プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

日本の若年層など、働いても働いても手取りが15万から18万くらいの方々がたくさんいます。
先進国の中ではかなり給料が安い方では…?
韓国にも敗北してますし…。

何故日本は給料が安いのですか?税金や物価は上がる一方で、一般国民はかなり苦しんでいると思います。

また、これからどんどん日本が貧しくなると、どういった弊害が起きますか? ホームレスの増加・詐欺の増加・半グレ集団が増える等、治安の悪化とかですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

年功序列と終身雇用が問題です


海外では実力がある社員に多く給料を払いメリットの部分で会社を大きくしますが
日本の場合は勤務年数による昇給が一般的なので
使いものにならない人が給料が多く
頑張ってる若者に対しての見返りが少ないので転職したり育成としての人材ができない
一番金を貯めこんでるのだ引退した高齢者ですので
詐欺はやりたい放題になるかと思います
今は金持ってる高齢者からの略奪ですがエスカレートすると
高齢者なら誰でも襲うみたいな凶悪なやり方も出てくるでしょう
物価が安いので企業が価格を下げて提供してるのが問題
企業を大きくするには物価を上げて儲けさせないと給料も上がりませんが
輸出による日本製品の農産物などでの活性化に力を入れるべき
    • good
    • 1

日本は1990年代に入ると成長が低迷し、先進各国から取り残されて没落する一方だからです。

平成9年(1997年)を境に日本人の実質賃金は横ばいか減り気味になり、先進国の中では極めて異常な事態です。
この間に中国は年収が5倍に伸び、韓国でも2.5倍になっています。

なぜそうなってしまったのかは、分っています(次のとおりです)。

(1)いまの人にハングリー精神はなく以前のように我武者羅に働かない(これには次の(2)の問題も絡んでいる)。私は日本の高度成長期に徹夜・早出・休日出勤・超過残業までして必死に働いてきたが、いまの人の働きぶりを見ると絶望的なほど甘く、嘆かわしい。
旧帝大の大学院(理系)を出た息子を見ても、こりゃぁダメだと思える。天然資源のない日本は欧米に負けないためには思いっ切り働くしかないのに。おまけに、だらしない社会を象徴するがごとくシングルマザーが増え、日本の「相対的貧困率」は先進国の中でも最悪に近い状態になっている。

(2)経営者たちが合理化投資を怠ってきた。合理化をし、生産性を上げなければならないのに、そのリスクを避けて来た。なので、競争に負けないために行うコストダウンは禁じ手の人件費を切るところまで行ってしまった。いわゆるブラック化だ。
また人件費の削減のために正社員を減らし、賃金をケチるためにもクビを切りやすくするためにも非正規社員(パート、アルバイト、派遣社員)を増やした。さらには正社員を業務委託契約に切替えさせ、人件費をいっそう削り、いつでも契約を打ち切れるようにする会社も出ている。

(3)高度成長期には日本のお家芸だったモノづくり(製造業)にこだわり続け、米国に見られるような情報産業への脱皮ができないままズルズルと来ている。社会のデジタル化が進んでいる韓国にも大きく水をあけられている。
製造業は儲からず、売上はたっても利益は出ない。欧米企業のROE(自己資本利益率)は10%を超えているところが多い(というか、それがふつう)が、日本は1%内外という薄利多売の会社がほとんど。
こういう構造的な問題を抱えたまま改善・変革・革新(イノベーション)がない。イノベーションは正社員の知恵と発案と工夫によるところが大なのだが、(1)や(2)の問題が絡むと、それが期待できなくなる。いまの日本は悪循環になっている。

(1)は働いている人(国民)の問題です。(2)は経営者、そして(3)は政治の問題で、それぞれが複雑に絡みあっている。


日本は中小企業が極めて多いんです。中小企業基本法の定義による中小企業(製造業は資本金が3億円以下、または従業員が300人以下)は全企業の99.7%を占め、働き手の約7割になる3,220万人を雇用しています。そんな中小企業は取引先の大企業から値上げを認めてもらえず、儲からずに6~7割は赤字と見られています。儲かっているのは一部の大企業だけです。
その大企業も先々が見通せない状況から将来に備えての内部留保に努めているわけ。

2020年の平均年収は、従業員数が10~99人の企業では409万円、100~999人では476万円、1,000人以上では591万円になっていて、働く人の多くは年収が少ない状態です。
資本金が1億円未満の企業は全体の99%を占めるが、営業利益の内訳では17%しか稼げていません。
製造業の従業員が生み出す付加価値は、大企業では一人当たり1,367万円なのに、中小企業では554万円しかありません。

中小企業を中心とした日本の製造業は、付加価値を産み出す力が弱く、いつまでもこのような社会構造を続けていたのでは、日本は落ち込む一方です。

高度成長期は世界に冠たる中小企業のモノづくりの力で大企業がその恩恵を受け、日本は飛躍的に成長してきました。ですが、いまはその社会構造が裏目になって日本の成長の足かせになっています。
いまの日本を維持して行くためには中小企業のモノづくり力はもちろん必要ですが、それに固執しすぎて脱皮(イノベーション)できないのがいちばん大きな問題なんです。

GAFAと呼ばれるような巨大IT企業で世界的なシェアを持ち、莫大な利益を生み出す企業は、日本に全然ありません。企業価値で見ればマイクロソフト、テスラも含めてトップテンに米国企業が6社も入っています。米国の独壇場ですね。日本ではトヨタが企業価値のトップだが世界で見れば第29位で、韓国のサムスン電子(第16位)にも劣ります。

これは日本の経営者が独自分野を伸ばす(将来世代を見据えた先端技術開発に挑戦する)という投資のリスクを避けて守勢に回ってきたためです。日本はそうしたイノベーションができる人間がいません。
それをするには政治の後押しが必要ですが、そんな問題意識を持ち、荒波に乗り出そうという気概のある政治家はいまの日本にはまったくいません。

加えて米国はアントレプレナーシップ(起業家精神)・進取の精神に富み、新しいビジネスに挑戦するのを歓迎しています(お金持ちはそれに投資したり寄付したりしています)。日本にはそんな社会的制度はありません。

日本が欧米・中国と異なる雇用制度を維持してきたのも、こういう時代の企業の成長を拒む原因になっています。
その雇用制度とは、労働基準法と労使交渉の結果として正社員は簡単にクビにできないことです。余剰になった正社員でも雇用し続けなければならず、会社は無駄を抱え続けることになります。なので会社は正社員を雇うのに慎重になり、(2)で書いたように正社員とは別枠の非正規社員(パート、アルバイト、派遣社員)を増やし、人件費を切り詰めるようにしたわけ。

正社員が減ると、会社(の成長、売上、利益、改善・改革)のことを真剣に考える人も減ります。イノベーションが出来ないわけ。

それと関係しますが、日本では社員は会社に雇われ、欧米・中国では社員は仕事(job)で雇われるのも大きな違いです。
仕事(job)で雇われると、正社員はその仕事に専門性を発揮してその仕事のプロとして働くわけなので、結果が出せて効率のよい仕事ができるわけ。その代わりに仕事の出来が悪かったり仕事がなくなればクビになります。

日本では正社員は会社に雇われるので、その人が余剰になっても(クビにできないので)他の仕事に回せるようにしているわけ。要するに、正社員を使う効率が極めて悪いんです。そのため儲からないし、給料を上げられません。
日本では雇用が硬直し、思い切った経営ができないわけです。

これまでの雇用制度を破棄して欧米・中国なみに出来る正社員を仕事(job)で雇い、不要になればクビにできる制度に変えると、経営者は失敗を恐れずにイノベーションをして会社を成長させることが可能となります。それによって仕事(job)で雇われた正社員には高い給料が約束されます。
でも、出来ない人間は仕事にあぶれます。

どんどん日本が貧しくなると、日本の会社も土地も社員も技術もノウハウも欧米・中国の会社に買われ、日本は草刈り場になるでしょうね。ウチの会社の社長も部長も中国人という具合になるかもね。中国からリモートで仕事を指示され、管理・監視されて汗水たらして働き、その利益の多くは中国に吸い取られる、って感じかな。
    • good
    • 1

何故日本は給料が安いのですか?税金や物価は上がる一方で、


一般国民はかなり苦しんでいると思います。
 ↑
政府日銀の失政です。
失われた30年。
バブルが崩壊してから、ここ30年、
日本のGDPは増えていません。
先進国では日本だけです。
それが原因です。

どうして増えないのか。
1,少し景気が上向くや日銀が利率を上げては
 その芽を摘んで来ました。
2,消費税を増税しました。
 消費税がなければ、GDPは850兆円(現在500兆柄年)
 になるとした試算が出ています。
3,社会保障費の掛け金を上げてしまいました。
 そのため、実質賃金が増えません。



また、これからどんどん日本が貧しくなると、
どういった弊害が起きますか? 
ホームレスの増加・詐欺の増加・半グレ集団が増える等、
治安の悪化とかですか?
 ↑
途上国が抱えている弊害が起ります。

貧富の差が広がり、政治が不安定になり
治安が悪化します。
社会福祉がなされなくなり、
人権などの保障が弱くなります。
    • good
    • 0

簡単に解雇できないからです。



多くの他国では理由を問わず即時解雇が可能なのでその時に支払える最高額の給与を支払うことができますが日本ではそのような事をすれば将来のリスクになるので給与を低く抑えるか非正規雇用にすることになります。


>ホームレスの増加・詐欺の増加・半グレ集団が増える等、治安の悪化とかですか?
給与水準が低い代わりに失業者は圧倒的に少ないのでそのようにはなりません。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング