電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

ロシアのウクライナ進攻で、一番の責任者はプーチン大統領だと思いますが、ロシア人には責任はないのでしょうか?
ロシア以外の国、日本やアメリカに住んでいるロシア人は責任ないのでしょうか?
国外追放とかすべきなのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

違います。


一番の責任はミンスク協定破ってロシア民族1万人以上惨殺してきたウクライナですね。
更にはプーチンの対話呼びかけも無視し続けてます。

2番目の責任は日本を含めたアメリカにシッポ振ってる国全てですね。
ロシアは正常な判断したら今回完全に擁護される側。
なのにいじめっ子アメリカの言う事だけ聞いて共に叩いてる。
みっともないね。

それに国同士の争いに民間人も一緒に叩くのもイジメ思考のある人の考え。

改めた方が良い。
    • good
    • 0

プーチンの取り巻きと、わずかな熱狂的支持者以外には責任はないでしょう。

    • good
    • 0

全く無い、とは言えないが、責任を問うほどの


事は無いでしょう。

ロシア人にとって、選択肢は、事実上、共産党しか
無いんだから、個人の責任ではない。

日本人が、令和新選組や、立憲共産党や、共産党に、
責任を負う必要が無いのと、同じ。
    • good
    • 0

ありますヨ。



日本だって、あの戦争の賠償を
やっています。

使われたのは税金です。

税金が使われた、ということは
その限度で、一般国民も、責任を
負わされた、ということです。

責任はありますが、どの程度の責任を
負うか、という問題でしょう。

国外追放はやり過ぎだと思います。
    • good
    • 2

道義的責任はあるかもしれませんけど、国家の戦争行為に関する犯罪は最終的には戦犯として議論されるので、結局その国の政治制度や民主化度などによってその責任があるかは問われるべき問題でしょう。



少なくとも現時点での戦争行為に対する決定権を海外に住んでるロシア人がどうこうできるもんでもないので、その責任を前提に一般国民を非難するのはちょっと違うと思います。ただ、国を代表してる外交官が追放されたり国連大使などが責任を非難されるのはしょうがないと思います。
    • good
    • 0

国家の意思決定は国民自らが行い、他国が干渉するのは許されないという原則(民族自決)が国際法上の大前提である以上、ロシアという国家に関する責任は最終的に全てロシア人自身が負う事になります。



近年のロシアでは選挙において票数の操作や反プーチン派候補への脅迫・暗殺等が横行しており実質的に選択肢が無く、公に政権批判するだけでも投獄・暗殺される可能性があり、国民が自由に意見を述べ意思を世論や選挙結果へ正常に反映できる状態ではない等、同情すべき点はありますが、他国が介入する権利も義務も無い以上、この様な状況を阻止できなかった事自体も含めて、結局ロシア人自身の責任で対応しなければなりません。

革命、クーデター、暗殺等の強硬手段を用いるなら、まだ余力のある早い内にどうぞ。
    • good
    • 2

ないです。


もしあるなら、プーチンに柔道教えた日本人にも責任が発生します。
    • good
    • 1

ないです。



非民主国家に所属している個人が、所属国家が起こした行為で責任を取る事など最初から無理です。
    • good
    • 0

大使館は大変なことなってるから見てこい。

    • good
    • 1

責任がない、、とは思わないけど、


ロシア人も責任取れって言われても、取りようがないからねえ。

責める気にはなれない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング