また地図について基本的な事を質問します。
 10年くらい前の住宅地図、(古い住宅地図)というのはどうやったらみることができるのでしょうか?
 
 一応、大学図書館に県下の市町村の古いやつはおいているんですけど、私が探している市のはみあたらないんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1のものです。


仕事柄、得意技にしている電話取材を決行いたしました。 結論からいいまして市立図書館にも年度によって存在しないのがあるそうです。その理由は盗難です。政令指定都市の市立図書館は各区立図書館にもおいてあるので充足するそうですが、地方中小都市の市立図書館では盗まれても予算の関係ですぐに補充ができず、翌年度に最新版を購入してしまうため歯抜け状態になるそうです。単年度に同じ住宅地図を複数部購入しても1冊も残らない年もあるそうです。市の資料室は閉庁日の関係で取材できませんでしたが、そこにも無ければ各都道府県立図書館に国会図書館特別貸出しに対応しているかについて尋ね、それでもダメなら上京してください。
 種類;完全回答、回答の自信;大あり です。
    • good
    • 0

残念ながら、発行元にはないはずです。



古い分は、すべて処分していると発行元(ゼンリン)から聞いたことがあります。理由は、現状をお知らせする目的の地図なので、古い分をストックして利用する学術的、資料的な役割は、考えておられないと言うことです。

お住まいの市の一番大きな市立図書館に、問い合わせてみられるのが、一番だと思います。間違いなく持っておられるはずです。

ちなみに、役所や郵便局、会社関係も、現状を知る目的で、もっておられますので、10年ぐらい前のものは、処分されているはずです。(資料として持っておく必要はありませんので)持っておられるとしたら、市の資料室あたりでは、ないでしょうか?
    • good
    • 0

直接、発行元に問い合わせてみるのも良いのではないでしょうか。

バックナンバーを一部コピーして売ってくれるかもしれません。 あとですね、各都道府県の中央郵便局、当該市町村役場や都道府県庁の都市計画関連部署、宅配便の配送センターや同じく土木建設、電気・通信工事業、水道工事の事務所などは古いのを保存している場合もあります。コネを駆使してあたってみてはいかがでしょう。 それでもダメなら上京してください。国立国会図書館にはかなり高い確率で有ると思います。 一般人でも入館できます。   
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィリピン ブラカン州の住宅地図を閲覧できるサイトはありますでしょうか?

フィリピン ブラカン州 住宅地図のサイトはありますでしょうか?

●ブラカン州 マロロス市 CANALATE(カナラテ)の住宅地図
●ブラカン州 CALUMPIT市 BALUNGAO(バルンガオ)の住宅地図
上記2箇所、日本の住宅地図のように住民名・通り名など詳しくわかる地図、サイトなどご存知の方がおられましたらご連絡お願い致します。

有料でもかまいません。

Aベストアンサー

#1さんのご回答の通りです。
フィリピンでは、住宅地図はおろか市街地図ですら大都市のものしか存在していません。

一応地図を検索できるWebサイトを記載しておきます。
実際にご覧になられればお分かりになられるはずですが
どのサイトもせいぜい通り名称までのようです。

http://www.mapcentral.ph/

Enter Keyword:に「CANALATE」、Enter Location:に「city」と入力して下さい。
別のご質問へ回答した衛星写真(wikimapia)近辺が表示されますが、残念ながら通りの名称までになっています。


また、こちらは「フィリピン地図リンク集」になります。
http://www.hir-net.com/link/map/philippines.html

※リンク切れが多いようです。

回答にはなっていませんが、ご参考まで。

Q住宅地図と個人情報

お店で買い物をして届けてもらったときに、ふと思ったのですが、お店では住宅地図(市販のようでした)を持っていて、その地図にはフルネームで自宅が載っており住居表示の住所までわかるようでした。

近年では、ストーカー事件や色々の詐欺事件もあります。自分がどこに住もうと勝手なのに、私に何の断りもなく掲載されているのは何とも不可解だと思いました。ちなみに表札もあげていないので名前は判らないと思うのですが、そうゆう情報はどこから伝わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

住宅地図の作成方法は、まず航空写真から白地図を起こします。
次に、その白地図を持った調査員が、現地を全て実地確認します。

航空地図で、敷地の境界線や建物の平面図は分かりますので、実地調査は、主に住居表示の地番確認と、居住者の社名・氏名の調査となります。

従って、外見からの調査ですので(というより、外部に向かって表示してある「公知の事実」以上の調査はプライバシーの侵害になります)、ご質問のように表札などが全くない場合には、名前の情報は書き込まれないはずです。

但し、この住宅地図の母体は相当昔から存在しており、いわゆる「お米屋さんの地図」といって、お米屋さんの配達に使われていました。
数年毎に情報を再調査して更新していますが、以前にあった情報が、表札での変化がないとしてそのまま残っていることは考えられますね。

Q東京の住宅地図を関西で見たい

東京の国会図書館に行けば
全国の住宅地図(ゼンリン)を見ることができるようなのですが,

関西で東京(23区)の住宅地図(できれば2001年発行)が
見られる図書館とか施設はあるのでしょうか?

国会図書館関西館には住宅地図がないらしく,
かといって東京まで行く費用がないもので・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

少なくとも兵庫県の図書館には ないようですよ。

図書館はその県の住宅地図しか置いてないのですかね。

http://www2.library.pref.hyogo.jp/cgi-bin/ilisod/odplus.sh

下のサイト  ゼンリン の

住宅地図サービスはいかがですか。

私は利用したことがありませんが・・・・・

有料ですが、新幹線代より安いようですね(笑)

参考URL:http://media.ffn.ne.jp/zenrin/

Qゼンリンの住宅地図。 安く売っているところは(中古も)

ゼンリンの住宅地図が古くなり、買い換えようと思ってます。 名古屋市の各区ですが、すべてそろえると大変高額になってしまい迷ってます。
普通、定価より安く買えるのでしょうか。 買えるとしたらどういうところがよいですか。 
今のはあまりにも年が古いので、中古でもよいのでいるところだけ、とも思っていますが、中古市場はないでしょうか。オークションはたまに見ていますがなかなかないので、、、。

Aベストアンサー

たまにBOOKOFFなどに置いてあることもありますので
古本屋を探すのも手かと思います。

参考URL:http://www2.info-mapping.com/bookoff/kensaku/searchshop.asp?fkncode=23,http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/

Qコンビニで住宅地図?

先日、宅配便業者のような人がコンビニのレジの人に「住宅地図を見せて」といいコンビにの人が住宅地図を渡していました。

これってコンビニのサービスなんですか?

私は今度、地域の役員をやるのですが引っ越して1年足らずでまだあまりご近所さんを把握していません。住宅地図を見ることができるなら見たいのですがどこのコンビにでも見せてもらえるのでしょうか?

ちなみに最初に書いたコンビニは家から遠い所だったのですが、このサービスがあった場合、そのコンビニの近辺の住宅地図のみですよね?

コピーを取ったりもできますか?

ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

住宅地図をじっくり見たいのでしたら、図書館に行かれてはいかがでしょう。
地域の住宅地図でしたら、おいてあるはずです。

コピーがとれるかはわかりません。

Qゲームを通して街の活性化を図っている市町村を教えて下さい

私はボードゲームの考案を趣味としています。
そこで、私が考案したゲームを街の活性化に役立てたいと思うのですが、具体的にどのようにすれば良いのかを勉強したいので、彦根市のカロム、平田市の四人将棋の様にゲームに力を入れている市町村をご存知でしたらぜひ教えて下さい。
また、ゲームを通した街の活性化の可能性に対しご意見がございましたらお聞かせ願えませんでしょうか。

Aベストアンサー

ゲームに力を入れている地域ということで思い当たる話
・愛媛県新居浜市 お手玉
・奈良県大和郡山市 金魚すくい
・青森県五所川原市 ゴニンカントランプ

でも行政じゃなく商工会議所や観光協会がやっている事業かもしれませんよ。

Q住宅地図の上手な入手方法は?

 いつもお世話になります。

 ボランティア活動のために住宅地図(全戸の世帯主名が記載されている地図)を必要としています。住宅地図の下見のために先日書店に行きましたが、かなりの高額(8000円)でしたので購入することができませんでした。私はかなりの田舎町に住んでおり、世帯数も少ないにも関わらず、住宅地図って高いものですね。

 もし皆さんが以下の情報をご存じでしたら、知恵をお借りできないでしょうか?

Q1:住宅地図を定価より安く購入する方法がありますか?(いくらか古くても構いません。)あるいは(無理を承知で)無料で入手できる方法はあるものでしょうか?

Q2:住宅地図をコピーすることについてはどのように考えたらよろしいでしょうか?地図には「禁複写・複製」と書いてありますが、個人で使う範囲であれば何枚コピーしても構わないのでしょうか?それとも何らかの法律に抵触しますか?

 以上の点についてご存じの方がおられましたら教えてください。お手数をおかけします。

Aベストアンサー

ゼンリンの住宅地図ですね。
あれは、そんなに部数が売れるわけではないので、料金が、高めに感じるのは、無理もないですね。
あの地図、昔は、本で、製本してありましたが、最近の物は、バインダー式になってまして、非常にコピーがしやすくなっております。
あと、法律的ですが、当然、購入者が、コピーして、自分で使う範囲では、許容範囲だと思います。
でも、購入者以外が、コピーして使うの違法だと思います。でも、そんなこと、気にしてる人は?
あと、住宅地図をもっていそうな所は、いっぱいありますよ。
既出の不動産屋とか、田舎でしたら、配達するような商売をやっている所は、持っているお宅は、多いです。
すし屋、電気屋、仕出し屋、出前をする飲食店・・・
私の実家も、配達を多少するので、ゼンリンの住宅地図がありますよ。
身近な所をあたってみてはどうですかね。
あと、住宅地図を安く手にいれるには、地元の掲示板などで、書き込みされては、どうですか?
住宅地図は、4年?(適当です)置きぐらいに、新しいのが、発売されます。ですから、毎回購入している所は、古いのが不要になります。
事情を話せば、無料でくれる所もあるかもしれません。
あと、ボランティアでしたら、行政に相談すれば、古いのくれたり、商工会などを紹介してくれるかもしれません。
古いのをもらえれば、合法的に、コピーし放題ですね。

ゼンリンの住宅地図ですね。
あれは、そんなに部数が売れるわけではないので、料金が、高めに感じるのは、無理もないですね。
あの地図、昔は、本で、製本してありましたが、最近の物は、バインダー式になってまして、非常にコピーがしやすくなっております。
あと、法律的ですが、当然、購入者が、コピーして、自分で使う範囲では、許容範囲だと思います。
でも、購入者以外が、コピーして使うの違法だと思います。でも、そんなこと、気にしてる人は?
あと、住宅地図をもっていそうな所は、いっぱいありま...続きを読む

Q古い地形図の入手方法

現在発行されている国土地理院の地形図よりも古い(昭和30年ころ)の地形図を入手したいのですけれど,どのようにすれば入手できるかご存知の方は教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの回答にあるとおり、国土地理院で旧版地図の謄本(コピー)が入手できそうです。
以下のURLを参考にしてください。

http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/koufu.html

これによると郵送でも大丈夫なようです。

図歴はこちらで探してください。

http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/5-25/index5-25.html

参考URL:http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/koufu.html,http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/5-25/index5-25.html

Q住宅地図と市街地図

住宅地図と市街地図とはどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

 住宅地図は、都市計画図など自治体や国土地理院などが作成した地図を元に、表札情報を追加した地図です。なので、地図表記の基本は守られています(北は上にするとか)。
 最大手のゼンリンの場合、大規模な都市部では、毎年、半年くらいかけて全戸の表札を調査しています。このため表札が確認できなくなった場合などは、住んでいる人と、住宅地図上の表記が異なることもあります。
 まあ、細かいミスなどはありますが、住所から場所を特定できる地図は、これしかないですね。
 

Q新興住宅地の地名は?

以前から疑問に思っていることがあります。
大都市近郊の戦後に開発された新興住宅地によくある、○○ヶ丘とか××台、△△平などの地名は、誰が名付けて、公的機関に登録し、どのようにして地図や郵便番号簿載るのでしょうか。そういったしくみや、システムをご存知の方、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「公示(→公聴会→)市町村議会承認議決→都道府県知事届出・報告(&関係行政機関通知)→都道府県知事告示」の流れで新しい名称が決定される訳ですが、実際には前提として地元住民・開発業者側から新地名の提案がなされたり、あるいは行政側が積極的に動くことも多くあって、地元町会・自治会の代表者などで構成される町名策定委員会などを組織して意見を求めたり、市区町村会議員・関係行政機関職員・学識経験者・市区町村職員等で構成される地元協議会などの答申を受ける形で進むのが一般的です。
新しい名称を付けるあたっては、市区町村内や近隣地域に同じような町名がないことに留意しながら、当該地域の歴史・伝統・文化の中で由緒ある名称や、多くの人が親しみやすい名称を選択するのが原則のようですが、ニュータウンなど複数の町にまたがるような広範囲に新しい名称をつける場合には、周囲の状況に調和するような全く新しい名称の町が誕生する場合もあり、地元住民側でも推進派と由緒ある地名の存続派との間で意見の対立が見られる事も多いようです。

町名などの変更に関しては、既存の土地の地番をそのままにして町名・街区符号・住居番号を付する「住居表示実施」の方法と、土地区画整理法などに基づいて既存の土地の地番と一緒に改める「町名地番変更」などの方法があります。
元々は、登記簿上の土地所在地番、戸籍簿上の本籍所在地番、住所所在地番等は共通の番号が利用されていましたが、土地区画の分筆・合筆(分割・合併)などが度重なる事で複雑化して、建物を基準とする住所(町名・地番)との対応関係が混乱してきたことから、改めて住所を基準として既存のものを変更し、またそれに留まらず、区画整理や新たな住宅開発などにともなって「住居表示実施」又は「町名地番変更」が施行される機会が増加しました。

なお、たとえば大手開発分譲業者が、いわゆるブランド名的に「○○ヶ丘とか××台、△△平」と銘打って分譲を開始しても、手続を経て行政区画としての正式地名(町名)になる場合もあれば、地元で慣れ親しまれれることで正式名称とは別に単にその辺り一体を指す地域名として残る場合もあります。

最後に基本となる根拠条文などを示します。

○地方自治法
(昭和22年4月17日法律第67号/最終改正:平成14年7月12日法律第87号)
第260条 (市町村区域内の町または字の区域・名称)
第1項 政令で特別の定をする場合を除く外、市町村の区域内の町若しくは字の区域をあらたに画し若しくはこれを廃止し、又は町若しくは字の区域若しくはその名称を変更しようとするときは、市町村長が当該市町村の議会の議決を経てこれを定め、都道府県知事に届け出なければならない。
第2項 前項の規定による届出を受理したときは、都道府県知事は、直ちにこれを告示しなければならない。
第3項 第1項の規定による処分は、政令で特別の定めをする場合を除くほか、前項の規定による告示によりその効力を生ずる。

○住居表示に関する法律
(昭和37年5月10日法律第119号/最終改正:平成11年12月22日法律第160号)
第5条の2(町又は字の区域の新設等の手続の特例)
第1項 市町村長(特別区の区長を含む。以下同じ。)は、第2条に規定する方法による住居表示の実施のため、地方自治法第260条第1項の規定により町若しくは字の区域の新設若しくは廃止又は町若しくは字の区域若しくはその名称の変更(以下「町又は字の区域の新設等」という。)について議会の議決を経ようとするときは、あらかじめ、その案を公示しなければならない。
第2項 前項の規定により公示された案に係る町又は字の区域内に住所を有する者で市町村の議会の議員及び長の選挙権を有するものは、その案に異議があるときは、政令の定めるところにより、市町村長に対し、前項の公示の日から30日を経過する日までに、その50人以上の連署をもつて、理由を附して、その案に対する変更の請求をすることができる。
第3項 市町村長は、前項の期間が経過するまでの間は、住居表示の実施のための町又は字の区域の新設等の処分に関する議案を議会に提出することができない。
第4項 第2項の変更の請求があつたときは、市町村長は、直ちに当該変更の請求の要旨を公表しなければならない。
第5項 市町村長は、第2項の変更の請求があつた場合において、当該変更の請求に係る町又は字の区域の新設等の処分に関する議案を議会に提出するときは、当該変更の請求書を添えてしなければならない。
第6項 市町村の議会は、第2項の変更の請求に係る町又は字の区域の新設等の処分に関する議案については、あらかじめ、公聴会を開き、当該処分に係る町又は字の区域内に住所を有する者から意見をきいた後でなければ、当該議案の議決をすることができない。
第7項 市町村の議会は、第2項の変更の請求に係る町又は字の区域の新設等の処分に関する議案について、修正してこれを議決することを妨げない。
第8項 第2項の市町村の議会の議員及び長の選挙権を有する者とは、第1項の公示の日において選挙人名簿に登録されている者をいう。

「公示(→公聴会→)市町村議会承認議決→都道府県知事届出・報告(&関係行政機関通知)→都道府県知事告示」の流れで新しい名称が決定される訳ですが、実際には前提として地元住民・開発業者側から新地名の提案がなされたり、あるいは行政側が積極的に動くことも多くあって、地元町会・自治会の代表者などで構成される町名策定委員会などを組織して意見を求めたり、市区町村会議員・関係行政機関職員・学識経験者・市区町村職員等で構成される地元協議会などの答申を受ける形で進むのが一般的です。
新しい名称を付け...続きを読む


人気Q&Aランキング