「ブロック機能」のリニューアルについて

JRの特急で振り子式のタイプは乗り心地が悪いです。

振り子式は到達時間の短縮のためにカーブで速度をおとさずに走れる列車ですが、
左右に揺れるので、快適とは言えません。

快適性を無視してまで振り子式車両を導入する必要があるのでしょうか。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

>JRの特急は乗り心地を犠牲にしてまで早くする必要があるか



はいあります。
それは「路線の閉塞区間の占拠時間を短くする」必要があるからです。

基本的に鉄道には各駅停車(鈍行)のものが必要です。すべての駅に止まらないと利益が得られないからで、路線を作る以上沿線に多数の駅を設け、利便性を向上することがもっとも基本的な収益策になります。

しかし、駅間の需要は一定ではなく、ターミナルからターミナル、または接続駅間などは大きな需要があり、ここを早く移動したい人たちがいるので、急行・特急の特別料金を取る代わりに速達性をあげています。

しかし、急行・特急は当然ですが速達性のために少数の駅にしか止まりません。つまり収益の根本である利便性からみれば「多数の鈍行を走らせたいのに、急行・特急が走っているとそれができない」わけです。

だから急行や特急は鈍行に線路を譲り、その隙間で運行することになるわけで、駅や信号所など単線なら閉塞区間、複線なら追い越し施設がある間を可能な限り早く通過する必要があるので、振り子式などにして速度を上げているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2022/02/24 17:51

世の中にはそんなせっかちさんが多いのだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに急がなくても。

お礼日時:2022/02/24 17:52

特急は、乗り心地よりも、移動時間短縮を提供することが目的です。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2022/02/24 17:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング