電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

2021年9月1日から今日に至るまでの日経平均株価の推移について、
思うことを具体的に述べて下さい。
できれば、それが自分たちの生活にどのような影響をもたらしているのかについても言及していただけると幸いです。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

2021年の2月21日の高値30714円から8月16日には26954円のボトムを付け、そこから23営業日後の9月13日には一気に半年分の下げ幅を抜いて30795円の戻り高値。


再びアノマリー通りのダブルボトムで前回安値を下抜けて、このタイミングでロシアのウクライナ侵攻ですから株価はボラ高の状況で下げを強くする状況ですね。
プーチンが核をチラつかせたり、原発への攻撃をし、世界全体に脅威を与え、世界の株式市場に同時株安を誘導しています。
世界がロシアに経済制裁を与えて金融封じ込めや輸入停止などに踏み切る中、様々な弊害が出て、原油は高騰し、電力・ガス等のエネルギー供給が悪化し、家庭の電気代は高騰、インフレ傾向は続き、日本経済も鈍化する状況です。
2020年の3月のコロナ禍の大底から復調し、昨年末には日本人の金融資産2000兆円突破で、バブル期を大きく超える状況で、大きな格差が生じています。
昨年末までに資産が拡大した世帯は現金を抱えており、狼狽売りに下がる相場で、木に登ること無く手元に実が落ちてくる中、現在拾っている状況と言えるでしょうね。
3月末配当権利で割安高配当銘柄獲得に動く、投資家の冷静な判断が伺えます。
今が売り時と考える人と、今が仕込み時と考える人のマインドの乖離が格差となっているのでしょうね。
    • good
    • 0

>思うことを具体的に述べて下さい



「もうちょっとがんばりましょう」

>自分たちの生活にどのような影響

「おれももうちょっと頑張ろう」とやる気を喚起
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング