「教えて!ピックアップ」リリース!

個人事業主として副業しつつ、本職は会社に勤めています。
自分に適した確定申告を知りたいです。

2021年は副業としての利益が発生しなかった(赤字の繰越しも不要)のですが、ふるさと納税をワンストップ特例制度を不使用にしたため、確定申告自体は必須だと考えています。

確定申告の作業を極力簡略化したいのですが、

・自分の場合は白色申告で問題ないのか
・前年同様に青色申告で行う必要があるのか

教えていただけると幸いです。


◇ 捕捉
・本職の方では2021年分の年末調整をしました。
・2020年に開業届を出し、その年は副業で利益が発生したので簡易簿記の青色申告を行いました。

A 回答 (2件)

>・前年同様に青色申告で行う必要が…



青色申告の承認申請が受理されていて、前年まで青色申告をしていた以上は、利益 0 の青色申告決算書を作って添付しておきます。

もっとも、今年以降は事業を辞めてしまうのなら、「青色申告取りやめ書」
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/an …
を一緒に出せば、利益 0 の青色申告決算書など作る必要はなくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2022/03/09 19:45

>・自分の場合は白色申告で問題ないのか


・前年同様に青色申告で行う必要があるのか

質問者は青色申告者(※)なのですから、確定申告をするのであれば「青色申告」でなくてはなりません。青色申告は面倒だから白色申告で、というわけにはまいりません。だから確定申告書に青色申告決算書を添付して下さい。

※青色申告者:税務署へ「青色申告承認申請書」を提出して受理された事業主。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2022/03/09 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング