詞句では無いと判断しましたが、そこからが理解できません。

つきましては、この"for"の意味をご教示願います。

教えて!goo グレード

A 回答 (17件中1~10件)

for は接続詞です。


that person will not be there again someday
の文節が理由であることを付け加えるためのものです。

someday thatと来ているのでthat節を導いているように見えるかもしれませんが、that節ならば、
that the person will not be there again
というようにpersonに冠詞が必要になります。

一応Weblioのリンク貼っておきます。
研究社 新英和中辞典、Eゲイト英和辞典の接続しとしてのfor を見てください。前置詞のforのあとに付け足したように載っています。ご自身でも手元に辞書があるなら一度引いてみるといいでしょう。
https://ejje.weblio.jp/content/for
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

接続詞も考えたのですが、"that"が関係副詞で、結局先行詞を修飾していおり、"for"の目的語の名詞のみなので前置詞だと思ってしまいました。

"that"の後の名詞は限定詞が別にあるかを注意しなければならないですね。
勉強になりました。

"the"ではなく"that"としたことで、どのようなニュアンスが出るのでしょうか。

お礼日時:2022/02/11 15:10

punctuationは人によってつけたりつけなかったりする場合も結構ありますけどね。

もちろん厳密であるべきところや厳密に守られている使い方もあるのですが、それ以外ではどちらでもいいかなと言う部分もあります。

等位接続詞のばあい文(節)を繋ぐときにその接続詞の前の文(節)の後ろにカンマをつけるのが原則です。
文節(1), and 文節(2).
文節(1), or 文節(2).
文節(1), but 文節(2).
などです。接続詞のforも等位接続詞なので同じ扱いになります。

しかし、レポートとかでもなくちょっと個人的に書いたぐらいの文でこれがどの程度守られているのか私はわかりませんが、カンマ飛ばす人もいそうな気がします。ましてや現在は使われていない等位接続詞のforとか、読んで意味を汲み取るときは接続詞として理解がしていても、等位接続詞としてforを使う習慣が無い訳ですから落としがちになるのもわからなくはないかなと思ったりもします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

中学の時に、等位接続詞の前にはカンマが必要で、従属接続詞の場合は縦続接続詞節が主節の前に来る場合はカンマが必要と習ったのですが、記憶が朧げになり、忘れてしまっていました。
今回の皆様の回答でハッキリ思い出しました。
自分が書く際は、文法に従ってカンマを正しく使おうと思います。

お礼日時:2022/02/15 10:18

遂に、接続詞 “for” がその前にコンマなしで使われる例を見つけました!



下記サイトには、「方言などでは "I did it for they asked me to do it." などと直接に理由を述べる because に近い用例もある」とあります。

http://user.keio.ac.jp/~rhotta/hellog/2013-07-17 …

「方言などでは」とあるところを見ると、規範からはやや外れる表現なのかも知れませんが、コンマなしでも使われることもあるのは間違いないようです。


また、下記にも「A toddler became the envy of all children in his village for he had received a full-size wooden "crab" baby car handcrafted by his grandpa.」と、やはりコンマなしの “for” の実例があります。新華社のツイッターのようですので、もしかすると、こちらも規範からはやや外れる表現なのかも知れません。

https://twitter.com/XHNews/status/14267894636995 …


これで、私見は、接続詞説に確定です。^^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

forの前にコンマのない文章を見つけてくださり、貴重な裏付けの資料となりました。
また、添付資料のforの説明非常に勉強になりました。
等位接続詞というよりも従属接続詞という学者もおられるのですね。
貴重なお時間でお調べくださり重ねて感謝いたします。

お礼日時:2022/02/15 10:13

>【that】の項より引用


>the よりも指す力が強いので、日本語の「その」
>に相当するのは the よりも
> that であることがしばしばある。

同意します。that はあからさまに the よりも強調的に思います。どこかの時点で書こうと思っていましたけど、、、フォロー助かります。

以下はもう少し煮詰めないとクリアーなことが言えないのですが、これ以上の分析には時間がかかるため現時点のものを書いておきます。

Hansard Corpus (British Parliament)データーベースで for somedayを検索するとヒットしません。someday単独では26件なのでどこまであてになるか、、、(データーベースの性質上の偏りなのかUKではあまり使われないのかわかりませんけど)
Corpus of Contemporary American English ではfor someday26件でsomedayだけで検索すると15367件でした。これを少ないと見るか、、、またfor one dayでは1175件でした(一日の間と言っているのか、いつかの為にと言っているのか振り分ける必要はあるかもしれません)。
同データーベースでsome day whenは100件強に対してone day when は1027 件 a day whenが1588件でした。

Hansard Corpus (British Parliament)データーベースにもどって
a day when 1614
one day when 231

数字だけでものを言うのは危険すぎますが、Someday when や for somedayはどうもあまり使われない傾向があり、おそらくsomedayを名詞的に扱うのは抵抗があるような気がしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

>数字だけでものを言うのは危険すぎますが、Someday when や for somedayはどうもあまり使われない傾向があり、おそらくsomedayを名詞的に扱うのは抵抗があるような気がしますね。
当初は、完全に副詞だけでなく名詞も有ると思い込んでいました。そして、名詞的に使うこともほぼ無いということを勉強させていただきました。
まさか時間を表す単語で、副詞だけとは、このような単語も有るんですね。

お礼日時:2022/02/15 09:00

No.13 です。




> 関連する資料があればご添付いただければ有り難いです。

高梨『総解英文法』に次のような例文があります。

This house is to let or to sell.  534頁 
あの家は貸家かまたは売家である。
(“or” も等位接続詞ですから、and の場合と考え方は同じです)

She was seen to enter the department store and to buy a jewel.  536頁
彼女は百貨店に入って宝石を買うのを見られた。

表現したいことが下記の2種類あるとします。

1.「手を繋ぐ」ことと「今の瞬間を大切にする」ことの両方を「忘れずに行って欲しい」

2.「忘れずに手を繋いで欲しい」そして「今の瞬間を大切にして欲しい(単に「今の瞬間を大切にして欲しい」と言いたいだけで「忘れずに大切にして欲しい」と言いたいのではない)」

質問者さんが仰るように “Remember to hold hands and cherish the moment・・・” で “cherish” が “Remember to” に続くのなら(上記1の方の意味になるのなら)、上記2の方の意味を表したい場合には、どんな英文になりますか? 上記1と2を区別するためにも、1を表す場合には “cherish” の前には “to” がないといけない筈だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

>上記1と2を区別するためにも、1を表す場合には “cherish” の前には “to” がないといけない筈だと思います。
仰るとおりですね。意味を区別するためにも、and以降toが必要であることが分かりました。
腑に落ちました。

お礼日時:2022/02/14 13:13

No.10 です。




> 以上のことから、やはり接続詞と考えるのが妥当と考えますが如何でしょうか。

ご紹介いただいた Weblio 記載の “the moment” の語釈を知って、大きく接続詞説に傾きました。No.10 を書いている時点では、接続詞説を採るには “the moment” の件が一番引っかかっていたからです。

接続詞説で完全にスッキリとしたとまでは言い難いのですが、前置詞説を採る場合の難点に比べて接続詞説の方が首肯しやすいという相対的なものです。前置詞説で someday を省略された関係副詞 when の先行詞と見るというのは、書きながら自分でも強引だと思っていました。


“for” の件とは別の話になるのですが、気になった点を。

No.2 さんの回答に対するレス中で「私もこの筆者同様、和訳としては「手を握る対象の人が(未来に)いつかいなくなるのだから、(今)その瞬間を大事にすることを忘れないで欲しい」という意味に解釈しました」とお書きになってますが、少し違うのではないかと思っています。

回答者さんの前記の和訳では「その瞬間を大事にすることを忘れないで欲しい」と “cherish” が “Remember to” に続くような訳になっています。このような訳になるためには、“cherish the moment” の前に “to” がないといけない筈だと思います。

Remember to hold hands and to cherish the moment・・・

この場合、“to hold hands” と “to cherish the moment” が “and” で並列関係に置かれ、Remember の目的語になっていることになります。

提示文では “cherish the moment” の前に “to” がありませんから、この場合には、“Remember to hold hands” と “cherish the moment” が “and” で並列関係に置かれ、「忘れずに手を繋ぎなさい」という命令文と「今の瞬間を大切にしなさい」という命令文の2つの命令文が “and” で並列関係に置かれていることになります。「忘れずに今の瞬間を大切にしてください」という和訳は出てこない筈だと思います。


あともう一つ。No.1 さんの回答に対するレス中に「"the"ではなく"that"としたことで、どのようなニュアンスが出るのでしょうか」とお書きですが、横レスになってしまいNo.1 さんには失礼ですが、たまたま参考になると思われる資料を見つけましたので、情報提供します。

ライトハウス英和辞典
【that】の項より引用
the よりも指す力が強いので、日本語の「その」に相当するのは the よりも that であることがしばしばある。

【the】の項より引用
the は定冠詞で、単に前に出たものを受けるだけで、指示形容詞の that のように人や物を指し示す働きはない。従って日本語の「その・・・」に相当する語は英語では the ではなくて that であることがしばしばある。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

> “Remember to” に続くような訳になっています。このような訳になるためには、“cherish the moment” の前に “to” がないといけない筈だと思います。
等位接続詞のandは文と文、節と節、句と句、語と語また、語の中でも、名詞と名詞、形容詞と形容詞等、同じ働きのものを並列にする働きがあるということは理解しています。
このため、次のようにto以下の不定詞が並列かなと思っていたのですが、toが必要になるのでしょうか。関連する資料があればご添付いただければ有り難いです。
remember to hold
and
cherish
vs.

remember to hold
and
to cherish

>あともう一つ。~中略~情報提供します。
お陰で腑に落ちました。

お礼日時:2022/02/14 09:36

「忘れないでほしい、相手の手を握り、一緒にいる時間を慈しむことをその人はいずれあなたの前から、いなくなってしまうかもしれないから」



でしょう。前後に文章があるはずです。私のは直訳です。forは前置詞です。
「いつか」「いつの日か」は時間、範囲を表す前置詞です。

何を難しく考えてるのでしょう。これは英検3級以下のことですよ。

前置詞とは、文の中にある他の要素との関係を表す「設置詞」という品詞の一つで、名詞の前に置かれることから「前置詞」といいます。日本語の「私が」「明日から」「学校で」のような、名詞の後ろに置かれる「後置詞」と同じような役割を果します。


to

時間や場所、目的を表すtoは、「目的に向かって進み、最終的に到達する」というイメージです。
The road lead to Roma.(全ての道はローマに通ず)ということわざでは、「ローマ」という目的に対して道が確実に通じているということを表しています。

for

目的地への到着を示唆するtoに対して、forは「目的に向かって進んではいるが、到着していない」というイメージです。
例えば、I have a present for you.(あなたにプレゼントがあります)という場合は、「プレゼントはあるけれど、まだ相手には渡っていない」という状態を示しています。

from

toとは反対に、「目的を起点として離れていく」のがfromのイメージです。
I am from Tokyo.(私は東京の出身です)のように場所が起点となる場合のほか、We were waiting from 11:00.(私たちは11時から待っています)のように、時間が起点となる場合もあります。

up

「上の方に向かっている」または「起点となるポイントより上の状態」というのがupのイメージです。
「目覚める」という意味のwakeに対して、get upは実際に起き上がるという動作に近いイメージだといえます。また、move up(昇進する)は、現在よりも上の地位に上がることを示しています。

down

「下の方に下がっている」「起点となるポイントよりも下の状態」というのがdownのイメージです。
車を降りる際はget outが使われるのに対し、バスのような高い乗り物から降りる場合はget downを使います。その他に、be down(床に臥す)、feel down(気分が落ち込む)、down the ages(大昔から)などの表現があります。

in

inは、「空間的な広がりのある環境の中にいる」というイメージです。
in the world(世界で)からin the box(箱の中)まで、大小に関わらず空間の内部を示すほか、in tears(涙ながらに)やin the rain(雨の中)、in black(喪服を着た)のように、そのものの中に自分の身を置くような状態を表します。

on

空間を表すinに対して、onは「平面的な部分に接触している」というイメージです。
on the table(テーブルに)やon the wall(壁に)などの物理的な接触のほか、季節や年などの長い期間を表すinとは違い、on Friday(金曜日に)のようにカレンダー上のあるポイントを表す場合に使われます。

at 3:00 at station

inは空間、onは平面を表すのに対して、「ある一点」を表すのがatのイメージです。
at 3:00(3時に)のように1日のうちのごく短い時間を指す場合や、at station(駅で)のように地図上のある一点を示す場合に使われます。また、sit at table(テーブルに着く)、at 5 page(5ページに)、at exit(出口で)のような使い方があります。

off

offには「もともとあった場所から離れる」という、onの反対のイメージがあります。
be off(去る)のように人がその場から離れる場合のほか、get off the car(車を降りる)のように人が何かから離れる場合や、take off the socks(靴下を脱ぐ)のように物が自分から離れる場合などに使われます。

into

「対象物がある空間のある一点に入る」というのがintoのイメージです。
go into town(町に行く)や10 into 20 is 2(20÷10=2)のほか、プログラムをコンピューターに入れる場合にinto a computerと表現されます。また、run intoは「何かに衝突する」というニュアンスから、「偶然出会う」「遭遇する」と訳されることがあります。

around

「何かを取り囲んでいる状態」がaroundのイメージです。
around the tree(木の周り)のように、場所を取り囲む場合に使われるほか、around clockは時計の針がぐるっと一周するようなイメージから、「休みなく」という意味になります。

between

3つ以上のものに囲まれているaroundに対して、「2つのものに挟まれている状態」がbetweenのイメージです。
between London and New York(ロンドンとニューヨークの間)の物理的な隔たり以外に、between 9:00 and 11:00(9時から11時の間)のような時間や、between blue and white(青と白の間)のような程度などを表します。

of

「あるものの一部に属している」というのがofのイメージです。
a piece of cakeという場合、「大きなケーキの一切れ」であることを意味します。また、Tokyo is the capital of Japan.(東京は日本の首都です)という文章は、「首都である東京」が日本の一部であることを表しています。

over

「対象を乗り越えて反対側にたどり着く」というのがoverのイメージです。
虹の向こう側にある世界について描いた「over the rainbow」という世界的に有名な歌がありますが、over the bridgeという場合は「橋を渡ったところ」を指します。他にはover the phone(電話で)やsix over three is two(6÷3=2)という使い方もあります。

under

「あるものの下にある」というのがunderのイメージです。
あるものよりも低い位置にあるbelowに対して、underはunder the skin(肌の下=内心は)のように何かに広く覆われている場合や、under the bridge(橋の下)のように何かの真下にあるような状況を表します。

by

「対象との間に差がある」というのがbyのイメージです。
by the sea(海のそば)やby one minute(1分差で)のほか、by the wayは「道との間に差が生じる」という意味から話題を変える際に使われます。また、write with penは「ペン=書くための道具」であることを表しているに対し、written by penは、ペンを経由することで「書く」という目的を実現していることを表しています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

前置詞全般の解説勉強になりました。

"for"が前置詞であるなら、慈しむのはどの瞬間だとお考えでしょうか。慈しむ対象は、現在一緒にいる瞬間ではなく、いつかいなくなるだろう瞬間となってしまいませんか。
提示させていただいている和訳ならば、慈しむのはあくまでも、現在の瞬間となっています。

また、そもそも"someday"が副詞なので"for"は必要ないのではないでしょうか。

お礼日時:2022/02/13 14:02

No.10 です。

一つ追記です。

No.9 で「副詞ならば、接続詞ということになりますね」という質問者さんの発言に対して「そう簡単な話でもないように思っています」と書いたのは、No.10 に書いたように "someday" が副詞の場合でも "for" は前置詞という解釈があり得るからです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

追記有難うございます。

お礼日時:2022/02/12 20:08

"for" には前置詞と接続詞の用法しかないようですので、提示文の "for" はそのいずれかです。

No.3 さんがお書きのように "for" の前にカンマがあれば接続詞で確定と考えてよいのではないかと思います。

原文をネット検索してみましたが、提示文の "for" の前にカンマがあるものとないものがあるようです。Bob Moorehead氏が書いたそもそものオリジナルがどうなっているのかは分かりません。私が拾った結果は下記のとおりでした(結構たくさんヒットしましたので、そのうちの一部しか開いていません)。

【カンマなし】
https://www.goodreads.com/quotes/22242-the-parad …
http://xspectra.co.jp/blog/dairy/the-paradox-of- …
https://blindtobounds.blog/2011/07/28/the-parado …
http://pioneer.netserv.chula.ac.th/~sprapant/sin …
https://www.conversationagent.com/2015/12/the-pa …
https://wasiddiqui.wordpress.com/2009/07/03/geor …
https://www.ln.edu.hk/philoso/life_death/page.ph …

【カンマあり】
https://www.patheos.com/blogs/wrestlingwithyours …
https://www.facebook.com/KittShapiroPage/photos/ …
最後のものは、No.3 さんがご紹介されているものです。

私が検索した中では、カンマなしが多かったようです。それも「圧倒的に」と言っていいかも知れません(前記で引用していないものもあるのですが、それを入れると結構な大差でした)。

「カンマあり」の方は接続詞確定でこれ以上議論する必要はなさそうですので、「カンマなし」の方について検討してみます。以下、原文全体のうち質問文に引用された「Remember to hold hands and cherish the moment for someday ・・・ again.」の文を「提示文」と言い、これを含む原文全体を「原文」と言います。「提示文」と言った場合、"for" の前にはカンマがないことになります。

【接続詞と考える】
以下、接続詞と考えるのに肯定的に働く論拠には文頭に〔〇〕を、否定的に働く論拠には〔×〕を付す。
1.〔×〕接続詞 "for" は主節の後ろに置き、主節と "for" の間は通例コンマで区切られる(ジーニアス他多数)が、提示文にはカンマがない。
2.〔〇〕辞書に前記1の解説はあっても、カンマなしの接続詞 "for" は絶対にあり得ないとまでは言えないのではないか。
3.〔×〕"for" が理由を表す接続詞であれば、"for" が導く従属節はなくても「Remember to hold hands and cherish the moment」だけで文が成立するはずであるが、その場合、「the moment」になぜ定冠詞が付くのかの説明が困難である。ここの "the" は、既出の単語に付く定冠詞ではない。「moment」という単語そのものも「moment」と同義を表すと思われる単語も原文には見当たらないからである。であれば、次に、この "the" は、「moment」が提示文中で何らかの特定をされたために付けられた "the" ではないかとの考えが浮かぶが、"for" を前置詞と考えれば、"for" が導く前置詞句が「moment」を後置的に修飾(限定)しているから「moment」に定冠詞が付けられているのだという説明が可能と思われる。
4.〔×〕"for" が理由を表す接続詞と考えると、提示文は「その人はいずれあなたの前からいなくなってしまうかもしれないから "the moment" を大切にしなさい」というくらいの意味になる筈であるが、その大切にすべき "the moment" とは如何なる "moment" なのか判然としない。"for" を前置詞と考えれば、"for" が導く前置詞句が表しているような内容の "the moment" を大切にしなさいと言っていることになる。


【前置詞と考える】
以下、前置詞と考えるのに肯定的に働く論拠には〔〇〕を、否定的に働く論拠には〔×〕を付す。
5.〔×〕前置詞 "for" の目的語は someday であると思われるが、someday は副詞である。〔〇〕副詞も前置詞の目的語になり得(江川『英文法解説』439頁、高梨『総解英文法』576頁)、特に高梨は「前置詞の目的語になる副詞は、名詞的な働きをしており、『時』及び『場所』を表す副詞に限られている」としている。
6.〔×〕"for" を前置詞 と解すると「that person will not be there again」の説明が困難である。someday が名詞であれば、関係副詞 when の省略とも考えられそうであるが、someday には名詞としての用法はない。〔〇〕前掲高梨が言うように、「前置詞の目的語になる副詞は、名詞的な働きをしている」のであれば、someday を名詞相当語句と見てこれを先行詞に取ることができるという考え方も可能なのではないか。
7.〔〇〕"for" を前置詞 と解した場合、前置詞 "for" の語義は「方向」ではないかと考える。「pity for the poor(貧者に対する同情)」のような用法である。更に、「that person will not be there again は関係副詞 when の省略」で、「someday は名詞的な働きをしている(関係副詞 when の先行詞になっている)」という立場を採ったとした場合、「the moment for someday (when) that person will not be there again.」の意味は「あの人(that person)が再びそこにはいることがないという将来のある日に向かう瞬間」くらいになるのではないか。「今のこの瞬間が時の流れに乗って someday の方向に向かっている(今という瞬間の積み重ねがやがて someday に行き着く)が、その someday に行き着いた時にはあの人はもうそこにはいないのだ」みいたな意味です。

もう少し書きたいこともありますが、疲れてしまったので、この辺で。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

非常に詳しい分析で勉強になる点が多く本当に感謝いたします。
>私が検索した中では、カンマなしが多かったようです。それも「圧倒的に」と言っていいかも知れません(前記で引用していないものもあるのですが、それを入れると結構な大差でした)。
カンマがない場合が圧倒的に多いということで、傾向がわかりました。

>【接続詞と考える】
>3及び4
the momentが何にも限定されていないとのことですが、慣用表現として、次のように今、現在の意味があり、この意味で使われているのではないでしょうか。

Weblio辞典
2c[the moment] 今,現在.
at the moment 今, 現在 《★【比較】 過去形の時には「ちょうどその時」の意になる》.
the fashions of the moment 当今の流行.
the man [woman] of the moment 目下の立て役者, 時の人.
https://ejje.weblio.jp/content/amp/moment

>【前置詞と考える】
>5、6及び7
この高梨先生が仰っているのは、まさしくsomedayが名詞と間違えた理由であるtoday等の名詞と副詞の両方の意味を有する副詞的目的格の名詞であり、somedayは副詞しかないので、前置詞の目的語になる可能性は無いとは言えませんが、低いのではないでしょうか。

以上のことから、やはり接続詞と考えるのが妥当と考えますが如何でしょうか。

非常に詳細で論理的な分析で私自身the momentの冠詞を特に意識していなかったので、そこからこれほどの論理展開をされたことに驚かされ、そして勉強になりました。
また、Chicago243さんからもthatとpersonの間に冠詞がないことから接続詞との説明を受け、改めて冠詞の重要さを思い知らされました。

重ねて御礼申し上げます。

お礼日時:2022/02/12 20:06

No.7 です。




> 副詞ならば、接続詞ということになりますね。

そう簡単な話でもないように思っています。詳しくは、もう少し時間をいただいてから。


> もう一つ質問させて下さい。

何か具体例を示していただけますでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

>何か具体例を示していただけますでしょうか。
私の思い違いでした。この質問については取り下げます。
ご配慮頂き有難うございました。

お礼日時:2022/02/12 20:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A