色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

株式投資に詳しい方、宜しくお願いします。
株式投資ド初心者です。

「安くなったら買いで、上がった時に売る」というのが取引きの基本だと思っていたのですが、今日順張りと逆張りという言葉を知りました。

素朴な疑問なのですが、「順張り」は、上がっているところで買って、下がったら売るということのようですが、まったくもって意味が分かりません。

それをやったらマイナスじゃん…と思ってしまいます。

そして今日まで私は、逆張りをやっていたことになります。

上がっているところで買って、下がってるところで売って、どうして利益が得られるのでしょうか。

本当に不思議です。
分かりやすく教えていただけると助かります。

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

順張り逆張りというのはあくまで相場のトレンドに対してどういうポジションを取るかという話であって、売り買いの実際のタイミングではありません。

世の中が買う方向に流れてるのにそれでトップを予想して逆に張るという行為は、世の中の大半の流れに反する行動であって、それ自体はリスクが伴う行為であるのは当たり前です。一方で、高値掴みする人が多いってのは上がり切ったタイミングで遅れて入ってくるから”養分”になるというだけであって、それはやり方の問題です。

物事の売買戦略は基本的には順張りであって逆張りは自分だけ出し抜いてやろうとして取る戦略なのではっきり言って上級者向けです。とはいってもトレンドにもいろいろあるので短期、長期、スイング、デイトレ、分単位秒単位でのスキャルピングなど見方によって変わるので明確な基準はありません。

極端な話、株式市場ってのは基本的に長期的には成長している方向に向かってるので、SP500などの株価は長期投資では上昇し続けています。よって、押し目買いという戦略はあくまで短期的なイベントによるボラで安いタイミングを狙って買う”順張り”の一種であって、短期的に下に向かってるのにあえて買い増ししてるから逆張り、ではないのです。一方で、短期的に下がったタイミングで下がったからすぐ戻るだろうと想定して買って、実際に戻ってきたらすぐに売却するなら、それは単なる短期での”逆張り”です。

要するに、何をどう想定してるかによるのですが、↑で説明した通り順張りは世の中の大きな流れに乗っていくことを前提にしてるのに対して、逆張りは自分が先読みをすることで優位性を取ろうとする戦略です。よって、素人が世の中の流れに反するポジションを取って出し抜こうなんてのは一般的に考えれば難しく、一般的には上級者向けになるのが自然だと思います。
    • good
    • 1

上がっているところで買って、下がってるところで売って、


どうして利益が得られるのでしょうか。
 ↑
信用売りのことですか。

普通は買ってから売りますが、
売ってから買う、という方法が
あるのです。

100円で売り、50円で買えば
差額の50円が儲けになります。
    • good
    • 1

>「安くなったら買いで、上がった時に売る」というのが取引きの基本


取引の基本は「安く買って、(それより)高く売る」か「「高く売って(それより)安く買う)」ですが、「安く買って持っている」というのもあります。

順張りは、株価が上昇してきた時にその勢い、トレンドに乗って買って、さらに高いところで売るという形です。

逆張りは下落したところを買って反発したところを売る形です。

「「高く売って(それより)安く買う」は信用取引で株を借りてきて、先に売っておいてから(空売り)買い戻す形です。

どういう形がいいかはそれぞれの好みもあり、その時の状況次第で結果的にどちらがよかったかというのは違ってきますから、あらかじめこれが正しいというのが決まっているものではありません。
    • good
    • 2

> 「安くなったら買いで、上がった時に売る」というのが取引きの基本


その通りです。

> 順張りと逆張りという言葉を知りました。
順張り …株価上昇中に買いを入れること。
逆張り …株価が下落中に買いを入れること。

順張りは、
さらに上がるから、
大量に買いを入れてさらに株価上昇(と言う操作の結果)、
これを期待してのことです。

逆張りは、
安い内に買いを入れて、今後の値上がりを待つ、という以外に、
このまま下がり続けて、損失が増えるだけ、と言うリスクもあります。

順張り/逆張りとは、投資の基本、という意味ではなく、
どの時点で買うのか、と言う行動の区別を言います。
    • good
    • 2

順張りはトレンドフォローと言いまして、上昇期に買って上昇期に売るトレンドの波に乗る投資法です。


上げ基調の時は買ってから上がることがあり市場全体のトレンドに支えられて上値を試します。
一方で逆張りはリターンリバーサルと言いまして、高値の銘柄に注目して下落時に買ったり、下落する中で空売りを掛けるというトレンドの逆を狙う投資法です。

>上がっているところで買って、下がってるところで売って、どうして利益が得られるのでしょうか。
正しくは上がる勢いに乗ってエントリーしてさらに上昇して売り抜けるというのが順張り、すなわちトレンドフォローです。

ただ、相場は上げ下げを繰り返すバイオリズムを形成しますので、トレンドフォローは高値つかみにもなるので、慎重さが重要と考えられます。
    • good
    • 1

> 「順張り」は、上がっているところで買って、下がったら売る


違います。
上がり始めたら買って、そろそろピークだと思ったら売る。
見極めが大切。
    • good
    • 1

こんばんは。



通常は株を買って、利益が出たら売るというのが普通ですが、信用取引で
逆に先に株を売って(イメージし難いですが)値段が下がったら、買うと
いう事ができますね。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/speci …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング