社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

戦争を止めることは極めて重要です。また、アメリカがウクライナ侵攻について非難するのは心強いです。

しかし、今回同様、グレナダ侵攻では国連で非難決議がされました。他にも、大量破壊兵器の見つからなかったイラク戦争とその後の処理(特に石油利権など)。西側諸国についても、ロシアにそこまで強く言えるだけの権利があるのでしょうか?過去の反省を未だにしていない状態ですよね?
個人で例えれば、俺はやって反省せず利益は享受してるけど、お前はやったらアカン。みたいな感じで強い違和感を感じるのです。

また、日本にしてもイラク戦争は支持しましたが、その反省はしてないような気がしています。

戦争は、止めなければならないし、真正面から敵対して、武力で止められるのはおそらくアメリカを中心とする西側諸しかいないと思います。ただ、歴史を見ると疑問に思っています。

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

戦争を始める国にはそれなりの「理由」がありますが、それがいつも正当な理由であるとは限りません。

でも常に世界は動いています。メンツもありますから、表立って「反省」する国は少ないですね。
今回のロシア対ウクライナの戦いに限って言うと、ロシアを批判していない国は「中国、インド、ベラルーシ、北朝鮮、エリトリア、シリア」など数えるほどしかありませんでした。
米国は戦争を予期してその準備を怠りませんでした。数多くの先端的な武器を用意してウクライナに与え、戦闘の準備のための多数の指導員も準備しました。何百万人もの避難民をポーランド他が受け入れています。プーチンは心の病にかかっているとのレッテル貼りも準備したようです。
過去の反省がすまない間は次の戦争は始められない筈とのあなたの言い分は誰が指示するのでしょうか?私には良くわかりません。
    • good
    • 0

国家間の物言いは同じ価値観を共有していて初めて成立するものですから価値観の違いを分かってない状態でのその物言いがどれだけ無意味なのか分かってないですよね。

それなのに過剰に制裁だのパラリンピック排除とか余計に価値観をずらす行動したら本当に戦争一直線になりそうでバカな指導者が多いと世界が混迷するなぁとしみじみ感じています。

ここまで来たらなるようにしかならない気がするのでとばっちりを食らわないように日本はあまり関与しないで欲しいですよね。よその国の痴話喧嘩に首を突っ込むな!と言いたい。
    • good
    • 0

アメリカのダブルスタンダードなんて日常茶飯事、今頃問題にする方がおかしい。

 それにアメリカのポチである日本がアメリカが主導したイラク戦争に反対できないのは当然の話。 もっと大人になりなさい。
    • good
    • 0

そう、おかしいです。

ロシアのウクライナ侵攻とNATOによるコソボ紛争介入はどこが違うのですか。アメリカがどっち側の立場かというだけの違いだと思います。ゼレンスキーが露・仏・独が協調介入して結ばせた停戦合意を踏みにじって、内戦を激化したことがロシアのウクライナ侵攻を招いたのではないでしょうか。ご都合主義のアメリカに無批判に追従することで平和が回復できるとは思えない。平和というならウクライナ内戦を止めさせないなら意味ないと思います。
    • good
    • 1

西側諸国についても、ロシアにそこまで強く言えるだけの


権利があるのでしょうか?
 ↑
権利も資格もありません。
歴史を見れば判ります。
西欧の方がはるかにヒドいことをして
来ました。



過去の反省を未だにしていない状態ですよね?
 ↑
過去といえば植民地政策ですね。
アフリカや中東が、年中ゴタゴタして
いるのは、西欧の植民地政策の後遺症です。
彼らは反省するどころか、未開人に文明を
与えてやったと、公言しています。



個人で例えれば、俺はやって反省せず利益は享受してるけど、
お前はやったらアカン。みたいな感じで強い違和感を感じるのです。
 ↑
強盗犯が強盗は悪い事だからやめろ
と強盗犯に言っているようなものです。
内容は正しいけど、彼にはその資格が
ありません。



また、日本にしてもイラク戦争は支持しましたが、
その反省はしてないような気がしています。
  ↑
日本だけ反省する訳にはいかんでしょう。
事の善悪を正すより、欧米側についている方が
はるかに国益になります。



戦争は、止めなければならないし、真正面から敵対して、
武力で止められるのはおそらくアメリカを中心とする
西側諸しかいないと思います。ただ、歴史を見ると疑問に思っています。
 ↑
同じ事は中国にも言えます。
中国は人権を侵害している?
欧米人が中国、アジア、アフリカ、中東になにを
して来たのか。
どの面下げて、中国を非難しているのだ。

と、人民日報の記事にありました。

人権侵害を非難するのは正しいけど、
お前等にその資格があるのか、という
ことです。
    • good
    • 2

つまり、(ナチス)ドイツ、(大)日本(帝国)、


植民地政策をとったイギリス、オランダ、フランス、
かつての大国 イタリア、トルコ、
大航海したスペイン、ポルトガル・・・
みんな黙っとれって事ですか?
お互いエゴを出しつつバランスをとっていくのが自然な形だと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大航海時代などは古すぎでしょう。当事者がもういません。
グレナダ侵攻はアメリカの話で、1983年のことで最近の話です。その当事者も極めて多く生きています。
その責任を取った上でエゴを出しつつもバランスを取っていくのが自然ではないかということです。
なお、例えば、日本についてですが、1945年の終戦から、過去の謝罪や賠償などしています。また、憲法にしても過去を反省して憲法まで改正しました。この様な責任を取り、その後、侵略した国への補償を行い、今なお相手国が望む形で支援を行っています。

お礼日時:2022/03/05 16:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング