TUSL2-Cを使用してます。P(3)750MHzを装着して、FSB=132MHzまでは設定できるのですが、133以上が設定できません(BIOS設定エラーとなる)。マザーボード上のディップSWで設定してみましたが、同じエラーとなります。
133以上の設定をする方法がありませんか。
また、815E(B0ステッピング)ではこのような設定ができないのでしょうか(他のマザーボードも同じですか)。
以前の815Eだと設定可能でしたよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

BIOS設定画面のAdvancedのCPU:InternalFrequencyをManualにして、FSB:SDRAM:PCI F

req-Ratioを133:133:33または133:100:33にすればFSB/SDRAM/PCI Freq(MHz)のところで設定できませんか?

この回答への補足

回答連絡ありがとうございます。
最初の質問の書き方が適切でなかったかも知れませんが、貴方のやり方は既に試していて(BIOS設定エラーとなる)、そこで上手く行かないので質問した次第です。また、BIOS設定画面でこの他にも設定があるのかといろいろと見ていますが、これはと思われる設定項目が見つかりません。
BIOS設定でダメならと、ディップSWで強制的(?)に設定してみましたが、これも「BIOS設定エラー」と表示されてしまいます。これも質問に書きました。
ちなみに、BIOS=1009(1009 08/09/2001)です。また、冷却能力は高く、CPU温度は約34℃と安定しています(熱暴走はしていないと思います)。

補足日時:2001/09/13 23:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QL1 ⊆ L2であるか確認できるアルゴリズム

なんとなく分かるんですがどうやって証明すればいいのか分かりません。

Show that there exists an algorithm for determining if L1 ⊆ L2, for any regular languages L1 and L2.
すべての正規言語L1とL2に対して
L1 ⊆ L2であるか確認できるアルゴリズムが存在することを証明せよ。

L1 ⊆ L2っていうのは大きな集合L2の中に小さな集合L1がすっぽり入った図でいいんですよね?
自分なりに考えると
L2 - L1の結果が空集合ΦならL2とL1は重なっていない、
L2 - L1の結果でL2が少し欠けた(でもその欠け < L1)場合はL2とL1は部分的に重なっている。
L2 - L1の結果でL2の欠けた部分=L1ならL1 ⊆ L2
…っていうのじゃダメですよね?
もっとスマートに証明する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

#1=#2です。超長文ですがご容赦ください。

私の考え落としがなければ、#1で示した帰納法で確かに証明できます(できました)。
まじめにやろうとすると、A*とABのところの証明(特に前者)は少ししんどいですね。
とりあえず私の考えた証明の流れと、帰納法のうちA*のところだけ書いておきます。ABも同じ感じで証明できます。A|Bは簡単です。
#1ではA+も書きましたが、これは"A A*"と等価で、正規表現の定義には含まれないようなので証明には含めなくても良いでしょう。

まず、前提知識として、任意の正規表現は、それを受理する決定性有限状態オートマトン(DFA)に変換できます。逆変換も可能です。
したがって、問の命題は
「任意の正規言語L1,L2が与えられると、言語L2に含まれる記号列をを受理するDFAが、L1に含まれる記号列も受理するかどうかを判定するアルゴリズムが存在する」
と読み替えることができます。以下証明です。

---
L1を表す正規表現をR1, L2に含まれる記号列を受理するDFAをD2とする。

(1)
・R1=a(任意の記号) または R1=ε(空の記号列)のとき
任意のL2に対して、求めるアルゴリズムは明らかに存在する。
(D2が記号列a,εを受理するかを単に確かめればよい)

(2)
R1=A,R1=Bのそれぞれに対して、任意のL2について、
D2がL1に含まれる任意の記号列を受理するかどうかを判定するアルゴリズムが存在すると仮定する。

このとき、R1=A*, R1=A|B, R1=AB についても、
任意のL2(D2)について、同様の判定を行うアルゴリズムを次のように作ることができる。
(A|B, AB については省略)
・R1=A* のとき、
以下の1-9がD2がA*を受理するかどうかを判定するアルゴリズムである。

1.D2がεを受理するかどうかを判定する。受理しなければ答はNoでアルゴリズムを終了する。

以下、D2の初期状態をs, 受理状態の集合をFとする。
また、D2の初期状態と受理状態集合のみをそれぞれt,Gと置き換えたDFAをD2(t,G)と書くことにする。(つまりD2(s,F)=D2)

2.作業用の状態集合の変数U,Cを用意する。初期値はそれぞれU={s}, C={} とする。
3.Uから1つ要素(=DFAの状態)を選ぶ。その要素をs'とする。
4.Fの全ての部分集合(F自身を含む)F1, ... ,Fk, ... , Fn について、D2(s',Fk)がAを受理するかどうかを判定する(この判定アルゴリズムは帰納法の仮定より存在する)。
5.4の判定の全てがNoなら、答はNoでアルゴリズムを終了する。
6.4の判定がYesであった部分集合 G1,..,Gnについて、G=G1∩...∩Gnを計算する。
7.Gに含まれる要素のうち、Cに含まれない要素をUに追加する。
8.Uからs'を除く。Cにs'を追加する。
9.U={} であれば、答はYesでアルゴリズム終了。そうでなければ3に戻る。

(1)(2)から、構造に関する帰納法より、任意の正規表現R1とオートマトンD2について、D2がR1の記号列を受理するかどうかを判定するアルゴリズムが存在する。
---
上記の証明の文だけではわかりにくいと思うので、説明を加えます。
D2がA*を受理するためには、
D2はεを受理し、かつ、初期状態から任意の回数のAが入力されたとき、常に受理状態でなければならないわけで、後者を示すためには、初期状態からAが入力されると受理状態にたどり着き、かつ辿り着く可能性のある受理状態からさらにAが入力されてもやはり、受理状態に辿り着く、、、の繰り返しであることをいえばいいわけです。

字だけで説明するのはかなり辛いので、わかりにくいかもしれませんが、これが一番素直な証明方法だと思います。
いろんなことを説明なしに書いてしまっているので、わかりづらい点があれば仰ってください。
また、もっとぱっと証明する方法がわかる方がいらっしゃればお願いします。

#1=#2です。超長文ですがご容赦ください。

私の考え落としがなければ、#1で示した帰納法で確かに証明できます(できました)。
まじめにやろうとすると、A*とABのところの証明(特に前者)は少ししんどいですね。
とりあえず私の考えた証明の流れと、帰納法のうちA*のところだけ書いておきます。ABも同じ感じで証明できます。A|Bは簡単です。
#1ではA+も書きましたが、これは"A A*"と等価で、正規表現の定義には含まれないようなので証明には含めなくても良いでしょう。

まず、前提知識として、任意の正...続きを読む

QFSB800/533MH(LGA775)のマザーボードに最適なCPUは

FSB800/533MH(LGA775)のマザーボードに最適なCPUはなんですか?

マザーボードが故障したため、ショップに持ち込んで検査を頼んだところ、CPUとメモリまでもが壊れていたとのことでした。

まずマザーボードから交換しようと思って中古品を探してきましたが、CPUのソケットが LGA775 であればいい、としか見ておらず、FSBが800MHz/533MHzにしか対応していないことまでは注意できていませんでした(以前のPCではFSB 1333の Core 2 Duo まで対応していました)。

マザーボードは GIGABYTE GA-8I915P Duo Rev 1.x (http://www.gigabyte.co.jp/Products/Motherboard/Products_Overview.aspx?ClassValue=Motherboard&ProductID=1801&ProductName=GA-8I915P%20Duo)です。

同じ LGA775 のソケットでも、 Core 2 Duo や Pentium Dual-Core には対応できておらず、Pentium 4(クロック周波数3.0GHz以上、L2キャッシュ1MB~2MB)までしか対応できていないようですが、(Core2 Duoと比べた場合)Pentium 4で当面の間にあわせとするには足りるでしょうか?(FSB 800 のマザーボードに Core 2 Duo や Pentium Dual-Core を強引に取り付けると、起動できないでしょうか?)

使用の用途としてはネットと動画の鑑賞、ワープロ、表計算などがメインになります(ゲームにしても、3Dを多用するゲームはあまりプレイすることはありません)。

他の構成としては
・OS            :Windows XP Home Edition Service Pack 3
・グラフィックボード    :Aeolus SF96GT-WDC512X II(http://aopen.jp/products/vga/SF96GT-WDC512X.-II.html)
・DVDスーパーマルチドライブ:2台
・メモリ          :1GB以上を考えています。
くらいで、ハードディスク、光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブ2台)、グラフィックボードは無事とのことでしたので、これらを使い続けようと考えています。

長時間稼動させることも想定しているため、発熱と熱暴走の不安もありますが、Celeron D などと比べてどれくらい安定しているでしょうか?。

CPUの交換がどうしようもない場合、当面のつなぎと思って使い続け、またの機会に新しいマザーボードとCPUに交換しようと思います。

FSB800/533MH(LGA775)のマザーボードに最適なCPUはなんですか?

マザーボードが故障したため、ショップに持ち込んで検査を頼んだところ、CPUとメモリまでもが壊れていたとのことでした。

まずマザーボードから交換しようと思って中古品を探してきましたが、CPUのソケットが LGA775 であればいい、としか見ておらず、FSBが800MHz/533MHzにしか対応していないことまでは注意できていませんでした(以前のPCではFSB 1333の Core 2 Duo まで対応していました)。

マザーボードは GIGABYTE GA-8I915P Duo Rev 1.x...続きを読む

Aベストアンサー

>FSB 800 のマザーボードに Core 2 Duo や Pentium Dual-Core を強引に取り付けると、起動できないでしょうか?
無理です。
i915シリーズはLGA775のPentium4用のチップセットです。
FSBが800とかLGA775だとか以前の問題です。
M/Bの仕様にも”LGA 775 for Pentium 4 Processor”ってありますよ。

>Pentium 4で当面の間にあわせとするには足りるでしょうか?
動画鑑賞以外の用途ならばなんとかなるのではないかと。
動画鑑賞は低解像度のものなら大丈夫だと思いますが、
HD動画は厳しいのではないでしょうか。

QL2とL2はクロスでOK?

L2とL2をつなぐ際、クロスケーブルでしょうか? ストレートケーブルでしょうか?

正確には、L2→PatchPanel→L2の図式になります。
そのあと、L2→FWとなります。(こちらはストレートで問題ないですよね?)

すいませんが、教えてください

宜しくお願いします

Aベストアンサー

> 正確には、L2→PatchPanel→L2の図式になります。

クロスケーブルです。しかしながら、最近のスイッチはMDI/MDI-Xの自動変換機能を持つものが多いので、ひょっとしたらストレートでつながってしまうかもしれません。

> L2→FWとなります。(こちらはストレートで問題ないですよね?)

ふつうは問題ないはずですが、たまにスイッチングハブのポートを持っているファイアウォールもあるので断言はできません。

まぁ、ちょっと脅かし気味に書いていますが、前述の通りMDI/MDI-X自動変換機能を場合が少なからずあるので、問題ないことも多いかと思います。事前にきちんと仕様を確認しましょう。

QP4 3EGhz(FSB800)とP4 3.06GHz(FSB533)について

P4 3EGhz(FSB800)とP4 3.06GHz(FSB533)はどちらが早いのでしょうか?
値段がそれほど変わらないと思うのでどちらを選んで良いのか迷っています。

また問題点なども言って下さると助かります。

Aベストアンサー

両方ともHT対応で後者が廉価版ということもありません。
前者の方が後からで多分FSBが高くなっているので高速化されています。
ただ、発熱量は圧倒的に前者が多いです。
私なら両方とも買わないですね。
用途にもよりますが、Athlon64かNorthwoodコアのPentium4にした方が賢明です。
参考URLに消費電力の実測値を貼ります。
上がアイドル時で下が負荷100%時です。

参考URL:http://www6.tomshardware.com/cpu/20041115/pentium4_570-20.html

Q下記のようにL2スイッチとL3スイッチを接続して、例えば、VLAN1,

下記のようにL2スイッチとL3スイッチを接続して、例えば、VLAN1,2,3を作ってそれぞれルーティング可能にするとします。

L2スイッチ -- L3スイッチ -- L2スイッチ

その場合、IPアドレスをあてるインタフェースとしては、通常、

・L2スイッチの管理用IPアドレス
・L3スイッチの管理用IPアドレス
・VLAN1,2,3それぞれのインタフェース用のIPアドレス

の6つになるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのとおりと言えばそのとおりですが
L3スイッチの管理をVlan1,2,3のどれかで行えば5個ですみます。
と言うか、それぞれ管理用のアドレスをどこかのVlanに所属させないといけません。
L2スイッチの管理アドレスもVlan1,2,3のいずれか
L3スイッチの管理アドレスも・・・ です。
管理用にVlanが必要であれば、L3用も含め6つになるでしょう

QATA133はATA100のマザーボードでも使えるのでしょうか?

一昔前に組んでもらったPCのハードディスクが不調で買い換えようと思い、どうせならある程度大容量にしようと思ったのですが、現在ATA100のHDDなんてあまり売ってません。ATA133のハードディスクドライブはATA100の時代のマザーボードでも使えますか?ちなみにASUSのP4B533-VMというマザーボードです。どこのどんなメーカーのHDDでも下位互換性は当然ありますよ・・・ね?

Aベストアンサー

互換を保っていますので問題はないですよ。

Q家庭用分電盤のL1配線とL2配線について

お世話になります。
家庭用分電盤にはL1配線とL2配線があると聞きました。
ここで質問ですが仮にL1配線が2ヶ所、L2配線が2ヶ所とした場合、L1ヶ所を
一つ増やし、L2ヶ所を一つ減らすなど電気工事屋さんに頼めば可能でしょうか?

目的はPLCアダブターをコンセントに接続してネット回線にしたい為です。
PLCアダブターの親機接続場所が仮にL1とし、他の部屋がL2の場合、異相に付
速度が極端に落ちると聞きました。
従って、子機を増やす場合L1又はL2を増やす必要があるかと思い
質問させていただきました。
電気工事に詳しい方、ご指導下さい。
当方まったくの素人です。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

パナソニックの「コンセントLANの接続方法」には
「異なるブレーカー間の通信や、L1相とL2相間の異相間通信の場合は、同相間の通信に比べて信号が多少減衰します」
「コンセントLANに影響を与えやすい機器の影響と重なって、通信できない場合もあります」と記載されていますね
http://panasonic.jp/p3/plc/setting.html

はたして実際にどこまで通信に影響があるか、わかりませんが
現在分電盤のL1相の分岐回路(安全ブレーカー)が2回路、L2相の分岐回路が2回路あって
L1相の分岐回路を1回路増やし、L2相の分岐回路を1回路増やすとなるとL1相が1回路、L2相が3回路になります
基本的に単相3線式の場合L1相とL2相の電気使用量のバランスは同じぐらいにした方が望ましいです
親機接続場所がL1相の分岐回路で、子機の接続回路がL2相であれば、子機の接続分岐回路の電線を他のL1相の分岐回路と入れ替えてもらう
分岐回路(安全ブレーカー)の2次側電線を入れ替えてもらうことなら、電気工事屋さんに依頼すれば可能です
ただし子機の接続箇所が多くて、全ての子機がL1相の分岐回路にならない場合もあります
その場合はコンセントの増設、分岐回路の増設が必要になります
マンションであれば、いんぺい配線は難しくてモール等を使用する露出配線になってしまうでしょう

無線LANではだめなのでしょうか?

パナソニックの「コンセントLANの接続方法」には
「異なるブレーカー間の通信や、L1相とL2相間の異相間通信の場合は、同相間の通信に比べて信号が多少減衰します」
「コンセントLANに影響を与えやすい機器の影響と重なって、通信できない場合もあります」と記載されていますね
http://panasonic.jp/p3/plc/setting.html

はたして実際にどこまで通信に影響があるか、わかりませんが
現在分電盤のL1相の分岐回路(安全ブレーカー)が2回路、L2相の分岐回路が2回路あって
L1相の分岐回路を1回路増やし、...続きを読む

Q手元にあるnaplli-2 とういマザーボードに積めるメモリ(pc133とかpc100とか)

http://www.e4all.info/motherboards/napoli2.htm

↑のMBを今持ってます
PC133のメモリは使えますか?
使えても、PC100以下の速度に落ちたりしますか?
マザーボードについてよくわからないのでよろしくおねがいします
CPUはpentium3 500MHzです。FSBは100MHzです。

Aベストアンサー

PC100のPCにPC133のメモリを使っても、何の問題もなく使えます。

そんなことよりも、あなたのマザーボードの場合は、256MbitチップのSD-RAMを買わないようにすることの方が大切であろうと思われます。出荷時期から考えると、440BXは128Mbitには対応していますが、256Mbit(具体的には片面8枚実装の256MB)のDIMMを買ってはいけないことを覚えておいてください。

QL2スイッチングHUBの設定

【ルータ】ー【L2スイッチ】ー【PCx3台】

例えば上記の構成でL2スイッチが故障したので、新しいL2スイッチを購入したとします。
その際に、新しいL2スイッチに設定作業は必要になるのでしょうか?
それともただルータとPCと接続するだけで使えるのでしょうか?

ご回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

L2スイッチってのはスイッチングHUBと思ってください
別のものにしても設定なんかいりません

>ルータとPCと接続するだけで使える
ルータのLANポートの数が足りてるならそれで十分です

QメモリSDRAM PC133が使いえる【アスロンXP用マザーボード】って存在するでしょうか。

トンチンカンな質問かもしれませんが・・・


CPUを取り換えようかと思っています。
アスロンXPに。
いまどきのメモリって
PC2700とか
PC3200のようですが、
できれば今使っているPCのメモリを流用したいんです。
SDRAM PC133 256MB×2枚です。

取付け可能なマザーボードってあるんでしょうか。
しかもある程度のいまどきの「機能」が
搭載されているものがいいです。USB2.0とかLANとか。

もしわかれば型番も教えていただけますと
助かります。


お詳しい方教えてください。(´・ω・`)

Aベストアンサー

「価格.com」「マザーボード検索」

http://www.kakaku.com/prdsearch/motherboard.asp

検索条件「SocketA」「SDRAM」で検索すると52件HITしました。

参考URL:http://www.kakaku.com/prdsearch/motherboard.asp


人気Q&Aランキング

おすすめ情報