プロが教えるわが家の防犯対策術!

ロシアは戦争している理由を小学生がわかるくらいに教えてください

A 回答 (10件)

ロシアは現在戦争をしていません。


小学生は分かりましたか?
    • good
    • 0

プーチン大統領が戦争を指令しているのだから、ロシア軍はそれに従って行っていると思われます。

    • good
    • 0

昔ソビエト連邦がありました


アジアとヨーロッパ人が住んでましたアメリカの2.5倍に当たる面積です
色んな民族が集結してソビエト連邦ができソ連の中にロシア連邦共和国がで
その仲間がウクライナです
民族争いです
ずっと民族の争いをやっててロシアはウクライナを吸収したいが
NATO北大西洋条約機構は戦争による領土拡大を阻止する形になり
その中でも一番大きな国のウクライナがどっちにつくかによって
勢力拡大のロシアが沈静化のNATOになってます

色んな自治区が集まったてできた国を一つにしようとしてるのがロシアであってそのやり方が戦争なのでそれを阻止しようとしてるのがNATOです
    • good
    • 0

戦争はしていません。


戦争するぞ、と威嚇している段階です。


ウクライナはロシアと西欧の境目に
あります。
ロシアにとっては隣国です。

あそこがNATOに入ったら
NATOの軍隊が駐留するようになるかも
しれません。
核ミサイルも持っています。

ロシアにとっては喉元にナイフです。
危なくてしょうが無い。

それでNATOに入らないよう
脅しているのです。

逆に言えば、NATOにとっては
ウクライナが加入すれば、有利になります。

だから、加入させたいのです。

かようにして、ウクライナ引き込みのため
双方がにらみ合っているのです。
    • good
    • 0

ロシアはジャイアン、ウクライナがしずかちゃん、アメリカがドラえもん


ジャイアン「しずかちゃん遊ぼうよ」、しずかちゃん「いやよ、ジャイアン乱暴だから」、ドラえもん「しずかちゃん、こっちでみんなで遊ぼうよ、なとーチームののびたやすねおもいるし」
ジャイアン「くそっ、のびたのやつめ、しずかちゃんそっちに行ったら暴れるよ」
    • good
    • 0

まだ戦争していませんけど。

    • good
    • 0

質問者はウクライナの事を言っているのだと思うけど、まだロシアはウクライナと開戦していません。

 ウクライナ東部の親ロシア派を援助しているだけです。 ロシアが今実際に戦争をしているのは、シリア国内だけです。

ロシアは2015年9月30日から、シリア作戦を行っています。 ロシア空軍は、ロシアで禁止されている過激派組織「イスラム国(IS)」、およびシリア政府と敵対する他のテロリスト集団に攻撃を行っています。 欧米諸国は、ロシアの主な目的がシリアのバシャール・アサド大統領の保護で、テロリストではなく、反体制派と戦っており、その行為が民間人の死につながっているとして、ロシアを非難しています。

ロシア当局はこれらの非難を否定し続けており、西側同盟と違い、テロリストと正しくかつ効率的に戦っているのはロシアであると強調しています。 なぜシリアと国境を接していないロシアが、中東に戦いに行ったのだろうかと言う疑問に対し、ウラジーミル・プーチン大統領は軍事介入を始めた2015年9月30日に、公式な理由を公表しています。 それは、遠きシリアで戦っている数千人のイスラム教過激派を止めないと、中央アジア、北カフカス経由で「ロシアにも入ってくる」ということでした。

このような危険性は、以前も十分に現実的だったし、現在も十分に現実的である、とロシア科学アカデミー東洋学研究所のウラジーミル・アフメドフ上級研究員は話します。 彼によると、「『カフカス首長国』(北カフカスのテロ集団)は、ISに(2015年6月に)忠誠を誓い、ISの中でロシア連邦出身者が数千人戦った」とのことです。 また、ロシアとビザなし制度を実施している中央アジア諸国の多くの国民も、ISに加わっています。 このようなIS戦闘員はロシアに対して好感を抱いておらず、むしろ2015年秋には動画「直ぐ、ごく直ぐに」を公開して、きれいなロシア語でロシアの不信心者に対する血の海を約束しました。

ロシアがシリアの戦争に介入した理由はもう一つあり、それは世界政治に影響を与える大国のステータスをロシアが取り戻すことであるとも言われています。 ソ連崩壊後に失った”体面”(中東での影響力)を、(ロシアの行動で)取り戻すことができたということです。 これ以外に、ロシアがシリア紛争に関与したことで、欧米はロシアに対する見方を新たにし、クリミア再編後に途絶えていた対話を再開せざるをえなくなったのです。 欧米との対話を活発化させていくというのは、ロシアのシリア作戦の唯一ではないものの、重要な目標でした。 今話題になっている、ロシアのウクライナ侵攻問題も、シリアへの参戦と同じようにロシアの存在感を高め、欧米との対話を活発化させようという目論見もあるのでしょう。
    • good
    • 0

現在、特にロシアは戦争していないですよ。


ウクライナでは緊張はたかまっていますが戦火を交えるところまではいっていません。

なぜウクライナをめぐって緊張しているのか、それはウクライナがロシアを仮想敵国とするNATOという軍事同盟に加入しようとしているからです。もともとウクライナはロシアなどととにソ連邦という国をつくっていたのです。ソ連が分裂してロシアやウクライナなどにわかれたのです。

わかりやすいたとえ話をしましょう。

日本が九州政権、中国・四国政権、関西政権、東日本政権、北海道政権と分裂したとします。そして関西政権が東日本政権を仮想敵国とする軍事同盟を中国と結ぼうとします。では東日本政権は何をするでしょう? 

東日本政権の方が強大な場合は、なんとしても思いとどませるために様々な圧力をかけますよね。場合によっては軍事的な圧力かもわかりません。それとおなじようなことです。
    • good
    • 0

馬鹿だからだよ。

    • good
    • 0

誰かが言っていました



ロシアは田舎のヤンキーのようなモノだと
論理や理屈ではなく、本人のメンツが一番大事なのだと
で、自分を親分・リーダーと慕ってくれる人間が多いほど嬉しくなる

だから仲間だと思っていた人間が去って行くのは
自分の影響力が下がるという意味でも、メンツが潰れるという意味でも
受け入れられない
メンツのためには、後で問題になったり自分が不利になることも厭わない
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング