プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は40代会社員の男で、妻は30代前半です。
悩んでいる理由は
私の年齢が40代になってしまった事。
収入も同世代の平均からすると決して多くない事。 自分自身の身体もあまり強くない事。

などがあります。

私がもっと若ければ、収入があれば、こんなに悩まないのに、と思いとても情けないです。
妻とも話し合いをしましたが、お互いどうしていこうか悩んでいます。

出来る事なら、子供を授かり家庭を持ちたいとも強く思います。
ですが、どうしても不安が…

同じような理由で子供を作った方々の意見や、やめた方々の意見をお聞きしたいです。
皆様、よろしくお願い致します。

A 回答 (11件中1~10件)

子どもをつくらないのも自由です。

体力的・経済的な理由も理解出来ます。
ただ、子どもが欲しいのに出来ないご夫婦もいらっしゃいます。
子どもが出来れば、苦楽を共にして子どもと一緒に成長していく様なものです。楽しいばかりではないでしょう。親としての覚悟も必要です。
一方、貴方方が悩み続けて、子どもがなく老夫婦を迎えた時、若い時に子どもが出来ていればと思ってもお終いです。
40代・30代はまだ若いですよ。以前と比べ子育てには厚遇の日本になりました。出産だけではなく、何事にせよ、新しい事には不安が付きまといます。
〝出来る事なら、子供を授かり家庭を持ちたいと・・〟との事ですから、子どもがいないまま老後を迎えたら、反省と悔やみが出そうですネ。
侘しい老後が目に浮かびそうです。
知人は40代で子どもを授かりました。楽しく子育てしておられます。
ご夫婦で先々の事をしっかりご相談されて決めるべきです。
    • good
    • 3

子供をつくれば養育費が掛かります。

成長すれば学費が掛かります。
更に、子供の職業選択によっては更に費用が掛かります。
昔でしたら
「俺の老後を面倒見ろ」
と言えますが、現今では
「親が(自分の)最後まで面倒見るのが当たり前でしょ」
と言い返されます。

子供などつくらずに、貴方ご自身が楽しく有意義な人生を送るべきでしょう。
「貴方ご自身が」です。妻のことも考慮する必要はありません。
妻も
「自分自身が楽しく有意義な人生を送るべき」
と思っています。
    • good
    • 0

子供1人なら、どうにかなります。


出産して、奥さんは働く事です。
    • good
    • 0

最近は再雇用などで定年過ぎても働けますが、収入はガクッと下がります。

学歴もつけさせてあげたいなら、大学卒業まで現役でいられないと経済的にはきついかも知れませんが。

奥様もフルタイムで共働き、子どもは1人まで、とすれば、そんなに悲観するような状況とは思えません。

奥様が30代前半なら、産前産後休暇のあとに、すぐ職場復帰すれば、共働きならひとりくらい育てられると思います。

奥様が正社員で現在働いているのなら、そしてその職場に1年以上在籍しているなら、産休を取得できます。

私は、旦那様の状況よりも、奥様の状況次第で決まる事と思います。
もし現時点で奥様が無職やパートだったりするなら、確かに不安です(←赤ちゃんを抱えた女性を、新たに正規雇用する職場は余りないと考えられる為、パート等の不安定な雇用しか得られない可能性を示唆しています)。

ですが、現時点で正社員で働いているのなら、経済的にも楽勝で育てていけるかと。
将来のプランをもう一度自分達の状況に照らし合わせ、話し合いを。子どもを1人育てるのに、大学卒業までどのくらいお金が必要なのか、貯金はどのくらいなのかも含めて再検討を。

案外どうにかなると思います。
1人までなら…
    • good
    • 0

奥様も働かれているのでしょうか?


出産後、働く意思はあるでしょうか。
あなたの収入が平均程度、以下であっても、
共働きであればかなり事情は違ってくると思います。

>子供を授かり家庭を持ちたいとも強く思い
であれば、出来ない理由をあげていくのではなく、
今の問題点は何かを明確にして、
一つ一つ解決策を探していけばいいだけですよ。

経済的に不安なら、
同じくらいの年収の子持ち家庭の人に話を聞くとか、
共働きや副業・転職を視野に入れるとか、
子供に対してどんな補助やサービスがあるか調べるとか。
「〜だから不安」で立ち止まってちゃ意味ないですよ。
    • good
    • 0

収入に応じて生活保護を受けたり、お子さんの就学援助を受ける制度がありますから。

健康なお子さんを産んであげてください。
    • good
    • 0

子供は 自分の食扶持は持って生まれると言われます 深刻に考えずに


行く事です ケセラセラで 成る様になります
    • good
    • 0

バツイチ同士で30代後半で再婚してから、妻の私が不妊症だと発覚。


夫も私も、前の結婚離婚やその後の過剰労働が原因で夫は鬱病、私はパニック障害で、服薬もしている状態だったので、不妊治療を受けるかどうかの話し合いは結構した方だと思います。
障害のある子が生まれたらということも話し合いましたし、結婚当初から夫の鬱が悪化して長期休職なんてこともありましたから、金銭面ももちろん話し合いました。

で、治療を受けることにしたんですが、最初と二軒目の医師からは罵声を浴びせられて終わり。
「いい年して不妊治療受けたいんならせめてそんな薬をやめてから来るのが常識だろ!!そんなことも分からないのか!!」

涙をこらえるので精一杯で何も言えませんでした。
若い看護師さんの視線だけでも突き刺さるようでした・・・彼女たちが何を思っていたかなんて全く分からないのに・・・自分が惨めでそう思っちゃったんだと思います。

脅えながら足を運んだ3軒目の医師は、「その薬だったら、飲みながらでも元気な赤ちゃんを産んでいるお母さんが沢山いますから大丈夫ですよ」
優しい声音で言ってもらえたので尚更嬉しかったです。

でも、挫折しちゃいました。
若い妊婦さんと一緒に待合室にいるのすら辛くてね。
また、その頃に、友人が40歳で初婚で結婚してすぐに子供を授かったんですよ。
あんなに激しい嫉妬に駆られたのも初めてのことでした。
どうにか「おめでとう」と明るく言って電話を切った後に、アパートに響き渡るくらい叫んだような気がします。

その後ずっと泣き続けていたようで、帰宅した夫もびっくりしていましたが、私の支離滅裂な説明でも聞き分けてくれた上で謝ってくれたんですよ。
「子供が欲しいなんて言ってごめん。俺も会社を休んででも付き添うべきだった。辛くないわけが無いって分かってたのに本当にゴメン」って。

現在、夫婦そろって50代半ばになったんですが、今でも「子供がいたら」って思うことがあります。
また、私が更年期真っ只中なので、産めなかったのにずっと生理だけは来ていたことが憎らしくなったり。

その代わりという理由で飼い始めたわけではないんですが、初めて犬を飼って、初代は昨年看取って、今二代目と格闘中なんですけどね、初代の時も今も、「この子を看取るまでは絶対に死ねない」って思うようになったんです。
冒頭に書いた通り、夫婦そろって精神疾患持ちで、ホントに辛かった時期はそれぞれ別に、口には出しませんでしたけど死にたいくらいだったし、長生きなんて絶対にしたくないとも思ってきたんです。
今でも、愛犬さえいなければいつ死んでもいいと思ってます(夫も)。

加えて、初代のワンコが生まれつき病弱だったんですね。
亡くなるまで動物病院のお世話にならない月なんて無かったし、常にどこかが悪い状態で、どこへ行くにも一緒に行動して、一人ぼっちにはさせないようにしていました。(私が在宅勤務だから出来たんですが)
人間の言葉が喋れないのは当たり前ですが、なんとなく分かるようになった時にね、「あ、やっぱり子供に障害があってもやっていけたんだな」って思ったんですよ。
その子の晩年の医療費(自己負担分)と食費だけで月6万越えだったんですが、惜しいなんて思ったこともありませんでしたしね。

二代目ワンコは元気いっぱいで、初代は全くやらなかった家具かじり・壁かじりで困ってはいますが、歯が抜け替わる時期なんだからしょうがないね、で夫と笑って済ませられています・・・これも、以前の私だったら考えらなかったことなんですよ・・・家の中がビシーッと整っていないとイライラするタイプだったので。

挫折しちゃったことは取り返せない、というか、取り返したいと思ったりはしなかったんです・・・どう考えてもあそこが限界だったと思うので。
口の悪い親戚から「子無しで苦労していない」などと言われる度に辛かったりもしましたけど、やれることはやったと思えるだけでも立ち直るには十分でした。

やらないよりやった後悔の方が、とはよく言われますが、やったなら結果がどうあれ後悔しないこともありますよ。
    • good
    • 2

子供を望んでも授からない人は世の中に沢山いらっしゃいます。


子供を望んでる気持ちが少しでもあるのであれば、授かる努力を今からすべきです。
子供がいる人生と、子供がいない人生、どちらがより幸福であるか、お金が無くても子供がいる事で心が豊かになり、人生の楽しみが倍以上になると私は思います。
ちなみに私は41で出産しました。主人は50代です。
自然妊娠ではなく、助成金を使い体外授精で授かりました。
自分自身若い頃は自然に授からなければ諦めようと思っていましたが
やはり諦めきれずに治療をしました。
今は本当にあそこで諦めなくてよかったと思っています。
たぶん20代で授かる子より40代で授かる子供のほうが孫見てるようでより可愛く感じるかもしれませんよ!
決して我が家も裕福ではありません、今4歳ですが主人は定年の歳になりました。それでも子供の為に年金もらうまでか、体が動くうちは働いてもらいます。私自身も子供が成人するまで親が働けてればいいと思っています。
今は子供の医療費も無料だし、幼稚園も無料です。国がかなり援助してくれるのでそこまでお金の心配しなくても大丈夫だと思いますよ。
世の中40代でも子供を出産している芸能人がたくさんいますが、正直いって普通の事ではないですし、高齢出産は危険があります。
奥様が少しでも若いうちがいいです。
どのような選択、どのような結果になっても、あなた方夫婦の人生です
どうぞ幸せな人生を歩まれてください。
    • good
    • 1

人生で後悔する人のほとんど全員が、リスクに過剰に反応して、全く何もしない方、チャレンジしない方を選択してしまいます。


アメリカの高齢者の施設でのアンケート・・・「人生で後悔したこと、していることは、何ですか? 」という質問。その回答が、全員がものの見事に同様・同一でした。
その回答というのは、「チャレンジしなかったこと。」でした。
あと、10年後、20年後、さらには30年後・・あなた方2人に、さらに大きな後悔の念が襲って来るのは、確実です。
ネガティブ思考、マイナス思考を遠ざけ、・・ポジティブに、チャレンジ精神とあきらめない気持ち、そして笑顔を忘れず、人生の中盤・後半・・人生をより楽しみ、充実感と共に過ごせるよう、前を向いて進んでください。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング