末梢血幹細胞について調べようと思っているのっですが、そもそも末梢血かなんなのかということがわからず、初歩的過ぎるのか本をしらべてもいきなり「末梢血の赤血球は・・・」みたいなかんじで何の説明もなくて困っています。初歩的なことですいませんが、末梢血とはなんなのか教えてください。

A 回答 (1件)

血液は通常骨の中の骨髄というところで製造されます。

子供は全身の
骨で血液を作っていますが、大人は普通背骨、骨盤の骨程度でしか血
液を作っていません。
この骨髄のなかにある幹(かん)細胞が細胞分裂して白血球、赤血球
血小板などに分化していきます。
成長した白血球、赤血球、血小板は全身の血管に流れ出るのですが、
この血管の中に流れている血液を末梢血といいます。
末梢血幹細胞のことをお調べのようですが、これは骨髄移植のことを
調べておられるのでしょうか?
それであれば、PBSCTで調べればかなりでてくるかと思います。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。移植のことについて調べています。歩き出すまえに転んでしまっていたので、ほんとにどうしようかと思っていました。これからがんばって調べます。

お礼日時:2001/09/02 01:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤血球と網赤血球の比重についてなんですが・・・

赤血球と網赤血球の比重についてなんですがどちらのほうが高いんでしょうか?また詳しい数字が分かれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

網赤血球は幼若な赤血球で赤血球全体の1%が正常値
つまり赤血球の方がはるかに多い
網状赤血球数比の上昇は造血能の亢進または赤血球の寿命低下ないし破壊を示唆します

と 学生のころ習った気がする

Qシトルリン血症とガラクトース血症について

教えてください。
1歳になる娘は、シトルリン血症です。
産まれて間もなくガラクトース血症の疑いがあるとのこ
とで大学病院で診て調べた結果そう診断されました。
今、乳糖および乳製品が入っていない食べ物・飲み物で
対応している状態です。
シトルリン血症についてネット等で調べてきましたが、
調べれば調べるほど疑問が出てくる状態になりまして、
乳糖不耐症とガラクトース血症とシトルリン血症の違い
を詳しく分かり易く教えて頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アミノ酸代謝異常ですから、他の疾患とはちょっと違うと思います。それぞれの区別をすることが何か必要なんでしょうか。
特殊な病気ですから、主治医に詳しく聞くことが一番で、このようなところでの質問としては難しすぎるのではないでしょうか。

Q心筋梗塞患者への幹細胞移植。

心筋梗塞の患者に対して、血管形成を目的として
幹細胞移植が行われたと聞きました。
幹細胞は確かに種々の機能を持つ細胞になるうるとは
知っているのですが、血管内に入れただけで
再生する働きを得るのでしょうか?
それとも幹細胞を培養していくときに
何らかの教育(?)がされているのでしょうか?
(そのような教育ができるとしたら驚愕です)
とても気になっております。
ご存知のかた、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すいません。プロの方のようですが・・・・。すごくおおざっぱに書いてしまったのですが、良かったのでしょうか。
因子というのはサイトカインのことです。

もっとこんなんが知りたかったんだよ!という事でしたらすいません。
資料はあるので調べられるだけ調べますが・・・・。

Q黄禹錫教授のヒト胚性幹細胞、存在しなかった?

よろしくお願いします。質問タイトルのような報道がありますが、これは本当でしょうか?確か「サイエンス」に論文が出てこの技術はノーベル賞に値するものとして記憶していますので俄かに信じ難く、実情ご存知のお方がおられましたらお教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのように報道されてますね。

参考URL:http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20051215/20051215a3480.html

Q白斑の新しい幹細胞療法というものが信用できますか?ある友達が白斑で困っているが。 教えてください!

白斑の新しい幹細胞療法というものが信用できますか?ある友達が白斑で困っているが。
教えてください!

Aベストアンサー

最近になって新しく始まった治療法なので、まだ何とも言えませんが、
とりあえず最低限の安全性チェックもなく、行われているわけではないです。
ただ新しい治療なので、ずっと後になって何かが起こる可能性はないわけではないです。
また最初だけに医者も必死であることは考えられます。

http://www.neopolis-clinic.or.jp/stem.html
http://blog.neopolis-clinic.or.jp/archives/51893355.html
http://www.shirono.net/operation/aza/trouble/trouble04.html
http://blog.neopolis-clinic.or.jp/archives/51876314.html

やってみる人が多くならないと、何とも言えるようにはならないと思います。
初期グループの1人になるか、ならないか、だと思います。
幹細胞といってもガン化はしない細胞だそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報