プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

日本海海戦で、「敵艦見ユトノ警報ニ接シ、聯合艦隊ハ直ニ出動、之ヲ撃滅セントス、本日天気晴朗ナレドモ波高シ」は有名ですね。
ところで、この文章は暗号化されて送信されたのでしょうが、後半の「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」は平文だったそうですね。
質問は、平文が混在した状況について解説して下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

これらの言葉自体が暗号の様なもの、とされています。



>敵艦見ユトノ警報ニ接シ、聯合艦隊ハ直ニ出動、之ヲ撃滅セントス

 敵艦発見。自軍全艦船、故障・脱落なし、予定通り戦闘に向かう

>本日天気晴朗ナレドモ波高シ

天気晴朗=見通しが良く、砲撃戦になるだろう。
波高シ=海にうねりがあり、魚雷戦にはならない模様。

・・・っということだった様で、要するに自軍の状態と戦場の状況を非常に端的に伝えている簡潔な文章というワケです。

 これは同時に、既に色々な戦況を想定して十分な訓練を積んでおり、『天気晴朗』『波高シ』などで司令部や後続部隊も戦場の状況が理解出来る状態だったから通用した電文、とも言われています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ノーコメント

お礼日時:2022/02/23 09:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング