新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

ウクライナがNATOに加わるのを阻止したいのが事の始めですよね?

だからと言って、他国の領土を国として認定して、そこを守るとして侵攻するとはどう考えても
常軌を逸していますよね?

隣の国ウクライナがNATOに加わると何が怖いの?
ソ連時代は共産として党の体制が転覆させられる、という恐怖心からは、理解できます(中国共産党や北朝鮮の体制など)
ただ、ロシアは曲がりなりにも一応は民主主義国家(の形)ですよね?
対抗する勢力(野党など)を力でねじ伏せていますが、転覆する「体制」がありませんよね?
あるとすると、プーチン体制ですが、隣にNATOが来たら危ぶまれる?
プーチンさんは子供もいないし、守る一族や体制もないので、長くてもどうせ10年でしょう?
隣の国に侵攻してまで守る物はあるの?
何に恐れをなしているの?
ひょっとして領土拡張が目的なの?(で、あれば北海道が危ない???)

事情通の方、お願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (14件中1~10件)

基本臆病な国です。


日本より少々多いぐらいの人口ですが、ヨーロッパからアジアまで広大な領土を持っています。概算ですが、日本の面積に換算すると約300万人位で国土を維持防衛している様なものです。防衛的にはスキマだらけでしょう。
特に、西側の人口密集のNATO軍は内心怖くて仕方がない筈です。
被害者意識が強いので、プーチンは国際法無視してでも、専制的に安全地帯を確保したいと焦っている。
露が人口に見合った普通の国になる為にはシベリア以東を日本に売却するなどしてこじんまりした方がいいのですが。変にプライドだけがあるプーチン、プーチンはソ連時代の夢を追いかけている様に見えます。
ウクライナに軍を侵攻させたら露は終りの始まりと思います。超甘、言葉だけの対応のバイデンもやっと目が覚めるでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

やはり ソ連時代を夢見て暴挙にでているのですね!

ありがとうございました。

お礼日時:2022/03/03 00:31

国内で寝首をかかれるリスクが高まったので、表向きには対外侵略ですが、本質は国内の締め付けの強化で、自分の身を守るのが目的のようですね。

ロシアでプーチン排除の軍部の裏切りで、プーチンは殺害されるでしょう。
    • good
    • 0

ウクライナに西側のミサイル基地が出来るのが嫌なのです‼️( ;゚皿゚)ノシ

    • good
    • 0

ウクライナに、アメリカの資本が流入して



経済的な侵攻から
ウクライナ国内での内紛や内乱、いわゆる内戦に発展したからですよ

ロシアは西側からの経済的な侵攻に恐れを抱くのは当然な話だとも思いますよ

日本で中国の資本が投下されて
日本人民共和国を望む人が現れたりしたら

内紛にはってんして

中国が、日本人民共和国の人に兵器を渡したりして!内乱や内戦になったとしても

アメリカが、日本との同盟を理由に
軍事的な侵攻は許されないのかなぁ~

ウクライナを日本だと捉えて考えたら

西側諸国の報道だけで、判断は出来ないとはおもいますよ
    • good
    • 2

私なりの理解ですが。



1. ロシア人は(自分達が隣国にしたことは棚に上げて)領土を侵略されることに強い恐怖心、被害者意識を抱いている。ロシアにはナポレオンやナチスに侵略され甚大な被害を受けた過去がある。


2. ソ連時代は東欧を衛星国にしていた。ところがソ連が崩壊したら東欧諸国が軒並みEUやNATOといった西欧側の枠組みに入り、旧ソ連構成国までそれに倣いつつある。ロシアにとっては恐怖でしかない(自業自得ですが)。

3. ウクライナがNATOに入れば、モスクワまで数百キロしかない場所にミサイル配備される恐れがあるから容認できないとプーチンは主張している。ただし、既にNATO加盟済みのバルト三国にくらべて極端に情況変わるわけでもない。グーグルマップで距離を測ると、モスクワ中心部からラトビア国境まで最短で580キロ、ウクライナ国境までは450キロ。

4. ウクライナがバルト三国と違うのは、ウクライナとロシアは民族的にも文化的にも近いということ。両者は中世のキエフ公国の流れを汲んでおり、古都キエフはロシア人にとって奈良や京都みたいな「心のふるさと」である。だから他の国がロシアから離れていくのは我慢できてもウクライナについては一味違う反応してしまう。ちなみにプーチンは、ロシア人とウクライナ人は歴史的に一体だと主張する論文を発表している。
https://globe.asahi.com/article/14405289


それとは別に、文章中の誤解を解いておきます。

>他国の領土を国として認定して、そこを守るとして侵攻するとはどう考えても常軌を逸していますよね?

マトモじゃないことには同意しますが、常軌を逸しているかと言うとむしろ常套手段です。国連憲章は他国への侵略を禁じているので、きょうびの戦争は国連憲章が認めている自衛権・集団的自衛権の行使という体をとって行われます。


>ロシアは曲がりなりにも一応は民主主義国家(の形)ですよね?

ロシアは民主主義を自称していますが自称は北朝鮮だってしてます。今のロシアでは、政権に批判的な人間は選挙に立候補できなかったり、政権批判する新聞社は記者が暗殺されたり、投票もイカサマだらけだったり。およそまともなもんじゃありません。


>プーチンさんは子供もいないし、

娘が2人います。さらに再婚相手との間に娘1人もうけたとも言われています。
https://www.businessinsider.jp/post-170157
    • good
    • 3

もともとロシアとウクライナは一つの国のような関係だったので、


ロシアからすれば旧ソビエト連邦の国々でもラトビアやリトアニア
等々の小国がNATOに加入することは問題視しないが、ウクライナ
はあくまでもロシアの兄弟のようなものとして看過できないので
しょう。
    • good
    • 2

ロシア系住民の安全は必ず守る必要があります。


もし見捨てた場合には、ロシア国内から反発が出て政権は持ちません。
勝手に独立宣言した「ドネツク」「ルガンスク」を国家承認しましたが、ロシア系住民が多数居る地域です。
ウクライナ侵略の足掛かりとして、承認したとの意見もあります。しかし、国内世論とロシア人保護からせざるを得なかったかも知れません。判断するのは時期尚早ですが、プーチンの反戦に期待したいです。
    • good
    • 0

NATOは仲良しクラブではありません。


れっきとした旧ソ連、現在はロシアを仮想敵国とした軍事同盟です、
もちろん盟主はアメリカ合衆国です。

ウクライナはかってロシアやペルルーシなどとソ連邦を構成していた国です。また現在のロシアの発祥は現在のウクライナに中世にあったキエフ公国なんですよ。日本で言えば奈良、京都になります。

もし日本が分裂して近畿地方に「関西国」が誕生したとしますよね。その「関西国」が中国と軍事同盟を結び、そこに中国の基地やミサイルをおくとなったら、東京の政府としては恐怖以外のなにものでもないでしょう。

だからプーチンとしては、なんとしてもウクライナをNATOに加盟させたくないのですよ。

なお、民主主義=資本主義ではありません。資本主義であっても自由を圧殺している政権はいくらでもあります。ロシアもそのひとつです、
    • good
    • 0

NATOとウクライナ東部地域に関しては、別に考えなければいけない。



プーチン大統領からすれば、“約束”を護らない欧米の首脳にうんざりしているだけです。恐れているものはないと思います。
むしろ、ウクライナのゼレンスキーのほうが、夜も眠れないほど脅えていると思います。
    • good
    • 0

他の方に長文で回答したのですが、一言


ウクライナがロシアの発祥の地でロシア史の始まりだからです。日本にとっての奈良京都のイメージです。
あくまで歴史観であって善悪を述べていません。戦争はやるせないですね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング