プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

昔、化学教師から「神経毒は人体の細胞の組成に近いほど体の奥深くまで入り込み重篤な害を与える。そもそも組成が異なるものは重要な場所に入る前にブロックされる」という話を聞きました。

この話は本当でしょうか、具体的な毒とその作用機序、特徴などを挙げて解説していただければ幸いです。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

神経毒と言うことなら、神経伝達物質に近い構造を有し、かつ脂溶性が高い


化合物が一番取り込まれやすいと思います。
その先生がおっしゃったことは、生徒さんに分かり易くしようとして大まかな表現を用いたのだと推測します。薬学部の試験問題の解答とするならまぁまぁ10点満点中5点というところでしょうか・・^^。
    • good
    • 0

「人体の細胞『の組成』に近いほど」, なんだよね. 「人体の細胞『に必須な物質』に近いほど」じゃなく.



どういうものを念頭に置いた話なのかが想像できないなぁ.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

詳細はうろ覚えなのでそんな感じだったかもしれないです…思い当たる話があったら教えていただきたいです…

お礼日時:2022/02/25 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング