プロが教えるわが家の防犯対策術!

戸建てを購入したいと思っています。
不動産に行き話を先日聞いてきたのですが、住宅ローン控除が去年は1%だったが今年は0.7%になってしまった。来年度はそもそもこの制度が無くなるかもしれないと言われました。これは本当ですか?
0.7より上がることはもう無いから今年に購入してしまった方がいいですか?
分かる方教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

建築関係の仕事をしているものです。



これは本当ですか?

本当です。
ただ、目が飛び出るほどの違いではないので、ここを購入の切っ掛けとするようなことではありません。

住宅購入は人生最大の買い物です。
目先の事にとらわれず、家族が幸せに暮らせる住宅を選べる(建てる)ように検討することが大切です。

だいたい、住宅購入で焦って良いことは一つもありません。
営業マンは焦らせて、すぐにでも契約を取ろうとしますが、そういう営業マンは「売る」事しか考えていません。

存分に検討してから購入してください。

参考まで
    • good
    • 2

https://finance.recruit.co.jp/article/n061/
令和7年(2025年)まで内容を変えて制度は延長。
1.0%と0.7%の差って、ローン残高が3000万として、9万円/年しか変わらない。
もちろん無いよりマシだが、控除を狙って早めたり遅らせたりで家を買う人はそういないと思う。
この程度の数字は資材や人件費、土地の価格の変動で軽く飲み込まれてしまう。
最初から建てると決めていた人はタイミング的にラッキーな制度と思うが。
ローン残高が3000万レベルなら5000万くらいの物件だろう。
1%値上げすれば50万円(+税)の負担upだ。
欲しいタイミング、買えるタイミング、目当ての物件が出たタイミング、などで決めるのでは?
経済はインフレ誘導と思うので、これからは値上げしかないと思う。
あとローン残高って年々減っていくよね。
逆ザヤを無くしたわけで金利と相殺できないよ。

住宅産業はとても裾野が広い業界で、政府は住宅建設を活発化させたいわけ。
減税相当額は建設に伴う様々な税収、例えば消費税、請け負った業者の法人税や労働者の所得税、トータルで楽に回収できるだろう。
地方自治体は新たな固定資産税の税源ができる。
家を建てようか迷っている消費者に、所得税の減税と言うアメで釣って、迷う背中をに押したいわけ。
控除額を増やすために過大なローンを組んで(笑)結果、返済できずに自己破産から競売に進めば中古住宅の市場も活性化できる。
政府は消費者がローンの返済に行き詰まろうが、どんどん金を借りて世のカネを動かして欲しいわけだ。
金融機関も担保を超える融資はしないので自己破産されても痛みは無い。
ゆえ、現金で買う人には減税しない(笑
    • good
    • 0

>去年は1%だったが今年は0.7%になってしまった…



令和3年1月1日から令和4年12月31日までの2 年間は同じです。

(中程の表)
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング