10月といえば何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 新米 案山子 稲刈り


十三夜(ひと月おくれの名月)新酒 木の実 柿 みかん
    • good
    • 0

10月は来る『冬』に備えて食欲の秋と夏に室外で活動した『室内の癒しの』の季節と反省の季節ではないでしょうか。

    • good
    • 0

全国学校音楽コンクール全国大会


村祭り
運動会
でしょうか。
    • good
    • 0

10月といえば、山登りの季節ですね。

紅葉の美しさ、山葡萄の収穫さわやかな風でしょうか。
個人的には10月にUSJに行くために大阪へ行ったついでにまだ顔も見たことのないインド人のメル友の神戸の自宅に泊まって奥さんのインド料理をいただくのが楽しみです。
    • good
    • 0

「ナシ」ですね、僕は。

    • good
    • 0

10月と言えば神無月、秋が来て肌寒くなり、人恋しくなる季節。


実りの秋を感謝して各地で祭りが行われる。
10月はスポーツの月、体育の日は10月10日。
食欲の秋、読書の秋。
厳しい冬への備えを始める時。
    • good
    • 0

くりごはん。

衣替え。魚釣りの季節到来。さんまの焼き魚定食。第3四半期の始まり。
紅葉の季節。年の暮れを意識しはじめる頃ですね。
    • good
    • 0

>10月といえば何ですか?



何がですか?
誕生花=コスモス
誕生石=オパール、トルマリン

10/1=十五夜
10/8=体育の日
などありますが、いったい何を知りたいんでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弱電端子盤って何ですか?何が入っているのでしょうか?

転職先の私の机の真横には、「弱電端子盤」と書かれた大きなボックスがあります。
よく、電磁波が体に悪いとか聞きますが、聞いたことの無い「弱電端子盤」の漢字に、少し戸惑っています。
1.弱電と呼ばれるぐらいなので、弱い電気が静かに流れている?
2.あのボックスの中には何が入っている?
3.何の役割をしている?
聞きたいのは、この3点です。

多分、「弱電端子盤」と呼ばれるものを知らない為に不安なのかも知れませんが‥‥本当に聞いたことが無いので‥‥

それに、「弱電端子盤」について理解出来れば、「あぁ~この役割なんだ~」と、職場の仕組み?について理解できるかなぁと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力設備ならおそらく「高圧」「低圧」と言う表現になると思います。
そうでなくて「弱電」と言う言葉を使っているので、多分、電話や火災報知器やLANの様な、信号をやり取りするための配線が入っている箱なんじゃないでしょうか?

で、電話線、怖いですか?

電話線は、普段は50ボルトの直流電圧がかかっています。ベルが鳴る時はこれが交流電流になります。弱いながらもそれなりの電流量で、それ相応の電磁波も出ます。でも、そんな電磁波まで気にする様だと電話機も触る事が出来ないわけですから、気にする必要はないでしょう。

Q新幹線の「公共性」とは何だと思いますか。何をもって「公共性」があると言うと思いますか。

新幹線の「公共性」とは何だと思いますか。何をもって「公共性」があると言うと思いますか。

Aベストアンサー

不特定多数の人が、アクセスを拒絶されずに利用可能。
電気、ガス、水道、電話、公園などと同じ。

Q【火山】日本で火山噴火が増えている理由って何だと思いますか?何が原因で火山噴火が増えているのでし

【火山】日本で火山噴火が増えている理由って何だと思いますか?

何が原因で火山噴火が増えているのでしょう?

火山活動が活発化しているのは地道変動が活発化しているため。

じゃあなぜ地道変動が活発化しているんですか?

地殻変動ですね。

Aベストアンサー

東日本大震災の地震のせいだとテレビで専門家が言っていましたよ。あれが引き金になったと。

Q温暖化についての宿題・・・何書けば???

私は、高校1年の者です。こんな歳になって頼るのもな~~;と思いましたが、考えても考えてもわからないので質問させていただきます。

まず、私は社会の宿題で、新聞を書きます。その題は自分で考えて温暖化にしました。そこで、

1、ありきたりな物を書く気はあまりありません。どんな事を書けばいいでしょう?(オゾンとかはカット)

2、判りやすいお勧めのサイトありますか?あったら教えて下さい!

3、新聞を書くコツって?(どんな風に書けばテンポよくできる、とか)

4、わからなさすぎて何を聞いていいかもよく判りません。ですので、新聞を書くときはこんな風に調べると自分の意見を書きやすいよ、とかポイントがあれば教えて下さい!!

どれか、1つでも大丈夫です^^
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

大学の卒業論文などでもそうですが、すでに多くの方が論じている問題の場合、文献をより集めたようなことを書いても、まったく面白くありません。

スケールは小さくていいので、実験や調査をすると、具体的な資料を示すことができますし、話に広がりと深みが出てきます。

例えば、貴方の住んでいる地域には、地方誌はありませんか?
地方誌には、県内のピンポイント天気予報が出ていますよね?
それを年代を追ってまとめてみるというのはどうでしょう。
新聞は図書館に行けば、縮小版として、かなり古いものまで取ってありますからね。
そして、調査方法の段階からレポートするわけです。
私はこうこうこういう仮説をたて、どこどこ図書館の、こういう資料を使い、このような方法でまとめてみた、これがそれをまとめたグラフで、そこから読み取れることはこういうことだ、という感じにです。

お年寄りにインタビューしてみるとも、面白いかもしれませんね。
昔の写真を見せてもらうと、今はほとんど雪が積もらない地域でも、雪の積もっている写真があったりします。
服装も今より厚着をしているなど見えてくるものがあるかもしれません。
そのころの話を聞いて、写真をお借りできれば、現在の同地区の冬の写真と並べて掲載するなどしてみると、新聞として視覚的な面白みも膨らむことでしょう。

そして、過去&現在の状況がわかったら、今度は未来への展望をまとめてみるとも、起承転結がついていいと思います。
これも学者が言うようなことをまとめるばかりでは面白くないので、身近な実験をしてみるといいかもしれません。
例えば、毎日同じ時間に気温・湿度・天候・風を測り、打ち水後の気温を記録してみるとか。
その日の天候や風向き、湿度によって効果があるとかないとか。

あまりマクロにとらえてしまうと、ありきたりなものになりますので、焦点を絞り、自分の言葉でまとめると面白いものが出来ると思いますよ。

大学の卒業論文などでもそうですが、すでに多くの方が論じている問題の場合、文献をより集めたようなことを書いても、まったく面白くありません。

スケールは小さくていいので、実験や調査をすると、具体的な資料を示すことができますし、話に広がりと深みが出てきます。

例えば、貴方の住んでいる地域には、地方誌はありませんか?
地方誌には、県内のピンポイント天気予報が出ていますよね?
それを年代を追ってまとめてみるというのはどうでしょう。
新聞は図書館に行けば、縮小版として、かなり古い...続きを読む

Q何月と春夏秋冬

どうも、世間では
春は3・4・5月、夏は6・7・8月、秋というのは9月・10月・11月、冬は12月・1月・2月
だと思われているようです。手元の辭書でもそう書いてあります。

でも私は自分自身の感じでは、
春・・・4月
夏・・・5~9月
秋・・・10月
冬・・・11月~3月
という氣がします。

私が思うのはこうです。
基本的に言って、暑い日と寒い日しかない。(暑くもなく寒くもないちょうどいい日は例外的。)
「ちょうどいい日がきたらなにかを始めよう」と考えていたら、いつまでたっても始められない。
暑い日が多い時期が夏で、だいたい同じくらいの割合なのが春や秋で、寒い日が多いのが冬である。
9月は颱風が多いから、夏の續きだと思う。(颱風は夏のものだと思っている。)

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うんだから、9月はどちらかというと夏だし、3月は冬に近い。

「『暑さが彼岸まで』ということは、彼岸近くになれば暑いのは例外的だ、という意味だから、9月は夏とは言えないではないか」
と言う人がいるかもしれないけれど、
どうしても私は暑さが身にこたえます。

私は暑さ寒さに敏感なんでしょうか。

今、11月ですが、私は正直、冬だと思います。
大抵、日中、會社の建物の中で過ごすので、朝晩の冷え込みで判斷するためかもしれません。

地域や過ごし方や育った所etc により感じ方に違いがあるでしょうから議論してもしかたないことですが、
私はみなさんのご意見が聞きたいです。
(お住まいの地域とお過ごし方を書いていただけると幸いです。)

ちなみに私は生まれも育ちも、今住んでいるところも關東地方です。

あくまで、
1月・2月・・・・12月という、今の暦の月を單位に1年を【春夏秋冬の四つ】に分けるとしたら、
何月がどの季節だと思いますか?

べつに春と秋、夏と冬が同じ長さでなくてもいいです。

どうも、世間では
春は3・4・5月、夏は6・7・8月、秋というのは9月・10月・11月、冬は12月・1月・2月
だと思われているようです。手元の辭書でもそう書いてあります。

でも私は自分自身の感じでは、
春・・・4月
夏・・・5~9月
秋・・・10月
冬・・・11月~3月
という氣がします。

私が思うのはこうです。
基本的に言って、暑い日と寒い日しかない。(暑くもなく寒くもないちょうどいい日は例外的。)
「ちょうどいい日がきたらなにかを始めよう」と考えていたら、いつま...続きを読む

Aベストアンサー

 私もkmu 0031さんのご意見に同感です。
本当に、暑くも寒くもない、快適な気候の時期というのは、ごく短いですからね。
 特に今年は、先月前半までは、まだ扇風機が必要なくらいだったのに、下旬からは一転して暖房が必要なくらいの寒さになりましたからね。
 夏から秋が来ずに、いきなり冬になったような感じです。
 一般的な、春、3~5月、夏、6~8月、秋、9~11月、冬、12~2月という区分は、気象学上の区分であると、以前聞いたことがあるのですが
 TV業界では、春、4~6月、夏、7~9月、秋、10~12月、冬、1~3月と、一ヶ月ずつ繰り下がっています。
 それに、春と夏の間に「梅雨」夏と秋の間に「秋雨」という、天気が長期間ぐずつく時期がありますね。
 以前、地元の天気予報で、春夏秋冬の四季の中に「梅雨」という新たな季節を加えることもできると言っておられたキャスターの方がおられました。
 前置きが長くなって申し訳ありません。私もこのキャスターのご意見を取り入れて
    冬、11月~3月
    春、4~5月
   梅雨、6月
    夏、7~8月
   秋雨、9月
    秋、10月
と、したいと思います。
ここ数年の傾向として、梅雨明けが早くなり、7月に入れば蒸し暑い日が続くため、7月を「夏」としても差し支えないと思います。私は関西地方在住で、関西の7月は関東に比べ不安定な天気の日が多いのですが、関東は7月に入ればもう「夏」ですからね。
 それと、今年のように、秋がほとんど来ずに、夏からいきなり冬というのは、異常気象と思うのですが(というより、そうあってほしい)

 私もkmu 0031さんのご意見に同感です。
本当に、暑くも寒くもない、快適な気候の時期というのは、ごく短いですからね。
 特に今年は、先月前半までは、まだ扇風機が必要なくらいだったのに、下旬からは一転して暖房が必要なくらいの寒さになりましたからね。
 夏から秋が来ずに、いきなり冬になったような感じです。
 一般的な、春、3~5月、夏、6~8月、秋、9~11月、冬、12~2月という区分は、気象学上の区分であると、以前聞いたことがあるのですが
 TV業界では、春、4~6月、夏、7...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報