創業以来はじめて外国人がCEOに就任したソニーの厳しい経営状況をレポートする、タイム今週号の記事から質問いたします。
That Sony should have turned to a foreigner speaks worlds about how troubled the company's prospects have become. 
すでにスリンジャー氏はCEOに就任しているので、should have + 過去分詞を、~すべきだったのに(しなかった)、と訳すのは変だなあと感じて「ソニーが外国人に頼らざるを得なかったということは企業の展望が危うくなってきている事実を物語っている」と訳してみました。このほうが、実態に合いますよね。質問は、should have + 過去分詞は多くの文法書では、すべきだった、(=しなかった)の意味しかのっていません。ううむ。私はこの用法を正しく理解できていないのでしょうか。分からなくなってきました。どなたかご教示下さい。http://www.time.com/time/asia/magazine/article/0 …2つ目のパラです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

Gです. daifukumochiさん、こんにちは!



皆さん文法の事にこだわっているようなのでヒントだけのとどめておきます。

すでにスリンジャー氏はCEOに就任しているわけですが、daihukumochiさんの訳でしたら、

That Sony had to turn to a foreigner speaks worlds about how troubled the company's prospects were.で良いのではないでしょうか?

また、私はわざとhave become をwereに変えましたが、turned toという事は彼の就任で終了している事ですね。 しかし、就任しても今なおかつ、have becomeなのでしょうか。 外国人の就任でいいほうに向かう、と言う前提がある文章でしたら、就任したあとでもまだあやいうということを表現する必要があるのか。 

つまり、危うかったから外国人の人材を求めたわけですね。 矛盾していないでしょうか。

この2点を吟味することでこの著者が何を言いたいのかおわかりになると思います。 彼の文章は彼が何を思っているのかを表現しているのであって、読者が理解できるように訳すのは危険を伴う事と思います。 (著者の理解そのものが間違っている、と言うことでもあるわけですから)

私の今回のこう言う回答の仕方をしたことに対し怒らないでください。 私はこの方が結局はdaifukumochiさんの英語力を高めると個人的に信じているのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Gさん、いつもご教示いただいて有難うございます。
筆者の驚きがこめられているのですね。「外国人を起用したとは驚きだが、そのことはいかに企業の展望が危うくなってきたかを物語るものだ。」という感じですね。
ひえー、難しいです。
でもめげずにがんばりますよお。
ついでですみませんが、この文ではworlds となっていますが、world ではダメなのですか?どう違うか分かりませんが。いつか教えてください。
本当に有難うございます。

お礼日時:2005/03/21 12:26

"Sony should have turned to a foreigner"


は、
「ソニーは外国人に依頼するべきであった」

だが、

"That Sony should have turned to a foreigner"
は、
「ソニーが外国人に依頼せざるを得なかった事」

これには特に驚きなどの感情は無く、単に意見を述べているのに過ぎない。

もう少し文章を整理すると、

「ソニーが外人の助っ人に(経営を)任せざるを得なくなった背景には同社の危うくなりつつある将来性がうかがえる」

この用法は特別でもなんでもないが、shouldの用法と言うよりThatを利用する用法の中で使われる一つの動詞と理解する方が自然化と考える。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。皆さまからいろいろな知識をいただいて大変有難く存じております。自分なりに考えて見ます。

お礼日時:2005/03/22 19:33

この文が「ソニーが外国人に頼らざるを得なかったということ」を意味することに間違いはない、しかし、手元の資料では確認ができないので根拠となる資料はないかというご質問だと理解しました。

そこで、手持ちの資料を調べてみたところ、文法書の一つにこの件の記載がありましたので、紹介します。
should
(中略)
なお、・・・・・must、ought toなどの意味をあらわすことがある。
(中略)
過去のことにはshould haveの形を用いる。
It is right that you should have done so. (君がそうしたのは正しい)
It is natural that he should have got angry. (彼が怒ったのも無理はない)
(P347~349)
「新自修英文典」
山崎貞 著 毛利可信 増訂

ところで、この間のto blame、大体分かったのですが、まだ納得できないところがあり、折に触れて調べています。もう少しで分かると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。should に遭遇すると冷や汗が出てきます。助動詞は(も)、超奥が深いですね。
いつもご教示いただいて有難く存じております。
to blame も覚えていてくださって恐縮です。
また、難問に出くわした時にはよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/03/21 10:40

助動詞shouldの「感情のshould」で驚き・意外などの感情を表し、「…する[した]とは」という用法ではないでしょうか。

『ジーニアス英和辞典』では助動詞「10a」に「that節で」とあり、I am surprised that she should have done such a thing.(彼女がそんなことをしでかして驚いています。)という例文があります。質問者さんの和訳も自然なものになっているように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。なあるほど。納得しました!!
これですね。それにしても、should は奥が深いです。勉強になりました。

お礼日時:2005/03/21 10:27

ご質問の文章は、その前の文章(ソニーの経営陣には井出会長の後継者と目される日本人がたくさんいた)の時点の話だと思います。



だから、ご質問の文章は「そうではなかったのだけれど、もし外国人が後継者とされるようなことがあったら、世界中の人が、ソニーの企業展望が危うくなってきたと思ったことだろう」のような意味だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。あ、やっぱりそうでしたか!?も一度、考えて見ます。

お礼日時:2005/03/21 10:22

質問を拝見したばかりであまり熟考していませんが、1つの意見として聞いてください。


この文が単に、
Sony should have turned to a foreigner.
であれば、「しなかった」の意味を含むことになるでしょう。しかしこの文はthat節の中にあります。that節のthatは基本的にthe fact that(thatは同格で、「~という事実」)のことなので、Sony should have turned to a foreignerは確定的な事実として述べられていることになります。ですからこの場合、should have tuned toは、「しなかった」という意味合いよりも、「すべきだった」という事実のみを述べていることになるのだと思います。daifukumochiさんの和訳は申し分ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。なるほど、that節が鍵でしたね。
ううむ。研究してみます。

お礼日時:2005/03/21 10:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qcan't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞

can動詞とcould動詞の場合と
can't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞の場合は
それぞれ同じ意味だと思うんですがどうですか?

Aベストアンサー

>can't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞の場合は
それぞれ同じ意味だと思うんですがどうですか?

同じ意味かと言われれば、多少違うと答えるのが普通でしょう。
can't have過去分詞のほうは、「(今考えて昔の)そう言うことはあり得ない」であり、
couldn't have過去分詞は、「(今考え昔の)そう言うことはあり得ないだろう」のように多少推測の意味が強く出ます。

Qdon't have to / don't need to / shouldn't / sould not  に関してご教授下さいませんか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書くのは良くないよ。(でも)短くても書いてね。」
というニュアンスを感じ、

If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメールを書かなくてもいいよ。短くていいからね。」
というニュアンスを感じますが。

大差はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。
皆様のご意見お聞きしたいです。

sould not と Hを抜くと柔らかい表現になるのでしょうか。

「長いメールを書かなくてもいいですよ。」

これを英語にすれば

You don't have to write a long email.
You don't need to write a long email.

のような雰囲気と思います。では、

You shouldn't write a long email.

で同じ意味合いになりますでしょうか。

「長いメールを書くべきではない」
のニュアンスを感じます。

例えば、

If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me. 

と言うメールが来たとしたら、
「忙しいなら長いメー...続きを読む

Aベストアンサー

私はニュアンスがかわると思います。
If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me. 
もし忙しいなら私に長いメールをかかなくてもいいですよ。私は短いメールでもきにしませんよ。

If you're busy, you should not write a long email.
いわば命令してるので、相手は親しい人だとして、
もし忙しいんなら長いメールしないでいいよ!短くても気にしないよ。

助動詞は話す人の気持ち・主観をつたえるときによく使われるので、後者のほうは気持ちがこもった感じ、になるのではと思います。

Qshould have 過去分詞

You should have seen it.
のように、助動詞と完了形の原形不定詞(というのでしょうか?)が組み合わさった形では、have seen は過去形の代用だと思いますが、このようなことは、ドイツ語やフランス語などでも行なわれることなのでしょうか?

Aベストアンサー

>have seen は過去形の代用だと
これは仮定法ですね。

Qshould have 過去分詞 

The problem was whether we should call an ambulance at once. 

についておうかがいします。これは 時制の一致で、we should have called としなくてよいのでしょうか。

単独の「should have 過去分詞」は、

1、「~すべきだったのに(しなかった)」
2、「~してしまったはずである」
3、「~するはずだったのに(しなかった)」

の3つだけだと思いますが、そのことと関係するでしょうか。

Aベストアンサー

>The problem was whether we should call an ambulance at once. についておうかがいします。これは 時制の一致で、we should have called としなくてよいのでしょうか。

 一般的に言えば、「助動詞」が時制の一致を受けると過去形になります。例えば、「can」は「could」に、「will」は「would」になります。

(1) The problem is whether we can solve the problem.
  → The problem was whether we COULD solve the problem.

 ただし、「must」は「should」という「助動詞」には過去形がありません(というか、そのままのつづりで過去形だと考えることができる)ので、わざわざ「助動詞+have+過去分詞」という形にする必要はありません。

 もっと正確に言えば、「助動詞+have+過去分詞」という形にしても時制の一致を表せるわけではありません。それは、「過去の行為に対する推量」や「過去の行為に対する後悔・批判」を表す特別な用法だからです。

(2) The problem is whether we must solve the problem.
  → the problem was whether we MUST solve the problem.

 お尋ねの英文は、そのままで間違いのない立派な英文です。日本語に訳すと、「問題はすぐに救急車を呼ぶべきかどうかということでした。」となります。

(3)a. The problem is whether we should call an ambulance at once.
  → (3)b. The problem was whether we SHOULD CALL an ambulance at once.

 (3)の英文の「is」を「was」にすることによって「whether」以下の部分に時制の一致が起きるわけですが、「should call」は「should call」のままで構わないということです。

 もし「should call」の部分を「should have called」とすると「問題はすぐに救急車を電話で呼ぶべきだった(のに呼ばなかった)のかどうかとういうことでした。」という(少々不自然な)日本語になります。

(4) The problem was whether I SHOUL HAVE CALLED an ambulance at once.

 この(4)英文は(3)a.の英文に時制の一致が生じたものではなく、(3)b.の英文とは全く別の英文だと理解しなければなりません。そしてまた、この英文には、上記の日本語訳でお気づきかもしれませんが、少し違和感が伴うと言わねばなりません。

 それは「should have called」という表現は「(電話しなかったという事実を踏まえて)電話すれば良かったと後悔している」という『事実』を表します。

 しかし「whether」は「疑問」を表す接続詞ですので、そこに矛盾が生じるのです。事実を述べる場合には「whether」ではなく「that」を用いるべきです。

(5) The problem was THAT we should have called an ambulance at once.

 (5)の英文であれば「問題は、私たちがすぐに救急車を電話で呼ぶべきだった(のに呼ばなかった)ことでした。」という意味を表す問題のない英文になります。

 話が別の方向にそれてしまいましたので、お尋ねの問題に戻ります。ご提示の英文においては「should call」のままで時制の一致が行われていると考えることができますので、そのままで全く問題はありません。

 ご参考になれば・・・。

>The problem was whether we should call an ambulance at once. についておうかがいします。これは 時制の一致で、we should have called としなくてよいのでしょうか。

 一般的に言えば、「助動詞」が時制の一致を受けると過去形になります。例えば、「can」は「could」に、「will」は「would」になります。

(1) The problem is whether we can solve the problem.
  → The problem was whether we COULD solve the problem.

 ただし、「must」は「should」という「助動詞」には過去形がありません...続きを読む

Q【英語】who should have shaken off a back injuryのshouldの意味

イングランド代表に関する記事で(http://uk.sports.yahoo.com/041009/2/6yfb.html)

On Saturday, he is likely to start up front with Michael Owen, who should have shaken off a back injury, and in-form Jermain Defoe as coach Eriksson looks set to play with a three-man attack

という文があります。私の解釈は「土曜日のゲームで彼(ルーニー)は前線でマイケルオーウェン(彼は背中の怪我を治した)と好調のジャメインデフォーと先発しそうだ。エリクソンは3トップの布陣で臨むようだ」です。このなかで、who should have shaken off a back injuryの部分のニュアンスがわかりません。ここではshouldはどういう意味で使われているのでしょうか。また、なぜ現在完了なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

イングランド代表に関する記事で(http://uk.sports.yahoo.com/041009/2/6yfb.html)

On Saturday, he is likely to start up front with Michael Owen, who should have shaken off a back injury, and in-form Jermain Defoe as coach Eriksson looks set to play with a three-man attack

という文があります。私の解釈は「土曜日のゲームで彼(ルーニー)は前線でマイケルオーウェン(彼は背中の怪我を治した)と好調のジャメインデフォーと先発しそうだ。エリクソンは3トップの布陣で臨むようだ」です...続きを読む

Aベストアンサー

「背中のケガを既に治しているはずだ」という意味のshouldでしょう。

また、過去のこと(治した)について、現在の視点から述べる(推測する)ときには、「should have (完了形)」という表現になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報