プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

戦争を起こしたのはロシアが悪いですが、そこまでの経緯を見たら明らかに欧米が悪いですよね?
なぜ日本人は欧米側の情報だけを鵜呑みにしてるんですか??
ソ連崩壊時、ロシアはWTOを解体した代わりにNATOの解体を求めましたが欧米をこれを拒否しました、しかしその代わりにNATOはそれより1インチもNATOを東側に拡大しないと当時の米国務長官が約束しました。
しかしそれからNATOは東への拡大を続け、最後の緩衝地帯であるウクライナまでもNATOに取り込もうと画策を続けました。

約束を破り続けてロシアを挑発し続けてきたのは欧米です、 日本が太平洋戦争に突入したのは、ハルノートとABCD包囲網で戦争に突入せざるおえない状況に追い込まれたからです、
欧米はこの頃となにも変わっていなく、同じようにロシアとの約束を破りNATOの東側拡大を続けてきました。
さて戦争の危機を高めてきたのは欧米なのかロシアなのか、欧米好きな皆さんも一度考えてみてはどうですか??

教えて!goo グレード

A 回答 (15件中1~10件)

あなたの意見に賛成する者です。


あなたの言ってるとおり
今回、戦争を起こしたロシアは当然、悪い!
欧米の行動に大問題がある!

私がロシアのボスでいたとするなら戦争をする前に
ロシアの発展のためにウクライナとの関係の改善
新しく他国にロシア連盟としてのNATO同等以上の加盟国安全強化に
重点を置き欧米を悔しがらせることを実行します。

これ以上、可哀想な方が増えないことを願うばかりです。
    • good
    • 3

質問者みたいな意見は時々見かけるのですが、欧米とロシアという二元論に終始していて、東欧諸国もウクライナも立派な主権国家であることを忘れているのは間抜けでしかありません。

    • good
    • 8
この回答へのお礼

忘れてないですが、強大な国に挟まれた小国がそうなるのは仕方ないです。それだけの事、

お礼日時:2022/03/01 19:09

残念ながら、演習と偽って大兵力を集結させてからの侵攻、という時点で、ロシアの立場と正当性は全て吹っ飛んだも同然です。



結末がどのようになるかは不明ですが、軍事侵攻はやめろと各国首脳からも諌められていたところなのに今回の侵攻ですから、マスコミがさかしらぶって盗人にも三分の理を唱えても反感を持たれるだけ、ということでしょう。

加えて、オイオイ今年は2022年であって1938年39年じゃないぜ、と言いたくなるようなナチスドイツそっくりの構図によるウクライナ侵攻ですから、余計にロシア側の理は耳に入りにくくなっているのではないでしょうか。
ウクライナの非ナチ化、というロシアの要求がロシアンジョークにしか聞こえないくらいナチスドイツ的な手口ですし。
    • good
    • 9

ウクライナはミンクス合意を守らない。



ロシアはブダペスト合意を守らない。

欧米は、NATOを拡大しない、とした
約束を守らない。



そこまでの経緯を見たら明らかに欧米が悪いですよね?
 ↑
国際間に善悪などありません。
約束を反故にするのも珍しく
ありません。



戦争の危機を高めてきたのは欧米なのかロシアなのか
 ↑
欧米です。
ロシアは防衛しようとしているだけです。
つまり、防衛的侵略です。

欧米はチャンスとばかり、ロシアを
叩いているのです。

こういうシビアな国際関係において
未だに自衛隊は合憲か違憲か、なんて
やっている日本は、頭がオカシイのです。
    • good
    • 10

これまでの状況で言えば東部地域に大幅な自治権を認めたミンクス合意をまもらなかったウクライナ、合意を迫らなかった国際社会にも責任はあるでしょうね。

それは質問者さんがおっしゃるとおりです。

またNATOを東方に拡大しないという約束を反故にした西側世界にも責任の一端はあるでしょう。ロシアが危機感をもつのはそれなりにわかります。NATOが昔はソ連、今はロシアを仮想敵国として見ていることも事実ですから。このあたりの丁寧な報道が不足しているというのは事実です。

ただね、旧東欧諸国からみると西欧は豊かなのですよ。ですからEUにはいりたい、ロシアの影響力に対抗するためにもNATOに加入したい、このような動きがでてきていたのはある意味で自然なのです。

裏でアメリカや西欧の動きがあったのかもしれません。それにのせられた面もあったのかもしれません。しかしロシアがそれだけの周辺国に対する魅力を発信できなかったのも事実でしょう。

先に述べたようにミンクス合意をまもらなかったウクライナ政権の問題はありますが、軍事介入はミンクス合意そのものの公然たる否定です。ですから質問者さんがおっしゃるように現段階では圧倒的にロシアに非があるといわざるを得ません。
    • good
    • 8

>最後の緩衝地帯であるウクライナまでもNATOに取り込もうと画策を続けました。



それは誤解だ。NATO加盟は、ゼレンスキーが勝手に要求しているだけでNATOは何にもしてない。NATOと関係なくNATOの加盟国が煽った可能性はあるけど。

ウクライナのNATO加盟、進展していない=ゼレンスキー大統領 _ ロイター
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-ze …
    • good
    • 3

ウクライナはソ連時代に、農作物ありったけ奪われて大飢饉になっている。


国民の10人に1人が餓死したと言われる大飢饉。
それで大量に死んだ東部に、ソ連本邦からロシア人を大量入植させたのが今の東部2州。

戦後に日本兵はシベリア抑留させられたが、日本兵の隣ではウクライナの人々も強制労働させられていた。

要するにウクライナは歴史的に、ソ連の奴隷としてコキ使われまくってきた歴史がある。これはウクライナだけじゃなくて、ポーランドなどソ連の周辺国は大抵ソ連にコキ使われてきた血の歴史を持っている。

そうした国々がロシアに対抗する手段として NATO 加盟を望んでいるなら、加盟したい国が加盟する事に何の問題がある? ロシアが東欧諸国の宗主国として、ふるまう事に無理がある。
    • good
    • 7

> 明らかに欧米が悪いですよね?



NATOに一切の問題がないとは言わないけど。
さすがに「明らかにNATOが悪い」は、明らかに言い過ぎでしょう。

なぜなら、WWⅡ後の世界秩序や利権構造は、主に西側陣営によって作られ、守られて来たものなので。
実際、ウクライナ情勢に関しても、プーチンは「常に西側が合法なのか?」と言ってますけど、「残念ながら、そう言うことだねぇ」としか言えませんよ。

すなわち、西側はルールを作ったり、それを守る側の陣営で、、旧ソ連時代を含めロシアや、近年、台頭してきた中国などは、その西側陣営が作った秩序や利権構造に逆らい、覆したいとか破壊したい勢力です。
そもそも「革命」のお国柄なんだから、それも当然ですけど。

また、NATO不拡大の約束があったかどうかはさておき、あったとしても、条約でも無い口約束の世界でしょ?
情勢が刻々と変わる中、未来永劫、口約束が有効な筈もありません。

更に言うと、どちらかと言えば、口約束どころか条約などの違背するのは、ロシア(や中国)の十八番だし。
表向きは別として、西側陣営に敵対する勢力に対しロシアは、常に「影」や「裏」で支援したりもしてます。
まあ、西側も全く工作してないとは言いませんけど、ロシアの工作に比べりゃ、可愛いもの。

そんなロシアに対し、旧ソビエト連邦を構成していた国も含め、欧州諸国はロシアへの不安や警戒感を強めて、続々とNATOへの参加を希望し。
NATOが積極的に勧誘した訳でもなく、単に「門戸を開いている」だけです。

たとえば台湾情勢において、
日米など西側は、これまで中国に配慮して、基本、二つの中国を認めない方針であり、中国と暗黙の了解(口約束)があったと言えますが。
今般、日本やアメリカが、台湾を国家承認してはダメですか?
未来永劫、中国に配慮すべき?

それと最後に、ウクライナ情勢に話を戻せば、ウクライナがNATOに強く接近するキッカケを作ったのも、ロシアによるクリミア半島への侵攻です。
それ以前は、ウクライナのNATO加盟賛成派は、少数派だったんだから。
    • good
    • 7

AIを使った自律型ドローンで自動的に敵を攻撃したニュースは衝撃的だったので覚えてますが、それがウクライナだったのは忘れてました。

非人道的兵器だと思います。
    • good
    • 3

別にNATOは東に拡大してきたわけではないと思うよ。

旧東側国家が露を見限ってNATOについただけのことだろう。そりゃロシアにとっちゃ約束破りかもしれないけれど、挑発だと切れる前に見限られた自身を見直せばいいと思うんだけど。
 別に欧州が正しいと思ってるわけではないけれどね。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング