公営交通職員は地方公務員ですよね、となるならば、公務中に「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?
ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

95条で言う「公務」がいわゆる権力的公務


(たとえば警察や裁判所のように、国民に直接何かを強制できるもの)
に限定されるのかどうかは刑法論での一大論点ですけど、
ここは通説判例の「権力的公務に限定されない」って基準で、
市営バス運転手のバス運転も公務と考えていいでしょう。

また、公務執行妨害罪を定めた刑法95条は、単に公務の執行を妨害することだけじゃなく、
その手段を「暴行又は脅迫」に限定していることに注意が必要です。
従って、暴行、脅迫にならないような方法での妨害は公務執行妨害罪になりません。

で、その場合に業務妨害罪が適用できるかどうかもまた各説ありますが、
平成12年2月17日最高裁決定の判断では
「権力的公務なら不成立、非権力的公務なら成立」とされています。
(権力的公務だと、妨害に対して一定の抵抗が可能だからわざわざ犯罪とする利益がないって論理)

以上をふまえると、

>「たとえば市バス運転中」に乗客その他第三者から明らかに違法な業務妨害を受けた場合「公務執行妨害」になるのですか? それとも「威力業務妨害」になるのですか?

バスの運行についてなら、道路運送法も見ないといけないですが、とりあえずおいといて…。

まず、市営バスの運転という職務は、まぁ公務といえるでしょう。

次に、その妨害の手段が「暴行又は脅迫」にあたるかどうかが1つの基準になります。
暴行又は脅迫でなければ、公務執行妨害罪は不成立です。
逆に公務執行妨害罪が成立する場合は、業務妨害罪や威力業務妨害罪を考える必要はありません。
暴行又は脅迫によらない妨害なら次は偽計業務妨害罪や威力業務妨害罪を考えることになります。
(で、そこまで行かなくても、バス運行の妨害だと道路運送法27条や104条が出てくる)

>ついでにすいませんが「威力業務妨害」と「偽計業務妨害」の違いも素人にわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

一般的な説明としては「何らかの実力行使によって、業務をやろうとする人の意思を押さえつける」のが「威力」です。
一方、人を騙したり誘惑したり、人の勘違いや知識不足などを利用するのが「偽計」です。

もう少しぶっちゃけた言い方をすれば(ぶっちゃけすぎかもしれないけど)
「人がきちんと業務をやろうとしている、もしくはそれを業務と思わせて、結果として業務を失敗させる」
のが偽計。
(たとえば売り場の布団に針を混入させる、ライバルの新聞社を妨害するために紛らわしい名前で新聞発行するなど)
「そもそも人にきちんと業務をさせない」のが威力。
(たとえば食堂で怒鳴り散らして騒然とさせる、上司の机の引出しに猫の死骸を入れるなど)

こんな感じでどうでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nep0707さん 大変わかりやすくお答えいただきましてありがとうございました。今後の職務に活かしていきたいとおもいます。感謝いたします。m(。._.。)mペコッ

お礼日時:2005/03/29 22:12

まず最初に威力業務妨害罪と偽計業務妨害罪の違いについて説明します。


ともに業務を妨害する罪ですが(「業務」「妨害」についても諸説ありますが今回は説明を省きます)、威力業務妨害罪は「威力」を手段とする点、偽計業務妨害罪は「偽計」及び「風説の流布」を手段とする点で両者は異なります。
「威力」とは人の自由意志を制圧する勢力をいい、暴行脅迫のほか地位・権勢等も含みます。
「偽計」とは人を欺もうし、あるいは人の不知・錯誤を利用することをいい、「風説の流布」は客観的真実に反する噂や情報を不特定多数の人に伝播することをいいます。
難しいのは「威力」と「偽計」の違いだと思いますが、わかりやすく言えば、目に見える形で業務を妨害するのが「威力業務妨害罪」、逆に目に見えない形で業務を妨害するのが「偽計業務妨害罪」となります。例を言えば、食堂に蛇をばら撒く行為は威力業務妨害罪、障害物を海底に沈めて漁網を破損する行為は偽計業務妨害罪です(ともに判例)。

次に公務執行妨害罪と威力業務妨害罪の関係について説明します。
「公務」は「業務」に含まれるのか?というのが論点になると思われます、この点に付き、学説、判例ともにかなり意見が分かれています。仮に含まれるとすれば、質問者さんの事例では公務執行妨害罪、威力業務妨害罪どちらも成立することになります(この場合両者が観念的競合になるのか前者が法状競合となり後者を吸収するのか、ここもまた論点です)。
有力説として、権力性の有無によって公務を区分し、権力的公務(逮捕行為等)は公務執行妨害罪、非権力的業務(質問者さんの事例にもある市バスの運転等)は業務妨害罪、と完全に分けて考える説があります。

判例は、公務は業務に含まれない(よって公務は業務妨害罪の対象にはならない)としているようです。しかし、国鉄職員の業務妨害に対し威力業務妨害罪が成立を認めた事例もあり、一貫性がありません。また、有力説を採用していると思しき判例も出ています。

なんにしても掲示板で簡単に説明し尽くせる問題ではありません。
興味があれば、ぜひ難解といわれる各種基本書を読んでみては如何でしょうか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q威力業務妨害罪と偽計業務妨害罪

威力業務妨害罪と偽計業務妨害罪の違いってなんですか。

お暇なときに回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

過去に同様の質問に回答したことがありますのでご参考ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1283615.html
No.2の後段です。(前段は公務執行妨害罪の説明)

簡単に言えば、「威力」「偽計」という言葉が示すとおり
「力で押さえつける」のが「威力」、「騙したり惑わせたりする」のが「偽計」です。

Q風説による議事録作成妨害は偽計業務妨害になりますか

私は、昨年あるマンションの理事長をしていました。
実は、前理事長の悪い噂があり、それは多くの組合員が知っているのですが、ただし真偽の程は判明しておりませんでした。
実は、その後調査の結果、いろいろと不適切な理事会運営の実態が明らかになりました。
しかし、当時真偽の程はわからないにしても、何かあるといけないと思い、悪い噂のある前理事長とは距離を起きたいと思い、理事宛にその旨を伝えるメールを送信しました。
ただし、名誉毀損にならないように、具体的な事実の適示はしておりませんでした。
ところが、親前理事長派の理事がそのメールを前理事長に見せてしまい、前理事長と前監事が謝罪しろと私に大怒鳴りしたことがありました。
そして、前監事の陰謀で、議事録に「誹謗中傷したから謝罪しろ」と書き込むように理事を誘導しました。
私は、名誉毀損には当たらないという自信があったので、それには屈することなく、突っぱねました。
それは良いのですが、その結果、昨年の理事会の議事録のいくつかが発行できませんでした。
理事会の議事録の作成は、管理規約によって、議長の専権事項になっています。
だから、これは、前監事が「誹謗中傷した」という風説を流布しようとして行った偽計業務妨害であると思いますが、どうでしょうか。
ご意見をお聞かせください。

私は、昨年あるマンションの理事長をしていました。
実は、前理事長の悪い噂があり、それは多くの組合員が知っているのですが、ただし真偽の程は判明しておりませんでした。
実は、その後調査の結果、いろいろと不適切な理事会運営の実態が明らかになりました。
しかし、当時真偽の程はわからないにしても、何かあるといけないと思い、悪い噂のある前理事長とは距離を起きたいと思い、理事宛にその旨を伝えるメールを送信しました。
ただし、名誉毀損にならないように、具体的な事実の適示はしておりませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

偽計業務妨害ではないです。
この犯罪は、業務上でなくてはならないですし、財産上の信用を害することでなくてはならないです。
いずれも該当しないので犯罪は構成しないです。

Q威力業務妨害の業務の範囲について

威力業務妨害は商売の邪魔をした時に
適用される事は理解していますが、
個人の活動にも適用されるのか教えて下さい。
例えば、次の様な例ではどうなるのでしょうか?

 会社員が出勤しようとした時、自分の駐車場の前に
障害物が置かれていて出勤に支障をきたした。

 遊びで出かけようとした時、自分の駐車場の前に
障害物が置かれていて出かけるのに支障をきたした。

Aベストアンサー

「威力を用いて人の業務を妨害すること」と定められています。

>商売の邪魔をした時に適用される事は理解していますが、個人の活動にも適用されるのか教えて下さい。

「人の業務」は、営業のみとは限りません。

人が社会生活上占める一定の地位に基づいて営む活動一般を指します。

営業など経済的活動だけでなく、宗教儀式など宗教的活動も含まれます。

ネットの掲示板に、特定の小学校を名指しした脅迫文を書き込んで、授業を中止させるなどの妨害行為なども該当すると思われます。

>会社員が出勤しようとした時、自分の駐車場の前に障害物が置かれていて出勤に支障をきたした。

たぶん、適用されます。

>遊びで出かけようとした時、自分の駐車場の前に障害物が置かれていて出かけるのに支障をきたした。

「遊び」が「人が社会生活上占める一定の地位に基づいて営む活動一般」に該当するか考えてみましょう。

Q公務執行妨害 - “公務員”には、国営企業・地方公営企業の職員も含まれる?

公務執行妨害罪でいう「公務員」の範囲について質問いたします。

たまに警察官に殴りかかり、公務執行妨害容疑で逮捕される人がいます。
去年は社会保険事務所で職員に暴行を加えて、同容疑で逮捕された方もいました。
また、民間委託の駐車監視員はみなし公務員の為、
彼らの取り締まりに対して暴行を加えるなどをしても、公務執行妨害罪は適用されます。

しかし、旧日本国有鉄道、旧日本郵政公社などの公社社員(職員)や、
地方公営企業(水道局・交通局)などの職員の業務が、
この法律で定める「公務員」に該当するのか否かが、わかりません。

例えば、

【1】民営バス、私鉄(今はJRも民間企業ですが)などの係員に暴行を加えた場合は、
傷害のほか、「威力業務妨害罪」に問われる事がありますが、

【2】市営地下鉄・バスや、旧国鉄・旧国鉄バスの運転士、水道局の係員や、
旧郵政公社時代の郵便局職員を殴った場合は、「公務執行妨害罪」に問われ、

【2】の方が【1】より重罪になる可能性があるのでしょうか?

詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「公務」執行妨害の「公務」は「公務員」をさすのではなく、あくまでも「公務」に対するものです。
民間人の公務である「投票」や公的届け出手続き(住民登録・出生届等)の行為を妨害した場合にも適用されます。

ですので、公営企業等ではその職務が公務に該当する場合だけに限定されます。

ですので、質問の【2】は、公務員であっても【1】と同様に威力業務妨害罪の適用を受けます。

Qこの場合は偽計業務妨害罪に値しますか?

考えすぎかもしれませんが、もしかしたら偽計業務妨害に該当するのでは?と不安になりましたので、質問させて頂きました。
私事ではありますが、twitterアカウントログイン用のPWを忘れてしまい、困っていたのですが、
twitterではいちいち問い合わせしなくても、IDに使用メールアドレスを入力して、パスワード
リセット機能のボタンをクリックすれば、後程、アドレスにPW変更手続きの詳細メールが送られ、PWを変更出来るようになっているようです。
しかし、あいにく私のアドレスは以前の勤務先の業務用アドレスで、既に退職している他、社名
も変更となっているので、変更詳細メールを確認する事が出来ません。

にもかかわらず、私はPWを変更したいという切たる思いからか、意味がないとは分かっていても、無意識のうちにリセットボタンを1日4~5回クリックしてしまう癖があります。(毎日ではなく不定期に)

この場合って、ひょっとしたら悪気はなくても、twitter社の業務妨害をしてしまっていることに
なるんでしょうか?

私は偽計業務妨害の罪に問われるでしょうか?

どなたかお詳しい方、ご回答お待ちしております。

考えすぎかもしれませんが、もしかしたら偽計業務妨害に該当するのでは?と不安になりましたので、質問させて頂きました。
私事ではありますが、twitterアカウントログイン用のPWを忘れてしまい、困っていたのですが、
twitterではいちいち問い合わせしなくても、IDに使用メールアドレスを入力して、パスワード
リセット機能のボタンをクリックすれば、後程、アドレスにPW変更手続きの詳細メールが送られ、PWを変更出来るようになっているようです。
しかし、あいにく私のアドレスは以前の勤務先の業務用アド...続きを読む

Aベストアンサー

そういう仕様なので、偽計業務妨害には当たりません。

一度に数百回やるんならそうかも知れませんが・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報