「ブロック機能」のリニューアルについて

この問題を教えてください。

沸騰の説明について正しいものを全て選びなさい
・一定の大気圧のもとであれば、温度が低くても沸騰する
・一定の大気圧のもとで、液体を加熱していくと沸騰する
・液体の内部から盛んに気体が発生する現象である
・液体の表面から気体が発生する現象である

よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

×・一定の大気圧のもとであれば、温度が低くても沸騰する


○・一定の大気圧のもとで、液体を加熱していくと沸騰する
○・液体の内部から盛んに気体が発生する現象である
×・液体の表面から気体が発生する現象である

一番上と一番下は「沸騰」ではなく「蒸発」です。

「蒸発」とは、
(a) 液体の水の分子は、温度に見合った「運動エネルギー」を持っており、一部は水面から空気中に飛び出している。
(b) 空気中の水の分子(水蒸気です)も温度に見合った「運動エネルギー」を持っており、一部は空気中から水面に飛び込んでいる。
の現象のうち (a) のことです。

開いた空間(大気に面したコップの水面とか、海や湖)では、空気中の水分子はどんどん拡散していくので、ほぼ (a) > (b) になっている。
なので、どんどん蒸発が進む。

閉じた空間(例えば密閉したビンやペットボトル)では、(a) と (b) がその温度に見合ったところでつり合って「a = b の気液平衡」になっている。
そのときの「空気中の水蒸気量」が「飽和水蒸気量」。

「沸騰」とは、その温度以上では「液体」では存在できない状態。なので液面だけでなく液体の内部でもどんどん気体になる。
    • good
    • 2

いくら回答がきても朝までに削除されますよ。


朝まで起きているつもりでしょ。
時間は十分あるんだから
せめて「沸騰」をググってみれば?
    • good
    • 2

カンニングっすか?www

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング