向田邦子さんの「霊長類ヒト化・・・」何とかっていう本を読んで
大変面白かったです。
他にオススメありましたら教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

向田邦子さんの著書(小説・エッセイなど)については、


みなさんが書かれているので省略します。全部読んでも後悔はありませんよ。
私は、その他として
「向田邦子の手料理」1989年 講談社 をお勧めします。
「う」の抽き出しを作っていた向田さんらしいメニューがいっぱいで、
妹さんと経営していた「ままや」というお店がなくなってしまって、食べられなくなったのが残念です。
映像で見るなら、絶対に「あ・うん」は見て下さい。
テレビで放映されたものは、NHKビデオ、TBS傑作ビデオシリーズとして販売されています。(全部じゃないのが悔しい)
    • good
    • 1

向田邦子さん、良いですよね。

私も大好きです。
私も向田さんの本はだいたい読みましたが、
私のおすすめは『あ・うん』と『寺内貫太郎一家』です。
『あ・うん』は、淡々とした中に泣きと笑いのツボが隠されていて、ボロボロと泣きました。
『寺内貫太郎一家』はテレビドラマにもなりましたが、これはドラマを見た世代にも見ていない世代にも読んでもらいたい一冊です!!
    • good
    • 0

良かったですね。

いい本に出会えて。
ご参考までに文庫だけですが、面白いのをいくつか・・・
父の詫び状 文春文庫  文芸春秋 1981年12月25日
冬の運動会 向田邦子TV作品集3  大和書房 1982年5月10日
蛇蠍のごとく 向田邦子TV作品集4  大和書房 1982年6月15日
眠る盃 講談社文庫  講談社 昭和57年6月15日
思い出トランプ 新潮文庫  新潮社 昭和58年5月25日
無名仮名人名簿 文春文庫  文芸春秋 1983年8月25日
夜中の薔薇  講談社文庫 講談社 昭和59年1月15日
隣りの女 文春文庫  文芸春秋 1984年1月25日
霊長類ヒト科動物図鑑 文春文庫  文芸春秋 1984年8月25日
阿修羅のごとく 新潮文庫  新潮社 昭和60年2月25日
男どき女どき 新潮文庫  新潮社 昭和60年5月25日
冬の運動会 新潮文庫  新潮社 昭和60年7月25日
女の人差し指 文春文庫  文芸春秋 1985年7月25日
幸福 新潮文庫  新潮社 昭和60年10月25日
家族熱 新潮文庫  新潮社 昭和61年1月25日
蛇蠍のごとく 新潮文庫  新潮社 昭和61年3月25日
あ・うん 新潮文庫  新潮社 平成3年7月25日
六つのひきだし 「森繁の重役読本」より  ネスコ 1993年10月29日
眠り人形 文春文庫  文芸春秋 1996年8月10日
愛という字 文春文庫  文芸春秋 1996年9月10日

 長い文章ですみません。私が持っている本だけしか挙げてません。
他にも沢山あります。Yahooから向田邦子で検索されたら載ってます。

 うちの母がとても向田ファンで、つられて何気なく手に取ったのが父の詫び状でした。向田邦子さんが亡くなられた時、まだ私は向田さんを知りませんでしたので、何故母が残念がっているのかわかりませんでした。後に父の詫び状を読み本当に惜しい人を亡くしたんだなあということに気付きました。

いい作家に出逢われたと思います。沢山読んで下さい。どれもはずれはありません。片っ端から買って読まれても大丈夫です。わたしは大半はBOOKOFFで買いましたが。

是非楽しんで下さい。長いお返事でごめんなさい。

参考URL:http://www.jissen.ac.jp/library/documents/mukoda …全著作

この回答への補足

maboさん、itosetuさん、ありがとうございました。
私は「得意なジャンル」で「文学」って事になってますが、ウソです。(笑)
昔から良い本に出会えず本嫌い(特に文学嫌い)になっています。
無理して購入しても最後まで読んだことはありません。(笑)
しかし、向田さんの本をすすめられて試しに読んでみますと、その面白さに唖然!
本嫌いの可愛そうな人間に本の面白さを教えてくれた向田さんに感謝しています。
今私は絵心が皆無のため文字だけのアナログな世界で生きていこうと心に決め
管理人をしている仕事の掲示版に恥ずかしながらチョビチョビとエッセイ風の
日記を書いてます。(結構評判は良いみたいです (^_^; )
よろしかったら見てください。m(__)m
http://www.nc-net.or.jp/kanagata/gallery/niki000 …

どうもありがとうございました。
ひとまず「父の詫び状」買いに言って来ま~っす!

補足日時:2000/03/22 15:51
    • good
    • 0

そうですか  向田邦子さんに気付いてしまいましたか・・・(笑)


「霊長類ヒト科動物図鑑」が良かったということは、エッセイですね。
そうすると「父の詫び状」(文春文庫)はいかがでしょう。
著者のはじめてのエッセイ集ですが誰が読んでも感じるものがあると思います。

またこのあといろいろな方が回答されると思いますので、とりあえず代表的なものを。
小説集で「思い出トランプ」(新潮文庫)は直木賞受賞作「花の名前」も収録されています。
また、シナリオにもたくさん良いものがありますが、「冬の運動会」(新潮文庫)「阿修羅のごとく」(新潮文庫)は代表的作品です。
いずれにしても、おそらくどれを読まれてもはずれは無いと思いますよ。

ちなみに私は、全て読んですべて手元に残しています。
ぜひ、お楽しみください。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q向田邦子さんの魅力について

最近、久世光彦氏の「向田邦子との二十年」と言う本を読み、亡き向田さんのスゴさを改めて思い出しました!


向田邦子さんの書くエッセーが大好きですべて揃えています。

温かくて、可笑しくて、そしてホロっとして、懐かしいの。


向田好きの皆様!あなたにとっての向田邦子さんの魅力を教えて下さい!


好きな作品でもOK!

Aベストアンサー

向田 邦子さん、お好きなんですね。
私も、向田さんの作品は好きで、良く読みました。
久世さんの「向田邦子との二十年}も読みましたが、
久世さんから眺めた、向田さんも楽しかったですね・・・。

私は、向田さんの作品のなかでは「父の詫び状」が好きです。
お母さんの、鉛筆を削る音・・弟さんの福助頭・・
向田さんは、懐かしい昭和を、文にして、見せてくれました。

向田さんの、講演のカセット(今はCDですね(笑))が、出ておりました。
向田さんの、飾り気のない人柄が出て、これも楽しいものです。

妹の和子さんが、何冊か、向田さんの事を書いてます。
閉店した「ままや」の、内緒話でも書いてくれると嬉しいのですが・・・・。

Q霊長目が悪役として登場する本・映画

霊長目が人間とぐるになって(またはその人間に操られて)悪いことをする、といった本・映画等を探しています。

例えば「オズの魔法使い」(空とぶサルたちが出てくる)とか(笑)。ほかにもエドガー・アラン・ポーの「モルグ街の殺人事件」とか。なるべく洋書をお願いします。

Aベストアンサー

#1の原作はマイクルクライトンの「失われた黄金都市」です。
小説のほうがディテールが細かくて面白いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150405875/249-8429957-2462717

Q向田邦子文学の魅力

向田邦子さんの作品から古き良き時代の日本の女性像また男性像がみられる。この視点からの向田さん作品に関する評論をもっと知りたい。

Aベストアンサー

以下ご参考に…

a.「触れもせで」向田邦子との二十年:久世光彦(講談社文庫)
b.男性自信「木槿(むくげ)の花」:山口瞳(新潮文庫)

特にaは向田文学への必読書です。
既に読まれていればお許しください。

Q『東電OL症候群』を読んで

『東電OL症候群』を読み始めました。その前の『東電OL殺人事件』から関心を持っています。色々な面で目を離せない事件なのですが、どうしても心の中の引っ掛かりとして理解できないのが、亡くなってしまったこのOLを、そうした行動に駆り立てた心の中なのです。

この本の中では多くの女性から、共感された手紙が数多く寄せられたことが書かれていますが、たとえば“誰とでも寝る”ということと“お金をとって不特定多数の男と寝る”というのは全然違うことだと思うし、あれほどまでに自分を貶めてしまう行動が、どんな動機によるのかを考えると本当に不可解に思うのです。

もしこの本を読まれて、私はこんなふうに思う、というようなことを感じた方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

私もこの事件にはとても関心を持ちます。
彼女の生き様の不可解さ、冤罪事件なのかどうかなど謎が謎を呼ぶというか、なんとも釈然とせず気持ちの悪さを覚えます。

『東電OL殺人事件』は読みましたが、読み終わっても彼女がなぜあのような行動を取ったのか、私にはどうも納得の行く答えが得られませんでした。
もっとも彼女が亡くなった今、誰にも出せない答えかもしれませんね。
もしかすると彼女自身にもわからなかったのかもしれないとも思います。

残念ながら『・・・症候群』のほうはまだ読んでおりません。図書館に予約をいれているところです。
ですからご質問の内容とずれるかもしれませんが、前著を読んだだけの感想です。

非常に優秀ないい子でずっとエリートできた彼女が、溺愛していた父親の死に相当な精神的ショックを受け、拒食症になり、仕事上での挫折があり、そのストレスがまるで自傷行為のように売春という行為にいたったのかなと。
彼女は親しい友人も同僚もおらず、愚痴を聞いてもらったり、遊んでストレスを発散したりできず、自分の中にどんどん溜め込んで行ったみたいに思えます。
理想が高すぎて自分が卑小で自分を認めてあげることができなかった。
それで自分をどこまで貶められるか自虐的な快感を得ることが、ストレスの発散につながったのではないかな。
誰でも快感を求めますね。
彼女はそれが快感だったのではないか。性的に、ということだけではなく。

気になるのは親子関係です。
母親は彼女の「お仕事」を知っていたみたいですね。
知っていてなにも言わなかったのでしょうか。
近親者の話が聞けていないので、今ひとつ彼女の人間像が浮かび上がってこないのです。
これは想像ですが、父親を溺愛するあまり母親に対する嫌悪みたいなものがあったのかな、と思ったりもしますが、どうなのでしょう。

拒食症だったというのもポイントのように思います。
極端に走るという性格が元来あったのかもしれません。
それがストレスや家庭環境などと複合して極端に出てしまったのではないでしょうか。
その行為そのものに固執して依存しているように思われます。
食べないことに固執してしまうのと同じように。

・・・などと書いてきましたが、私も今だにもやもやした気持ちでいます。
どんなに分析しようが本当のところは誰にもわからないのかもしれませんね。

できれば『・・・症候群』を読んでからご質問にお答えしたかったのですが。
まだ何人か予約待ちでしばらく手にすることができないようです。

私もこの事件にはとても関心を持ちます。
彼女の生き様の不可解さ、冤罪事件なのかどうかなど謎が謎を呼ぶというか、なんとも釈然とせず気持ちの悪さを覚えます。

『東電OL殺人事件』は読みましたが、読み終わっても彼女がなぜあのような行動を取ったのか、私にはどうも納得の行く答えが得られませんでした。
もっとも彼女が亡くなった今、誰にも出せない答えかもしれませんね。
もしかすると彼女自身にもわからなかったのかもしれないとも思います。

残念ながら『・・・症候群』のほうはまだ読んでお...続きを読む

Q「言葉のおしゃれ」向田邦子著の本について

「言葉のおしゃれ」向田邦子著の本について

この本の出版社を教えてください。

Aベストアンサー

おたずねの作品は、エッセイ集『夜中の薔薇』に収録の一編「ことばのお洒落」でしょうか?
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_list.jsp?n=20&type=t&a=&t=&word=%96%E9%92%86%82%CC%E5K%E5N

そうであることを前提に回答すると、出版社は「講談社」です。


参考になればと思います。

Q昔読んで思い出せない小説があるのです…。

昔読んで思い出せない小説があるのです…。

道にカーテンのような大きなスカート(確か灰色か赤だったと思います)があって、その中に兄弟か姉妹が入ってしまい、どちらかが助かってひとりが行方不明になった…みたいなシーンのある小説をご存知の方がいましたら教えて下さいませ!

Aベストアンサー

もしかして児童書ではありませんか?
安房直子さんの「ながい灰色のスカ-ト」という作品がそういう内容です。
幼い姉と弟が山の中で「大きな灰色のスカート」のひだの中に迷い込み、さまざまな幻想を見て、弟はそのまま行方不明になってしまいます。
『白いおうむの森』など、いくつかの短編集に収録されていると思います。

Q向田邦子さんと言う人・・・

こんにちは。

早いもので向田さんが逝かれて30年ほどになります。
素敵な女性でした・・・。
「父の詫び状」などは私の大好きな一冊です。
向田さんは懐かしい昭和と言う時代を文章にして、
みせてくれました・・・。

書評とかではない向田邦子さんの
お話しが出来ればと思います。

Aベストアンサー

追加
>向田さんの、好きな本は・・・?!

エッセイ集「父の詫び状」眠る盃、あ・うん、男どき女どき、蛇蠍のごとく

最近読んだもの妹、向田和子著「かけがえのない贈り物~ままやと姉・向田邦子」向田和子編「向田邦子の手料理」向田和子編著「向田邦子の青春:写真とエッセイで綴る姉の素顔」向田和子著「向田邦子の遺言」
向田和子著「向田邦子の恋文」など妹さんのエッセイ、姉の思い出を読みあさっています。(今まではエッセイはあまり好きでなかったが、幸田文の娘、青木玉の母、文の思い出や孫、青木奈緒のを読んで以来向田和子の姉の思い出エッセイを読み始めました)

Q読んで「ためになった!」と感じた本を教えてください

最近、小説ではなく哲学書や料理本などにハマってます。
人によっては無駄知識と言うかもしれませんが、人生にちょっと役立つような本を読みたいと思っています。

amazon風に言うならば、カテゴリは、

「歴史」「評論」「人文・思想」「社会・政治」「ノンフィクション」「ビジネス・経済・キャリア」「科学・テクノロジー」「暮らし・健康」「教育学」...

とこんな感じでしょうか。
まぁ要は何でもいいんですけどね(笑

最近はコーヒーの本読んでました。
いろんな知識を吸収するのは楽しいですね。
皆さんおすすめの「ためになった」本を教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

2007年~2008年に発行された本を中心にしました。
「ためになった」とは、回答者(つまり私)にとって何らかの新しい視点を得させてもらった、結論はわからないけれども話題について考えるきっかけを与えてもらった本としました。
内容等については各サイトの記述にゆずります。
本の評価は人それぞれ。個人的判断の集合でしょうから、実際にお読みになってお役に立つかどうかわかりません。参考にしていただけたらと思います。


『日本語が亡びるとき』水村美苗(文学・言語)筑摩書房
http://book.asahi.com/review/TKY200811180120.html
http://booklog.kinokuniya.co.jp/ohtake/archives/2008/12/post_36.html

『日本文化における時間と空間』加藤周一(文明)岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/2/0242480.html
http://hondana.mainichi.co.jp/2007/06/post_c71d.html

『芸術崇拝の思想』松宮秀治(美術)白水社
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=02717
http://book.asahi.com/review/TKY200812090090.html
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2008/12/20081221ddm015070026000c.html

『西洋音楽から見たニッポン』石井宏(クラシック)PHP研究所
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-65954-1
http://hondana.mainichi.co.jp/2007/06/post_1422.html

『原典 ユダの福音書』(宗教)日経ナショナル ジオグラフィック社
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/shop/j/juda.shtml#03

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一(分子生物学)講談社現代新書
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1498916
http://book.asahi.com/bestseller/TKY200707250310.html

『小林・益川理論の証明』立花隆(量子力学)朝日新聞出版
http://book.asahi.com/author/TKY200903040143.html
http://aaa-sentan.org/info/column_090303.html

『ウィキペディアで何が起こっているのか』山本まさき、吉田雄介(メディア)九天社
http://www.9-ten.com/bookdata/2323.php
http://book.asahi.com/review/TKY200807150141.html

『ルポ 貧困大国アメリカ』堤未果(現代社会)岩波新書
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/8/4311120.html
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0801/sin_k395.html
http://book.asahi.com/review/TKY200803040095.html


次の二点は読み較べてみるのも面白いかと思います。ほぼ同時期に出版されたもので、
前者は足で確認してゆくジャーナリストの立場から、後者は博物学の立場からと要約できそうです。

『ジャガイモの世界史』伊藤章治・中公新書
http://www.chuko.co.jp/new/2008/01/101930.html

『ジャガイモのきた道』山本紀夫・岩波新書
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0805/sin_k417.html

2007年~2008年に発行された本を中心にしました。
「ためになった」とは、回答者(つまり私)にとって何らかの新しい視点を得させてもらった、結論はわからないけれども話題について考えるきっかけを与えてもらった本としました。
内容等については各サイトの記述にゆずります。
本の評価は人それぞれ。個人的判断の集合でしょうから、実際にお読みになってお役に立つかどうかわかりません。参考にしていただけたらと思います。


『日本語が亡びるとき』水村美苗(文学・言語)筑摩書房
http://book.asahi...続きを読む

Q向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイは...

轡田隆史さんの“「考える力」をつける本2”という本を読んでいて、向田邦子さんの“字のない手紙”というエッセイが紹介されていました。
全文を読みたいのですが、ネットで探してもわからず、どうやら本の題名ではないような気がします。ご存知の方がいたら教えてください。

ちなみにHPで「向田邦子 字のない手紙」で検索をしたら、上記、轡田隆史さんの本の一部がのっていました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~nna/kanngaeruchikara2.htm

Aベストアンサー

#1で回答したものです。

すみませんやはり勘違いしていたようですm(_ _)m
「眠る盃」という本に載ってるみたいですね。
そしてタイトルは#2さんのご指摘どおり「字のない葉書」だと思います。

自分が昔買ったのが「夜中の薔薇」と「眠る盃」だったので混同していたようですm(_ _)m

参考URL:http://jissen.opac.jp/mukoda/detail.asp?LINK_ID=PUBB&BOOK_ID=3

Q何度読んでも飽きない本

ジャンルを問わず、繰り返し読んで味わえる本を探しています

最近購入して長く楽しめたのは
村上龍の「半島を出よ」です

「ダヴィンチ・コード」も何度も読んで楽しみました

宮部みゆき「ぼんくら」「日暮らし」も良かったです

長編の方が良いのですが
その長さが苦にならず、いつまでも終わらないで欲しいと思えるような作品、ありませんか?

Aベストアンサー

ども、長いのが良いなら時代小説ですけど吉川英治かな、
コミックの「バガボンド」は氏の宮本武蔵からって話ですしね。
ほとんどが新聞連載だったので、細かい盛り上がりがたくさんあって、
長さが苦になりませんよ。

自分的に何度も読み返してるっていうと、
ジャックヒギンズの「脱出航路」
毎回泣ける、毎回興奮する、これぞ海の男の物語。
いわゆる海洋冒険小説の白眉ですな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報